219.この歴史的快挙をなぜ報じない‼ 今国民は、報道犯罪を糾弾して決起する時!

自民大勝に終わった衆院選は、安倍総理の総選挙5連勝…佐藤栄作、池田勇人という昭和の歴史的大宰相を超え、歴代自民党総裁でトップとなる快挙であった。
10議席の定数削減のなかで行われたことを踏まえれば、勝ち過ぎと言われた前回の284議席の堅持は、事実上前回を凌ぐ大勝利であったことを示す結果となった。

公示前は、小池新党立ち上げフィーバ―が日本列島を駆け巡り、一時は政権選択選挙が現実味を帯びた。

安倍自民は最低でも50議席減、単独過半数の233議席確保さえも危ぶまれた経過を考えれば、まさにこれは奇跡である。

だが、誰もこの偉業を報じない。讃えない。

しかし、この事実は神業としか謂い様がない。

国難を憂いだ八百万の神々が日本列島に神風を吹かせ、奇跡をもたらした結果としか謂い様がないのだ。平成の世にも神風は吹いたのである。

メディアはこの事実を肯定したくないと見え、ワイドショーは勝利の立役者として小泉進次郎を際立たせていた。
支持者から「次期総理!」ともて囃す場面を取り上げる一方で、番組開始と同時になぜか石破茂と野田聖子の当選シ―ンを放映する局もあった。

小池百合子が総理の目を失ったのが、もう一つのエポックであった。
驕りと過信によって自らその道を閉ざしてしまったのである。

祭りの後「小池百合子は希望の党から排除される」とまで囁かれているのが現実である。

小池百合子に、日本のジャンヌダルクという偶像を描き過大な期待を抱いた国民は少なくない。日本中を熱狂させたあの都知事選から僅か一年あまり。東京自民を撃破した都議選からたった3ヶ月。そして小池新党ブ―ムに至っては、文字通り三日天下に終わり、そして散って行った。

選挙の結果を見て、小池百合子の野望が砕かれたから言っているのではない。

いささか崩れ行く時期が早すぎたものの、都知事選出馬の時から今日の結末を予想していた。しかし、つい最近まで「日本のジャンヌダルク・小池百合子」を批判すれば、批判した側が非難されるほど小池批判はタブーだったのである。

この敗北をトランプに破れたヒラリー・クリントンの言葉を引用して、異国のパリで「ガラスの天井」と言っているようではだめである。女性だから差別されて負けたのではない。あまりにもポピュリズムに走り過ぎたのである。

仮想敵を作って撃破する…というのは劇場では拍手喝采を浴びるが、過信して毎度毎度その手法を繰り返せばブ―メランとなって跳ね返ってくるのは当然の道理である。

東京自民を敵にして撃破したところまでがピークだったのである。選挙中、劣勢になった頃からモリカケ問題を持ち出して、安倍批判を展開したあたりで国民は彼女を見切ったのである。

ところで、今回自民圧勝の立役者を小泉進次郎に祭り上げるメディアには、違和感を感じる。
弁舌が爽やかで国民受けする説得力は天性の才能であろう。その人気にあやかって安倍総理の遊説距離を凌ぐ応援をこなしてきた実績は誰もが評価するだろう。

石破が「モリカケ問題は納得するまで説明すべきだ」と発言したことは「後ろから安倍総理を撃つ男」として非難された。

小泉進次郎は石破と言い方こそ違え、同じことを言っているのだが、こちらはメディア受けして過剰なほど放映された。
安倍総理の功績を認めたくない反日メディアの印象操作と見ていいだろう。

「モリカケ問題の説明は残念ながら安倍総理に説明してもらう以外、他ではできないのです。」
小泉進次郎の発言は、石破発言と共にしばしば「党内の安倍批判の声」として取り上げられるが、反安倍側から見れば安倍総理落としにうってつけの存在なのであろう。

