214.安倍一強の何が悪いのか。

代表が出馬しない。
幹事長や党三役もいない。
首班指名は結果を見てから。
突っ込み処満載の俄作りの公約。
結局安倍一強とモリカケ非難だけ。
投開票日に代表はパリ国際会議出席で不在…。

いくら何でもこれではダメである。
選挙以前に政党の体をなしていないではないか。
情報を開示せよ、と安倍政権を攻撃する以前に、自党の組織構成や意志決定の流れさえも公開されていないのである。

つまり希望の党から出馬する候補者とは、経営者である代表・小池百合子に雇われた従業員の関係のようなものである。

綱領や政策、公約は謂わば政党のアイデンティティーである。どの政党でも党内で議論して擦り合わせるプロセスを経て、意志決定を行い、共有した党の方針として公表されるのは当たり前のことだ。

確かに希望の党は、綱領も政策も公約も発表してはいる。
だが、代表以外に党役員はおろか政調会など党内の組織さえも存在していないのが実情である。
つまり、希望の党の綱領や政策、公約は、代表・小池百合子が独断で決めていることは明らかであり、独裁政党ということである。

圧倒的な小池人気にあやかって、ほんの一部を除き、選挙のために政治信条を売り渡して希望の党から出馬した候補者が何と多いことか。

一方小池は小池で、保身のために小池ブランドに群がる多くの民進党議員の魂胆を見抜いていたからこそ、独断、独裁的な党運営が通用すると踏んでいたのである。

少々国民を甘く見ていたのではないだろうか。

一時は政権交代、小池総理誕生か、安倍vs小池の一騎討ち、日本のジャンヌダルク、安倍一強崩壊…
あの狂想曲は一体何だったのか。

慢心と過信はそう長く続くものではない。
不出馬が決まった公示日夜にNHKの世論調査が発表された。
皮肉にも、これから…という時に終わってしまった感がある。

希望の党のみならず、相も変わらず「安倍一強を打破」だとか「モリカケ問題説明不足」しか訴えられない時点で、勝負ありである。

自民党の議席が少々減ることは覚悟せねばなるまいが、今の日本と日本人が置かれた環境を見れば、安倍政権に委ねるしかあり得ないのである。

それにしても、安倍一強を非難する勢力は、安倍一強の何が悪いのか何の説得力もないのだが、単に安倍政権を倒したいだけで非難する姿を見ていると、情けなくもあり哀れでもある。

NHK世論調査

この記事へのコメント

  • 特命希望


    主様の現行記事とは離れた内容かもしれませんが・・・
    「パチンコ屋の倒産を応援するブログ」のコメントに、私の基準ですが秀逸なものがありましたので、紹介させていただきます。
    引用開始
    >A.「消費税アップ反対」
    B.「ベーシックインカム導入」
    このAとBを同時に「お訴え(最近、政治家は慇懃無礼な表現を乱用します)」できるのは、かなり悪質な嘘つきか、よほど酷い思考力の持ち主か。いずれか、または両方でありましょう。
    さて、その人物(おそらく小池氏)に対して、メディアは、「排除」、「さらさら・・・」の失言が引き金となって、失速と書き立てますが、そんな単純なことではなく、一連の発言や生き方に胡散臭さを感じた有権者の嫌悪感、反発が顕現化したものが実際だと思います。
    メディアに流されないように、害されないようにと思いながらも、ついつい汚染される危険性の警戒心を忘れてはならないようです。
    http://ttensan.exblog.jp/25863111/
    引用ここまで

    そして、これはまた蛇足かもしれないのですが、2ちゃんニュー速のレスに思わず笑えたものがあったので、こちらも貼らせていただきたく思います。
    元スレ
    >【社会】トランプ大統領と横田夫妻が面会の方向で調整 有田芳生「拉致問題を政治利用する安倍首相」

    有田の馬鹿な発言に対してのレスから抜粋です。
    >11<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん2017/10/13(金) 17:55:00.12
    >>1
    そうだなまったくだ
    台風が来るのもヘリが落ちるのも韓国が落ち目なのもアムロが引退するのも全て安倍のせい
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1507884519/-100
    引用ここまで

    私の独断と偏見ですが、反日パヨク勢力に対しては、このように笑いものにして差し上げるのが効果的かとww

    そして、蛇足の追加で申し訳ないのですが、このようなスレもありました。
    >【米国】トランプ大統領がNBCの放送免許剥奪を示唆 「偽ニュース」と批判
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1507776672/-100

