272;戦後レジーム崩壊の妙手「トランプ靖国参拝」

令和という新しい時代が始まって、早半月経った。 ここに来て戦後レジーム崩壊が現実味を帯びてきた。 俄に現実味を帯びてきた米中経済戦争、そして出方次第では日本政府による韓国への制裁が必至と見られる現在、令和は戦後レジーム崩壊の新時代となる可能性大である。 「トランプ、靖国参拝」 真偽のほどは定かではないが、中朝韓反日国家や反日メディア、反日野党…にとって、このような活字が踊るだけでもさぞか…

続きを読む

265.品格

新年を迎えて、早くも10日過ぎようとしています。記事の更新が思うに任せない状況が続く中、連日多くの方々からご訪問賜り、深く感謝申し上げるのみです。 昨年来から続いている国内外の混沌とした情勢は、新年を迎えて改めて歴史的な変革の到来を予感するものである。 それは「日本を取り戻す」予兆であり、改めてそれは何であるのか、何であったのか、原点に回帰したいと考えた。これも元号が変わる平成最後の…

続きを読む

264.「日本再生が実現した時」を以て安倍政権の任期とする。

このブログを開設してから4年9ヶ月を過ぎました。 この間政治ブログというジャンルを超えて、実に様々な各層の皆様方からご支援いただき今日に至りました。 それは、半年あまりにわたる休稿中の今も、多くのアクセスをいただき、絶えることなくコメントを寄せられていることは、私自身驚きであると同時に、このブログの灯を消さないように懸命に支えて下さる皆様の強い想いをひしひしと痛感し、深く感謝申し上げる次第で…

続きを読む

261.試練の時。日本が盟主となる日。

「…この激しい風雨の中、停電した家の中で、私の頭の中にくり返し現れた文字が警告というものでした。日本列島は、敗戦後ほぼ七十年間続いてきた静かな時代から、天変地異の続く、変動期へと移行したのであり、それは明治維新の前にあったものより、敗戦前後にあったものより、はるかに大きなものになるということのようなのです。日本の歴史が大きく動く時は、人間世界に先立って、日本列島が大きく動くということは、精神学を…

続きを読む

259.ポスト物質至上主義。

物質至上主義、唯物論、科学万能主義。 縄文人のDNAを継承する大和の心は、これに剥奪され、そして反日思想が列島を汚染し、そして失われた。 「大和心への回帰」は安倍晋三総理がかつて掲げたスローガン「日本を取り戻す」「日本再生」と同義語である…ということに気づいたのは、つい最近のことである。 失われたのは大和心であり、領土ではない。もしもこれが物質至上主義に塗り染められている民族ならば、不可視…

続きを読む

モッピー!お金がたまるポイントサイト