213.策士の誤算。

週明けの公示を前に、自ら代表宣言して希望の党を立ち上げ、衆院選台風の目となった小池百合子に対する評価は拙ブログでも二分されてきた。

どのように見るかは勿論自由である。
だがよくも悪くも衆院選の中心にいた彼女は一体何を目指したのか…。
少なくても民進党を事実上の解党に導き、右と左をハッキリと分断させた能力は高く評価される。

彼女はメディア戦略に長けている。
自らシナリオを書き、用意周到に計算された演出とアクトレスとしての優れた演技力を遺憾なく発揮してインパクトを与えてきた。
紛れもなく策士である。

他の国会議員との大きな違いは、細川護煕、小沢一郎、小泉純一郎という時の政権中枢に近づいて影響を受け、政治家としての力を蓄えてき点にある。
政界の中心点を嗅ぎ分ける嗅覚に優れ、傍らに追いやられたことを察知するときには身代わりが早い。

この局面で、日本中に吹き荒れたフォローの風は俄にアゲンストの風となって降りかかりつつある。
小池百合子というブランドに群がった政治家やメディアも戸惑っている。
小池百合子というブランドが色褪せた時、取って代わる者がいなかった。

常に主役は一人という手法で進撃してきた戦略に、陰りが見えてきたようだ。

今、わが国は国難にあって、これまでにも増して安倍総理に国家の命運を託さなければならない時を迎えている。国民の覚悟が問われる歴史的局面にあるといっても過言ではない。

以前「小池百合子は両刃の剣」と論評した。
小池百合子は何者なのか。何を目指しているのか。

公示前だというのに、目まぐるしく変わった流れにも、漸く着地点が見えてきたようだ。
(敬称略)

立憲民主党の別称を´左残オ―ルスターズ`というそうだが、いい得て妙、なかなかのセンスである。

菅直人最高顧問、陳哲郎幹事長、辻元政調会長、長妻代表代行…という党役員の顔ぶれを見ると、確かにわが国の反日左翼オ―ルスターと呼ぶに相応しい。

それに対して、もう一方の民進残党の溜まり場と化した希望の党は、小池百合子代表以外は誰も決まっていない。(意図あって決めていない?)

その代表ご自身が`出るも無責任、出なくても無責任`と批判を浴び苦境に立たされている。

尤も、このタイミングで後から撃つ都民ファの音喜多某らも、色々不満があったにしても直接本人なり、気に入らない執行部なり当事者に抗議した上で聞き入れなかった、というならわからないでもないが、当事者に話もなく直接会見してテレビ映像で訴えるというやり方も筋違いだろう。

言ってることの多くは他の党でもやっていることのようでもある。
だからそれでよしと言ってるわけではない。こうした不満は、一般社会や企業でもよくあることである。

特にいわゆる´上納金´については違法でもないので、単にコミュニケーション不足ということに他ならない。説明して納得させていれば出なかった話であろう。

問題は、この局面で謀反される小池自身のマネジメント能力が問われているのである。

小池側にも問題はあるが、音喜多は希望の党に逆風が吹き始め、重要な局面を迎えている今、意図を以て仕掛けた可能性がないとは言えないだろう。 

見るからに政治家として経験不足の彼らである。裏で糸を引いている者がいる可能性もゼロとは言い切れないだろう。ある意味ではやり方が稚拙である。ある程度場数を踏んだ政治家ならばこのような手段には出ないであろう。

こうした内部告発もあって、小池百合子はメディアの標的に晒され、アゲンストの風が吹きまくっている。

小池百合子については、拙ブログでも評価は割れてきた。
それは昨夏の都知事戦に圧勝し国民から圧倒的に支持されていた頃は、小池百合子を批判すると、批判した側は袋叩きにされるほど絶大な人気を誇っていた。

このほど公表された´都の職員から見た過去一年の都知事の評価´によれば、石原、舛添よりも遥かに低評価である。

都政の重要テ―マである豊洲問題、五輪問題について悪名高き東京自民の利権構造を暴き出し、排除したところまでは拍手喝采を浴びたが、その後全く進展していない。

その事に都民、国民は気づいているのだ。

小池百合子は総理大臣になる野望がある。
世論が認知し、国益本位の政権を実現できるならばそれ自体に挑戦するのは結構なことである。

だが、今は政権奪取を謀る時ではない。
万が一政権与党になった場合、国防、安全保障の危機が迫っているなか、素人集団に委ねることは国家の存亡である。

権力欲と野心は大局を見失わせる。
メディア戦略に長けた能力が一時は効を奏して、民進党分断という荒業を見事に成し遂げた。

その風がおそらく予想外に大きかったことによって、あわや「政権交代選挙」になるのではないか、と過信したのではないだろうか。

政権交代の対象は安倍政権であり、これは前原や反日左翼勢力とメディアが目指す「倒閣運動」そのものである。

希望の党結党から僅か10日の間に、総理の目が目前に迫ったと慢心したところから風向きが変わった。

まさに人間万事塞翁が馬である。
国難の今、国民の政権選択肢は安倍一択あるのみである。

この記事へのコメント

  • 特命希望

    申し訳ありません。先程の拙コメントで、いくつもの誤字がありましたので、訂正させていただきます。
    誤⇒今日ロクな圧力をかけて政策を変えさせるしかない
    正⇒強力な圧力をかけて政策を変えさせるしかない

