235.売国工作活動がまかり通る国家の異常さ。

陰と陽、天と地、心と身体  、男と女、表と裏  、原因と結果、可視と不可視、自転と公転、形而上と形而下……
森羅万象、片面だけで成り立っているものなど何ひとつない。それが宇宙の真理というものかも知れない。

眼には肉眼と心眼があり、肉眼に映る現象に眼を奪われ一喜一憂、右往左往しているのが現実社会、現象界というものであるのかも知れない。

あるいは今現象として表れていることは、既に形而上では決定していることが映し出されているのかも知れない。

だがしかし、今目の前に起こっている現象というのは、その深淵を辿っていけば、おそらく目に見えないところに何か巨大な力が働いていて、それが現実社会に目に見える現象となって映っているのかも知れない。


この世のありとあらゆる現象はすべて結果であって、何の原因もなく偶発的に起こることなど何もないのではないだろうか。

それが事実であるかどうかはわからない。
それを証明する術はないから、断言する気はさらさらないが、ふとそんなことを考える。

とかく人間は可視できるものや可視できる現象は無条件に受け入れるが、不可視のものには懐疑的な傾向がある。


このブログでは、形而上と形而下、可視と不可視の世界が表裏一体のものとして、世相や政治状況を考察しようと志向してきた。

可視の世界だけで判断するのは片手落ちというものであろうと思う。

つまり目の前の現象だけを見て判断できるものはそれでいいだろうが、予測不能なこと、不測の事態を見極めようとする場合、または日頃伝えられてくる政治家の発言やメディアの論調等から真相や深層、核心を見極めようとするならば、不可視の世界、形而上の世界を探索する習慣を思考回路に組み入れておく必要があるのではないだろうか。

しかし今日において歯がゆさを感じることは、日本の国益を守るためではなく、敵国や敵性国家の側にいる勢力がハッキリと識別されているに拘わらず、その工作活動を日本中で堂々とまかり通していることである。

国を売るために、事実を歪曲し捏造することは常態化され、国家国民を欺きながら、論理をすげ替えて正当化する。

しかしそれが見えていなかった時代ならいざ知らず、その魂胆が看破されている現在において、彼らの手口をまかり通していることがなんとも歯がゆいのだ。

例えば巡航ミサイル配備を巡る産経、読売と売国新聞の論調の違い。

これだけ敵国や適性国家の側に立っていることにお括(くび)れもせず、配備に反対する売国工作活動。

これをまかり通しているという現実、法律的に司直の手に下すことができないというのは、独立国家として異常であると言わざるを得ない。

スパイ防止法に反対する勢力は、スパイであるから反対するのである。
来年の通常国会では、スパイ防止法を上程し、この議論を最優先してもらいたいものだ。

この記事へのコメント

  • 特命希望

    連投失礼いたします。
    大したことはない、私の個人的感想な話で恐縮ですが・・・
    今朝、家内が見ていたサンモニの「風を読む」という反日全開なコーナーで、少しだけ笑えるシーンがありました。
    因みに、私はサン(オ)モニのあまりのくだらなさに閉口して、見ないようにしているのですが、家内は毎週平気で毒電波浴をしております。
    恐らくサンモニを欠かさず見る層は、大半が左巻きで、ネットもほとんど見ないような方々かと思われます。若しくは、毒々しさに耐えながら、敵情視察とばかりに視聴されている保守の方々もおられるでしょう。うちのは、やや左巻きですが・・・

    それはともかく、このコーナーでコメンテイター(名前は知りません)が、「ノーベル文学賞を日系イギリス人が受賞した際には、日本政府は好意的なコメントを出したが、平和賞を受賞した核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)に関しては無視している。」と不平不満を口にし、拗ねておりました。
    パヨクにしてみれば悔しいのでしょうが、そのコメントの中で「(ICAN)はピースボートともつながりがあるのに」とあったのには、「何だ、白状してるじゃないか」と突っ込みを入れたくなりました。
    多くの真っ当な保守の方々は、「ピースボート=極左過激派のイヴェント」と認識されておられるでしょうし、あのパヨク電波芸人の池上彰が船内で講義を行っていることもご存知でしょう。
    なお、ピースボートに関しては、あの表情報の代表格のWikiを読んでも、普通の常識の持ち主なら「碌なもんじゃねえ」という感想を抱くのではないでしょうか。
    一応、Wikiのリンクを貼っておきます。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%88

