236.日本盟主論⑭ 日本・盟主時代の幕開け(その1)

このブログを開設したのは´14年の2月で、あの元自衛隊航空幕僚長・田母神俊雄氏が出馬した前々回の都知事選で61万票を獲得。善戦した直後である。(この時勝った舛添の印象は既に消えている。)

程なくして「日本盟主論」なる記事をシリーズで立ち上げた。

そのため浅学なるが故に、世界最長の皇帝・天皇家を国体とする世界最古の国家・日本のル―ツを探索するところから始めなければならないと考えたのが発端だった。

結果、神代の時代以前にまで遡り、世界最古の宮・弊立神宮、国祖・国常立尊から記紀に登場する天岩戸神話…超古代から日本探索の旅が始まったのである。

そもそも今日の国際秩序の枠組みは、地球の長い歴史から見れば高々70年…歴史という長い一本の線上に刻まれた一つの点に過ぎないのである。

動機は主に二つあった。

一つは、長い地球の歴史の中で、日本が世界最古の国家であるという厳然たる事実…古代日本が人類発祥の地であったことを裏付ける痕跡…偶然の積み重ねだけで神武天皇以来2677年(本年で)も国家として存立できるはずはないということ。

二つは、一度致命傷を負った不世出の宰相・安倍晋三が「日本再生」を引っ提げて奇跡の復活を遂げ、この歴史的転換期に再び登場したことに天の意志を感じたこと…であった。

当時日本が国際社会の盟主たる存在として台頭する、などという見方は皆無に近かった。

それもそのはずである。

今日ある国際社会の枠組みは、大東亜戦争の戦勝国を主体として構築されたものであり、敗戦国たるわが国は、二度と再び国際社会に台頭することがないように手足をもぎ取られたも同然の憲法を押し付けられるなど、不条理極まりない条件を受け入れざるを得ない立場を強いられたまま、現在に至っていたからだ。


加えて、国際社会の盟主は、あらゆる意味で大国であることが絶対的な条件であり、その中心に軍事大国であることは必須であった。


国軍の存在さえも剥奪同然にされた日本は、経済大国ではあっても、国際社会を牽引する盟主たる存在に成りうるはずがない、というのが常識的な見方だったのも当然である。


ところがこの頃、国際秩序に変化の兆しが訪れたのである。

戦後以来続いてきた国際社会の価値観が行き詰まり、長く君臨してきた米国がオバマ以降世界の警察を降り、その隙間を狙って覇権国家・中国が力で頭角を表す時代に変化してきたことによって、盟主不在の世界に様変わりしたのだ。


パワーバランスの崩れは、国際社会の秩序を崩壊させる要因となるが、この頃既に力による統率という盟主の価値観は、大きく変化する兆しを見せ始めていたという情勢変化を感じていた。


その兆しとは、もの・カネ・武力最優先の価値観が限界を迎えていたことであった。

これは力による統治の終焉と、新しい価値観…高い精神性に根差した国際社会からの信頼感と認知を得る国家…が新たな時代の盟主として台頭することの予兆である。

いわば物質文明から精神文明への価値観の転換が始まったことの示唆であり、国際社会が意識しているかどうかは別として、欧米主導の価値観から日本主導の価値観への転換を暗示しているのではないだろうか。

今回はそれを裏づける論評を転載して、「日本・盟主時代の幕開け(その1)」をひとまず終える。


安倍首相はチャーチル氏やドゴール氏と並ぶ大指導者になる可能性も

 10月の衆院選勝利により、安倍政権はより磐石になった。だが、約5年の政権運営で積み残した課題があるのも事実だ。今度こそ、それを果たさねばならない。保守の重鎮・田久保忠衛氏(杏林大学名誉教授・日本会議会長)が、安倍首相に真の保守政治家としての奮起を期待し叱咤激励する。

北朝鮮の核開発において、鍵を握るのは中国だ。

 中国が本気で対北制裁を行えばこの問題は解決する。だが、本腰を入れないのは北朝鮮を米国との取引材料にしようと目論んでいるからではないか。北朝鮮問題の解決と引き替えに、かねて中国が主張している「新型大国関係」を米中で事実上実現する可能性は否定できない。

