230.運命の分岐点。

幸運と不運は紙一重であり、天国と地獄もまた紙一重である。

その差は言葉一つで人生を左右するほど微妙であるが、もしも大成功や大躍進するはずが意に反して大どんでん返しを食らい、転落した場合は、往々にして慢心、過信、自惚れ、邪心など、人の心の中に潜む欲望が運命を決める分岐点になるのではないだろうか。

かつての「十年一昔」も今は「一年一昔」。

例えば小池百合子。
去年の今頃は、悪を成敗するヒロインとして、向かうところ敵なし。日本中から喝采を浴びていた。

そしてあれから僅か一年後の今、女性初の宰相の野望は砕け散り、表舞台から消え去ろうとしている。

これを予測した人達が極めて少数であったことは、当時のメディアやブログ、そして様々寄せられたコメントを見れば一目瞭然である。

少数ではあるが、今日の現実を予測した人達は、彼女のこれまでの経歴や政治手法、政界での立ち回りや取り巻きや人縁、野心などを見ていたはずである。

中には、これとは全く別な見解を持つ人達もいる。安倍総理と裏で手を繋ぎ、日本再生のために民進党の解体に動き、憲法改正や安保法制の確立に向け、国家のために捨て石になった…という説などである。

真偽のほどは目に見えないので確認する術もないが、もしもこうした推測が当たっていたと仮定すれば、国家のために滅私の精神で貢献した稀代の救国のヒロインとして歴史に名を刻むであろう。

ただ、彼女が都知事に出馬した時の党内での立ち位置や、出馬に至る手順や手法を見る限りでは、随分横暴であったし礼を失していた強引さがやけに引っ掛かっていた。

腐敗した東京都連と、森元や石原元都知事と敵対することに衆目が集まり、本人の野心や下心はスッポリと覆いかくされてしまった。
この反動はいつかブ―イングとして跳ね返って来るだろうと、やたら胸騒ぎがしたことを思い出す。

一方、安倍総理はと言えば、朝日新聞や反日勢力の言い掛かり次元の倒閣運動に嵌まってしまい、就任以来最大のピンチに見舞われた。

支持率が低迷する中での解散は、どのように客観的に見ても自民党の大幅議席減は避けられない状況に映っていたし、倒閣勢力からは大義なき解散などと批判された。

姑息な倒閣勢力は、総理の専権事項である解散権にまで口を出し、やれ憲法違反だなどと喚き散らかした。

自らの政治生命を日本再生に見据え、その実現のためにあらゆる欲を捨てて、裸一貫で走り続けてきた安倍総理である。

結果は戦前予想された大方の自民大幅議席減は覆り、大勝となった。
大勝と惨敗は紙一重であった。
後になってから、非自民の比例票では自民を上回っていた、などと敗者はいうが、所詮は負け惜しみである。見苦しい。

安倍総理は、一見負け戦覚悟で、なぜ解散に踏み切ったのか。
今となれば、北朝鮮の核による戦後最大の国家危機に際し、国家のために私心を捨て大局的判断から、自民党議席減覚悟で解散に踏み切ったことを国民は理解している。

運命というのは、どうやら私心、下心、野心など欲を捨てて無心になれた人に加担するようだ。

一時は、飛ぶ鳥を落とすほどの勢いがあったとしても、目指す動機が個人の利害にある場合は、長続きせずいつか破綻する運命を辿るのが法則があるようだ。

時に貴乃花親方であるが、今回の騒動は逆風となって、責任問題に発展しつつあるようだ。

これが相撲界の将来を思って、私心を捨てての判断なのか、一部巷間で伝えられているように、理事長への野望を果たすために、現体勢の挙げ足とりという邪心からなのか。それは、第三者には知る由もない。

だが、これも相撲界の改革者として歴史に名を刻むのか、それとも孤立して平成の大横綱の名を汚し、挫折の道を辿るのか。

前者であることを願うのみである。

この記事へのコメント

  • ド素人

    小池百合子さんのことは、素人の私でも、想像がついていました。
    あの人は、強いところばかりにくっつくタイプの女性で、これは、ある意味、女性の本能です。
    女性は、良い子孫を残す本能があるので、それが本人も気づかずとも、出てくることがあります。
    だから、あっちが強いと思えばあっち、こっちが強いと思えばこっち。
    これ、例え、本人が気が付いたとしても、どうにもならないかもしれません。
    そうしなきゃ収まらない本能を抑えるだけの理性が、今更、働くとは思えませんから。
    2017年11月26日 10:32
  • 足立議員の件は私の杞憂だったようです。謝罪、撤回となると最悪なのでそれを恐れたのですが、現実に世の中が変わってきたようです。