    そういえば、坂東忠信氏の最新刊「寄生難民」に、TVやネットの情報に関して興味深い記述がありますので、少し紹介させていただきます。
    引用開始
    >2ちゃんねるなどのサイトでは、事象把握の端緒を捉えるネタが埋もれている半面、無責任なデマも発生しやすいという欠点があります。
    また、見たくて選んだものしか見えないことや、知り得たキーワードの先にある情報が中心で、『テレビのように偶然あるいは意に反して見せられる情報が少ないため、ユーザーの得る情報や知識も偏りがちになります。』
    (中略)
    ただし実際にはほとんどの人がテレビも見ますしネットもやっていて、その配分により世論が左右されているのです。
    引用ここまで

    確かに2ちゃんなどネットではマスコミの「報道しない自由」に隠蔽された情報も入手できますが、それが偏ったものになるというリスクを常に意識せねばならないと考えさせられます。
    2ちゃんニュー速+で言えば、スレやコメントだけでなく、記事の配信元がどこなのかそれをもチェックすることで、記事の狙いもある程度見えてくると思われます。


    2017年12月17日 18:44
  • 琵琶鯉

    ご無沙汰しております。琵琶鯉です。
    昨年から今年にかけて日本を辱しめていたモノ達が表に現れ日本人の覚醒を促しています。確かに主様や特命希望様が、おっしゃるようにそれらを排除出来ない現状に歯がゆさを凄く感じております。

    光文章の責様から来年の2月中にいよいよ四国に封印されていると噂されていたアーク?の封印がとかれてその情報が開示されるそうです。
    開示にあたっては四国を司る四神の覚醒が必要だそうで、それには八十八箇所の結界が切れる事が条件だそうです。
    では、結界が切れるとは?ひょっとしたら南海地震が起こるのでしょうか?
    近年、四国八十八箇所の御札場所には朝鮮人による汚鮮が進んで問題になっておりました。
    アークの開示によって日本人はどの様に変化を強いられるのでしょう。
    ただ平穏な時代は終わった。という事なのでしょう。
    2017年12月17日 09:51
  • 特命希望

    今回の主様の記事、私が上手く表現できずもどかしく思っていたことを、真に的確な文章でお示し戴き、有難うございます。
    特に、「国を売るために、事実を歪曲し捏造することは常態化され、国家国民を欺きながら、論理をすげ替えて正当化する。
    しかしそれが見えていなかった時代ならいざ知らず、その魂胆が看破されている現在において、彼らの手口をまかり通していることがなんとも歯がゆいのだ。」という一節。
    まさに「我が意を得たり」という気がいたします。
    ブログ:さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」で紹介されている、BPOが辛淑玉の訴えによりニュース女子を「重大な放送倫理違反があった」と決めつける意見書を公表した事案。
    https://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/34998102.html

    元々BPOは放送業界のお手盛り機関であり、いわば、泥棒が泥棒の倫理を審査するようなものであります。
    連中の立場からすれば当然かもしれませんが、反日勢力がBPOを使ってやすやすと事実を捻じ曲げようという行為を罰する法律が整備されていないことは、真に腹立たしい限りです。