    これは、今朝のテレ朝の「グッドモーニング」でも報じておりました。実際には簡単に剥奪はできない仕組みのようですが、 トランプ大統領がはっきり物申す政治家でよかったと思います。
    日本では、あれほど無礼な扱いをしたテレ朝やTBSに対して、安倍政権からは特に何もコメントがありませんが、いざとなれば停波などよりもっとキツーイお仕置きが控えているようです。
    ただし、国内的にはまあ何とかなるにしても、国際社会において「日本はあのクリミア方式を取ったロシアと同じ野蛮な国だ」という悪評が立ち、それが国際貿易で身を立てている日本の経済に悪影響を及ぼさないか、それが心配です。
    トランプ大統領は理解してくれるでしょうが、独仏等ヨーロッパ諸国がどう思うか、それについて考えなければならない気がします。
    2017年10月13日 22:44
  • あるけむ

    以下の内容は、あくまでも個人的意見です。
    今回の衆議院選挙において「希望の党(小池新党)は自民の別動隊である」「希望の党(小池新党)は保守である」という意見については疑問を感じておりました。
    民主党→民進党の連中(それも政策論のない簡単に手のひらを返す議席目当ての連中)を取り込んだ時点で、疑念が現実になったと感じています。
    マスコミは「三すくみ」などと報道しておりますが、野党票が割れ、希望の党と立憲民主党・社民党・共産党が共倒れすることを期待しております。
    2017年10月13日 03:57
  • ネットを見る限りでは大勢は定まった感がありますが、小坪さんのブログでは現実には厳しいということも書かれていました。
    希望は第二民主のようになっているのでさすがに伸びないだろうと思うのですが分からないですね。

    小池氏については都知事の仕事を全うして欲しいということに尽きます。市場の問題だけでも大変ですから。
    2017年10月13日 01:32
  • なおと

    保守陣営の小池都知事に対する分析は多く見かけますが、下でもあがっている「パチンコ屋の倒産を応援するブログ」が一番的を得ている気がします。
    大和心様を含め多くの方が彼女に懐疑的であることは承知しています(私もそうです)。
    小池都知事の良さや可能性を喧伝されている方もいますが、かねてから疑問を持つ保守派の考えを覆らすことはほぼ不可能かと。
    ただ、功罪の功の部分も当然評価するべき点ではあります。
    一時的に反日勢力に与していても、何でも破壊する彼女の壊し屋っぷりは、連中には有利に働かないと見ていますので。
    2017年10月13日 01:24
  • パイプの煙

    大和心様、主様が「204.因果応報・自業自得・人間万事塞翁が馬」に書かれていた通りの事が次々と現象化されてきております。
    小池都知事が希望の党を立ち上げたまでは良かったのですが、都知事選で自民党都議団を相手に闘うジャンヌダルクとしてマスコミの援護射撃を受け、並みいる候補者を蹴散らして都知事になった事で国民的認知を得たと勘違いし自身を客観視できなくなった事が今回の驕りに繋がったのではないでしょうか。
    小池都知事は安倍政権に対して情報公開やしがらみが無いのが希望の党などと言っていますが、自身では「情報というか、文書が不存在であると、それはAIだからです」と発言し、「最後の決めはどうかというと、人工知能です。人工知能というのは、つまり政策決定者である私が決めたということ」などと発言、更に「AIからBI(ベーシックインカム)は今後世界的な流れになるだろう」と有権者を煙に巻くような発言を繰り返した結果がブーメランとなって返ってくるあたり、まさに第二民進党と言われる所以かと思われます。
    野党も北朝鮮や中国の今そこにある危機に目をつぶり、捏造のモリカケ問題を取り上げて安倍一強を許さない(小池都知事もなぜか同じ論調になっています)と政策論争でなく感情論で、正に国難の時に「お前が国難」などと国民を馬鹿にした主義主張を繰り広げる野党の姿は、まるで風車に向かって突撃するドン・キホーテのようです。北朝鮮問題を通して目覚め始めた有権者から見放される様はまさしく因果応報。
    そして戦後、いや戦前からの捏造、偏向報道のマスコミも今やネットを通じて真実を知った多くの国民から視聴率低下や発行部数減少、購読者離れ等とそっぽをむかれており、これまた自業自得と思われます。
    ただ、怖いのは小池都知事の希望の党がマスコミの思うような効果を発揮できない事がわかった途端に自民党で単独過半数とか自公で300議席を窺う等の報道がなされる事によるバンドワゴン効果(勝ち馬に乗る)でなく、日本人気質によるアンダードッグ効果(バンドワゴンの対義表現で別名、判官贔屓)でバランスを取ろうとして投票棄権や野党への投票行動が心配です。
    私としては早々に不在者投票を済ませ、今までは関心のなかった最高裁判所裁判官国民審査も自分で調べて罷免すべき裁判官にははっきりと投票用紙に×印を付けようと思っています。
    2017年10月13日 00:59
  • 特命希望

