240.皇紀2678年の幕開け。美しき大和言葉の復活から。

新年明けましておめでとうございます。

本年は、神武天皇即位を元年とする皇紀2678年です。
今年の初詣は、神武天皇をご祭神とする奈良県の橿原神宮で、と早くから計画しました。
皆々様への本年初記事、新年のご挨拶が終わり次第初詣に行って参ります。

富士山日の出(ご来光)素材

言葉は波動です。
波動は命であり、エネルギーです。
波動を肉眼で捉えることはできませんが、波動に意識が加わり、共振すると現象化します。

言葉は波動です。

ネガティブな言葉を発すればネガティブな現象を引き寄せ、ポジティブな言葉を発すればポジティブな現象となって現れます。

昨年も言葉で墓穴を掘って、自ら自滅していった人たちの末路をいくつも垣間見てきました。

私達日本語の原点には、先達が残された美しき大和言葉があります。

私は新年に当たり、今年は出来る限り美しき大和言葉で語ることに心がけたいと思います。

こんなブログを見つけました。
きれいは「ことば」に表れる。美しい大和言葉を話してみませんか

きれいは「ことば」に表れる。美しい大和言葉を話してみませんか

大和言葉とは、わたしたちの先祖が作りだした生粋の和の言葉。最近、その響きの良さと知的な表現に、あらためて注目が集まっています。話し言葉には人柄がにじみ出るもの。美しい大和言葉をさらりと使いこなして、ワンランク上のコミュニケーションを楽しみましょう。

久々に光文書をご紹介して本年の初稿とさせていただきます。

(光文書より)神思考

"240.皇紀2678年の幕開け。美しき大和言葉の復活から。"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

モッピー!お金がたまるポイントサイト