254.臨時出稿2. 安倍政権の逆襲が始まる!

江田憲司の迂闊?なつぶやきによって、大阪地検の女性特捜部長が、森友文書改竄を巡る財務省の捜査過程を、朝日やNHKなどのマスゴミにリ―クしていた疑いが浮上し、ネットではお祭り騒ぎになっている。 3/2に朝日新聞が財務省の文書改竄をスクープした情報源が、捜査中の情報を漏洩する犯罪を犯してまで垂れ流していたとなれば大問題である。 しかし、反日野党や反日メディアと、官僚の癒着が一連の倒閣運動の根…

続きを読む

253.臨時出稿・日本再生最終戦争。

メディアは、安倍政権発足以来最大のピンチと嬉しそうに喧伝しているが、この乱痴気騒ぎを真に受けていれば核心を見誤ってしまいそうだ。 これだけ大騒ぎしているにも拘わらず、支持率は「驚異の」30%台である。ひと月もすれば回復するに違いない。 野党に便乗して、こんな時だけ石破や野田聖子や小泉親子もどや顔で口が滑らかになる。 何故か●んだはずの山崎拓だとか青木幹雄などという老害まで表に出てくる異常さ…

続きを読む

233.モリカケは、売国活動が不自由になった者たちの最後の足掻き。

「有事の外患罪・平時の共謀罪」「対外存立の外患罪・対内存立の内乱罪」 国際社会からスパイ天国と嘲笑されてきたわが国は、売国や反日活動を咎(とが)める法律がない。言い換えれば、日本では売国活動は自由だということになる。 歴代政権において、諸悪の元凶である売国反日勢力に正面から対峙し、母国を守るために反日殲滅に取り組んだ宰相は、安倍総理ただ一人である。 売国活動が自由な日本は、特亜三国にとって…

続きを読む

231.北朝鮮工作員疑惑が白日の下に晒される日。

反日野党とそれを援護するマスゴミは、何かにつけて「モリカケ隠し」と喧伝して政府を貶めてきた。 しかし、北朝鮮がテロ支援国家に再指定された今となればなおのこと、半島有事や万一勃発した際の偽装難民対策など国会が最優先して議論すべきことは山積しているはずだ。モリカケ問題のみに時間を浪費する暇などないはずだ。 国民は、反日野党らが「モリカケ隠し」と喧伝して、北朝鮮問題などの喫緊の課題から避けてい…

続きを読む