249.眞子さまご結婚延期と天意発動

汚れた手で御神体に触れるな!ということだ。

眞子さま、ご結婚再来年に延期

宮内庁は6日、昨年9月にご婚約が内定した秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまと国際基督教大学(ICU)時代の同級生、小室圭さん(26)=横浜市=の結婚式を含めた一連の儀式の日程を延期すると発表した。3月4日に予定されていた一般の結納にあたる「納采の儀」、11月4日に予定されていた結婚式など一連の儀式は、天皇陛下の譲位と皇太子さまのご即位関連儀式を終えた再来年になる見通しという。

宮内庁は6日、ご結婚の延期に関し、眞子さまが記された「お気持ち」を公表した。眞子さまは延期に至った理由について「秋の結婚までに行う諸行事や結婚後の生活について、充分な準備を行う時間的余裕がないことを認識するようになりました」とつづられた。

 眞子さまはこの中で、昨年5月の結婚報道により、「当初の予定を大きく前倒しして婚約が内定した旨を発表することにいたしました」とご説明。その後、一連の儀式の日取りが公表されたが、「色々なことを急ぎ過ぎていた」とご回想。「そのまま前に進む」という選択をしてきたが、関係者と相談を重ねた結果、結婚に関する諸行事を再来年に延期し、「充分な時間をとって必要な準備を行うのが適切」と判断されたという。

 結婚の延期は、眞子さまが両陛下に報告され、両陛下も眞子さまの気持ちを尊重されているという。

 眞子さまのご結婚をめぐっては、一部週刊誌が小室さんの母に関する金銭トラブルを指摘する報道があった。宮内庁の加地隆治宮務主管は、ご結婚の延期と週刊誌報道との関連について「報道があったから意思が変わられたということではない。ご結婚の意思は変わりないと承っている。報道による延期ではない」と話し、否定した。

………………………………………………………

深夜遅くにこの報道を知った時、咄嗟に閃いたのは「天意発動」という4文字だった。

しかもその直前は、スマホに偶然舞い込んできたyoutubeに、天界からのメッセージと思しき不思議な映像が流れてきていた。

天空に浮かぶ天界からのメッセージ……その映像はあまりにも衝撃的で神がかっているため、ここで掲載するのは今回は見送らさせていただくが、´皇位は神が決める´というその映像はあまりにも神秘的だった。


万世一系たる皇統の継承を破壊しようとする勢力に対しては、國體護持派としてこれまでにも言及してきたが、拙ブログは基本的には皇室問題には触れない主義である。


しかしここに来ての譲位の件、小和田恒氏拘束釈放問題、眞子さまのご婚約を巡る小室家報道…等々、少なくてもかつてあまり記憶にないほど、皇室の内部に踏み込んだ報道が頻発していた。


これは目に見えない世界のことなので、妄想と受け止めていただいて一向に構わないのだが、私にはいつかこうなることの予感はあったし、やはり……というのが偽らざる感想だった。


かつて「神の国」と発言して失脚した首相もいたが、日本列島は龍神の姿をー象(かたど)った御神体である。
そして日本列島は世界地図の縮図である。

御神体に汚い手を突っ込めば、天罰が下るのは当たり前である。

大相撲の暴行事件を契機に、相撲は神事かスポーツか…などといった低次元の議論も盛んだったが、疑いもない神事である。

白鵬の張り手やかちあげはルール違反ではないのだから、これで品格を汚すというなら禁じ手にすべきだ、などという議論は西洋的でまことに無味乾燥である。

何でもかんでもルール化してハッキリさせればいいというものではない。
大横綱・北の湖もかちあげはしたが、当時取り組んだ経験ある元力士によれば、北の湖のかちあげ実に美しかったという。

美しいかちあげ…と評されるのは、そこに勝つためならば手段を選ばないどこかの国の力士では、逆立ちしても到達し得ない日本人の品格が生きているからである。

勝つことを至上主義として大相撲を見ている者にとっては、勝つためならばルール違反でなければよしとするのだろうが、大和心が身についている日本人としては、そうはいかない。
それでは情緒も品格もあったものではない。


話は脱線してしまったが、皇室問題然り大相撲問題然り…。

どうも近頃は、日本人ならば理屈を超越して感覚的にスっと腑に落ちる心休まる情緒…が失われているようで、感性が伝わらない異国人と話しているようなもどかしさばかりが感じられてならない。

ともあれ、一本の筋で繋がれ一本の筋が貫かれてきた大和の心が、相当侵食されていることを垣間見ては情けなく思い、憂いを感じる自分がそこにいる。

皇統を巡って、汚れた人間の思惑で動かそうとするのはあまりにも浅はかである。

皇統は神が決める…まさにその通りであろう。

神の御神体、日本列島に汚れた手を突っ込む者は、天意がこれを許さない。
たかだか、欲に取りつかれたうす汚い人間の思惑ごときで日本を貶める者に、天罰が下るのは当たり前である。

