181.都議選の狙い

トミファ圧勝、自民大敗…というのが大方のメディアのヘッドラインである。

結果については様々な論評がある。
但し、書き手の立ち位置によって主観が入り込むため、そこには大なり小なり希望的観測の要素があることを前提に判断すべきであろう。

そもそも、多国籍議員をトップ当選させたり、園遊会で陛下に直接私文を手渡す不敬な人間を国会に送り込む東京都民である。
今回の結果は特別驚くには値しない。

要は、メディアの仕掛けた工作に煽動された結果である。

都議選と謂えども一地方議員選挙であるが、ひとまず「安倍総理失脚」のみに的を絞って、矛先を国政にすげ替える戦略に嵌められた結果ともいえる。

だが反面で、嵌まったのはどちらか、という見方もある。

この結果を受けて動き出す者がいる。

石破茂を持ち上げて、自民分断を画策するメディア。
持ち上げられて悪い気がしないと見えて、野党よりの発言や安倍総理の改憲提唱案を批判する石破。

都議選での負けっぷりの程度に関しては、色々な見方もあろうが、結果として都連自民の腐敗体質は一掃された。

安倍総理の狙い通りである。
小池は選挙後代表辞任。

国政自民党への過剰な対抗姿勢を回避。
離党届けは提出したものの、自民党では未だに受理されていない。

トミファ大勝、自民大敗…その実態は自民党・小池百合子率いる勢力の圧勝だった。

嵌められたのはどちらだったのか。

これからグローズアップされるのは、獅子心中の反安倍分子である。

彼らはどうも読みきれていないようだ。

どう気勢を挙げようと、石破が総理に浮上することはない。

最初から自民都連の敗北は分かりきっていたこと。

敗北を前提に安倍総理が組み立てた都議選。

この敗北によって、獅子心中の虫がより鮮明に炙り出されるという仕掛にまんまと嵌まっただけのことである。

総理は既に、次のステージを見据えているに違いない。

この見立ては、個人的推論であることをお断りして都議選の総括としたい。

"181.都議選の狙い"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

モッピー!お金がたまるポイントサイト