258.工作。

過日(7/21)飯山一郎先生が亡くなられた。

独自の情勢分析や、ご自身の広い人脈から得られた様々な情報を、鋭い視点から洞察された読み応えのあるブログは、今見ても圧巻であったと振り返る。

飯山一郎のブログ

その飯山先生が、昨年の9/21付けのブログで、拙ブログについて以下をアップされていたのを思い出した。

http://grnba.jp/more102.html#aa09211
「大和心への回帰;これぞ本物の国士のブログ」飯山一郎

文中で述べられているように、勿論面識はない。
過分な評価をいただいているが、私にとっては勇気を授かり大変ありがたく、そして貴重な記事である。

ご冥福をお祈り申し上げる。

ところで…ブログが休稿に入ってから数ヶ月にもなり、記事の更新も月1~2という状況にもかかわらず、相変わらず多くの皆様からアクセスしていただき、日々途切れることなくコメントをいただいていることには、一ブロガーとして大変ありがたいことである。

皆々様に改めて感謝申し上げたい。

ところで、良識ある方々から複数ご指摘されているように、休稿以来「大和心への回帰」のコメントに異変が生じている。

私自身コメントの掲載については、ご本人から非掲載を要請されたもの、または明らかに読者を陥れる魂胆がありありのもの以外は、極力掲載させていただいているが、思うところあってのことである。


「明らかに読者を陥れる魂胆がありありのもの…」の中には「巧妙に成りすまして工作の意図が感じられるもの」は除いていない。

そもそも「大和心への回帰」に集われる方々は、リテラシーとクオリティの高さに定評があり、そのコメントはしばしば話題になったことが多い。

極力掲載を拒否しないスタンスでいることは、「工作員」が入りやすい環境にあることも事実である。

但し、当然のことながらすべてのコメントは拝読させていただいており、今は差別用語となっている「め⚫️⚫️判」を押すがごとき取り扱いは一度もしたことがない。

しかし、巧妙な工作が仕掛けられたコメントには「嗅覚」が働き、違和感を覚えるので、判別しやすい。

ブログの背後には、数千数万の読者諸氏が控えられているため、このブログの方向性に共感し、価値観を共有している読者の方々は、私同様、嗅覚が作動している。

嗅覚の働く方々は、臭いのするコメントを鵜呑みにすることはなく、深く内容を洞察しつつ、その魂胆を看破しようとするので、簡単には嵌められない。

「巧妙な工作」というのは、成りすましに長けているともいえるのだが、いくつか特徴がある。

流れに不自然さが感じられる投稿があった時に、別人なのか一人二役を演じているのかはわからないが、別のHNで同調してくる場合は、極めて怪しげである。

このように書くと、必ず反応があるのでわかりやすい。

読者を貶める魂胆がある場合は、わざわざ投稿してまで、背後に控えている良識ある多くの読者を巻き込む必要はない。

黙って消え去ればいいだけのことだ。

この記事へのコメント

  • 琵琶鯉

    主様、読者の皆さま方、暑中御見舞申し上げます。
    かつて、主様は「日本は世界の雛型」とコメントされておりました。
    日本における余命チームの動きは世界に波及していく様子が、とても嬉しく思います。
    明治維新150年、戦後74年、明治政府によって、間違った時空の扉を開けてしまった日本を
    WW2の敗戦によって明治政府の系統を破壊させ、大和民族に西洋の悪魔に支配される事を形而上は許しました。

    そして、最後の一里で、私達のDNAが発動し、日本を取り戻す戦いを名も無い国民が、余命の元に集い戦っております。その戦術はあくまでも、法律に乗っ取ったもの。これは、ある意味、日本に長年不法移住している在日の方々に日本からの脱出の機会を与えているに過ぎないのです。対象者は、その事を十分理解し、速やかに行動に移すべきです。
    責様は、最後の審判は日本で始まるとおっしゃっています。金に支配されたり、左思想の人間は特に厳しく魂を裁かれると、死んだら終わりではないのです。心しなければなりません。