    ところであれから北の反応が無いようですが、パターンが違うのは気になりますね。
    2017年11月24日 02:37
  • 特命希望

    度々申し訳ありません。
    もうご存知の方も多いでしょうが、和田政宗議員のブログで、籠池の嘘とそれを裏取りせず垂れ流した朝日新聞のお粗末ぶりが、改めて明らかになりました。
    そのブログから抜粋・転載させていただきます。
    引用開始
    >森友学園の小学校設置趣意書の名称が、籠池氏の言う「安倍晋三記念小学校」ではなく、「開成小学校」であったという資料は、かねてより私が財務省に開示を求めていたものが昨日開示されたもの。
    そして、朝日新聞は、取材に対して籠池氏が認めたとして、黒塗りで隠されている部分は「安倍晋三記念小学校」であるということを、断定的ともとられる形で報じている(5月9日)。
    朝日新聞は紙面を通じて籠池氏の嘘を拡散した形になりはしないか。
    今回、開示されたことにより「安倍晋三記念小学校」でなく、「開成小学校」と分かったわけだが、朝日新聞は本日の朝刊紙面で一切報じていない。

    又、同ブログ内で森友学園への国有地売却に関する会計検査院の指摘がおかしいという記事もあります。
    以下に転載しておきます。
    会計検査院の報告が”根拠不十分”の可能性も
    会計検査院は基本的には頑張っているので苦言は呈したくはないのだが、今回だけは。
    森友の小学校用地のごみの量について”根拠不十分”とのことだが、会計検査院へのヒアリングでは、現地でボーリング調査もしておらず、会計検査院の報告自体が”根拠不十分”の可能性も。
    報告書を精査して続報をお伝えする。
    https://ameblo.jp/wada-masamune/
    引用ここまで

    上記のような朝日新聞(及び野党)の嘘が、ネット上とはいえますます明らかになってきている中、当の朝日新聞は小川氏らに反撃をするようです。
    以下に、2ちゃんニュー速+のスレタイとURLを貼らせていただきます。
    >朝日新聞、「正論」コラムに訂正求める 「安倍叩きが社是であったことはない」「事実に反する」「読者に誤解を与え信頼を著しく損なう」
    https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1511359347/-100

    >【マスコミ】朝日新聞がバッシングへの抗議開始も「まず慰安婦捏造を謝罪しろ」の大合唱[11/23]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1511416877/-100

    >「徹底検証『森友・加計事件』」巡る朝日新聞からの抗議に、小川榮太郎氏「反論を書くのが楽しみ」
    http://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1511269736/

    朝日新聞が「反撃するニダ!」と騒げば騒ぐほど、小川氏の著書が売れ、Amazonの政治書籍部門で売り上げ№1になっております。
    やはり何だかんだ言っても、ネットより紙媒体で拡散される効果は大きいと思われます。
    そして、和田議員が指摘した会計検査院の調査不足が事実だとすれば、財務省のみならず会計検査院の腐敗分子も炙り出されるかもしれません。(不発に終わる可能性もありますが)

    それにしても、いわゆるハードランディングで物理的にマスコミ各社を潰してしまう方法が手っ取り早いかとは思いますが、現状では、大義名分が立たないのではないかと懸念されます。
    あたかも、北朝鮮が最近沈黙しているために、却ってアメリカが軍事攻撃に踏み切る大義名分を見出しあぐねているように見えるのと同じ状態に思われますが・・・




    2017年11月23日 19:01
  • 特命希望

    横から失礼いたします。
    愛国鬼様のコメントの一節。
    >この世の中には、既存の物理現象を全否定するような新しい技術が既に存在しています。しかしこのような技術を悪魔が支配する今の人類に与えると我良しで軍事技術に応用して他国や他人を支配するために使うに違いないと言うことから、今の人類には明らかにされていないのです。

    を拝読し、私は昔読んだ「古代核戦争」に関する本の内容を思い出しました。
    それによると、ジュリアスシーザーは70万巻に上るアレクサンドリア図書館の書物を全て焼き払ったのみならず、フランスのオータンにあったドルイド教団の数千巻もの自然科学の本も全て焼いた。
    又、カルタゴの図書館の50万巻の所蔵本を灰にしたローマ人、始皇帝による焚書坑儒、再建されたアレクサンドリア図書館の数百万巻もの写本を全て焼き払ったイスラム教のカリフ(教主)。
    彼らのやったことは文明を破壊する蛮行ではあるが、超古代の優れた知識に含まれる危険な軍事技術を恐れての行動、という一面もある。

