246.国士・安倍晋三、訪韓の理由。国家のために身命をなげうって尽くす人物が他にいるのか。

  1. 国士

国家のために身命をなげうって尽くす人物。憂国の士。(デジタル国語大事典)


残念なことだが、今時の世の中に、本物の国士たる人物はそうそう見当たらない。

「国家のために身命をなげうって尽くす人物」というのを私的に換言すると

「それが国家のためならば、たとえ身内・側近・国民に誤解され批判され、築き上げてきた名声を失ってでも、リスクを取って敢然と立ち向かう人物」

ということになろうか。

安倍総理が平昌五輪の開会式に出席する意向を示したことに対して、安倍支持者のみならず身内の自民党及び安倍親派、そして国民の多くが反対の大合唱である。

確かに憂国の士・安倍晋三らしからぬ決断である。
あらゆる諸般の情勢を熟慮した上でのギリギリの決断であろうし、一歩誤れば政権基盤を揺るがしかねないリスクを背負った決断であることは間違いない。

開会式が行われる2/9までに、まだ時間はある。側近・親派のみならず国民は官邸メールなどの手段を講じて、ギリギリの段階まで訪韓阻止に動くことになる。

文在寅の日韓合意破棄とも受け止められるいつもながらの優柔不断な韓国側に対して、わが国は毅然とした姿勢を貫き通すべきであるとの意向が大勢を占めていた。

だが、ここにきて安倍総理は急遽方向を転換し、なぜ訪韓を決断したのか。その理由については諸説あるが、いずれも推測に過ぎない。

周囲の反対や批判を覚悟した上での安倍総理の決断はこれが初めてではない。過去にも何回もあったことである。

拙ブログでは、保守層、とりわけ安倍支持層が安倍批判に流れるときは決まって安倍擁護論を張ってきた。

それは、政治家・安倍晋三総理が、日本の政治家としては類い稀な国士であると見ているからに他ならない。

安倍総理の政治的決断の意図を推し量る時、大方の意に反してなぜこのような決断をしたのか、という理由を見出だすときには、物議を醸している表の事象だけを見て混乱していても、核心はつかめないだろうと考えているからだ。

政治家・安倍晋三の決断を理解するには、安倍晋三の人間的要素を見なければ難解であるのかも知れないが、そこに答があるともいえるのではないだろうか。

国民は、またしても国士・安倍晋三の術中に嵌まっているのかもしれない。
そうでないかも知れないが、その時の覚悟もした上で敢えてリスクを取って、賭けに出ているように思えて仕方がない。

産経新聞・阿比留瑠比論説委員の見解が、核心であろうと見ている。
なぜなら阿比留氏の見解には、下した決断の背景を、安倍総理の人間的側面から見ているからである。

「…リスクを取ることをいとわず、批判を覚悟して為すべきことを為そうとする「『政権を担う者の責任』(安倍首相)だった。」

これぞ、国士たる所以である。

安倍晋三首相の平昌五輪開会式出席、リスクを取ったぎりぎりの決断 「慰安婦の日韓合意を終わったことにさせない」


韓国が、条約にも等しい日韓慰安婦合意をないがしろにする中での安倍晋三首相の平昌五輪開会式出席をめぐっては、首相官邸や外務省の幹部にも慎重意見が根強かった。また、首相の支持者の間でも反対論が圧倒的だったにもかかわらず、首相があえて出席を決断したのはなぜか

今回の産経新聞のインタビューや、首相の周辺取材を通じてみえてきたのは、リスクを取ることをいとわず、批判を覚悟して為すべきことを為そうとする「政権を担う者の責任」(安倍首相)だった。

 「韓国の文在寅大統領は日韓合意をおとしめ、日本に新たな措置を求めることを表明して、それで話を終わらせようとしていた。そうはいかない。安倍首相は文氏に、合意を履行して在韓日本大使館前などの慰安婦像を撤去しろと言う」

 首相周辺は語る。大統領選で、合意見直しを公約していた文氏の国内世論対策に日本政府は付き合わず、あくまで誠実な合意履行を突き付け続けるということである。それも、文氏にとって晴れ舞台となる五輪の機会に、最高の見せ場であるはずの首脳会談でだ。

 文氏の国内向けの「日本に言うべきことを言ってやった」というパフォーマンスを許さず、韓国には約束を果たす義務があると内外に示す狙いがある。

 また、五輪開会式の前には、やはり式に出席する米国のペンス副大統領の来日が予定される。この際にも安倍首相は会談や夕食会などを通じ、日韓合意の経緯や日本の立場をじっくり説明する考えだ。緊密な日米関係を背景に、ペンス氏と歩調を合わせ、文氏に合意履行を迫ることになろう。