    ✳️主様、最初の投稿間違って、押してしまいました。削除願います。
    2018年08月17日 10:28
  • はぐれ雲

    ファインスタイン
    ラッセル ロウ
    マイク本田
    サンフランシスコ慰安婦設置団体
    福島瑞穂

    総て繋がってますね
    2018年08月16日 20:01
  • ATD-X

    中国潰しが本格化するトランプ政権下でトランプ大統領のロシアゲートを激しく追求する民主党の重鎮ファインスタイン上院議員への疑惑が衝撃を産んでおります。長年ファインスタイン議員の下で補佐官だったラッセル・ロウ氏がコテコテの中国工作員だったことを再指摘され「おはんがロシアゲートで大統領を責める資格あんのか~!」と大ブーメランを喰らった模様です。背景には中国による対米工作の激化への警戒があります。
    ラッセル・ロウですが、マイク本田とも反日友であり現在も人権をテコに米国内で工作活動中。これは日米離間を意図したもはや利敵活動ですね。
    https://www.sankei.com/world/news/180814/wor1808140005-n1.html
    ニュースとしては日本国内での取り上げは小さいですが、意味合いは実は大きいと感じています。これが進めばワシントンから親中派はだんだん居場所が無くなると感じました。

    余命さんですが、初代からHPを拝見しておりました。
    余命さんの功績は何よりその啓蒙活動であり、戦時における索敵のような働きが大であると思います。
    ご存知のようにP1,イージスシステム、ソーサスのような働きがないと敵の侵略の程度、位置、規模、目標がわからないのと同じで有効な防衛作戦も立てられません。
    また日本を人体に例えるなら余命さんは、まるで練達の医師のようでありあたかも生検(体内に居座るガン細胞などをファイバースコープなどで採取する)を患部(日弁連)に行い、実際に検査してみれば紛れもなくそれはガン細胞であったことを見事に証明していただいたと思っております。
    これは実に大きいことです。なんとなくではなく、はっきりとその実態が知らされたことは大きい。

    >「そんなことはありません」
    同意です。大変失礼ながら小生的にはお茶目な紳士を想像しておりました。よろしくです。
    2018年08月16日 12:36
  • 楚練(愛国左派、ひとまずお別れの挨拶)

    どうやら『余命三年時事日記』でアメリカの「Qアノン」の話が出ていたようだ(「2657 日本テレビ仰天ニュース」、「鶏肋」氏の投稿レポート)。投稿レポートによれば、彼らもまた、グローバル暗黒勢力と戦っている人たちのようである。
    おそらくは戦いそのものが新しい局面へと突入し、全世界で愛国・良心の人々と、暗黒利権に連なる者たちの対決が始まろうとしているのではないかと思う(特に取り込まれがちな中韓系の人たちはその点をこそ念頭に置くべきだと思われる)。

    ここまでで自分(楚練)の役目はおおよそ終わったと思われるので、今後は前線から撤退・傍観の形が主になると思われます。
    ただ一言、他の保守愛国の善良な有志の方々に詫びておきたいのが、もしも「怖がらせた」なら申し訳なかったということでしょうか(自分は独自の思想で行動しており、しばしば言動が奇矯で過激だったので)。……念のために改めて申し上げれば『余命~』やこちらの『大和心~』とは直接のつながりはありません(同じ愛国者陣営として外郭から連帯していたにすぎません)。
    ひょっとすると皆さん方が最近にこちら(『大和心~』)への投稿をなされないのは、あるいは遠慮や気兼ねしているのでは気になったので、「そんなことはありません」「民間の保守愛国のみなさん、無理はしない範囲で頑張ってください」と思っています。もちろん自分(楚練)も陰ながら、皆様方の健闘とこれからの世界の再生をお祈りいたしております。

    それから。
    ここを見ている反日利権や、それに付随・便乗する犯罪者の皆さん方にもメッセージがあります。あなた方は「ダークウェブ」(※)という言葉をご存知でしょうか? 犯罪者の一等に不利な点は善の勢力(政府組織や善良な国民同胞)から「守って貰えないこと」なわけでして、ものすごく「いい餌食」なのです。
    ……ええ、ありがとうございます。私(楚練)はあなた方(反日・反社会利権)の方々が割と大好きです。あの反日工作で令名を馳せた「悪魔の提唱者」さんとお仲間の方々とかにも、そのうちに私と直接お目にかかれるといいですね(笑)

    (※)まともな人たちには縁がなく、むしろ害や危険ばかりの場所ですので関わらないことを強くお勧めします(怖いもの見たさで関わると、下手したらリアルで命が危ないw)。むしろ正しい行いであれば余命PTや公安の方に情報提供や相談することですね。これは私とのお約束です。
    2018年08月16日 03:35
  • 楚練(ネギ二本目追加w)

    少し前にこの大和心でも工作の姑息と卑怯さが話題になったけれども、反日プロの朝日新聞はやはり次元が違う(↓)

