241.日本盟主論⑰ 男系男子継承の意味を隠す日本乗っ取り勢力の暗躍。

神武天皇から今上天皇まで125代、皇紀2678年の歴史を刻む世界最長にして最古の天皇家。

ロ―マ法王、英国王家、米国大統領…いかなる世界の名だたる名士、権力者であろうとも一目置いて平伏す存在であるのは、最長最古の皇帝であることだけではなく、全て男系男子による継承で今日に至っているからである。

わが国は、大東亜戦争や東日本大震災など壊滅的打撃を被ったのは、恰も天から与えられた試練のように思われるが、奇跡的な復活を遂げ、今日に至っているのも、万世一系天皇を国體としてきたことによるものである。

歴史上、女性天皇は推古天皇など10代8名(内2代は重祚)即位されているが、いずれも男系天皇であり、寡婦及び未婚。男系男子の天皇が即位するまでの繋ぎとしての役割を負っていたとされる。


従って、今上天皇までの125代にわたり、全て男系男子天皇で継承されている。


来年4/30を以て、今上天皇が皇太子に譲位されることは確定している。

悠仁殿下ご誕生によって、一旦浮上した女性天皇推進論は鎮静化されたかに見えたが、今回の譲位問題を契機に、再び女性天皇推進派が暗躍している。

女性天皇推進派には、二通りある。

一つ男系男子の継承の意義や意味に対して、無知または無関心による層である。
あるいは日本が今日に至るまで日本たる由縁が、国體にあることに無頓着な層と言っていいだろう。

女系天皇と女性天皇を混同していたり、「過去にも女性天皇が即位しているから問題ないのでは…」などといった知識やしきたりを理解していない層である。
こうした層は、女性天皇推進派の誘導にいとも簡単に洗脳されてしまいかねない。

二つ目は、反日左翼特亜傀儡日本乗っ取り工作勢力である。

彼らは、男系男子の血筋を貫いてきた天皇家の意義については、ひた隠しにしている。

女性天皇の即位について、女性差別や女性蔑視などに論旨をすげ替えて、無知な平和ボケ国民に洗脳しようとしているが、このような論旨を主張する勢力(メディアや人権派と称する弁護士など)は、すべて反日左翼特亜傀儡日本乗っ取り工作勢力であると考えて間違いないだろう。

彼らにとって最も知られたくないのは、一貫した男系男子の血筋による継承である。

仮に女性天皇が即位して、一般男性との間に誕生した子を即位させた瞬間、神武天皇に繋がる男系男子のDNAは途絶えることになるからである。

これによって、日本の国體は崩壊し国威が消失するからである。

皇室のルーツについて、今回は日ユ同祖論などを持ち出すつもりはなく、機会あれば次に譲るものとして、今回は男系男子の血筋を日本人として正しく把握しておくことが肝要と考えたからである。

なお、日ユ同祖論について関心のある方は以下をご参考に。

筑波大学名誉教授の村上和雄博士は、世界で初めてDNAの解読に成功された細胞学の第一人者として知られているが、氏によれば縄文人直系と言われる日本人のもつYAP遺伝子は、日本人以外ではチベット地方の一部の民族など極めて稀有で限定されたDNAであるとされる。

特徴としては、父から男子にのみ遺伝するDNAであるということ。
神武天皇に繋がる天皇家の男系男子の系譜は、YAP遺伝子によって2700年近く継承され続けて今日に至っているのである。

日本盟主論は、YAP遺伝子をもつ日本人の特性が、21世紀以降の人類社会を牽引する唯一の切り札になりうることを探る狙いがある。

一先ず今回は、女性天皇推進派の誘導に乗ることは、尊厳ある日本の崩壊に繋がることを全国民が知ることを伝えたかったからである。

YAP遺伝子をもつわれわれ日本人が、新たな歴史転換の牽引者となる考察については、稿を改めたい。

"241.日本盟主論⑰ 男系男子継承の意味を隠す日本乗っ取り勢力の暗躍。"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

モッピー!お金がたまるポイントサイト