225.北朝鮮追加制裁「35団体・個人の資産凍結」閣議決定へ。

トランプ大統領の初来日は大成功裡に終わった。 強固な日米同盟が揺るぎないものであることを全世界に強烈にアピールした。 たった一年の間に会談5回、電話会談16回は世界のどの首脳よりも群を抜いて多い。両首脳が認めているように、歴史上かつて日米のトップ同士がこれほど親密な友情関係を築いたことはない。 某政治評論家は両者の親密度を「あのロンヤスの100倍以上」と評したほどであるが、既に旧知の友人の…

続きを読む

209.国難突破解散と小池希望の党。

安倍総理は稀代の策士である。国難突破解散。響きがいい。そもそも二年先に先送りした消費増税を、今言及する必要がないことは、安倍支持層であれば誰でもわかることである。 それより何より、8%増税がアベノミクスの足枷になった痛手を誰よりも痛感しているのは、他ならぬ安倍総理自身である。 10%増税先送りは2年先である。戦後最大の国難にある現在、安倍総理は三選の布石を打ち、後4年の任期…よほど突発的なこ…

続きを読む

207.そもそも解散に大義はいるのか。

衆議院選は10/29説もあるが、どうやら10/22の投開票が本筋のようだ。 総理は帰国が金曜夜なので、月曜日の25日に解散を表明し、28日の臨時国会召集同時解散。10日公示…という流れになるようだ。 副総理や幹事長、公明党代表が相次いで総理私邸を訪れて会談しているのだから解散は既定の事実であろう。 しかし安倍総理の口から゛解散゛の二文字は目下一言も発せられてはいないので、政界は所謂゛解散風…

続きを読む

206.安倍総理、解散の決断を歓迎する。

 安倍総理は、臨時国会冒頭にも衆院を解散する意向を固めたことを複数のメディアが報じた。10/17公示 同29日投開票乃至10/10公示同22日投開票が有力視されている。 精度を上げた北のミサイルが、日本列島上空を飛び越えるという事態は、どう見ても有事である。国民の生命が脅かされ、国家存立の危機にある現状は、戦後最大の国難にある。 特亜傀儡の反日サヨク勢力は、戦後70年以上にわたって…

続きを読む

197.開戦 その2。

こんな重大なニュースは、7月に産経が報道していたが、17日になって海外紙のソ―スを元に、いまのところ大手メディアでは日経だけが取り上げている。 総理が靖国に献花した程度のことで大騒ぎして煽る割に、自分達に危険が及ぶかもしれない不都合なことになると、示し合わせたように隠蔽する腐ったマスゴミ。 政府は、国連安保理で既に決議されていた対北制裁決議に沿って、北朝鮮人9人と団体4ヵ所を資産凍結対象に指…

続きを読む