249.眞子さまご結婚延期と天意発動

汚れた手で御神体に触れるな!ということだ。 眞子さま、ご結婚再来年に延期http://www.sankei.com/smp/life/news/180206/lif1802060032-s1.html 宮内庁は6日、昨年9月にご婚約が内定した秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまと国際基督教大学(ICU)時代の同級生、小室圭さん(26)=横浜市=の結婚式を含めた一連の儀式の日程を延期すると発表した。3…

続きを読む

248.微妙なバランスの上に成り立つ政界の妙。

目の前の事象だけを見て判断していると、核心を見誤まってしまうことがある。 平昌五輪開会式出席の意向を示した場合、メディアや反日野党を含む親韓勢力はこれを歓迎し、自民党や保守層の多くは反対または批判的であろう…ということを一国の宰相たる安倍総理がわかっていないまま訪韓を決断したということはあり得ない。 開会式不参加を決め込んでいた総理が、1/23に急遽出席の意向を示した瞬間、現にこの流れになっ…

続きを読む

247.戦後の終焉

初詣に訪れた神武天皇所縁の橿原神宮には「紀元二千六百七十八年」と縦書きで書かれていた。 初代神武天皇の即位を元年としたのは、実に紀元前660年であることを考えれば、「紀元」はむしろ「皇紀」の方がふさわしいといえる。 125代の今上天皇は、来年4月で譲位されることが決まっている。そして、今年は明治から150年の節目の年である。 過日多摩川で自死されたとする故・西部邁氏は、60年安保世代であり…

続きを読む

246.国士・安倍晋三、訪韓の理由。国家のために身命をなげうって尽くす人物が他にいるのか。

国士国家のために身命をなげうって尽くす人物。憂国の士。(デジタル国語大事典) 残念なことだが、今時の世の中に、本物の国士たる人物はそうそう見当たらない。 「国家のために身命をなげうって尽くす人物」というのを私的に換言すると 「それが国家のためならば、たとえ身内・側近・国民に誤解され批判され、築き上げてきた名声を失ってでも、リスクを取って敢然と立ち向かう人物」 ということになろうか。 安…

続きを読む

245.日本と日本人を護る意志のない者共は消え去るのみ。

東京に20数cm雪が積もった。メディアは終日この報道で明け暮れた。雪道や凍結した道の歩き方に注意を喚起するMCの声が響きわたる。 報道からは、日頃雪に慣れていない人々がパニック状態になっている様にも見える。帰宅難民の話で持ちきりである。何かしら、かつての東日本大震災勃発の日を彷彿とさせるようだ。 私が高校まで過ごした生家、信州戸隠村(現・長野市)は、冬になると辺り一面雪に覆われ、常時1m前後…

続きを読む