266.開設5年。当時を回顧する。

大和心への回帰は、間もなく立ち上げてから満5年を迎える。


ブログ開設は、猪瀬氏失脚後の東京都知事戦を終えた直後の´14年2月であった。
年明け早々、石原慎太郎は元航空自衛隊幕僚長、田母神俊雄の支持を表明し、田母神は靖国神社から出陣したことを思い出す。


自民党支持者は、麻生時代、後足で砂を掛けて去った舛添要一を擁立した党の姿勢に反発する空気が充満していたし、原発反対を掲げた小泉純一郎が、元総理の細川護煕を担ぎ出したのもスッキリしなかった。


そんな背景のなかで、自民党の右側に柱を立てる真性保守の台頭が嘱望されていた矢先での田母神俊雄の出馬は、ネット上では日増しにセンセ―ションを巻き起こしていった。


メディアは田母神の台頭を快しとせず、見てみぬふりをして「泡沫候補」として見下すように扱ったのが更に田母神ブームに拍車をかけていった。


結果は、公明党の強い意向と、勝つ候補を擁立せねばならない自民党が支持した舛添要一が、200万票を獲得して圧勝したものの、選挙前日からの雪で組織力のある支持母体を持つ舛添有利に働くも、田母神は61万票を獲得。その健闘が選挙後の話題を独占した感があった。


「大和心への回帰」は、真性保守を待望し、そこに登場した田母神俊雄とその後の「田母神新党」の結成に夢を馳せたのが、当時のブログ開設の動機であった。

あれから5年。

当時ここに登場した石原慎太郎、石原と一時は真性保守を目指して意気投合した橋下徹、そして舛添も田母神も政界の第一線から消えて久しい。


更に、舛添失脚後の後任都知事となった小池百合子は゛初の女性宰相候補゛ともてはやされた過去を忘れられないと見え、安倍政権になってからサッパリうだつが上がらないことに業を煮やし、舛添同様出馬の意志を自民党に打診することもなく、ひんしゅくを買いながら党に砂をかけて出馬。当選を果たした。


都民、国民は小池を「ジャンクダルクの再来」とまでもてはやし快勝したのもつかの間、少々図にのったのが仇となり、希望の党を発足させたまでは良かったが、今は見る影もない。

舛添も小池も、なまじっか「次の宰相候補」「宰相にしたい政治家」などともてはやされたために、その過信が脳裏から離れずに消えていった典型である。

それを思うとき、史上最年長宰相在任を目前に控えた、安倍総理の偉大さは尋常ではないと改めて痛感するのみである。

ブログ開設の発端が、´14年の都知事戦であったことから当時を振り返ったが、栄枯盛衰の激しさを改めて痛感する。

大和心への回帰は、多くの方々に支えられて今日までたどり着いた。

その過程では何回も妨害され、ブログを消されたこと、誹謗中傷は日常茶飯事であったが、著名な方々をはじめ専門家諸氏、博識な読者諸氏に寄せられたコメントには定評があった。

なかなか更新もおぼつかないなか、読者の方々に支えられて何とか6年目に突入するに当たり、当時を回顧し一言御礼申し上げさせていただいた次第である。

なお、改めてご紹介する予定であるが、現在「大和心ビジネス版」を開設したいと考えていることをお知らせし、ひとまずこの稿を終える。

この記事へのコメント

  • 共産グローバリストの歪んだ主張(+以前の「議論型サイト群の構築案」提案の再投稿)

    さっきマスコミ批判関係の記事スレッドに書き込んだので、ついでに似たような歪んだ最近の事例を紹介しておきましょう。

    (保守速報 より)
    【中国】なぜだ! ミャンマーは日本に侵略されたのになぜ日本を高く評価するのか 2019年10月28日
    https://hosyusokuhou.jp/archives/48863707.html
    鳩山由紀夫「戦争で敗れた国は、『無限責任論』を持たなければならない」 2019年10月25
    https://hosyusokuhou.jp/archives/48863520.html
    「この国が私たちの家だ」 アメリカに不法入国した人たちが強制送還に反対する行進  2019年10月27日
    https://hosyusokuhou.jp/archives/48863633.html