 「実は、米ホワイトハウスからも、安倍首相に開会式に出てほしいという強い要請があった」

 政府高官はこう明かす。韓国に対し、行き過ぎた対北朝鮮融和政策に走らないようクギを刺したい米国が、パートナーとして安倍首相を指名した形だ。そしてそれは、最大限に対北圧力を高めたい日本政府の思惑とも一致する。

 五輪開会式に出席する各国の首脳は、ごく限られている。その中で、日米の首脳がそろって日韓合意の履行と北朝鮮への圧力堅持を要求すれば、韓国に対する強いメッセージとなる。

 ただ、事がうまく運ばない場合は訪韓は韓国にこびた姿勢と受け取られ、厳しい批判を浴びかねない。行くにしろ行かないにしろ、ぎりぎりの決断だったのだろう。

(阿比留瑠比)





この記事へのコメント

  • 名無し

    首相の訪韓に関しての反対や厳しい声、それは日本国民が韓国に対してどれだけイライラしているかという証かもしれません。(韓国だ北朝鮮だというより、あの半島全体、南北朝鮮に対してのフラストレーションは今までに無く大きくなっていると思います。)
    安倍首相が「ふざけるな」とキツイ発言をしたら私たちの溜飲は下がったことでしょう。
    しかし日本の宰相、さらには世界のリーダーの一人として信頼される政治家としての責任を考えれば、報道されている首相の発言は冷静でありまっとうな内容かと思います。
    話は少しずれますが、先の衆院選の結果にはがっかりしました。
    野党の勢力は落ちたとは言え、力強い国を目指して進む日本の脚をひっぱり、国力を削ごうとする人々や党に声援を送り続けている国民がいまだに多くいるということを目の当たりにしました。
    しかし「日の丸、君が代? ふさげるな」というような人々であっても、首相にとっては守るべき日本国民の一人です。
    先日噴火の被害がありました。災害の多いこの日本、普段から「9条守れ!人殺し!炊き出しの飯は食うな!」と叫ぶ人であっても、被災していれば自衛隊は必死で命を救うでしょう。安倍首相も自衛隊も同じです。
    2018年01月26日 12:47
  • らん

    大和心様

    大変ご無沙汰しております。
    御変わりなくお過ごしでしょうか?
    肌に刺さるような寒さです。
    ご自愛くださいませ。

    今回の安倍総理の訪韓にて、産経新聞にて安倍総理単独インタビューがあります。こちらを拝見しますと安倍総理のお考えが見えるように思います。
    1つは、日本代表の皆様へ激励したいとのこと。
    2つ目は、日韓合意について。慰安婦像について。
    3つ目は、北朝鮮とはあくまでも五輪と経済は分けること。
    大きく見てこの三点について、アメリカ副大統領は日本へ寄り、その後韓国へ同行される予定とのことです。トランプ大統領は前回大変な侮辱を受けていますから、二度と訪韓はないと思います。プレッシャーなどではなく、かの国へ最後の警告ではないかと思いました。アメリカは内容がよければ、TPPへ加入を再考しています。アメリカの状況を考えますと日本をこれ以上敵にすることは出来ないと考えます。実行の年と宣言された安倍総理です。
    訪韓は決定した訳ではありませんが、日本代表選手が危険な場所へ戦いに行くことをほったらかしにしない安倍総理はやはり国民を大切に思う素晴らしい方です。大人の判断ですね。
    但し訪韓となれば、たった1人大切な日本の総理ですから身の安全については非常に心配であります。
    騒ぐことなく私自身は安倍総理を信じています。
    定かではない内容ですが、もしや日韓関係が大きく変わるのではないかと期待がありコメントさせて頂きました。

    2018年01月26日 10:43
  • 特命希望

    三連投にて、本当に申し訳ありません。
    実は、カミカゼじゃあの氏のコメントも私の愚論のヒントになりました。
    ここに紹介させていただきます。
    >カミカゼ
    @mynamekamikaze
    Jan 24
    【悲報】安倍首相、平昌五輪出席へ 
    ふーんなるほどねw
    自民の親韓派(笑)に貸しを作って、なおかつ招待国のバ韓国を現地でぼろくそにコケにできるんだろwww
    それで向こうがアホなことやったら、それ言質とって追い込みかけれるしなw
    てか一々ネットで騒ぐことかこれ?

