233.モリカケは、売国活動が不自由になった者たちの最後の足掻き。

「有事の外患罪・平時の共謀罪」「対外存立の外患罪・対内存立の内乱罪」 国際社会からスパイ天国と嘲笑されてきたわが国は、売国や反日活動を咎(とが)める法律がない。言い換えれば、日本では売国活動は自由だということになる。 歴代政権において、諸悪の元凶である売国反日勢力に正面から対峙し、母国を守るために反日殲滅に取り組んだ宰相は、安倍総理ただ一人である。 売国活動が自由な日本は、特亜三国にとって…

続きを読む

231.北朝鮮工作員疑惑が白日の下に晒される日。

反日野党とそれを援護するマスゴミは、何かにつけて「モリカケ隠し」と喧伝して政府を貶めてきた。 しかし、北朝鮮がテロ支援国家に再指定された今となればなおのこと、半島有事や万一勃発した際の偽装難民対策など国会が最優先して議論すべきことは山積しているはずだ。モリカケ問題のみに時間を浪費する暇などないはずだ。 国民は、反日野党らが「モリカケ隠し」と喧伝して、北朝鮮問題などの喫緊の課題から避けてい…

続きを読む

227.脛(すね)に傷を抱えていることをお忘れなく。

垢抜けない芝居や、見え見えのダサい芝居のことを田舎芝居とか猿芝居というが、これでは世界中から嘲笑われるのも当たり前だ。 単なる縞エビのことを学術的に存在しない「独島エビ」と勝手に偽名をつけてみたり、その実態が「売春婦」だったことが証明されているにもかかわらず「(従軍)慰安婦」と名乗って、国賓臨席の場にいけしゃあしゃあと出席させる感覚。 彼の国は、何の躊躇いもなく日本海を勝手に東海と表記するよ…

続きを読む

226.国会は「北への核開発資金提供者の洗い出し」と「スパイ防止法制定」を緊急に議論すべし!

北朝鮮への資金の流れを断つ動きが加速しているようだ。 今国会で最も緊急を要するテ-マは「北朝鮮核開発資金提供者、提供団体の洗い出し」であるべきだ。下らないモリカケ問題に時間と税金を投入している場合ではない。 もしも、これについて議論から逃げる政党や議員は、北の工作員だと疑われても仕方がないだろう。身に覚えがないならば、今国家にとって真剣に議論しなければならないはずだ。 スパイ防止法の制定も…

続きを読む

222.公党である限り、敵国工作員疑惑を釈明する義務がある。

この役員名簿には、かつて日本乗っ取りを画策し゛史上最悪゛と揶揄された元総理が最高顧問に座っている時点で終わっているが、それだけではない。 代表は、公安監視団体である革マルから献金を受けている議員である。 資金と人事を握る党ナンバー2の幹事長は、特定秘密保護法やテロ3法、安保法制をはじめ直近ではテロ準備法に至るまで、国家の重要法案にはことごとく反対の先頭に立ってきた帰化議員である。 更に政調…

続きを読む