眞子さまのご結婚の延期は、元々わかっていた譲位によるスケジュールなどが原因であるはずはない。

そこに、人智を超えた巨大な力を感じるのである。

この記事へのコメント

  • 琵琶鯉

    主様、今回の平昌オリンピックで、衝撃的な事実を知りました。
    それは、韓国では、地方において新聞の小売りをしていないと言う事実。小倉さんが平昌で、韓国国内のオリンピックの評判を調べようとしても新聞がないからわからない。これって怖い事ではないでしょうか?
    新聞を母体として、その検証をしていくのが、日本でのやり方、皆が、新聞を読み、おかしい所に気が付く事から始まる。

    韓国が、北朝鮮の工作にどっぷり浸かっていく姿がよく解りました。
    2018年02月13日 12:56
  • 特命希望

    多少読み辛い箇所はありますが、興味深いコメントがありましたので、情報の一つとして提供させていただきます。

    >91:NEWSまとめもりー訪問者 2018年02月10日 15:44
    宮内庁自体が完全に毒されてるらしい。
    一つ前のトップが就任決定した時せんべー党と抱き合って喜ぶ。
    ヘーカが退院されて間もないのに、将来墓案件を発表メディア報道。
    ヘーカのお気持ちを勝手にに本人がこう思われてると公衆で語る。等々
    そこまで言って委員会でも批判されてたとんでもない奴。
    こんな奴が長年トップだったし、くせ者もまだいるはず。
    話しによると、皇族に嫌がらせして、尽くすような人は近ずけないらしい。
    相撲協会と似てるかもね。協会のチームハッカクの中にも、花ババア(せんべー)
    その他何人いるみたいだし。外務省、文部省その他の省庁にもいるけどね。
    国民の税金も投入されてるし、そういう所の白膿も黒膿も全部取り除いて大手術しないといけない。大失態のやらかしをこれ以上許してはいけない。

    >95:NEWSまとめもりー訪問者 2018年02月10日 16:10
    警察官でも、自衛官でも身辺調査はしっかりされるって言うし。
    安倍総理、麻生副総理は親戚関係にもあたるし、何もしていない事はないんじやないかと思う。国民に知らせる為にわざと泳がせた?相撲協会騒動しかり、
    貴乃花も動き出したし、安倍政権下でしかできないだろうし、そういう感じもする。
    http://www.akb48matomemory.com/archives/1069660738.html

    形而上の存在が、安倍総理の手をして、皇室を支えるはずの宮内庁(のみならず官界全体に潜む)穢れの実態を、多くの国民に知らしめてるように計らっているのかもしれません。

    2018年02月11日 08:18
  • 佐久奈

    主さま、お世話になります。

    内親王さまの幸福感の後の落胆された御顔を想えば、本当に気の毒に思います。出来る事なら笑顔になれます様、応援して差し上げたいものでは御座いますが...。日本国民皆様が姫御子様には笑顔でいらして欲しいと願っております。

    その裏で、来年ではなく再来年との事に少し勘繰ってしまいます自分が恥ずかしいのではありますが、何か大きな事象が動いている様な不穏な空気を感じ静観しております。

    主さまのお言葉「ともあれ、一本の筋で繋がれ一本の筋が貫かれてきた大和の心が、相当侵食されていることを垣間見ては情けなく思い、憂いを感じる自分がそこにいる。」より頂戴した個人的なイメージですが ”物質の劣化=結合力の弱体化”を感じております。渦の求心力低下?勢いの落ちたコマ。ふらふらと辿々しい様子...。

    1は芯の御柱とも言い、二〜九を10で貫く柱と言われております。肉を喰い散らかされた御神体...。今こそ求心力を上げる必要があると感じます。

    ヘリの墜落も部品強度の劣化が原因かもと感じました。それによる尊い犠牲が胸を詰まらせます。何卒御冥福を祈願申し上げ奉ります。

    そして、草津噴火の折殉職された自衛官の伊沢様が世の為人の為に天命を全うして下さいました誠の感謝申し上げます。その場に居られた隊員様方にも厚く御礼申し上げます。私も色々噴火の詳細を求めて当時ウロウロ探してみたのですが見つけられずこちらに来て特命様のご案内により知った次第であります。テレビのニュースは本当に無用の局地と再確認しました。

    鍛えてあるからと自らに言い聞かせるは安くも、降り掛かる噴石の恐怖は等しく同じ筈。その胆力、見事なるかな自衛官!

