262.「石破善戦」と「進次郎・石破支持」を喧伝する異常。

一騎討ちでダブルスコアの勝利となれば「圧勝」であることは歴然としている。
反日メディアは「石破善戦」と「小泉進次郎・石破支持」をやたら取り上げ「安倍圧勝」を認めたくないようだ。


自民党総裁選の長い歴史のなかで、反日メディアや反日野党から、総理を嘱望された総裁候補というのは聞いたことがない。


小泉進次郎が投票直前に「石破支持」を表明したことを、恰も大ニュースの如く取り上げていたのは異常だが、「支持表明がもう少し早かったら、逆転していたかも知れない」という大新聞や自称政治評論家にいたっては、もはや妄言の領域であると言わざるを得ない。


石破善戦というが、勝負は戦前からついていたとは言うものの、「自民党総裁選と謂えども事実上の日本国総理選択選挙だ。世論が反映していない。」などというのは、「解散の大義がない」と焦りで騒ぎ立てた野党に対して、かつてこのブログで「そもそも解散に大義はいるのか」と反論したが、これと同レベルの願望論に過ぎない。


衆院選で選ばれた与党第一党の党首が、内閣総理大臣に就任するというのが恒例であり、総選挙で選ばれた与党であることは、歴然たる世論である。

これを世論が反映していないというならば、議会制民主主義の否定であり、嫌なら憲法を改正すればいい。


議員票の2割にも満たない得票率はいうに及ばす、党員票45%とは言うものの、都道府県別で石破が勝ったのは47都道府県中僅か10県である。

これで3年後のポスト安倍の有資格者となった、との論調が多い。果たしてそうか。


むしろ石破茂や小泉進次郎が、前代未聞の反日勢力からポスト安倍を嘱望され、迎合されるという異常現象自体、将来の日本国を託す宰相人材としては、不適格といえるのではないか。


昨年、三期連続九年の総裁任期に党則を改正し、安倍総理が来年の11月には総理在任最長記録を更新し、三年間全うすればおそらくこの記録は永久に破られないであろう。


それもこれも、全ては安倍総理でしかなし得ないであろう、憲法改正を始めとする戦後レジームからの脱却、戦後日本国家弱体化を推進した特亜傀儡反日勢力を一掃し、真の日本再生を実現するために与えられた時間である。


最後の三年である。
方向を一にする盟友・麻生氏、菅氏を軸に禊を終えた甘利氏を加えた愛国カルテットで、思う存分やりきってもらいたい。


石破や小泉進次郎では、真の日本再生は実現できない。



この記事へのコメント

  • あああ(朝鮮学校訴訟の顛末、沖縄危機、他:18/9/27話題)

    [産経ニュース]
    ・【朝鮮学校訴訟】朝鮮総連の「不当な支配」を重視
     http://www.sankei.com/west/news/180927/wst1809270095-n1.html
    ----------------------------------------------------------------------------
    大阪朝鮮高級学校を高校授業料無償化の対象から除外したのは違法ではないと判断した27日の大阪高裁判決は、朝鮮学校の在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)との関係性を多方面から検討。朝鮮総連から教育の自主性をゆがめるような「不当な支配」を受けている疑いがあると指摘し、無償化の対象にはふさわしくないと結論づけた。(後略)
    ----------------------------------------------------------------------------

    ・【防衛オフレコ放談】尖閣有事で「弾切れ」の恐れ 極秘シナリオから浮かび上がる防衛戦略の「重大な欠陥」
     http://www.sankei.com/premium/news/180924/prm1809240007-n1.html
     ※沖縄に自衛隊の補給拠点がないことで継戦能力に支障の惧れ

    ・FRB、利上げを決定 米金融政策「正常化」へ順調 
     http://www.sankei.com/economy/news/180927/ecn1809270033-n1.html


    [保守速報]
    ・【悲報】日本から盗んだ数十億円もの仮想通貨が中国で換金される
     http://hosyusokuhou.jp/archives/48823678.html