既にメディアは、次期組閣において小泉進次郎が入閣するかどうかに話題を先導している。

確かに小泉進次郎は、「自民党は信任されたが、支持率よりも不支持率が上回る安倍総理が信任された訳ではない」と安倍総理下げの印象操作をしたい反日メディアにとっては格好の材料である。

小泉進次郎に、将来総理総裁の野望があるならば、モリカケ問題を恰かも安倍総理の説明不足であるかのように訴えたのはいただけない。
国民受けする一方で、党内からスタンドプレーとして反感を買っているのではないだろうか。

党の総裁を守ってこそ小泉の党内認知は高まるであろうが、これでは未だにモリカケ問題が反日勢力の罠であることを看破していない情報弱者に誤った意識を増長させるだけである。

一般の国民受けを意識したスタンドプレーといわれても仕方があるまい。

ポピュリストは、ことの本質よりも国民受けを優先するため、国民を誤った方向に誘導することが多い。
今、小泉が訴えなければならなかったことは、反日勢力の報道テロを糾弾し、謀略を暴くことにあったのではないだろうか。

国民は、一時の小池百合子と同様、国民的人気を博す者には盲信的であり、ポピュリストの実像を見抜けない。
自民党時代の小池は反安倍、親石破であったが、小泉進次郎の政策的発言は石破に近い。
若干36才の次代の総理候補は、まだまだ幾多の修羅場と汚れ役を経験させることが、日本の未来のためであろう。

「徹底検証・森友加計事件。朝日新聞による戦後最大の報道犯罪」と書かれた中吊り広告がセンセ―ションを巻き起こしている。小川榮太郎氏の著書である。

戦後最大の安全上の国難にある現在、モリカケを執拗に取り上げ、安倍政権失脚を画策し続ける反日勢力と反日メディア。

衆院選の結果を以て国民の安倍総理信任は確定した。
来年秋の安倍総理続投と共に、今から四年間の政権はひとまず担保された。
これからの四年は、日本再生実現のために要する四年間である。

国民は、戦後最大の報道犯罪であるモリカケ問題を主導した朝日新聞を、今度こそ国民の糾弾によって叩き潰すことが、日本再生実現の必須条件である。

(秘書投稿)綺麗に撮って頂いてありがとうございます!

この記事へのコメント

  • 特命希望

    連投、失礼いたします。
    小泉進次郎氏が、以下に挙げるような問題(ほんの一例ですが)の解決に辣腕を振るうことができれば、党内の大多数に認められるようになるかもしれません。
    2ちゃんニュー速+より抜粋です。
    >自民党の石崎徹氏ら先の衆院選で当選した3回生3人が27日、国会での質問時間について「野党議員に過剰な配分がなされている」として、各会派の所属議員数に応じた配分に改めるよう同党の森山裕国対委員長に申し入れた。森山氏は見直しに向けて野党側と交渉すると応じた。
     衆院選の結果、自民、公明両党は全体の67%にあたる313議席を獲得。しかし、質問時間の配分は慣例で「与党2割、野党8割」と野党に偏重している。「自民党所属衆院当選2回生、3回生一同」名義の申し入れ書では、この配分が「与党議員の質問権を大きく阻害してきた」と指摘した。
     石崎氏は記者団に「若手議員の中に『国会の場でもっと仕事をしたい』という思いが非常に強い」と述べ、自身は所属する予算委員会でこの1年間、1度も質問の機会が回ってこなかったと訴えた。
     時間配分の割合は、麻生太郎政権(平成20~21年)までは「与党4、野党6」が慣例で、その後の旧民主党政権では一時、「与党1、野党9」となった。現在も「与党2、野党8」と数の少ない野党議員に多くの時間が与えられるため、質問内容が重なるなどの弊害も生じている。森山氏は11月1日召集の特別国会で開催する可能性がある予算委員会からの見直しを目指す意向だ。
    http://www.sankei.com/smp/politics/news/171027/plt1710270022-s1.html
    引用ここまで

