118.静寂裡に進める安倍総理の高次元日本再生戦略。

 被告発者と彼(か)の勢力のみならず、検察も身動きが取れないという状況であろう。とんでもないことが起こっているのであるが、表層では安倍総理は当然のこと、反日メディアを含む彼の勢力も静寂を装っている。勿論、安倍総理と彼の勢力では静寂を保つ理由は全く別であることは言うまでもないが…。 余命ブログ1267より。 .....千人の外患罪事案も一件の事案も起訴判決は一つ。現状、告発済みとこれからの数十…

続きを読む

116.朴槿恵大統領が、日韓両国と在日韓国の方々のために打つべき起死回生の一手。

韓国機密漏洩、「陰の女帝」は家族総ぐるみで疑惑まみれ 検察聴取で朴氏も正念場2016.11.01  韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が、友人の崔順実(チェ・スンシル)氏に機密情報を事前に渡したとされる疑惑で、政権与党セヌリ党が事実上の内閣総辞職を朴氏に突き付けた。韓国検察は10月31日午後、崔氏を容疑者として取り調べを行ったが、一族をめぐる疑惑も次々と浮上している。  韓国紙、東亜日報(電子…

続きを読む

114.油断大敵。告発開始と今後の動向。

1231 外患誘致罪告発沖縄事案 なにしろ告発件数が多い。ざっとあげた告発済み項目だけでも30はある。その大部分は複数、それも数十件の個別事案が含まれている。 全国の都道府県知事を対象とした憲法違反外国人生活保護費支給では新潟県と東京都知事は選挙後間もなしとして抜いたものの、これは単なる告発猶予であり、対応がなければ告発される。要するに40件以上あるのである。 神奈川県黒岩知事が朝鮮人学校補助金…

続きを読む

113.与党の補選圧勝は、保守二大政党制への布石となる⁉

 23日に行われた東京10区と福岡6区の衆院補選は、いずれも与党側が圧勝し、民進党の退潮と民共など野党の歩調の乱れが際立った結果となった。最初から注視していたのは、勝ち負けよりも勝ちっぷりであった。 勝つには勝っても、接戦か圧勝かでは日本再生にとって意味が大きく変わってくるからである。 それは国民の良識および覚醒度を測る物差しとして、更に国籍もよくわからない蓮舫民進党の初陣の負けっぷりが今後…

続きを読む

111.福岡6区と解散風。

コメントが冴えわたっている。読者の皆様におかれては、掲載されていないコメントについても着眼点に独自性があって大変興味深い。コメントを是非ともお目通し頂きたい。 本来は全てご紹介したいところだが、紙幅の関係で生憎絞らさせていただかざるを得ない点をご了解いただきたい。今回は、波羅様、大祐様、山懸様を取り上げさせていただいた。 波羅「翁長、外患罪で死刑」今起こってる事象をまとめれば、上記を実行…

続きを読む