    [U-1速報]
    ・有田芳生が議員辞職級の失言を漏らして移動投票の存在が露呈 与党議員だったら即死だった
     http://japannews01.blog.jp/archives/50514234.html
     ※北海道から沖縄の選挙に乱入するパヨク工作員のことで口を滑らせて自白した(Twitterでの発言で)

    ・日本企業が中国工場の生産から撤退する動きが加速している 主力製品にも影響が及び始めた
     http://japannews01.blog.jp/archives/50514224.html
    ----------------------------------------------------------------------
    米国政府が対中制裁関税の第3弾を発動し、中国も対抗措置を取るなど両国間の貿易摩擦が激化する中、日本メーカーにも米国向け製品の生産を中国から他国に移管する動きが広がってきた。トランプ大統領は、中国の対応次第で同国からの輸入品全てに制裁を広げる可能性にも言及。泥沼化する対立の行方に各社は神経をとがらせている。 (後略)
    ----------------------------------------------------------------------

    (連絡)
    おそらく自分は当分サボって様子見の方向ですが、今や保守・愛国の「寄せ鍋新聞」と化したこちら(『大和心~』の)コメント欄には、読者有志の方々から有益な話題や情報が寄せられると思われます(必見?)
    それから『余命三年時事日記』の方はあまり動いていないようですけれども(記事更新の方面)、どうやら(反日勢力との)裁判が始まっているようですが、肩透かし的な戦術で冷やかに対応している様子でしょうか。
    ……たしか「朝鮮学校補助金」の是非が一つの焦点でしたよね(マスコミの変更報道や弁護士会の反日政治活動も)。外患罪告発(2年間で参加者二千人、ただしなぜかマスコミなどは触れようとしない?)や件の騒動になっている弁護士会懲戒請求(千人くらい?)の両方で問題になっている「朝鮮学校」。既に一つの否定的な判決が出てしまいましたけれど、こうなってくると「差別だ! 名誉棄損だ!」と騒ぎ立てている在日コリアンや反日左翼の弁護士にとっても、さぞかし面白くないことでしょうな(苦笑)。
    2018年09月28日 02:58
  • あああ(在日朝鮮人による日本左翼の汚染と日教組の正体?)

    ※(参考)私(あああ)が投稿したことで少し下の方に流れてしまいましたが、「はぐれ雲」氏が杉田水脈議員が頑張って戦っている近況(反日勢力から恫喝されていることなど)を投稿コメントしています(一読推奨)。


    どこまで本当のことかは私(あああ)も知らないですが、以下の(古い)記事のコメント欄で興味深いコピペ話が出ていたので(やや長いですが小見出しをつけてコピペで)紹介させていただきます(↓)。たとえ部分的に事実誤認があったとしても、まったくの出鱈目とは自分には思えないです。

    『保守速報』
    ・日教組を作ったのは、羽仁五郎という人です  2013年08月29日08:05
     http://hosyusokuhou.jp/archives/31301579.html
    (※以下、上の記事のコメント欄から編集コピペで紹介)
    --------------------------------------------------------------------------------
    日教組を作ったのは、羽仁五郎という人です。この人は尾崎秀実と学生時代からの親友であり、同じ共産主義者です。

    (1.戦後の共産党は朝鮮人支配?)
    戦後、在日朝鮮人は、日本の諸政党の間を移動しながら、反日活動を展開してきた。 最初は日本共産党に所属し、日本国家の転覆、共産党政権(朝鮮人政権)の実現を目指した。
    戦後史に詳しい方なら、戦後、日本共産党を再建したのは、
    在日本朝鮮人連盟であることをご存知のはず。 1945年から1953年までの8年間、日本共産党は在日朝鮮人が支配していました。
    自称沖縄人の朝鮮人=徳田球一をリーダーとする日本共産党内の朝鮮人グループ、いわゆる『行動派』が、1950年から展開した軍事方針と称する武装闘争戦略は、朝鮮人による「日本国家乗っ取り運動」でした。
    この戦略はけっきょく失敗し、日本共産党のイメージダウンを招いただけで終わりました。 宮本顕治をリーダーとする日本共産党内の日本人グループは、大反撃に出て、朝鮮人グループに握られていた共産党の指導権を取り返し、権力闘争に勝利しました。

    (2.今度は社会党・全学連を隠れ蓑にした在日朝鮮人)
    すると、朝鮮人グループはあっさりと日本共産党と袂を分かち、全学連を結成して反国家活動=日本国家乗っ取り運動を続行しました。 同時に、日本共産党から日本社会党への「民族大移動」を敢行しました。
    民主党の旧社会党勢力が成り済まし在日朝鮮人であることを知っていますか?