    そして、こちらは、ブログ「さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」で言及されているニュースです。
    >NHK「放送法が憲法違反ならばNHKは財源を失い存続できない」と最高裁判所大法廷で主張。
    契約の自由か放送法か…NHK“受信料”拒否で訴訟
    受信料の支払いを拒否した男性にNHKが支払いを求めた訴訟で、25日に最高裁で双方による弁論が行われた。判決は今後の受信料徴収にも影響するものとみられる。
    最高裁判所大法廷。最高裁の裁判官15人全員で審理する大法廷は憲法違反や重要な論点を含む場合に開かれる。
    25日、審理されたのは東京都の男性が2006年から自宅にテレビを持っているにもかかわらず、契約を拒んだことから2012年にNHKが受信契約を結んで受信料を支払うよう求めた裁判。
    裁判の焦点はNHKが受信料徴収の根拠とする1950年に制定された放送法。受信設備を設置したらNHKと契約をしなければならないとの規定が、憲法の保障する契約の自由に違反するかが争われている。
    https://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/34940066.html
    引用ここまで

    そして、もう一件。
    ブログ「正しい歴認識、国益重視の外交、核武装の実現」より抜粋。
    >「韓国と日本は心臓が一つに繋がっている。兄弟のように進まなければならない」平井伸治鳥取県知事
    長文になってしまうので記事は転載しませんが、タイトルだけでもはや「お察し」という感じです。
    なお、この知事の前任者は片山善博というやはり売国奴(もしくは帰化特亜人)です。
    そして、鳥取といえば御存じの通り、石破茂の地元でもあります。
    この県は、外国人参政権が実質的に認容されている疑いがあるようです。
    http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6850.html

    以上、大したニュースではないかもしれませんが、情報提供ということで紹介させていただきました。
    2017年10月28日 12:24
  • こたママ

    大和心様
    連日ブログを更新いただき、ありがとうございます。
    お身体の具合はお変わりありませんか?

    安倍自民党の勝利は歴史的快挙でしたね。
    おめでとうございます。

    テレビの論調は相変わらずですが、少しずつそれに気づく国民が増えていることが今回の選挙結果に現れました。心強く感じながら、また気を引き締めて、引き続きひた押しに参加させていただきたいと思っています。

    奇しくも先日の選挙当日に麻賀多神社でマアカタの交流交信会が開催され、内記正時さまが講演をされました。Youtube動画をこちらでも紹介させていただけますか?冒頭で選挙関連のお話をされていますので、その部分のテープ起こしを下記に添付いたします。

    長文で申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

    『2017年10月22日_内記正時氏の講演会1_麻賀多神社社務所にて_地震予知と神祀り』
    ttps://www.youtube.com/watch?v=EqFdOtjonns

    (書き下ろし始め)
    「皆さん、もう選挙に行かれました?
    期日前投票ですか。私もそれを済ませて来ました。
    今日は歴史的な選挙になると思いますよ。

    日月神示を勉強しながら、これが世の中の動きとどうリンクしているのかというのを、ずっと私なりに見てきたつもりです。日本は今まで「悪の御用」に染まって、「我善し」の社会だった、政治経済、全てがそうだったですね。それが、やっと、やっと「我善し」から「皆善し」、つまり「体主霊従」から「霊主体従」の世界への転換点が恐らく来ているというふうに私は見ています。その第一歩となるのが今回の選挙ではないかな。

    今日の台風、これは「水」の仕組みですよ。
    日本は「火」だったんですよ。「火」。
    水の力が無くなって、「イザナギ」という男神、つまり「火」がこの国を引っ張ってきたわけでしょ。「水」が欠落していた。また「神の世」に戻るためには、どうしても水が必要なんですよ。「火」とは「Θ」(マルチョン)の「ゝ」(チョン)ですよ。「〇」(マル)が無かった。「〇」(マル)が無かったんです。

