229.国会の悪しき慣習を糺せ! 疑惑の解明には与党も野党もない!

日本維新の会・足立康史議員が衆院文科委員会で立憲・福山哲郎幹事長、希望・玉木雄一郎代表を名指しで「犯罪者だと思っている」と発言したことに対し、野党筆頭理事の立憲・川内博史議員が懲罰動議の提出を検討するとの考え方を示した。

川内某は「国会議員は、国会の品位や名誉を傷つけてはならないという規則がある。党の国会対策委員会と相談するが、懲罰動議を出すことになるのではないか」と記者団に語ったようだが、法的に何の問題もない安倍総理に対して何の証拠も示さずに、さんざん品位や名誉を傷つけてきたのは、民進党等の反日野党である。

しかも、安倍総理については犯罪性は全くない。
むしろ、福山や玉木は獣医学部新設に反対しており、獣医師会から100万円の献金を受けていることが明らかになっている。玉木については父親や兄弟も獣医師である。

獣医師会から献金を受けている彼らが、贈った側の獣医師会の利益誘導のための要請を受け入れて獣医学部新設に反対したとすれば、足立康史議員が指摘した通り受託収賄罪の疑いが濃厚である。
足立議員は、以前からもたれていた国民の疑念を代弁して、国会で問題提起したのである

断定的に「犯罪者」とは言っていないが、野党は辻元清美の疑惑も含めて、国会では一方的に政府が質問を受ける慣習になっていることから、公面切って疑惑を追求されたことはなかった。

それをいいことにして、倒閣という一点のためにろくな証拠や根拠がないまま、推測と願望で安倍総理を貶めてきたのである。

反日野党にしてみれば、過去の慣習からまさか国会質疑の場で、不都合な真実に触れられようなどとは夢にも思っていなかったのだろう。
安倍叩きを共謀しているメディアなどの反日倒閣勢力にとっては、足立議員に一撃を加えられたようなものである。
今後足立氏は、一段と反日野党のタ-ゲットにされるかもしれないが、国民の声を潰させてはならない。

「国会の品位や名誉を傷つけてはならない」という川内某の発言は、身内には許されるが総理は許さない、という民進お得意の明らかなダブルスタンダ-ドである。
少なくても民進勢から言われると反発したくなるのは当然である。

品位や名誉を傷つけることを何とも思っていない民進から言われる筋合いはないが、もしも品位や名誉を傷つけたというならば、これまで安倍総理に向けてきた暴言に対しても非を認めて、公平に懲罰対象にしなければ全く説得力はない。

先ずは、「犯罪性の有無」について精査するべきではないのか。
懲罰動議をちらつかせて実態をうやむやにしようとしているならば、本末転倒である。

その上で、福山や玉木が仮に「受託収賄罪」となった暁には、彼らこそが「国会の品位や名誉を傷つけた」張本人ということになる。

ともあれ、足立議員が提起したように、国会の場では政府が一辺倒に質問を受けるという一方通行の慣習は即刻改めるべきである。

野党の闇が隠蔽され、反日、売国行為が横行する悪しき現状が払拭されないのは、国会の場で野党が糾弾されないという悪しき慣習によるところが大きい。

自民党から質問に立った前文科副大臣の義家ヤンキ-先生が、加計問題について、当時立場上反論できなかったメディアのフェイクに対して、現場の実態を赤裸々に述べたが、与党の質問時間を増やすことによって明らかにされた真実である。

野党の闇が公面切って国会で議論され、追及される仕組を早急に構築するべきである。

疑念を明らかにすることに、与党も野党もない。



維新 足立氏の発言で懲罰動議提出も検討 野党側筆頭理事


日本維新の会の足立康史衆議院議員が衆議院文部科学委員会で、立憲民主党の福山幹事長と希望の党の玉木代表について、「私は犯罪者だと思っている」などと述べたことに対し、委員会で野党側の筆頭理事を務める立憲民主党の川内博史衆議院議員は懲罰動議の提出も含めて検討する考えを示しました。


日本維新の会の足立康史衆議院議員は15日の衆議院文部科学委員会で、加計学園をめぐる問題に関連して「立憲民主党の福山幹事長と希望の党の玉木代表は、獣医師会側から献金をもらっている。献金をもらって、仮に、請託を受けて、あっせんし、国会質問をしていれば、すなわち犯罪者で、私は犯罪者だと思っている」などと述べました。

この後、足立氏は記者団に対し「答弁義務を果たすことは国会の再生に向けて不可欠であり、玉木氏や福山氏は答弁しないといけない」と述べました。

これに対し、衆議院文部科学委員会の野党側の筆頭理事を務める立憲民主党の川内博史衆議院議員は、記者団に対し「国会議員は、国会の品位や名誉を傷つけてはならないという規則がある。党の国会対策委員会と相談するが、懲罰動議を出すことになるのではないか」と述べ、懲罰動議の提出も含めて検討する考えを示しました。




"229.国会の悪しき慣習を糺せ! 疑惑の解明には与党も野党もない!"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

モッピー!お金がたまるポイントサイト