    だって考えてもみろよw
    あくまで、日本人選手たちを激励しにいくんであって、ついでに
    アホの文には日本の立場と北朝鮮の脅威を分からせに行くって言ってんだろwww
    南北朝鮮融和ムード(笑)で浮かれあがってる文にこのメッセージが届けばいいんだけどな
    まあ、無理かwwあいつ馬鹿だしwww

    あと、ペンスが韓国と日本に来るしね、現地や日本でも色々やるんじゃねえの?w
    北の脅威を伝えに直々にwww
    つーかこっちがメインなんだよなあwww日米にとっては
    韓国なんかはなからどうでもいいのよ
    https://mobile.twitter.com/mynamekamikaze
    2018年01月25日 22:26
  • 特命希望

    連投失礼いたします。
    他のブログにて、「この度安倍総理が訪韓しても文との首脳会談ができなければ、意味がない、総理が笑いものになる」という趣旨の記述がありましたが、どうなのでしょうか。
    そうなる可能性もありますが、韓国の文大統領は五輪の開会式というイベントとはいえ、訪韓した首脳と会わないのは世界で恥をかき、ただでさえ低い信用がなくなることになるのではないでしょうか。安倍総理のみならず、アメリカのペンス副大統領をも無視しては、非常にまずいでしょう。
    、リッパード事件や先日のトランプ大統領に対する非礼の数々を見ていると、無視もあり得るかもしれませんが。
    かといって、不本意ながら会談しても太い釘を刺され下手な小細工ができなくなる。
    そうなると、北からは役立たずと罵られ、国内の従北派がローソクデモをおこす、若しくは軍部がクーデターを起こす。
    或は何も起きないかもしれませんが、いずれにせよ文はもう詰んでいます。
    とにかく、安倍総理と選手団の無事を願わずにはいられません。
    因みに、このような情報もあります。
    潘基文は、2017年6月、国際オリンピック委員会倫理委員会の委員長に指名される。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BD%98%E5%9F%BA%E6%96%87
    2018年01月25日 22:12
  • 特命希望

    「安倍総理平昌五輪の開会式に出席する意向」との報に接した私は、「まったくもって筋が通らない話だ。公明党山口や売国二階はとんでもない連中だ」と思い、自民党へ総理の訪韓に抗議するメールを送ってしまいました。
    その後、実は慰安婦合意・10億円拠出のときと同じく韓国に対し罠を仕掛けたのかもしれないと感じたりと、落ち着かない数日間を過ごしていましたが、今回の主様の記事を拝読し、自分の浅はかさ加減を改めて思い知らされました。それと同時に、主様には感謝申し上げます。
    確かに、『諸般の事情が許せば』という条件付きではありますが、総理が訪韓に前向きになった理由。
    主様のおっしゃる通り、我々は推測するしかないのですが、まずは
    阿比留氏の記事にあるように、いわゆる慰安婦合意を破棄しようと動いたり、人道支援再開を画策するなど北朝鮮に宥和的な文政権に釘を刺す目的があることは確実でしょう。
    想像(いや妄想)ですが、慰安婦問題については、日本独自(orアメリカとの共同)で、経済制裁をする。全面的なものでなくとも、日本から韓国への石油製品の輸出禁止、企業取引の大幅な制限だけでも韓国経済がほぼ壊滅する可能性が高いと思われます。
    又、北へ少しでも援助をしたら、韓国も安保理でテロ支援国家に指定し、厳しく制裁する。
    更に、文が在韓邦人保護をしない旨公言しておりますが、「もし邦人を含む外国人に危害が加えられる事態になったら、激しい報復措置が取られる」と厳しく言い渡してやればいいのではないでしょうか。まあ、邦人に関しては、この情勢下では自己責任という部分もありますが・・・
    阿比留氏といえば、その著作『総理の誕生』によると、小泉純一郎の郵政民営化法案に反対票を投じた保守派の同志議員達について「彼らは間違っている。(中略)郵政民営化なんて本来、我々が目指していることに比べたら、どうでもいいことではないか」とうめくように話したそうです。
    この一節と、二階や山口が憲法改正を人質に取り五輪出席を迫った可能性があるという論評を思い出した私は、安倍総理訪韓の真の狙いは『憲法改正を確実に成功させる』ことにあるのではないかと思いました。
    そして、朝鮮半島は小事であり、戦後レジームからの脱却を図り、真の敵と思われる中国の不安定化によって惹起されるカオスから日本を守る。
    この大義を追求しての、総理の行動であるように思われます。
    それともう一点。
    「選手を応援したい」という総理の発言。
    これは、リップサーヴィスではなく恐らく本音でしょう。
    劣悪かつ危険な環境下でも全力を尽くして競技しなければならない選手達を見守りたい。
    憲法改正も選手見守りも、天皇陛下の国民を「大御宝」とされる「大御心」を、為政者として成し遂げようとする大徳なのかもしれません。
    以上、長文・妄想にて失礼いたしました。