    『U-1速報』
    ・朝日新聞の英文記事が姑息な印象操作で日本を貶めている 受動態を駆使して誤魔化す 2018年08月13日11:32
     http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50512849.html
    -----------------------------------------------------------------------------
    (略)
    2014年8月、とうとう吉田証言の虚偽を認めた後、朝日新聞は英語版でも性奴隷という言葉を使わなくなった。その代わりに使い始めたのが、次の表現だ。

    Comfort women, who were forced to provide sex to Japanese soldiers before and during World War II.
    第二次大戦前、および大戦中に、日本兵に性行為を強制された慰安婦
    (略)
    慰安婦に関する記事であれば、これらのフレーズやセンテンスが文脈に全く関係なく、機械的に挿入される。たとえ、日本政府が国連で慰安婦の強制連行や性奴隷化を否定したことを伝える記事であってもだ。
    (略)
    しかし途中、ギルバート氏の語気がやや荒くなる局面があった。ギルバート氏は、受動態を使用して印象操作を狙う姑息(こそく)さを指摘していた。
    「Were forced」と受動態で書かれているから、強制されたのは明らかである。しかし、「By XXX」という部分がないから、誰が強制したのか明示されていない。性奴隷や強制連行という言葉もどこにも書いていない。
    しかし、これまで日本軍による強制連行が散々流布されてきた事実や、日本兵に対して性行為を提供させられた、という文脈から判断して、読者は当然「日本軍が組織的に強制連行して性奴隷にした」と思い込んでしまう。実に姑息な印象操作の手法だとギルバート氏は憤る。
    -----------------------------------------------------------------------------


    それから韓国の造船業が壊滅とか、相変わらず反日捏造ノイローゼで狂った言動を繰り返しているとかだが、もはやどうでもいい気がします。断交に準じた「厳格な対応が必要」「苛烈な処断もやむなし」なだけです(いまだに好き勝手やりまくっている在日・パヨクの断罪も含めて!)。

    もっとも中国では、まともな良識的中国人の生き残り・天安門事件の魂の継承者たち(?)が立ち上がったようです(↓)。もはや手遅れ感はアリアリですけれども、こういう人たちのおかげで中国・中国人全般の最後の国際的な面子や体裁だけでも死守されるのかもしれません(南北朝鮮の場合はそれがない、知識階級やエリート層まで含めて全て芯から狂っているから……)。

    ・習近平の母校卒業生1000人が習政権に正面から逆らう姿勢を見せる 側近の解任を要求している 2018年08月13日07:24
     http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50512842.html

    とりあえず、一週間ぶり(投稿間隔が短くて済みませんw)の書き込みでネギ二本()ほど「寄せ鍋」(的な簡易掲示板のようなこちらのコメント欄?)に入れておきました(すぐ下に桔梗さんが入れた「つくね団子」()がありますw)。……古参・常連の皆さん方で適当に、気が向いたときにでも気になる話題や新しい情報の持ち寄りするとよろしいかと思われますよ。
    2018年08月13日 19:10
  • 楚練(寄せ鍋にネギを追加w)

    ここ数日目立った投稿もないようなので、とりあえずご参考までに無関係な(?)アニメ動画を紹介しておきます(↓)。

    Blame! - Trailer Oficial
    https://www.youtube.com/watch?v=1cKpGSQB3LM

    この原作準拠の昔のCGショートアニメは『BLAME!』(弐瓶勉の漫画、講談社)の序盤の世界観に割と忠実っぽいです。ネットスフィア(世界の管理システム?)に生じた混沌(カオス)により無秩序・爆発的に増殖した都市の中で、「統治局」と残存人類の連絡を回復して世界を人間の手に取り戻そうとする話。で、主人公(霧亥)はそのために「ネット端末遺伝子」を求めて旅をしている。この動画の中盤で戦っているのは「珪素生物」という、人類と敵対する一種の敵性ミュータントですね(カオスによって生きており、残存人類を虐殺しつつ主人公を妨害する)。
    また最後に少しだけ出てくる女性(サナカン)は上級「セーフガード」、つまり一種の特高警察や軍隊のようなもので、主人公とは方針の違いがあって原作では交戦・協力など複雑な関係でした(珪素生物を撃退・排除するだけでなく、杓子定規で情け容赦がない。特に下級戦闘ロボットの「駆除系」などは自動操縦なので見境がなく、進入禁止エリアへ立ち入った者に無差別攻撃、しばしば遺伝子の病変した人間も問答無用で攻撃する)。