    上記の文章は、確かに現代の常識からすれば「根拠のない戯言。トンデモ本の類」という事になりましょうが、私は無下に否定することはできない気がいたします。
    現代文明が唯一の高度に発達した文明だ、と言い切ることができない気がします。超古代から何度か興亡を繰り返してきた優れた科学力を持つ文明があったとしても、不思議でありません。
    数十万年にも及ぶ長い人類史の中で、技術は高度に発達させてもそれを制御する精神が衰退し、「我善し」の人間で溢れかえれば、滅亡に至っても不思議ではありません。
    2017年11月22日 20:14
  • 愛国鬼

    私達はこの世の中が圧倒的な力を持つ悪魔に支配される世界であることを理解すべきです。悪魔は決して恐ろしい顔をして人を殺したり戦争を煽ったりする存在ではありません。悪魔は天使のような優しい顔をしています。悪魔が口にする言葉は全て慈愛に満ち溢れています。しかし私達は決して騙されてはなりません。悪魔はお金と権力と色で人間を愚弄し続けているのです。宗教団体、慈善団体、環境保護団体、動物愛護団体、平和団体、反戦団体の全てが悪魔に支配されているのです。国連やユニセフも例外ではありません。これらの団体の原動力になっているのがお金であり権力欲であり、色欲です。

    日本人とその他の世界の人々の価値観の違いを考えて見ましょう。我良しが世界の標準です。これに対して和を重んじるのがこの日本に暮らす人々です。

    もちろん例外もありますので、一方的に断定するのは避けたいと思いますが、この日本でも我良しに毒された悪魔の使いが大勢います。反日日本人と呼ばれる人達です。

    国連の人権なんたらと言う会議が日本を名指しで非難する決議をしました。怒り心頭の人も少なく無いと思いますが、これにはしっかりと仕掛け人がいるのです。日本に敵対する国々の工作があるであろうことは容易に想像できますが、厄介なのが反日日本人です。彼らは弁護士やジャーナリストなど社会的に一定の評価を得ている人たちです。彼らは国連まで出かけて盛んに反日プロパガンダをしているのです。独裁者が人々を抑圧している人権侵害を絵に描いたような国々の代表が日本の人権を非難する決議をするなど笑止ですが、これが世界の現実なのです。日本人は淡々と反論を続けるべきです。そして決してこのような決議に右往左往したり唯諾々と従う必要はありません。このような記事を大喜びで報道するマスコミも反日活動に加担しており、同罪です。

    今の世界では多くの人々が悪魔の誘惑に乗って得意になっています。唯一の例外は我々の日本です。日本人は我良しの世界と異なり和を何よりも重んじます。悪魔にとっては最も扱い難い憎っくき存在なのです。しかし悪魔の工作は日本にも浸透しつつあります。マスコミ、学者、政治家など社会的に一定の評価を得ている人たちが権力、お金、色の仕掛けにはまり、悪魔の走狗となって反日活動に嬉々として走り回っています。

    残念ですが、人類全体の九分九厘が悪魔の支配下に入るまではこの状況は続くでしょう。日本人も多くが悪魔の支配下に入ってしまうのです。

    しかし日本には鬼の形相で世界の東北に封印されている神様がいます。この神が最後の最後でこの状況をグレンとヒックり返すのです。神一厘の仕組みが発動するのです。

    この世の中には、既存の物理現象を全否定するような新しい技術が既に存在しています。しかしこのような技術を悪魔が支配する今の人類に与えると我良しで軍事技術に応用して他国や他人を支配するために使うに違いないと言うことから、今の人類には明らかにされていないのです。

    長くなりますので、この位で締めくくりますが、神一厘の仕組みが発動するのは悪魔の支配が終了する時です。フリーエネルギーが普及して貧困も飢餓も無くなる嬉し嬉しの世の中が来ます。間も無くです。私達はくれぐれも悪魔と契約を結ぶことなく、神一厘の仕組みが発動するのを待ちましょう。
    2017年11月22日 10:29
  • 特命希望

    先程の拙コメントで誤字がありましたので、訂正させていただきます。
    誤⇒もうs腰
    正⇒もう少し
    以上、失礼いたしました。
    2017年11月22日 05:49
  • 特命希望

    主様のお言葉の一節。
    >運命というのは、どうやら私心、下心、野心など欲を捨てて無心になれた人に加担するようだ。
    一時は、飛ぶ鳥を落とすほどの勢いがあったとしても、目指す動機が個人の利害にある場合は、長続きせずいつか破綻する運命を辿るのが法則があるようだ。