    度々失礼いたします。
    琵琶鯉様、そして愛国鬼様の行き届いたコメントに私も同感です。
    メディアが「自公で300議席以上獲得の勢い」などと持て囃しているのは、有権者を油断させ投票率を抑え野党に有利な結果になるように仕向けているとみて良いと思われます。
    前回の記事での拙コメントで紹介させていただいた、安倍総理のNHKインタビューへの回答の中で「勝敗ラインを230程度」と敢えて低めに回答し、選挙戦が厳しいものであるという見解を示したことは、上記のメディアの狙いを警戒しての発言であろうかと考えられます。
    これに関連した見解を、「パチンコ屋の倒産を応援するブログ」より抜粋させていただきます。
    引用開始
    >これから先死んでいくだけの老人が若者の人生を台無しにしてまで、自分達のわがままを優先させるが如き主張は間違っています。
    ただし、若者ほど投票率が低いため、こうした迷惑老人どもの主張の方が幅を利かせやすい状態になっていることも事実です。
    ですので皆様、とにかく投票に行ってください。
    たかが一票ではないのです。
    一票一票の積み重なりが重要なのです。

    なお、同ブログでは河野外相の選挙演説も紹介しております。
    >外務大臣として前任の岸田議員以上にきちっと対応している河野太郎外相は、街頭演説にて希望の党について、
    「同盟国から見て昨日まであれだけ安保法制反対、廃案!と言っていたのが選挙の公認欲しさに一夜で主張が180度変わる政党を信用してくれるだろうか?自分の考えでなく、所属する政党によって安保法制に賛成、反対するかが違う。そういう政権でこの国が守れるのでしょうか?」と至極真っ当な主張をしています。
    引用ここまで
    http://ttensan.exblog.jp/25854463/

    それと、これは本当におまけなのですが、日米両国の安全保障に関わる韓国政府のミスを、同じ韓国の新聞が正直に報道しているという話です。日本の朝鮮漬けマスコミでは大きく扱えないニュースでしょうねw
    記事タイトルとリンク先を貼らせていただきます。
    >北朝鮮の手に渡っていた韓国軍の「斬首作戦」計画
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/10/10/2017101000859.html
    2017年10月12日 21:27
  • 愛国鬼

    安倍一強で長期政権だからこそ日本の国際的な評価や信用が高まっていると言う事実に注目すべきです。

    私利私欲を感じさせない総理をモリカケで叩く人達は自分が総理だったらこの様に動くはずと言う己の欲望をベースにした下衆な価値観の持ち主であり、その事を国会やテレビで声高に宣伝する恥知らずです。

    石破や枝野が首相になれば鳩山、管も顔負けの恥っさらしな結果になるでしょう。

    それにしても河野外相の国際的な活動での堂々たる立ち居振る舞いを見るに、安倍総理の人選の凄さを感じました。

    余談ですがマスコミの選挙結果の予測や世論調査は有権者の投票行動に影響しますので公選法で禁止すべきです。自民圧勝の予測は間違いなく自民不利に働きます。
    2017年10月12日 20:11
  • 琵琶鯉

    主様、ホントに野党の演説、あまりにも画一的「アベがー」「モリカケがー」それがどうした❗と言いたいです。
    立憲民主党がそこそこ、党勢を伸ばしているのは、憲法改正反対を上げている部分があります。(逆に言えば、選挙後、その地域は重点的に昭和憲法の成り行きと矛盾を地域住民に伝える必要があると思います。)

    さて、メディアが自民の議席がかなり増えると言っておりますが、皆様、そんな言葉、信用してはダメですよ。投票してなんぼです。
    2017年10月12日 12:39
  • 特命希望