    政治にちょっと話を移しますと、安倍総理がおやりになっている役が「Θ」(マルチョン)の「ゝ」(チョン)のお役です。日本国のリーダーとしての、中心としてのお役目。それに国民がついて来ていましたか?って話。国民がついて来れなかったから、今のような日本がずーっときたわけでしょ。1人のリーダーがいくら旗振ったって駄目なんですよ。集まる人がいなかったから。気付く人がいなかったから。

    それに「気付け、気付け、気付け」と言っているのが、私、内記をはじめとする、神の仕組みとはこういうものではないのでしょうかと訴えている人たちです。楽して生きる仕組みではない。神の仕組みに生きるという事は、先ほどの輪読で言ってましたね、第8巻の第19帖。19帖読んでいた方おられましたでしょ。「堪えて、堪えて、堪えて、死んでも頑張って下されよ」ってあったでしょ。「そうでなければ、この方(=国常立大神)のお役が果たせんのぢゃ」とある。それは、伊達や酔狂じゃない。日月神示を学びたい、そしてこの神の道に生きたいという人、それぞれが、一人ひとり、お一人おひとりが、そのそれぞれ生きる現場において、必死になって進んでいかなければならない道なんですよ。」
    (書き下ろし終わり)

    追記:なお、マルチョン記号が文字化けしてしまうかもしれません。その場合は恐れ入りますが、心の中で〇マルの中にゝチョンがある記号を思い浮かべてください。
    2017年10月27日 22:18
  • 特命希望

    度々失礼いたします。
    小住進次郎氏、そして河野太郎氏本人とそれぞれの父親について、余命氏が評論している動画がありました。
    なかなか興味深い内容です。ご覧になったかともおられるとは思いますが、ここにタイトルとURLを貼らせていただきます。
    「余命爺 ✕ せんたく 生対談「三代目余命先生が生声で応える;チャットで質問受付中!」18時半から生放送!後半 」
    https://youtu.be/1lFKvlZGFe8
    ざっとかいつまんで申し上げれば、余命氏は進次郎・太郎両氏共に「最近やっと親父の色が落ちてきた。これからの人であり、将来安倍総理の後継者になれる可能性はある。」という趣旨の発言、また現段階では「安倍総理があまりにも突出しており、安倍さんのとはいないかな。まあ、麻生さんがいるが・・・菅官房長官はトップに立てる資質があるかといえば、それはまあないのでは」などとも発言しております。
    その他、せんたく氏の「2ちゃんや5ちゃんそしてTwitterが反日勢力のいわゆる『業務連絡』手段になっているという趣旨の発言もあります。
    なお、関連動画でこの2人の対談の前半もあり、こちらでは南北朝鮮はもとより、中国の抱えている重大な問題について、余命氏が解説しております。
    >余命爺 ✕ せんたく 生対談「三代目余命先生が生声で応える;チャットで質問受付中!」平成29年10月21日 the Patriot of Nippon;YOMEI 3rd,Japan
    https://youtu.be/tzb3uplwll4

    中国や南北朝鮮については、私も思うところはあるのですが、長くなるので後日コメントさせていただきたく思います。
    そして、これは動画を見た私のくだらない感想です。
    「余命氏の肉声はまさに、じいさんといった感じで、あの余命漫画の山田三郎氏のダンディーな顔とギャップありすぎww」
    2017年10月27日 19:15
  • グラス

    米軍の空母が三隻態勢になりました。
    管轄する第7艦隊の拠点は、小泉進次郎議員のお膝元の横須賀です。

    米軍横須賀基地は、アジア、ロシア、太平洋、オセアニアの前方展開拠点および修理、補給基地。

    この地域で左派勢力が強くなるのは何としても避けなければいけないでしょう。

    自衛隊の陸海空が全て揃っているのは8都道県。
    進次郎議員の神奈川県と安倍総理の山口県が含まれています。
    そして、
    山口県内の米軍岩国基地が極東最大の基地になります。
    在日米軍再編によって。