 胡錦濤政権時代の末期に、人民解放軍の幹部がハワイを起点に太平洋の東側を米国が、西側を中国が管理することを提案したことからも分かるように、米中が「新型大国関係」を結べば日本にとって最悪の事態となる。この情勢下で日本は日米同盟一辺倒ではなく、中国とも良好な関係を構築する必要に迫られてくるのだ。

 だが、日中関係は冷えきったままで、7月にハンブルクで安倍首相と習近平国家主席が会談したが、変化の兆しは見えていない。

 安倍首相は早急に中国との対話を強化して、戦略的互恵関係を再確認し、協調路線を進めなければならない。安倍首相ならば、その必要性を説明し国民を納得させられるだろう。日本の政界に、トランプ、プーチン、習近平らが一目置いて話す政治家は安倍首相しかいない。

 彼にしか難局は乗り切れないのだ。ここに挙げた課題に正面から取り組み、国難を乗り越えれば、安倍首相は歴史に残る大宰相となるだろう。チャーチルやドゴールと並ぶ大指導者になる可能性さえあると私は期待している。

この記事へのコメント

  • きょうこ

    シュメール、スメール、スメラ、皇となるのでは。男系でいえば
    日本が最古の国だと読んだ記憶がありますが。

    2017年12月20日 19:10
  • 特命希望

    もう読まれた方もいらっしゃるでしょうが、ねずブログの記事で、主様の今回の記事と関連があると思われる有益な記事がありましたので、タイトルと序文、URLを紹介させていただきます。
    「対抗国家とお詫び国家」
    >おそらく向こう10年の間には、「天皇の知らす国」は、日本の常識となっていきます。
    そしてそのことが、必ず日本を取り戻していきます。
    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3610.html
    2017年12月20日 18:47
  • 一読者としてこのシリーズ楽しみにしております。
    とりいそぎ。
    2017年12月19日 20:13
  • 特命希望

    今回の主様の、日本が世界の盟主となるべきとの御主張。
    大変力強くかつ鋭い展開で、全面的に賛同させていただきます。
    この上私のような者が重ねる言葉はありませんが、無謀を承知で申し上げれば、日本が天皇陛下を推戴する国家で本当に良かったという事を素直に感じさせられました。
    推戴といっても諸外国の王室のようなものと違い、我が国の本質は、国民が陛下の大きな徳溢れる御心を慕い、自分たちの分を弁え、御皇室を全力で支えることが国体を護持し、国の繁栄をもたらすものである仕組みとなっている事にあるのではないでしょうか。
    ねずブログや「JAPANISM」掲載の各論を拝読するにつけ、そのように思われます。
    また、前記事の拙コメントで安倍総理は今後2年ほどの期間で憲法改正を目指しているのでは、という感想を申し上げましたが、2019年4月30日に今上陛下が、皇太子殿下に御譲位あそばされる御予定でもあります。
    他にも、余命氏は中国の分裂が今後2年以内に起きるのではないかと予想しておりますし、トランプ大統領が打ち出した「イスラエルの米大使館をエルサレムに移転する」という話も、今すぐに実現するのは、実際問題無理でしょう。
    2年以内に訪れる「トランプ大統領の任期切れ」というスケジュールにも影響されるでしょうし・・・
    そのような一見別々に見える事象も、実は今後2年以内にシンクロして進展するような気がしてなりません。
    安倍総理の目指す憲法改正も、対中露に備えてという意味合いがあるものと考えられます。
    さて、目前の半島有事。
    中国分裂という事態が現実化した場合に比べれば、大した問題ではないような気がする今日この頃です。もちろん、比較論の話ですが。
    韓国の文大統領は、今や日本ばかりでなく米国人以外の全ての在韓外国人を人質に取る形で、対北攻撃をさせない狙いを隠そうとしなくなってきております。
    そこで、一部で言われているように国連軍を編成し、自衛隊もそれに参加するという共同作戦で行くのが現実的解決法なのではないでしょうか。
    それを実現できるのは、安倍総理の外交力に他ならないでしょう。
    まさしく大国の首脳を納得させ動かすものは、安倍総理の人格と能力なのでしょう。

    最後に蛇足ですが、2ちゃんニュー速+に安倍総理に関する共同通信の願望込みの記事とそれを論破するレスがあったので、紹介させていただきます。
    【政府】安倍首相、「一帯一路」と連携する意向固める 対中けん制から転換★6
    >9名無しさん@1周年2017/12/18(月) 21:23:01.98
    文章読めないパヨクさんがホルホルしてるので注意。元記事はこちら
    640 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2017/12/18(月) 20:51:20.50
    >>1の記事で言われてる発言の元ソース
    https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/201712/04taiwa_kangei.html