    安倍総理はじめ政府関係者(特に野田総務大臣)はどう考えているのか?
    勿論、日本再生のためには、安倍総理を信頼し支持することが必要なことは重々承知ですが。

    さて、安倍総理といえば、確か以前に「憲法改正は2年後くらいを目途に」という発言があったやに記憶しております。
    それでは、目前に迫っている半島有事という危機に対処できるはずがありません。
    かといって、米朝開戦となった場合、自衛隊が何もせずに済まされることはないでしょう。又、拉致被害者救出という任務は、自衛隊でなければ不可能です。場合によっては、北への先制基地攻撃にも自衛隊が参加するかもしれません。
    いずれにせよ、自衛権の行使という大義名分で押し通すことになるでしょうし、非常事態宣言発令もあり得るでしょう。
    憲法改正については、「JAPANISM」最新号(40)内の記事「天皇の国 瀕死状態の拳法を超えた天皇法の制定を」(by矢作直樹氏)が参考になると思われます。
    その中からごく一部を引用させていただきます。
    引用開始
    >なぜ今まで〝改憲”できなかったかについては、「政権与党が〝憲法”と〝安全保障”のあるべきかたちを正面から国民に問いかけなかったから」という議論が前からありました。でもそれだけでしょうか。自民党幹部の意見では、国民がまだそこまで機が熟していないので今は難しい、とのことでした。民意を読むことに長けた自民党のことですから、実際の国民投票まで予想するとそういうことなのでしょう。
    引用ここまで

    蓋し、未だ偏向メディアに耳目をふさがれた国民が多い状況では、むべなるかなといったところです。
    自分も、報道されないか少ない情報も集めて真偽を見定めてリテラシーを高めねばならぬ、と改めて感じました。




    2017年12月16日 20:08
  • 黄泉醜人(よもつしこびと)というのでしょうか、人の皮をかぶった魑魅魍魎が跋扈しています。せっかく日本人として生まれたのに精神を汚鮮されている輩がなんと多いことか。残念ですが時がくれば処分の対象にならざるを得ないと思うところです。

    最近、開戦時期まで含めて諸々の予想を目にすることがありますがその正否はわかりません。ただ、ここのところの事象には大きな力の介入を感じています。先の選挙などもそうでした。

    人知の予想を超えた形で事が起こるということも考えておく必要があるのではないでしょうか。
    2017年12月16日 11:38
  • King

    主様の唱える「形而上と形而下」
    目に見えぬ情報空間こそがメインであり
    目前の物理空間は、その一部にすぎない

    まさに釈迦の「悟り」ではないでしょうか

    以前拝読しました認知脳科学者様の書籍に
    米の研究者の間では、それが「定説」になっている事
    思い出しました。
    であるならば、どの様な建設的な未来を創造し
    その為に必要な事を物理世界に落とし込む作業こそが
    人類が共有するべき思考ではないかと考えます。

    少し逸れます、あくまで私見と思いお聞き下さい
    古い脳、動物脳と言われる大脳
    新しい脳、理性を司る脳と言われる前頭前野
    前頭前野優位の状態で生きて行く事は
    人間の進化に沿った生き方ではないでしょうか

    昨今の左巻きの方々の「侵略」「嘘」を目の当たりにした時
    この人達は「大脳」メインで生きていると感じます

    瞑想、マインドフルネス、無意識を意識する状態こそ
    前頭前野優位な状態であると

    Googleの社員がマインドフルネスを行い
    劇的に生産性を上げている事実に
    新たな時代の到来を感じております。
    2017年12月15日 13:06
  • 樽柿

    全く同感。不可視のものを信じることは、人として謙虚さを持ち、大いなる存在に対し、頭を垂れることに他なりません。昨今の売国奴共の傲岸不遜さは、唯物論から来る無知蒙昧さを露呈して、しかも恬として恥じない輩です。天罰は必ず下ります。先日のさるSF市長の哀れな末路も、その発現に相違ありません。我々は心穏やかに事態の推移を見守りたいと考えています。もちろん大和心さん、貴方のような憂国の士も大切です。ネットの発信力に、今更ながら強い期待を抱いています。ただ、この力をそごうとする勢力も存在しているようで、やはり戦っていかなくてはならないでしょう。
    2017年12月15日 06:12
モッピー!お金がたまるポイントサイト