    で、同じ漫画作品を原作とした、去年くらいに新しく作られた映画の宣伝動画(↓)。解説のセリフの内容に注目されたし。

    劇場アニメ『BLAME!(ブラム)』本予告② BLAME! The Movie Trailer②
    https://www.youtube.com/watch?v=bGGN8n5rQJY

    何故か「珪素生物」(人類と敵対するミュータント)が一切登場せず、セーフガード(の組織と下級戦闘ロボットの「駆除系」)が人類の主な敵・脅威として描かれていることがわかります。
    たしかにこの新作映画は原作でもある話やシーンを元にしているのですが、原作ではサナカン(上級セーフガード)が「不法居住者を排除する」と宣言していたはずですけれどもね(笑)。この映画に出てくる人たちは遺伝子が病変しており(ネット端末遺伝子を持っていない?)、「本来はいてはいけない場所にいる」と認識されて攻撃されているだけでした(しかも安全な警備外エリアにいるかぎり、基本的にはセーフガードは追撃してこないw)。
    なんだか話の内容的に、私にはどう見ても「川崎とかの在日村の人たちが公安や自衛隊による駆逐を怖がっている」ようにしか見えないのですが……。「都市を人間の手に取り戻す」=川崎とか在日朝鮮人の不法占拠エリアを、日本人や官憲から取り戻すの意味でしょうかね?(あくまで私個人の空想ですけどねw)
    ちなみに新作映画のラストバトル、原作の漫画では主人公がサナカンにノックアウトされ、「お前なんで仕事(不法居住者駆除)の邪魔すんの? どこか具合が悪いのか?」的に「投薬」されて機能が回復・向上しています(実は主人公はセーフガードの前身組織の出身らしく、統治局やセーフガードから部下・(元)同僚や「広義の仲間」のように看做されており、長い物語の終盤ではサナカンが助けに来る)。……この辺も新作映画では一切描かれていません(苦笑)。いったい誰に「忖度」しやがった?
    2018年08月13日 00:02
  • 桔梗

    米国でテロ組織と認定されている「ヤクザ」指定暴力団の構成員は朝鮮系が多数を占めていることはネットでは常識です。

    国内犯罪の報道では、通名報道するマスコミが大勢を占めています。

    テロ組織の構成員が通名を使い身分を隠蔽している事は、安全保障上、許されるものではありません。

    故に、理想は通名の廃止ですが、先ずは犯罪報道での実名報道をするように決める事が必要でしょう。

    放送法4条を守るべきとしたメディアですから、中立公平の報道に本名での報道は問題ないはずです。

    国際テロ組織と絡めれば、トランプ大統領の一言にマスコミは逃げ切れません。

    また、〜系日本人の様な表現も、少なくとも2世までは必要かと思います。

    安倍総理とトランプ大統領の工作はスケールが大き過ぎます。
    2018年08月10日 09:42
  • 楚練(寄せ鍋の具?をもう一つw)

    反余命PTグループの『凸っちゃおっかなー』(terumi_satoh)は今日まで相変わらず、虚言妄言を垂れ流し続けていた様子です。また『余命三年時事日記考』(Twitter「悪魔の提唱者」のブログ)が沈黙していると思ったら、別に『「余命」に天誅!余命三年時事日記の嘘とワナを暴く。』なんてブログが出ており、terumi_satohが「せんたく」(一時は余命PT側の人員で保守愛国有志からの寄付金の通帳を持ち逃げした小野誠のこと)の小説などと称して喜んで紹介していました。

    さらにはこちら(『大和心への回帰』)でも最近に怪しげな撹乱工作員らしきコメント投稿の騒ぎがあり、臨時出稿5のコメント欄で「お水って大事」氏がそれらの(反日工作員と)疑わしい投稿コメントの「不自然さ」「矛盾点」について指摘してみえましたね。
    それに関連しての話なのですが、あの過去の「真カミカゼ」によるWeb保守愛国への撹乱工作騒動(主に現在は閉鎖してしまった保守解説サイト『待ち望むもの』での出来事?)以来、インターネット上の反余命・反日工作員(いわゆる「ホロン部」)について調査・弾劾していた『照千一隅』(T.K.氏)が2018年07月24日 に新しい記事を出しているようです(↓)

    ☆悪魔の提唱者M氏とその仲間たちの行跡とそのカルト性
     http://lifetimepurpose.seesaa.net/article/460689649.html
    2018年08月08日 22:36
  • 楚練(また「寄せ鍋の具」を追加にきましたw)

