204.因果応報・自業自得・人間万事塞翁が馬。

他人に厳しく自分に甘い…これは人間である限り誰もが持ち合わせている性(さが)である。このバランスが逆になればなるほど、世間からは人格者として評価されることになる。少なくても他人から慕われたり尊敬される重要な要素の一つは、自分を客観視出来るかどうかということである。 自分を客観視するというのはそう簡単なことではない。他人に厳しく自分に甘い人間の特性がそうさせているのだろう。 だが、これを身につ…

続きを読む

203.貨幣経済の崩壊はこうして始まるのか。

北による電磁パルス攻撃の可能性についてアップしたばかりだが、今度は1990年以来27年ぶりの大型太陽フレアが発生し、その際放出されたコロナガスが8日には地球に到来した模様である。 人体への影響はないとのことであるが、通信機器やGPSが障害を受ける可能性があり、場合によっては株式売買ができなくなったり、銀行のCPUに障害が生ずれば、銀行預金デ―タが消滅してしまう可能性があり得ると指摘されている。…

続きを読む

202.開戦 3。電磁パルス…神への挑戦。

北の水爆実験の成功(北発表)によって、国際社会の様相は新たな段階に入った。 電磁パルス攻撃(EMP)という新たな脅威を示唆したが、万一北が実行した暁には日本はおろか、対北戦略は無力化し地球の終焉という人類史上最悪の事態に至る可能性がゼロではなくなったと言っても決して過言ではないだろう…という事態である。 咄嗟に脳裏を過(よぎ)った言葉…神への挑戦、神への冒涜…という二つが浮かんだ。 これは…

続きを読む

201.一週間のご無沙汰でした。

約一週間も更新が途絶えてしまい、大変ご心配をお掛け致しました。その間も、私信、非公開を含め多くのコメントをいただきました。また長期未更新にも拘わらず、アクセス数やご訪問数が激減することもなく、多くの方々が日課のように覗いていただいていることに大変恐縮すると共に、この場をお借りして深く感謝申し上げます。 今回のブランクにつきましては、特段の理由があったわけではありません。読者諸氏は、時々刻々と移…

続きを読む

200.黙って悟れよ…という精神の欠如。

前199記事を巡って様々な反応をいただきましたが、表現の仕方とそれに対する受け止め方というのは、実に微妙なものであることを改めて痛感している次第です。 今回は、ご本人から非公開を希望されていないコメントについて、一部非公開とさせていただいております。 表現の仕方とそれに対する受け止め方…これも忖度することによって反応も変わってくるのは当然のことではありますが、今回はご自身のことを糾弾されたと…

続きを読む