216.衆院選。守るべきは日本人のアイデンティティ。

衆院選まであと3日に迫る中、どうしても守らなければならないものがある。

守るべきは日本人のアイデンティティであり、これを奪おうとする日本人の仮面を被った日本人…反日勢力との戦いに勝たなければならない。

安倍一強打破とか、モリカケ隠しとか、大義なき解散とかを喧伝する者たちは、日本人のアイデンティティの崩壊を企む勢力の撹乱以外の何ものでもない。

この罠に嵌まっている国民が未だに多数存在していることに一刻も早く目覚めなければならない。

表向きは自民優勢が伝えられ、公示前まで台風の目と目されていた希望の党の伸び悩みと「排除」された民主党左系で結党した新党・立憲民主党の台頭が話題の中心となっている。

我々日本国民は、風に流されてはならない。
風に乗っている政党の本質を見極めて行動しなければ、わが国の行く先を誤ることになりかねない。

厚顔無恥という言葉がある。
一般的には、恥を恥とも思わない感覚で、他人の迷惑省みず厚かましく振る舞う人物を形容したものである。

だが、このような捉え方ができるのは、おそらく世界広しと謂えども日本人だけであろう。日本特有の恥の文化が育まれてきたからである。

古来から文化交流などで影響を受け合ってきた特亜3国は隣国であるが、恥の概念には全く稀薄である。

揃いも揃って、厚顔無恥を地で行くような国民性であることは、国際社会からもよく知られていて、わが国を筆頭に周辺国家とのトラブルが絶えない。

正真正銘のわが国の領土である尖閣諸島への侵攻や南沙海域への人工島建設などに象徴される覇権主義国家・中国。

今日世界中から無法国家として非難轟々でありながら、核開発を正当化し国際社会を脅かし続ける北朝鮮。

目先の利益のためには、歴史の捏造は日常茶飯事。それを餌に際限のないゆすりたかり根性の外交を常套手段とする南朝鮮。

わが隣国である特亜3国には、恥という感覚が全くないためになせる業、 としか言い様もないが、まさに厚顔無恥を地で行くような感覚である。

だが、日本国内は厚顔無恥を地で行く勢力が横行し、選挙戦の現場を汚したり、これを擁護するメディアやメディアお抱えのコメンテーターが世論を撹乱している。
惑わされてはならない。

帰化すれば国籍の上では日本人である。

だが、長い歴史の中で培われてきた日本の文化と伝統、そして東日本大震災勃発の際に世界中から絶賛された民度の高さ、高い精神性…帰化はできても所謂日本人のアイデンティティまで取得することはできない。

これだけはどんなに取り繕っても偽っても、本性は露呈されてしまうのである。
それを看破しなければならない。

だが日本には、日本人のアイデンティティを持ち合わせていない特亜系の日本人面をした在日や帰化人が多数混在し、政官界法曹界の中枢のみならずメディアに至るまで深く潜入し、国家の存立を脅かし続けてきた。

今回の衆院選は、日本のアイデンティティを持った政党と候補者を選択しなければならない。

少なくとも、国家の存立を脅かす公安監視団体に関与している候補者や、北朝鮮との癒着が取り沙汰されている候補者の優勢が伝えられている現実は杞憂しなければならない。

選挙の結果を見てから連携を考える…と公言している者は油断できない。
解散の大義を批判する前に、その政党や議員が存在する大義を明らかにしなければ、国政に携わる資格がないと云われても仕方がないのである。

どこかの国の厚顔無恥な国民性を地で行く勢力に対して、日本人は違和感を感じるはずである。

投票まであと3日。
日本の国益よりも特亜の立場に立つ候補者の言動を注視し、正しい選択を望みたいものだ。

"216.衆院選。守るべきは日本人のアイデンティティ。"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

モッピー!お金がたまるポイントサイト