    どうやらアメリカは北朝鮮関係では締め付け継続・強化の方向のようです(↓)。もしも「朝鮮戦争終結宣言」が出れば在日の特別永住が廃止される可能性がありますが……下手したら在日の強制送還・帰国強制先も韓国どころか北朝鮮にすらなりかねないのではないでしょうか?(国際連合安全保障理事会決議2397の「8」を参照)。

    『U-1速報』
    ・韓国の「終戦宣言」要請を米政府が断固として拒否する姿勢を表明 米国の優先順位は韓国とは違う 2018年08月08日15:32
     http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50512707.html


    それから米中経済戦争で中国側がやばくなっているとか(↓)

    『U-1速報』
    ・中国人民銀行が群衆のパニックを阻止しろと市中銀行に厳命 為替市場の統制に乗り出す 2018年08月08日10:32
     http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50512702.html
    ※中国通貨の「元」が壊滅中?
    ・中国国有企業の負債が1000兆円以上増加して2100社が倒産 既にGDPの160%に到達 2018年08月06日19:32
     http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50512660.html
    ・中国のBRI構想の破綻に米議会が後始末をどうするかを検討中 IMFにどんな圧力を掛けるべきだ? 2018年08月07日08:32
     http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50512674.html
    ※BRI=「一帯一路」構想の失敗で関係各国が負債を背負って困っているとか……


    あと、アメリカ関係で大事そうな記事を二つほど(↓)

    ・米SNSで左翼無視運動が勃発してCNNが他国の干渉だと猛批判 一般人は関わるなと警告を出す 2018年08月07日11:32
     http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50512677.html
    ※アメリカンパヨク(反日・反米利権のマスコミなど)の悪行の実態が米国民に知られてきて、我々日本と同様に騒動に発展しているようです。

    ・中国と手を組んだGoogleが反抗的な社員からアクセス権を剥奪 上層部が一切の情報を流さず 2018年08月05日23:32
     http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50512634.html
    ※Googleがシナ共産党の人民欺瞞・情報封殺のための「検閲システム」を組み込んだ検索プラットフォーム(?)を開発中で、上層部が社員の反対や非難を弾圧するために隠蔽・弾圧しているのだとか……。グローバル暗黒利権の悪行と横暴、怒れ、中国大陸の人民たちよ!


    ☆個人ブログ(基本的には活動休止・終了)で昨晩に「2018.8上旬の簡略まとめトピックス」の記事を出したので、今回のコメント投稿はその簡略版+αです。

    ※(参考)※
    公安(警察庁公安部・公安調査庁)や警察全般・自衛隊・愛国官僚などへの応援メッセージや情報提供窓口の紹介↓
     公安調査庁HP(ご意見・ご感想など)psia@i.moj.go.jp
    2018年08月08日 20:03
  • はぐれ雲

    工作
    紙媒体、メディア等、情報発信側を共産思想者で蔓延させる
    嘘、偏向、歪曲、嘘の歴史、表現を変えた共産思想を定着させる

    教育現場において、正しいか正しくないかでは無く
    暗記する事を是とする評価体系を作る

    いびつな思想を多く暗記した者が
    エセエリートとして、国家の中枢を担う官公庁に入り込む

    ねずみ講と変わらぬ共産思考で行政を判断、遂行する為
    徐々に国家は衰退してしまう

    日中戦争、第一次、第二次戦争等、国境を越え
    各々の国に巣食う共産思想、コミンテルンの画策が引き起こした事実が明るみにでた今
    共産主義排除の機運を高める事が、日本を救う事に繋がると思います

    個人的には、何でこんな物に感化されるのか理解できませんが
    アホな真理教じゃあるまいし

    工作プロパガンダ
    「君達はどう生きるか」
    バリバリの共産思想家、吉野源三郎作、策
    2018年08月07日 03:54
  • 楚練(寄せ鍋の具を追加にきましたw)