    本当にそう思えます。
    私心なく全体のために汗を流す人間を、形而上の存在は嘉し、形而下の人間は有形無形の形で支える。それが、いわゆる強運と言われるものなのかもしれません。

    ところて、このニュースは印象操作なのではないでしょうか。
    私が今朝(6:30~)見たテレ朝の「グッドモーニング」で、ざっと以下のような報道が、映像と字幕付きで流されました。
    >国会では安倍総理の所信表明演説を受けた各党の代表質問が始まり、立憲民主党の枝野代表らが質問した。そんな中で”ポスト安倍”と注目される岸田氏が所信表明で触れなかった森友・加計学園問題について質問し、また総理の政治姿勢に苦言を呈し野党から拍手を受けた。安倍総理は「丁寧に対応してきた。今後も考えに変わりはない」とした。
    http://kakaku.com/tv/channel=10/programID=41710/episodeID=1115279/
    なお、上記文中「総理の政治姿勢に苦言」という文言に対応して、番組内では「国民や野党に対して上から目線で対応している」という発言を放映していました。
    私は、「あの岸田がやはり総理の座を早く手に入れようと、安倍批判をしているのか」と思ってしまいましたが、念のためにこの質疑を全て動画で見てみました。
    https://youtu.be/s1Ic-fUbs_M

    確かに岸田氏は1:54くらいから「モリカケ問題についてもうs腰丁寧な説明がなされるべき」という趣旨の発言をしておりますが、それに続き「特区に絡む問題が指摘されたことにより議論が委縮し、規制改革全体に悪影響を及ぼすことがあってはならない云々」と発言し、モリカケを殊更問題視しているわけではありません。
    また、その後、選挙前後の野党混乱ぶりを鋭く批判していました。
    そして、上から目線云々は、28:13くらいからの発言ですが、岸田氏は安倍総理のことだ、と言っている訳ではなく、岸元総理が池田勇人氏に総理の座を譲る時に、岸元総理が引用した陽明学者の言葉を引用して、自分達(自民党)が野党・国民に対して、上から目線ではなく丁寧に説明していくという心構えを説いているように聞こえました。
    もちろん、岸田氏も大物政治家の仲間入りをして、「もっと上へ」という野心があるとは思いますが、まだそれをあからさまには出していないようです。
    とりあえず、昨日の代表質問の模様は、テレ朝お得意の発言のトリミングで印象操作を図ったものと考えられます。
    岸田氏が野心・権力欲を抑制できなければ、石破コースへと堕ちていくことでしょう。
    又、小泉進次郎氏もこのような正論を吐くこともあるので、とりあえず党の要職に留まっていられるのでしょう。
    2ちゃんニュー速+のスレタイとURLを貼っておきます。
    >【自民党】小泉進次郎氏「総理大臣の国会審議への出席が多い現状は日本の国益にならない」首相の出席限定などの国会改革を
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1510932143/-100

    そして、アメリカが北朝鮮をテロ支援国家に再指定しましたが、私はむしろ『テロ国家』そのものではないかと思います。
    それはともかく、日本でも朝鮮総連やパチンコ産業、その他在日南北朝鮮企業、民団、個人、左翼政党などあらゆる朝鮮関係者が「外圧」を受けて、口座凍結、解体などで攻め立てられるようになるのではないでしょうか。
    又、中国やロシアも更に援助を絞らざるを得ないでしょう。
    ただ、そうなるとロシアはともかく、中国では深刻な問題が持ち上がる可能性があります。
    それについては、後日とさせていただきます。



    2017年11月21日 22:49
  • 小池氏の行動について彼女が狙ってやったかどうかは私もわからずにいますが、希望の党を放り出してしまったあたりを見るとあまり良い点数はつけられないように思っています。ともかく彼女のこれからが過去を決めるということでしょう。

    ところでついにテロ支援指定きましたね。テロ三法が通っているだけに今までとは本質的に状況が違います。

    反日側にあまり自覚が無いように見えるのですが大丈夫なのでしょうか。意味の分かっている上のほうはさっさと逃げそうですが…
    2017年11月21日 18:43
  • パイプの煙

    大和心様、トランプ大統領が北朝鮮をテロ支援国家に指定しました。北朝鮮の反発、暴走が懸念されます。これも大きな運命の分岐点でしょうね。
    いよいよ年内もしくは年明け早々に大きな動きが出るのでしょうか?
    気を引き締めて推移を見守りたいと思います。
    2017年11月21日 06:44
モッピー!お金がたまるポイントサイト