    何がおかしいかって、戦前当時の東南アジアはヨーロッパ諸国の植民地で、日本は帝国主義の時代風潮で勢力拡大を狙う半面で「アジア系の友邦育成」も狙っていた「解放軍」みたいな性格があったわけですから、現地人からしたら「(同類・近親の)日本が暴れてくれて助かった」という見方が出るのも普通です。台湾・韓国なども「内地延長主義」のおかげで、植民地というよりはただの海外領(奴隷ではなく従属同盟の同輩)だったのですから、反日パヨの言い分こそが異常なのです。……それに鳩山の理屈ですと「負けたから全面的に悪い、勝てば官軍」という正義も何もあったものではないことになりますが、これから韓国・中国が敗戦状態になったらどうするつもりなんでしょう?
    それから「居座り移民」のことで自分として一番謎なのが、どうして滞在国のバックアップで、自分の祖国・地元に「帰還民都市・特区」などを構築して(特に両国間での)国際通商・仲介請負などの役目を買って出ないのかということです。出身国で一種の経済特区(国内での第二の心臓)のようになれば、自国にも恩恵は大でしょうに。……最低限でも思慮があって良心的に振舞えば、幾らかは役得もある立ち居地・ポジションにもありつけるのに)。結局あいつらは自国にも滞在国にも愛国心・忠誠心がなく、目先の自分らの権益以外何も考えていないのでしょうね。


    それから先の提案のこと(「議論型サイト群」の構築案)。
    大和心氏の気が向けば、余命PT(さらには公安や内閣調査室、防衛省の情報部所など)などと連絡を取って素性を明かし腹を割った上で、提案して話をし(参加表明も?)なさるとよろしいかと思われます。

    (※過去の提案投稿コメントの再掲載)
    そういえば大和心殿、「ビジネス(産業面での日本再生の取り組みピックアップ)編」をやりたいという腹案をいつか話して見えましたが、余命三年時事日記PTのスタッフ・懲戒請求者代表の方たちや、日本第一党(及び在特会)の人たちと、ブログを運営する有志で「護国派のブログ連合ネットワーク」のようなものを作ると面白いかもしれませんね(やる気と能力のある方を余命PTや日本第一党のスタッフから互選してもらう)。
    ……つまり各ブログの担当者が、各々にメインメインとするテーマ(「産業」「ビジネス」だの「福祉」「教育」だの「国防」だの「国史」だの)を掲げて記事更新し、それに読者有志が応答して意見や情報などを書き込んでいく(有意義な意見コメントなどはもちろん公開する)。もちろんお互いにテーマ担当が重複しても構わないでしょう。
    イメージとしては「2ちゃんねる」がさまざまなテーマの掲示板群の集合体であることを考えてくだされば、わかりやすいかもしれません。しかしそれと少々異なる利点は、運営者(議題記事の提出者)・参加者(読者コメント)の双方がある程度の見識や信頼性を備えていることで、それによって深みのある議論が可能となることです。今後の日本再生・再建を考えていく上で、貴重な情報源になりうると思われます(各種のまとめサイトにとっても、2ちゃんねると共に一次情報源になりうるのではないでしょうか?)。
    今現在にこちら(大和心~)で進展している状況は、ある意味ではそのプロトタイプ的な運用試験にもなっていると思われます。もし可能であれば、大和心殿も「(護国ブログネットワークの)ビジネス・産業再生議論ブログ」として名乗りを上げてみてはいかがでしょう?(もちろん似たテーマで別のブログをやる方がいてもいいでしょうし、インターネット掲示板の2ちゃんねるでも類似する主題のスレッドが複数・並列してあるのは周知のとおり)
    2019年10月29日 21:29
  • ATD-X