    国際連合安全保障理事会決議2397の「8」のことが余命三年時事日記(2637 2018/08/02アラカルト②)で出ていたが。
    これって一応は北朝鮮系の送還のことだけれども、北朝鮮は韓国も領有を主張してますよね? で、日本の「在日」の場合には朝鮮学校のことや韓国民団が朝鮮総連とズブズブであることを考えれば「全体が北朝鮮系見做し」になる惧れすらないですかね?
    マイナンバーで在日の所在や資産が把握されて韓国側に情報が渡っているらしいことは聞いていた(前にも書いた)けれども、このまで話が進んでいるのに全く誰も騒がないのは変ですよね?
    ……それにあの在日・パヨク弁護士とか、状況を考えればやっていることがあまりにも頓珍漢な気がするのですけれども。まさか裏で北朝鮮や韓国の政府と取引して、自分たちだけ助かろうとしているとか?(重要な情報を同胞から隠した上に状況が悪くなることを承知で騒ぎまくっている)。……もう一切は「天の計らい」を待つ段階なのかもしれませんけれどもねえ。
    2018年08月05日 01:38
  • つれづれ

    昔話を、一つ。
    高校時代、同じ中学出身者との会話。
    おい、あれ中学の時、習った?
    知っているけど習ってないよ。
    ちょっと変わっているよね。
    まぁ進路で進めないだけの理由はあるよね。
    これは、学校で見た映像の感想です。
    この時の映像は部落差別です。
    そのあとは反戦、半島、冤罪などです。

    なぜ、会話を覚えているか、それは危険の一言に尽きます、ここは危険。

    その証拠に校内で、あの子、テヨンらしいよ、と言う会話を耳にしたテヨン応援隊が大騒ぎし、授業が何日か飛びました。

    学校が超荒れていた時代のお話です。
    どういう訳か、私は内に入っていたようで平穏でした、シンシアリーのブログを読んで、あぁなるほどねっ。

    ここの学校名は余命三年に記載されてます。

    動物的に危険を嗅ぎ分けるのは、機会があれば。

    これ、工作と関係がある?
    もちろん、あります。公立学校が工作機関その物だったのだから。

    昔話でした。
    2018年08月04日 05:39
  • 桔梗

    飯山一郎様のブログを拝読し、私とほぼ同じ見方、思考だった方の存在が在り、しかもお亡くなりになられていた事を非常に残念に思うとともに、知らずにいたことを後悔致します。

    飯山様の大局から物事を読み解き、身近な事も大切にされる心眼と文章には温かみも感じられます。

    保守は枝葉末節も大切ですが、木を見て森を見ずに落ちる事には気をつけなければなりません。

    その意味でも、原点を常に思い出す事は必要ですし、それがあれば、工作など通用致しません。

    飯山一郎様のご冥福をお祈り申し上げます。
    2018年08月03日 11:40
  • はぐれ雲

    工作を暴く

    新聞、メディア、出版社等情報を発信する媒体を支配し
    国民から思考能力を奪い、嘘の刷り込みを行う

    あからさまに感情を刺激する状態(馬鹿な状態)を作る、野党、メディア等
    見える敵の系統

    偽装保守による連帯感を狙った受け皿を作る、エセ保守等
    見えない敵の系統

    両系統を掌握し、思う所へ誘導する、天皇家、国土、憲法等

    工作員を晒す、No1
    森本敏、北朝鮮人、マルクス主義青年同盟出身
    拓殖大学学長、元防衛大臣
    2018年08月03日 09:33
  • はぐれ雲

    工作

    一連の騒動で、工作のパターンが見えてきました
    「善意」「平和」をかさに侵略する
    共産思想、コミンテルンの共通パターンですね
    主様御指摘の「嗅覚」
    何でも言語化しようとする西洋哲学ではなく
    言語を超えた感覚を「感じる」事の大事さを説いた
    東洋哲学を、今さらながら感慨深く眺めております

    さて、視点を変えて戦後、韓国がどの様に共産思想、コミンテルンに侵略されてきたのか
    そこを考察する事は、皮一枚でかろうじて繋がっている
    日本の国体を取り戻すヒントがある様に思います
    メディア、司法、行政、政治、企業
    余談ですがラブオンザ前川、共産党の正式党員だったみたいです
    元軍人だった中曽根爺の胸中、いかばかりか

    日本の現状は待ったなしです
    上手く工作されている出生率の低下
    それを見越しての大規模移民(世界5位)の流入
    外国人参政権を持ってしての日本の乗っ取り
    今のペースでいけば、ほんの数十年後、日本国民と移民の数の逆転

    主様初め、ここに御集りの愛国者の方々のお知恵をお借りして
    日本を取り戻す「何か」が生まれてくる事を期待して止みません

    まだまだ暑さは続きます、主様、愛国者の皆様、御自愛下さい。


    追伸、こと韓国にたいしては何時軍人が蜂起するのか
    その日は近いと見ております。
    2018年08月02日 16:12
モッピー!お金がたまるポイントサイト