    (3.ソビエトロシアの教唆で教育汚染の「日教組」?)
    ほとんどの在日朝鮮人が共産主義者であったことをソ連(ロシア)が利用し、米軍が駐留している日本を軍事的に侵略することは無理なので日本内部からの革命を企てた。
    その為に、在日朝鮮人(徳田球一ら)を多く入党させた日本共産党にその革命を負わせた。 しかし。日本人の戦前の共産党アレルギーによりうまくいかず、ソ連(ロシア) は日本国民にうけの良かった社会党に乗り移ることしした。
    日本共産党の成り済まし在日朝鮮人を社会党に移し松本浩一郎をモスクワに呼び「密命」を授けた。 その「密命」は 「何も武装闘争などする必要はない。共産党が作った教科書で、社会主義革命を
    信奉する日教組の教師が、みっちり反日教育を施せば、三、四十年後にはその青少年が日本の支配者となり指導者となる。教育で共産革命は達成できる。」 「青少年に対し祖国の前途に対する希望の灯を奪い、祖国蔑視、祖国呪詛等の精神を植え付けることが、革命への近道だ」 日本文化及び日本人の若者を破壊し、共産主義を日本に浸透させる。

    (4.日本の反日左翼過激派は在日朝鮮人が操っている?)
    こうして、日本社会党内に誕生したのが「社会党・左派」です。
    つまり、日本共産党・行動派と日本社会党・左派は、実は同じグループなのです。
    単に看板を変えただけであり、その正体は暴力革命を目指す朝鮮人グループだったのです。日本社会党および現在の社民党が、むかしから朝鮮総連と深い関係にあるのは、そういう裏事情があるためです。
    これは重要な事実ですので、しっかりと頭に入れておかなければなりません。 革マル派、中核派、解放派、赤軍派、これらの組織は、全て朝鮮人の団体なのです。
    --------------------------------------------------------------------------------
    2018年09月27日 00:38
  • あああ(U-1速報からの記事紹介)

    何故か地球の裏側でドイツが勝手に追い詰められている(ドイツ銀行がヤバイらしい話も前に出ていたし)。正直「世界大戦のジンクス」が発動したとしか思えない……。やっぱりとっくに「見えざる三次大戦」だったんだな。

    [U-1速報]
    ・崩壊寸前のドイツ軍が特大級の大失態を犯して事態収拾の目処が立たず 火災が3週間に渡って続く 2018年09月26日14:54
     http://japannews01.blog.jp/archives/50514209.html

    ・トランプに激怒した独外相が思わず暴言を漏らして米独関係が危機に陥る Twitter外交を猛烈に非難 2018年09月26日03:32
     http://japannews01.blog.jp/archives/50514195.html

    それからこんな記事(↓)

    ・菅官房長官がパチンコの三店方式を全面禁止する意向を表明 場外馬券売り場の改廃にも踏み込む 2018年09月26日09:32
     http://japannews01.blog.jp/archives/50514201.html

    ・米海軍の寄港を中国が露骨に妨害して喧嘩を売りまくり 米中の対立が破滅的レベルにまで到達 2018年09月25日22:32
     http://japannews01.blog.jp/archives/50514190.html

    ・米国の対中姿勢の激変は従来ではありえなかった、と国際専門家が驚愕 ワシントンでは反中が主流派に躍進 2018年09月26日05:32
     http://japannews01.blog.jp/archives/50514197.html
    -------------------------------------------------------------------------
    (前略)トランプ政権の強固な立場は昨年末に出た「国家安全保障戦略」で明示された。要するに中国は米国だけでなく米国主導の国際秩序の侵食を目指すから断固、抑えねばならないという骨子である。年来の対中関与政策の逆転だった。
    ワシントンではいま中国に関して「統一戦線」という用語が頻繁に語られる。中国共産党の「統一戦線工作部」という意味である。本来、共産党が主敵を倒すために第三の勢力に正体をも隠して浸透し連合組織を作ろうとする工作部門だった。