    軍事的に非常に重要な地域を、安倍総理と小泉進次郎議員が押さえている。
    これは、偶然ではないですよ。
    2017年10月26日 10:57
  • suede

    まず、自民圧勝でおめでとうございます。
    結果から見ると、解散時期が絶妙だった様に思います。議席数を見れば、今日にも、憲法改正してほしいと思うばかりですが、安倍さんも色々考えておられるのでしょう。。
    テレビがいかに印象を操作してるのかは、選挙前からの報道から重々承知していたつもりでしたが、いざニュースを見ていると、希望がそんなに強いのか?と思わせるニュースがあり、安倍退陣などと、言われてみると、相変わらず動揺している自分がありました。。
    今回の歴史的とも言える大勝で思うことなのですが、テレビ、新聞、あとネットの報道だけ見
    てると、真実を真っ直ぐ見れないということが分かった気がしてます。
    テレビ、新聞に関しては、大鉈が振るわれるまで無理なんだろうと思っています。
    そして、今まではテレビがある程度、結果に影響を及ぼしていたと思われましたが、今回の結果をみてみると、いよいよ敵の洗脳工作対象の世代の方々が、投票できる数が急激に減少してきてるのだと思います。
    今回の選挙がある意味、大きな節目である様なきがしてます。
    2017年10月26日 00:20
  • 特命希望

    怒涛のような連続更新に、主様の熱い思い、並々ならぬ気迫を感じさせられ、身が引き締まる思いです。
    さて、前回の拙コメントの最後に紹介させていただいた小泉進次郎氏の「新聞への軽減税率適用はおかしい」というニュースを見る限りでは、真っ当な保守思想の持主にも思えますが、主様ご指摘の「モリカケ騒動」に直面する安倍総理への態度を考え合わせると、やはり総理の座を狙う野望に心蔽われているのでしょうか。
    荀子の言を借りるならば「弁舌巧みにして能力もあるが、豺狼の心を持つ人間ほど危険なものはない」といったところでしょうか。
    やはり、若さ故に焦るところがあるのでしょう。
    父親の小泉純一郎元総理が、結局は劇場型政治手法に頼り、なおかつ皇室に対する不敬な言動もあったことは、名著「総理の誕生」に明らかです。それを間近で見てきた安倍総理が、純一郎氏の息子をどのように評価するか。
    「新聞への軽減税率云々」という発言に見られるように、マスコミと野党を論理的に攻撃し叩きのめす路線で行けば、安倍総理も見直すかもしれませんが・・・
    それか、いっそモリカケ騒動に乗じて売国官僚を炙り出す作業に成功すればよいのかもしれませんが、進次郎氏にはまだそこまでの芸当は難しいかもしれません。
    同じ世襲議員でも、河野太郎氏は外務大臣として韓国政府にしっかり物申すなど、売国奴たる父親の洋平氏とは大違いです。
    これは私の想像ですが、太郎氏は若い頃から散々「売国奴の息子」扱いされ、苦労してきたのかもしれません。その汚名を雪ぐために
    、反日勢力に対抗しているのではないでしょうか。
    最後になりましたが、主様ご紹介の中吊り広告。
    これが、大多数の国民覚醒の一助になることを願います。
    2017年10月25日 20:29
  • 愛国鬼

    日本国内の極左反日勢力によるテロが激化する気配を感じます。航空機事故だけで無く、鉄道の故障による不通も目立っています。今まで聞いたことも無いようなまた有り得ないような電車の故障に人為臭さを感じるのは私だけでは無いでしょう。

    杞憂であれば良いのですが、北朝鮮情勢の緊迫化と安倍自民党の大勝を受けてこれを良しとしないグループはいよいよ実力行使に出たのでしょうか。半島有事となればもっと激しいテロが続発し、社会活動や経済活動がストップする可能性もあります。

    日本国民はまさかと思わずに、国内でのテロに最大限の注意を払うべきでしょう。
    2017年10月25日 10:15
モッピー!お金がたまるポイントサイト