188.稲田問題は蓮舫隠しのフェイク…という推測。

19日の各紙一面トップは、稲田防衛相を巡るPKO陸自南スーダン派遣時の日報隠蔽問題。
例によって配信元、共同通信配信記事の横流しで、中には横白ぬきのベッドラインで大々的に報じたところもあった。

一夜明けてこの報道は稲田サイドから否定されたが、真偽は今のところあきらかになっていない。

稲田朋美防衛相「隠蔽了承」の報道を否定 南スーダン日報問題

記者団の質問に答える稲田防衛相=19日午前、防衛省(共同)1/1枚



 稲田朋美防衛相は19日、南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報問題をめぐり、「稲田氏や複数の防衛省幹部が、日報が陸上自衛隊で保管されていた事実を非公表とする方針を了承していた」との一部報道について、「隠蔽や非公表を了承したとかいう事実は全くない」と否定した。同省で記者団に語った。(以下略。引用先…産経)

このタイミングで今更何故この問題なのか?

真偽はともかく、ネタ元は防衛相内部のスパイ工作員(官僚)または自民党の反安倍防衛族、更に野党に内通する工作員…等によるリ―クの可能性は私の中では否定できない。

最近のメディアは、産経など限られた社を除き、中韓特亜傀儡の全てが結託して安倍倒閣運動を露骨に展開していることは誰の目にも明らかである。

今回も、全社が示し合わせたかのように共同通信配信の横流しである。

真偽が明らかになれば、政権の打撃は小さくはないが、このところの流れからしてフェイクの可能性も高い。

推測であるので話は半分以下ということで読み流していただければと思うが…これはズバリ安倍倒閣派が画策した蓮舫多重国籍問題の炎上を消すために、蓮舫会見のタイミングに合わせ共謀して仕掛けた隠蔽工作ではないのか、という推測である。

マスゴミは、スキャンダルネタをいくつも抱えている。裏がとれているものもあり、確証のないものもあるが、自陣営にとって不利なネタは隠蔽し、相手を貶めるものについては、願望や希望的観測で色づけ、脚色、捏造…によってフェイク記事に仕立てあげる。

不都合な情報を隠蔽するにも、今回の蓮舫問題のレベルともなれば、あからさまに完全スル―というわけにもいかない。

本来一面トップで大々的に報道してしかるべきであるが、稲田問題を取り上げることによって、蓮舫問題は2面に隠し、何事もなかったかのようにさりげなく隠蔽する…という意図があったと考えても不思議ではない。

仮にフェイクだったことが判明したとしても、その頃には蓮舫問題への批判も峠を越していることを見越してのことである。

それにしても、ネットでは大半が蓮舫に対する批判や糾弾が沸騰しているなかで、テレビと新聞は申し訳程度に流し風化させようとする態度が見え見えである。

いつまでもアンフェアなやり方に耐えている必要はない。

そろそろ一発逆転!大反転に転じるときだ。

"188.稲田問題は蓮舫隠しのフェイク…という推測。"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

モッピー!お金がたまるポイントサイト