    「米国の主要大学は長年、中国政府工作員によって中国に関する教育や研究の自由を侵害され、学問の独立への深刻な脅威を受けてきた」こんなショッキングな総括だった。(略)
    ・中国政府の意を受けた在米中国外交官や留学生は事実上の工作員として米国の各大学に圧力をかけ、教科の内容などを変えさせてきた。
    ・各大学での中国の人権弾圧、台湾、チベット自治区、新疆(しんきょう)ウイグル自治区などに関する講義や研究の内容に対してとくに圧力をかけてきた。
    ・その工作は抗議、威嚇、報復、懐柔など多様で、米側大学への中国との交流打ち切りや個々の学者への中国入国拒否などを武器として使う

     「習近平政権は米国の対中態度を変えようと統一戦線方式を取り始めました。多様な組織を使い、米国の官民に多方向から働きかけるのです」米国政府の国務省や国家情報会議で長年、中国問題を担当してきたロバート・サター・ジョージワシントン大学教授が説明した。

     そんな統一戦線方式とも呼べる中国側の対米工作の特定部分がワシントンの半官半民のシンクタンク「ウィルソン・センター」から9月上旬に学術研究の報告書として発表された。米国全体の対中姿勢が激変したからこそ堂々と出たような内容だった。
    -------------------------------------------------------------------------

    ・米国の関税発動で中国が情けなさすぎる泣き言をぶち撒ける 本気で泣きが入っている 2018年09月25日14:02
     http://japannews01.blog.jp/archives/50514179.html

    もっとも、世界だけでなく自国民に対してすらも害にしかならないシナ共産党・人民解放軍はさっさと壊滅させた方が中国人民(とウイグル・チベットなどの関係者一同)のためでもあるだろうが。
    もちろん日本国内の反日利権勢力(特定在日・パヨク)がまとめて断罪・駆逐殲滅される時節も近づいているんだろうが(笑)。そろそろ逆切れでヒステリー起こしてくる頃合だと思うので、日本全国で警戒が必要かもですね。
    2018年09月26日 17:55
  • はぐれ雲

    中国共産党員曰く
    「安倍晋三と杉田水脈はメディアに潰される」

    メディア、グローバリスト、国際金融家、中国共産党、北朝鮮等
    一蓮托生なのが、この文言で受け取れます

    杉田女史は国連において、著しく毀損され様とした日本人の名誉の為に戦ってくれました
    その彼女は今、殺害予告、自宅への脅迫電話等で攻められています

    LGBTへの指摘
    国体の問題点とされる少子化へ拍車を懸ける事への苦言
    限り有る財政を有効に使うべきではとの、当たり前の提案
    国民の生命、財産、国体の未来の有益な想像
    国会議員としての職責を全うされている姿勢

    維新?(橋下)あたりからも攻撃されていますが
    維新と同和の利権が絡んでいる事もネットでは暴露されています
    野田中央公園等

    形而上の作用が形而下に及ぶのならば
    現在の形而上であるネット、言論空間において
    杉田女史を擁護、応援する声をもっとあげるべきではないでしょうか

    ネットの声に支えられた安倍総理の起死回生の活躍を見ても
    その国民の少しの行動がどれ程有益になり
    国民に多くの恩恵をもたらすのか明白であると思います。

    私個人の考えでは「子を想う母の気持ち」ほど尊いものはないと思います

    国を想い行動した結果、御自身の家族が危険に晒されている
    杉田女史の胸中いかほどばかりか・・・
    2018年09月25日 16:44
  • あああ(中国の現状と古代神話のこと)

    どうでもいいような話かもですけど。
    ちょっとインターネットで見つけた資料を印刷して中国人に渡してあげたわけですよ。ほら、共産党が国民に隠れて蛮行してるとか、インターネットで情報操作・封殺してるとか。