    今回の主様の主張にも、大いに賛同いたします。
    ただ、余命ブログ記事「1949 余命の論客⑨」の読者コメントで、別の見方といいますか、興味深いものがありました。
    転載させていただきます。
    引用開始
    >半角スペース
    希望の党の動向が激し過ぎて余命読者の方々も「???」になっているかと思いますが、当初から希望は自民党の別動隊で何もブレていないのです。
    当初はメディア対策でB層を取り込み改憲勢力を増やす予定だったのでしょう。しかし、小池人気を餌に民進党が予想以上に釣れてしまい、さらに民進党をバッカリと割る事に成功しました。希望が元民進候補を大量に受け入れ、立憲民主メンバーを弾いた時点で立憲民主党の濃い連中が落とすためならば多少変なのが混ざるのもやむなしか、と思っていました。
    ですが希望の動きを見るとどうやら容赦はしない様で、本格的に民進の後釜である事をアピールし「希望号」と一緒に国賊を丸ごと沈める路線に入りました。
    ですので今後は共産・立憲民主の票を削りながら支持率が下がるような、そんな主張ばかりを行うかと思います。投票の1週間前くらいに希望の党のスキャンダルが連続して出てくる様なら完全に予定通りでしょう。
    さらなる路線変更がある可能性も否定できませんが、ともかく希望の党は現在、国難を前に万が一も起こらないように自民党の別動隊として票の調整をする役目を果たしているだけですので、主義主張で一喜一憂する必要はまったくありません。何だったら叩くのが正解です。
    今度の選挙は自民党一択は変わりませんので、選挙動向であまり気をもまないよう皆様お気をつけ下さい。
    http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2017/10/12/1949-%E4%BD%99%E5%91%BD%E3%81%AE%E8%AB%96%E5%AE%A2%E2%91%A8/
    引用ここまで

    上記コメントの評価は私には出来かねますが、言葉にならないほどのかすかな違和感を覚えます。
    その点については、皆様でご判断いただけましたら幸いです。

    安倍総理が、小池新党の準備の整わないタイミングで解散に打って出た結果、衆院民進党が分解し、一部が希望の党へ逃げ込み、極左連中は革マル枝野新党へなだれ込み、結果として分別とまとめができ、一括処理がしやすくなったことは事実でしょう。
    もしかしたら安倍戦略に小池氏が裏で協力し、選挙で大半の民進党議員(実態は民主党ですね)を落とそうというシナリオがあるのかもしれません。
    希望の党の体裁・内容共にあまりにもぐだぐだなのは、はなから沈めてしまうつもりの急拵えの泥船だからなのか、とも考えられます。
    であるからこそ、小池氏は国政に出ず、狙い通りドブネズミ議員たちが落選すれば、希望の党そのものを何の未練もなく放り出す肚積もりであっても、不思議はありません。
    しかしながら、小池氏が人間として大切な誠実さもなく、政治家として必要な官僚を動かす実力も低いことは、都知事としてのありようを見れば一目瞭然です。
    何より、「自分の頭の良さをひけらかすためには、とにかくカタカナ言葉を並べたてればいい」という発想が時代遅れで、痛いものがあります。
    氏は、安倍総理とタッグを組んでいるつもりかもしれませんが、実際はどうなのでしょうか。
    形而上の存在に操られ、安倍総理の掌で踊らされているだけなのかもしれません。
    希望の党をうっちゃった後に、自分が用済みになって政界にいられなくなるような気がします。
    以上は、あくまでも私の愚論ですので、もしかしたら小池氏が実は徳のある人物で、安倍総理と長く協力関係を続けられるかもしれませんが・・・
    2017年10月12日 12:35
  • ハゲおやじ

    大和心様

    あくまでも個人的意見ですが、私は希望の党を「第二民進党」と捉えています。

    というのも小池代表の演説は、民進党の主張と変わらない気がしたからです。

    北朝鮮がミサイルを撃ってくるかもしれないのに、朝鮮戦争が起きるかもしれない時に国民の生命を守るのではなく「モリカケ!」ですから。先が見えたような気がいたします。
    2017年10月12日 11:08
  • kieros2005

    その通りです。「安倍一強」は野党の不甲斐なさの結果なのであって、野党はそのことを深く反省しなければならない。
    すべからく政治家はおのれの属する政党が「一強体制」を築くべく活動するわけであって、長い努力の結果、なしえた安倍政権にひとまずは敬意を示すべきなのである。そして、いずれ自分たちが取って代わると誓って政治活動するものであるはずなのだ。
    それを言うに事欠いて、「安倍一強」が悪いことであるかのように喧伝するのは幼児のすることだ。このような国会構成で、有事の審議ができるわけがなかろう。解散して大人の議論に耐える国会にしなければならなかったのは当然だ。
    2017年10月12日 07:19
モッピー!お金がたまるポイントサイト