235.売国工作活動がまかり通る国家の異常さ。

陰と陽、天と地、心と身体  、男と女、表と裏  、原因と結果、可視と不可視、自転と公転、形而上と形而下…… 森羅万象、片面だけで成り立っているものなど何ひとつない。それが宇宙の真理というものかも知れない。 眼には肉眼と心眼があり、肉眼に映る現象に眼を奪われ一喜一憂、右往左往しているのが現実社会、現象界というものであるのかも知れない。 あるいは今現象として表れていることは…

続きを読む

234.「品格」と「道」。日本人の精神性原点に回帰する時。

日馬富士の暴行事件を機に、横綱の品格と相撲道について議論が起こっている。 「品格」と「道」は、神武天皇即位から今年で2677年という、世界に比類なき最古の国家わが日本国の高い精神性を象徴するキ―ワ―ドである。 今回、日本の国技・大相撲において、モンゴルという他国の力士が台頭し、「神」と仰がれる横綱の起こした不祥事によって、日本の精神的原点について語られることになった。 これはどうやら偶然で…

続きを読む

233.モリカケは、売国活動が不自由になった者たちの最後の足掻き。

「有事の外患罪・平時の共謀罪」「対外存立の外患罪・対内存立の内乱罪」 国際社会からスパイ天国と嘲笑されてきたわが国は、売国や反日活動を咎(とが)める法律がない。言い換えれば、日本では売国活動は自由だということになる。 歴代政権において、諸悪の元凶である売国反日勢力に正面から対峙し、母国を守るために反日殲滅に取り組んだ宰相は、安倍総理ただ一人である。 売国活動が自由な日本は、特亜三国にとって…

続きを読む

232.政治家に求められる良識と品格。

国会では予算委員会が始まった。 どこの国会?どこの政党?どこの新聞?どこの番組? ´どこの´とは´どこの国の´という意味である。 日本の国会である以上、立法府は日本の国益を追求する場であるというのは当たり前のことである。 ところが日本の政党でありながら、中国や韓国、北朝鮮の国益のために日本の国益を潰し、弱体化させることを目的にした政党が根強く蔓延っている。 わが国の政治状況は、同じ思考…

続きを読む

231.北朝鮮工作員疑惑が白日の下に晒される日。

反日野党とそれを援護するマスゴミは、何かにつけて「モリカケ隠し」と喧伝して政府を貶めてきた。 しかし、北朝鮮がテロ支援国家に再指定された今となればなおのこと、半島有事や万一勃発した際の偽装難民対策など国会が最優先して議論すべきことは山積しているはずだ。モリカケ問題のみに時間を浪費する暇などないはずだ。 国民は、反日野党らが「モリカケ隠し」と喧伝して、北朝鮮問題などの喫緊の課題から避けてい…

続きを読む