    やっぱりですね、中国の方々にも最低限は「知る権利」があってしかるべきなんだと思うのです。一つにはどうして「こういう事態(日本人から怒りを買った上に国際的に全方位から叩かれる)」になっているのかを知らないから、悪意のあるグローバル暗黒左翼や在日朝鮮人に踊らされて道具にされたりしてしまう。
    もしも知ってもそうそう上手い具合にすぐ簡単には彼ら(中国人、特に日本にいる方)の考え方や先入観が変わらないのだとしても、少なくとも選択肢を提示してあげることが、我々日本人から中国人への誠意なんじゃないですかね?(頭のおかしいパヨクが騙るのとは違う、本当の意味での)


    (以下は別話題、コラムw)
    そういえば白川静の『中国の神話』(中公文庫)、まだ読み終わらないんですけれども(無気力全壊w)、色々と面白いことが書いてありました。
    なんでも中国古代の最初期には、海岸部・内陸部・南方などの複数の民族系統・勢力がせめぎ合っていたのだとか。至極簡略化して(極めて大雑把に)書くとこんな具合(↓)
    ・海岸部=夷系・殷王朝
     ※漢字の原型を作った、お金関係が「貝」偏なのは海岸部の慣習
    ・内陸部=夏王朝や周王朝
     ※実はチベット(羌)族・ウイグルとも親縁
    ・南方=南人、楚や呉越、今の苗族など(台湾も?)
     ※稲作や銅鐸(に似た楽器)の文化
    ・その他、北方民族など

    どうやら日本は夷系(海岸部)や南人と人種・民族的に近いようですね。神聖王朝の殷(商)と日本の古代天皇制の比較ですとかも興味深いですし、古代の「南人」の勇敢な気質は日本・台湾などに継承されているようにも感じます。……専門的でマニアックな漢字話が多くなりがちな(故)白川静先生の著作の中では、『孔子伝』共々に一般向き・普及版の良著かと思われます(笑)。少なくとも今時のパヨク・赤朝鮮思想の腐れ学者どもの知能障害養成著作図書(トイレットペーパーにすらならないw)などを読むよりは千倍も有益でしょう。

    それから補足。
    前々から繰り返し言っている話ですが、「日本と中国は兄弟ではなく従兄弟。『別の家』なので支配・従属関係にはない」のです。隋の煬帝の時代に「日の昇る国の天子から西の皇帝へ」といった国書が受け渡しされていたはずですが、今のシナ共産党は歴史すらろくに知らない(漢民族と姉妹・従姉妹関係のウイグル・チベットも全力で虐待・殲滅中)。しかも『大学』(儒教の徳治思想の最初歩の基本書)すら読んでいない阿呆ばかりであるために、自国内部を破壊しまくりながら周辺諸国(日本・台湾や東南アジア)にまで迷惑を掛けまくっています(台湾は今のスイスや昔のベネチア共和国みたいなもので、中国最後の王朝・清の時代ですら「化外の地=統治エリア外」の自治地域・都市だったはずですがねえw)。
    2018年09月25日 00:00
  • サマンサ

    愛国カルテットw 流行らしたいですね、そのお言葉。 
    死んだふりを終えてラスト三年、確実に遂行していくのでしょうね。
    中国、韓国へのアメリカの攻めが加速度的に激化してますが、連動してるんだと思います。
    いよいよ大掃除なりますかね、、?
    2018年09月22日 23:04
  • とく

    本当に善戦だったかは、6年前の前々回の総裁選と比較すれば明らかでしょう。
    前々回は、石破は1回目の投票ではトップで、地方票も大量に獲得しましたし、決選投票でも僅差でした。
    あれから6年、石破は大幅に支持を減らしたのです。
    数字は嘘をつきません。
    ただ、ポスト安倍総理ということでは、一抹の不安が残ります。
    個人的に、安心して任せられるのは、菅官房長官しかいないと思いますが、自民党内が「選挙の顔」として菅総裁を受け入れるかどうかは、少々心配でもあります。
    菅総裁+安倍院政で、さらに時間を確保したいところですが……
    2018年09月22日 19:02
モッピー!お金がたまるポイントサイト