    IOC倫理委員長には昨年、潘基文が再就職しています。
    2018年01月25日 21:46
  • 愛国鬼

    今回の安倍総理の決断は朝鮮討つべしとの征韓論に一人反対して朝鮮に単身乗り込み交渉するとの決意を示した西郷隆盛を彷彿とさせます。この時は西郷の主張は退けられ西郷下野のきっかけとなりました。西郷は常に命がけでした。明治維新を成し遂げ政府の高官に収まった志士たちも、結局権力に溺れ腐敗してしまいましたが、これを良しとせず反旗を翻したのが西南の役です。下級武士が不満を持って西郷を立てて反乱を起こしたという俗説は誤りです。西郷こそ何事にも命がけで臨んだ本物の志士です。安倍総理の今回の行動は大西郷に重なるものがあります。
    2018年01月25日 21:14
  • パイプの煙

    大和心様、今回の安倍首相の平昌オリンピック開幕式への参加表明について、やはりと言うか二階幹事長、公明党をはじめ自民党内部の親韓派、マスコミ、韓国サイドでは歓迎と言うよりも当然(安倍首相が韓国に折れた)との論調、自民党内部や保守派、国民からはなぜ行くのかとの批判的意見が多数を占めています。
    しかしながら、記事には『首相は「五輪は平和とスポーツの祭典であり、日本は2020年に東京五輪を主催する立場だ。諸般の事情が許せば平昌五輪開会式に出席し、日本人選手たちを激励したい」と述べた。その上で「現地で文大統領とぜひ会談したい。慰安婦問題をめぐる日韓合意について韓国が一方的にさらなる措置を求めることは受け入れることはできない。この考え方を直接伝えるべきだと考えている」と説明。在ソウル日本大使館前の慰安婦像撤去についても「当然強く主張することになる」と述べた。』とあり、諸般の事情が許せばとの前提での話です。
    慰安婦問題の時にも10億円の拠出について保守派や国民からも強烈な批判が上がりましたが、今ではあの時の決断が日本の立場を救い韓国を追い詰めたと大多数の国民が納得し支持しています。
    今回の件でも日韓合意について日本国としては1ミリも動かさないとの立場を織り込んでの発言であり、オリンピックへの参加、不参加どちらになってもいいように先に日本政府の意思表明を国内外へアピールしたと捉えるべきでしょう。
    たとえ諸般の事情が許さない(米朝開戦等)事態となっても、今回の安倍首相のコメントで先に韓国政府に対して釘を刺す形となっており、仮に安倍首相が参加するような事になっても文大統領の「我々も以前の政府合意で慰安婦問題が解決したとみることはできないと言う立場を伝える」との立場には断固拒否となるでしょう。
    我々も一時的な目先の事象に惑わされず、冷静な目で判断をするべきだと思います。前回の日韓合意同様、一時的な支持率低下を覚悟の上で肉を切らせて骨を断つ作戦の安倍首相の手腕に期待しております。主様の仰るとおり、真の国士である安倍首相を我々が信じ支持しないようでは、我が国に降りかかる国難を乗り切ることは出来ないと思います。
    2018年01月25日 14:39
  • ハゲおやじ

    大和心様

    ご無沙汰しております。ハゲおやじでございます。
    正直申しまして、安倍首相訪韓には「残念」の
    一言でした。きっとアメリカ政府からのプレッシャーかな?
    と思いましたが、産経の記事を見て納得したところです。

    ご存知のとおり朝鮮半島の人間関係は上下関係しか
    無く、日本を自分達よりもすっとずっと下の国と見下す
    彼らからすれば、日本側から出向くことは「朝貢」
    とも受け取られかねないリスクがあると思います。

    またこういうことを自分達の都合の良い方向へ持って行く
    ことに関しては非常にうまい奴らなので、韓国マスコミは
    安倍首相との会談の内容を曲げて報道(あるいは韓国に都合の
    悪いことは一切報道しない)すれば安倍首相訪韓は大失敗に
    つながる恐れもあるのではと個人的には危惧しております。

    まぁ、「策士」安倍首相のことですから、十分考慮して
    いらっしゃることでしょうけど。

    身辺警護は絶対日本側でやるべきですよね!
    2018年01月25日 12:28
  • King

    現実的に拉致されている方々を取り戻そうとする時
    安倍総理が忸怩たる思いで訪韓する事に意を唱える者の気がしれません
    この機に乗じて愛国者を装い、安倍総理を引きずり落とそうとする者共の暗躍が目に浮かびます
    日韓分断はシナの戦略であるのは周知の事実

    「国家とは国民一人一人の義務と責任から成り立つ」

    あまりの情けなさに涙が出そうです
    2018年01月25日 11:59
モッピー!お金がたまるポイントサイト