    そしてそれは万人が利用できる誰にでも開かれたものであって、透明、公正なプロセスの下で整備が進められなければならない。オープンな経済活動こそが、新しいイノベーションを生み出す力になると確信しています。
    私は太平洋からインド洋に至る地域を公正なルールに基づく自由で開かれたものとしていきたい。この広大な海を将来にわたって、全ての人に分け隔てなく平和と繁栄をもたらす国際公共財とすべきであると考えています。
    我が国は、この自由で開かれたインド太平洋戦略の下、一帯一路の構想を掲げる中国とも大いに協力できると考えています。

    日本が提唱する「自由で開かれたインド太平洋戦略の下」でなら、中国の一帯一路と協力できる、と言っている。
    それを中国を呑むことが出来るか?出来ないだろ。
    透明、公正なプロセスの下、オープンな経済活動、公正なルールに基づく自由で開かれたもの。
    そうである一帯一路なら協力できる、という条件付きの発言でしかない
    >>1は安倍首相の発言を曲解したフェイクニュース
    日本が提唱しているインド太平洋戦略の下で(日本が決めたルールに従う)なら協力できる、という中国にとって無理難題な条件付きの発言が元。マスコミはいい加減、フェイクニュース止めろ!!
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1513599650/-100
    引用ここまで。
    2017年12月18日 23:34
  • 楚練(愛国左派)

    あいにく人類最古はおそらくはメソポタミアのシュメール文明ですよ(笑)。……自分などはむしろ、むしろ「最古の普遍的な次元に直結している歴史が、断絶せずに積み重ねられてきた」ことの方が重要づなのではないかと思っています。
    『旧約聖書』を作った古代ヘブライ人もメソポタミア出身で、一時的にエジプトに居留し、その後に放浪しつつ思索を深めたそうです。……その思想はヨーロッパに入ってキリスト教として大成しましたが、実はキリスト教には「古代ヘブライ型」(一元論的要素)だけでなく「古代ギリシャ型」(多神教的要素)の思考回路も活きています(ギリシャ神話が日本神話と似ていることはしばしば指摘されており、古代ヘブライ・聖書タイプと双璧をなす「源泉」の典型なのではないかと私は思っています)

    日本の神道は古代ギリシャ(後期)やインドなどの「多神教的一神教」と思想的にも神話的にも類似しており、歴史以前の関係が示唆されています。神道だけでなく、仏教にしたところで遡れば古代シュメールやメソポタミアにまで行き着くでしょうし(仏教の大本はインドが発端ですし、浄土思想なども中央アジア発祥)、ヨーロッパ(古代ギリシャ+古代ヘブライ)日本も「二つの源泉」に直結しているのではないかと思っています。
    日本語そのものもインド(ドラヴィダ系のタミル人)との関係が示唆されていますし(血筋的には古代華僑などととも混血しているわけですから、インド・中国初期の粋を別途に醸成したのが今の日本なのでしょう)。そしてインドのアスラ(阿修羅)は古代ペルシャ(メソポタミア文明の後裔)の神アフラマズダと同語源なんだそうです。
    書き方がゴチャゴチャしてしまいましたけれども、古代シュメール辺りに端を発するような、人類の歴史・文明の最初期から伝播した「最古の血脈」は複数の系統から今の日本(やヨーロッパ)にも流れ込んでいるのでしょう。

    あまり日本だけを特別視しすぎる考え方には賛成しかねます(ヨーロッパや西アジアやインドなどの人達も、本質的には同等の資格を持つ遠戚ではないかと思うので)。ただしかしながら現代の韓国・朝鮮人は北方アジア出身の新モンゴロイドで「文明の始原の光」を分有していないのではないかと疑っています(新モンゴロイドの血筋は日本にも入ってはいますが、それによって完全に民族浄化された朝鮮半島は文明初期の血統や精神が絶滅してしまっているのではないかと……彼らがインベーダーやエイリアンさながらに旧来の既存人類への「侵略的・浸食的」な態度を示すことが、そのことを物語っているようにも感じられるのです)。
    2017年12月18日 22:14
モッピー!お金がたまるポイントサイト