    主様

    いつもお世話になっております。
    本年は日本が人種差別撤廃を世界に働きかけた1919年から丁度100年目に当たる大事な節目です。
    小生がこちらにお邪魔するようになったのは2015年辺りであったかと懐かしく記憶します。
    主様の独自の清澄なトーンはその後些かも褪せることなくむしろ深みを増した感があります。
    そのトーンは次の時代の基調テーマを現しているから様々なプラスの影響に加え個々にそれぞれに魂に響くものがあられたことでしょう。
    基調テーマはそれぞれ各人において更に細分化され複数種に更に複数種にとそれぞれの人生のテーマに沿った自己調整がなされ(次の時代のトーンを各人の衣装に合わせる、自分の個人のトーンに馴染ませると敢えて表現するならば)新たな多様な可能性を秘めた表現へと向かうものと思っております。
    その意味で主様は次の時代の大先達でもあると感じております。
    日本が向かう羅針盤の指す方向が次の100年が皆様の望むより良い日本であることを祈念いたします。

    亡国の天皇陛下侮辱発言に端を発してその地域全体が連合体(半島+シナ)で最期のあがきをやるかもしれません。軍事政権がもしも誕生したときが危ないのですが、皆様方もどうぞその時もご自愛ください。
    杞憂であることを祈ってますが諦めの悪い人間が最期に勘違いの判断をする可能性も無くはないので油断できません。
    戦略の方向は半島はパック状態そしてシナは他民族を分離して分割の方向であることであり、それに向かって政治の裏も動くと思っております。
    2019年02月15日 12:54
  • 反日司法記念館

    あの反日工作員の『凸ブログ』(terumi_satoh)の(2019-02-12 記事)コメントを見ていたら、どうやら相方の反日工作員「悪魔の提唱者」(『余命三年時事日記考』)が逝った様子。
    ……なんだか反日利権シンジケートの「友愛(粛清・暗殺)ラッシュ」が始まっているように感じるのは、私だけでしょうか?
    たぶん口封じと見せしめなんでしょうけれど、去年にはしばき隊の添田充啓(高橋直輝)も不審死していますし、自称・保守思想の論客(ただし元は極左の学生活動家)の西部邁(にしべすすむ)なども「不可解な自殺」(口に瓶を詰め込まれて手足を縛って入水とか……)でしたし、なんだか敵方(反日)は焦げつき焼けついてきている感じがしますねえ……。
    2019年02月14日 01:38
  • はぐれ雲

    ご多忙の最中での更新、有難う御座います
    また、皇紀2679年を目前に控えての更新
    主様主催の大和心への回帰が6年目を迎える事、色々と考えさせられます
    主様初め、正統な愛国者の方々の発言に触れるたび
    多くの学びを得、少しづつ成長する己を心地よく感じている所です
    相感謝です
    「大和心への回帰」こそは、現代の情報空間において
    正統な愛国者である「番兵」が集う場所ですね。

    さて、イギリスのEU離脱は既に規定路線なのではないでしょうか
    離脱確定を端に、相当の経済的混乱も予想されますが
    中国、ドイツ等を相手に「肉を切らせて骨を断つ」戦法に思えます
    今回のメルケル氏の来日は「流石にやばい」と見た行動なのではないのでしょうか
    「中国で反日が盛り上がればドイツの工業製品が売れる」
    その終焉を見越して、珍しく中国批判をしてました
    ドイツの元々の土着信仰は自然崇拝です、キリスト教に制圧されるまでは
    恐らく自然に畏敬の念を持つ日本人とは上手くやれる筈です
    TPPに加入されるのは遠くはないのでは

    私が気にしているのは「時期」です
    この春より始まる統一地方選挙、その後の国政選挙と重なれば
    混乱する経済ニュースを大々的に流し
    アベノミクスは大失敗だと喚きちらし
    低所得者層を焚き付けて、少しでも議席を伸ばそうとする反日正統の姑息な悪巧みが目に浮かびます

    アメリカ、イギリス等と連携しての「一手」
    それが安倍総理の心中なのでは
    100年先の日本の為に


    追伸「ビジネス版」楽しみにしております。
    2019年02月10日 20:22
モッピー!お金がたまるポイントサイト