    他人のために心を尽くす 道を極めた魂の為せる業 その崇高なる行いに見る人々に神が謝す。自然と溢れる有難う 人知れず見返り求めぬ行いに 射すは一縷の神心。ココロ=九九六 和ごして六は禄なれば 漢なればの優しさを知る。黙禱
    2018年02月09日 14:29
  • 特命希望

    まず本題に入る前に、先日熊本で起きた自衛隊ヘリ墜落で殉職された隊員の方々のご冥福と、軽傷とはいえ心には深い恐怖を刻み込まれた少女の、一日も早い回復をお祈り申し上げます。
    事故原因は整備ミスの可能性が疑われるようですが、二重三重のチェックがなされているのではないでしょうか。
    不可解な点がありますが、ともかく防衛省には、再発防止に全力で取り組んでいただきたいものです。

    さて、今回の主様の記事。眞子内親王殿下のご結婚の延期発表の方を見た私の言いたいことを全て言葉にしてくださり、まさに『我が意を得たり』という思いです。
    特に、「汚れた手で御神体に触れるな!ということだ。」、そして、「皇統を巡って、汚れた人間の思惑で動かそうとするのはあまりにも浅はかである。
    皇統は神が決める…まさにその通りであろう。
    神の御神体、日本列島に汚れた手を突っ込む者は、天意がこれを許さない。
    たかだか、欲に取りつかれたうす汚い人間の思惑ごときで日本を貶める者に、天罰が下るのは当たり前である。」
    というお言葉には、深く頷かされます。
    そして、主様がみられたという映像は、私のような俗人には理解が及ぶものではないでしょうが、皇祖神からのメッセージであったのかもしれませんね。
    さて、形而上で天意が示され、それによって今回の形而下の動きになったのかとも想像いたしますが、やはり小室氏本人もそうでしょうし、親にも芳しからぬ話があったことは事実です。
    自分が母親がとった常識外れの行動は、これではないかと思います。
    2ちゃんニュー速+のスレタイのみ貼っておきます。
    【眞子さまご結婚延期】小室さん母、週刊誌報道後に一人で秋篠宮邸訪問★4
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1518002858/-100

    いくらご婚約が内定したとはいえ、ずかずかとそれも一人で秋篠宮邸訪問とは、何様のつもりなのでしょうか。
    ご皇室からお呼びがかからぬのに、下々の者が独断でそれも複数回宮家に立ち入ることなど、不敬の極みではないでしょうか。
    それをお許しになられた秋篠宮殿下の御意向を私のようなものが論じることも不敬なのですが・・・
    ここからは私の妄想ですが、以前創価が宮内庁に浸透し、ご皇室に影響を及ぼすことを画策しているらしいという話がありました。
    実際、学会員でしかも在日という人間が、こともあろうに秋篠宮悠仁親王殿下や佳子内親王殿下がお乗りになっているお車を運転中事故を起こしたと、いう事件がありました。
    このような危険な輩を、それも命を預かる運転手という業務に付けていたこと自体、創価の影響力を示すものに思えます。
    さすれば、血筋も純粋な日本人かどうか怪しい人物と大切な内親王殿下のご婚約を、宮様がお認めになられた経緯にも疑念が抱かれます(甚だ非礼な表現ですが)。

    それが、この度の延期という決定になった裏には、創価が一枚岩でないという話と考え合わせると、組織の弱体化が始まっているという事情があるやもしれません。
    憲法改正に公明の執行部は渋々ながら賛成の意向のようですが、学会婦人部が強硬に反対しているとの由。
    安倍戦略の一環として、菅官房長官以前跡目争いに手を突っ込んだようですが、その効果が出てきているような気がします。
    とはいえ、名護市長選では、公明=創価に自民党が借りを作った格好にも見えます。国政選挙でもそうでしたが。。。
    今後の自民と公明との関係から目が離せません。
    因みに、ご存知の方もおられるでしょうが、池田大作の出自は朝鮮半島という説もありますし、もし違っていたとしても本人が韓国にシンパシーを感じているという話は事実であろうと思われます。

    それにしても、やはり御皇室の親王・内親王方との交際のお相手には、五摂家とまでは申しませんが、由緒ある家柄の品格ある人物に限ったほうが宜しいのではないでしょうか。
    憲法では差別は禁じられていますが、世の実相に鑑みれば、その育つ環境によって人間の品格が決まる部分があります。格式高い家柄で育つという事は、御皇族の方々と礼を保って交際する品格を身に着けられるものと考えます。
    それと、皇室会議は是非、御皇族の方々が主導する形に改革していくことが必要なのではないでしょうか。
    現野党のメンバーなど入れるべきではありません。

    以上、長々と失礼いたしました。











    2018年02月07日 23:04