203.貨幣経済の崩壊はこうして始まるのか。

北による電磁パルス攻撃の可能性についてアップしたばかりだが、今度は1990年以来27年ぶりの大型太陽フレアが発生し、その際放出されたコロナガスが8日には地球に到来した模様である。

人体への影響はないとのことであるが、通信機器やGPSが障害を受ける可能性があり、場合によっては株式売買ができなくなったり、銀行のCPUに障害が生ずれば、銀行預金デ―タが消滅してしまう可能性があり得ると指摘されている。


photo
米NASAの人工衛星SDOが観測した太陽画像(左:可視光、右:紫外線)。今回のフレアは、太陽面中央西寄りにある「黒点群2673」で発生した

 太陽フレアが生じると、強い紫外線やX線のほか、高温のコロナガスが噴出する。NICTによれば、6日に「Xクラス」という大型のフレアが2回発生。このうち午後8時53分(日本時間)のものは「X9.3」に達し、最大X線強度が通常の1000倍以上という。同クラスは、06年12月5日に観測した「X9.0」以来11年ぶり。

 放出されたコロナガスは、8日午後3時~9日午前0時ごろ、地球に到来する見込み。到来後数日間、通信衛星や放送衛星の障害、GPS誤差の増大、短波通信障害や地磁気変動に伴う送電線への影響などが生じる恐れがあるとしている。


それにしても人工の電磁パルスと自然の太陽フレアは現象がよく似ている。

だが数日の間に相次いで話題になるというシンクロは、偶然というにはあまりにも出来すぎている。

地球のアセンションは既に始まっているが、大きくは物質文明から精神文明への転換。日本を盟主とする新次元へのステップアップである。

欧米型物質文明は貨幣経済を絶対的価値観として今日に至ってきたが、それがどのような形で崩壊し、終焉を迎えるのか…現実の三次元空間で生きている環境の中では、想像しがたい。

北の核開発による国際社会の危機を迎えた現在、人工の電磁パルスや自然界の太陽フレアにより、銀行口座情報が消滅しバックアップ機能が麻痺してしまえば、貨幣経済は一発で吹き飛んでしまう。

物質文明の象徴である貨幣経済の崩壊や、貨幣価値の消滅というのはこのような形で人類を襲ってくるのかもしれないとふと脳裏をよぎる。

日本では、北の核問題で国際社会の危機を迎えているなかで、曲がりなりにも野党第一党の前原新体制の目玉として内定していた山尾志桜里の不倫騒動で、崩壊の一途を辿るという体たらくぶりが話題の中心となっている。情けない現実である。

久しぶりに、光文書を掲載させていただく。期せずしてまさにこの事を予感させる記事であることの共時制(シンクロにシティ)に驚くばかりである。

http://www.godbrain.com/gb/letter/

光文書

(ヒカリモンジョ)

"203.貨幣経済の崩壊はこうして始まるのか。 "へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

モッピー!お金がたまるポイントサイト