    誤⇒結局そのような財源は前出できなかった。
    正⇒結局そのような財源は捻出できなかった。

    誤⇒それ(民主党政権9に近いようなこと
    正⇒それ(民主党政権)に近いようなこと

    以上、大変失礼いたしました。
    2017年10月11日 16:55
  • 特命希望

    昨晩、NHKニュース7で、各党党首にインタビューを行っておりました。
    ここでは、私が興味深いと感じた発言を、一部紹介させていただきます。
    NHKアナウンサー(以下N):「今回は野党第一党の民進党が三つに分かれて2つの新党ができたが、このことについて総理の見方は?」
    安倍総理(以下総理):「(野党の動きについて)政策を横に置いておいて、合従連衡が進んでいったことは大変残念だ」
    「選挙ではどの党の政策を選ぶのかという事が一点、もう一点は、その政策をだれが推進していくのかという事も選ぶことになる。その点、小池さんは首班指名候補を誰にするのか国民に示したほうがよい」
    N:「希望の党などは消費税凍結を掲げているが、(自民党は)消費税引き上げの時期を延ばすことはないのか?」
    総理:「(消費税増税分の使途や軽減税率導入等を語った後で)、小池さんは凍結を仰っておられるが、少子化対策などの財源はどうするのか。民主党政権下で子供手当や高速道路無料化が公約になり、財源は財政の無駄を省くという事だったが、結局そのような財源は前出できなかった。小池さんも無駄を省くとのことだが、それ(民主党政権9に近いようなことをやろうとしているのではないか」
    N:「憲法改正の時期を示しているが、それにこだわるのか?」
    総理:「憲法改正を期限までに急いで行うことはしない。時期よりも、国民の議論が高まり成熟した段階で提案する」
    N:「北朝鮮情勢について」
    総理:「北朝鮮に対しては、これまで25年間も対話御続けてきたが、核廃絶などの約束を破り、開発を続けている。結局、対話は(北にとっての)時間稼ぎにしかならなかった。今日ロクな圧力をかけて政策を変えさせるしかない」
    N:「北朝鮮情勢が緊迫している中で、今国会を解散することは政治的空白を生みまずいのでは、という意見がある」
    総理:「衆議院が解散中でも、政府が解散したわけではない。政府は24時間、365日北の脅威などから国民の生命・財産を守る任務に全力を挙げている。」
    N:「モリカケ問題云々~」
    総理:「先の閉会中審議で前川さんはじめほかの有識者の方々も、、私が総理として何らかの指示をしたという事実はなかった、と発言した。また、マスコミではあまり取り上げられなかったが、加戸前知事が長い間非常に苦労をしてきたという事実は、国会中継等を全てご覧になられた多くの方々は分かってくれた」

    その後、小池氏の発言で「モリカケ問題を今後も追及していき、行政の可視化、公文書のきちんとした管理を実現する」とありましたが、私は「今更モリカケなぞ、民進党と希望の党はやはり同じだ。第一、都政での会議録を残さないことが多く、ブラックボックスを作っていたおまゆう」と思いました。
    また、重要な首班指名候補を未だ決めていないことについては、「選挙の結果を見て判断する」と逃げを打っているように見えました」
    アナウンサーが「共産党の志位委員長は、枝野氏を指名すると言ってますが」と水を向けても、はぐらかしていました。
    引用ここまで
    なお放送の動画URLは、こちらです。
    https://youtu.be/Uy_lzMNDtI0

    そして、これは私の妄想なのですが・・・
    NHKアナは、無意識のうちに上記の発言の中で「結局、希望の党は民進党の別れからきている」という事「そして、枝野新党は共産党がシンパとなっている」ことなどを視聴者に認識させたような気がしますが。
    そして、安倍総理も、消費税の使途云々の発言で「希望の党はかつての民主党と同じようなものだ」と『印象操作』しているように聞こえました。

    また、総理の「憲法改正の時期については、急ぐことはしない」と述べておりました。これは、改憲に警戒心を抱く一般国民に向けたものでありましょう。
    ただ、「憲法改正の時期にはこだわらない」、「政府が解散したわけではないので云々」という発言、そして小野寺防衛相の「アメリカは11月中旬にでも軍事行動を起こすかもしれない」という発言も考え合わせると、「北関連でいつ日本も有事になるかわからない現在、有事の際には現行憲法は機能しないので停止する。自衛隊は、憲法に縛られることなく、敵攻撃を行う」という安倍総理の裏メッセージが込められているように思えて仕方ありません。
    むしろ、総理は、北朝鮮などよりはるかに強大な中国やロシアに対する備えで憲法改正を考えているのかもしれません。

    蛇足ついでに、モリカケ問題を野党がまた追及したら、もっと売国官僚が炙り出されるような気も致します。

    小池氏の政治家としての役割は、民進党解体した時点で終わっているように思います。
    都知事としてこれまで先送りにしてきた諸問題を今後解決していくだけの能力、時間、ブレーンがあるのか怪しいものです。

    以上、妄想・長文にて申し訳ありません。
    2017年10月11日 12:55
  • つれづれ

    いつも拝読しております。
    昨日、9日はとても暑くて公園で蝉の鳴き声を聞きました。
    さて、選挙は勝つために出る、政党は多くの議席を確保し政権を得る、と、誰もが思う処ですが、その真逆があってもいいのではないかと思います。

    小池氏が知事として本領を発揮なさるのは、豊洲でも五輪でもなく、もっと違う何かがあるような気がします。
    単なる妄想ですが、お目々汚し失礼しました。
    2017年10月10日 21:46
  • パイプの煙

    大和心様、主様の仰る通り「策士の誤算」についても小池都知事に対する評価は大きく二分されるでしょう。
    小池都知事を評価される方は彼女の風を読む力や都議会自民党を殲滅し、一ヶ月前に代表交代選挙を行ったばかりの民進党を四分五裂の壊滅状態に追い込んだ力量を評価されています。確かにそれは事実であり否定するものではありませんが、彼女は神仕組みによって小池都知事に振られた役割以上の事を成そうとしているのではないでしょうか。
    希望の党の原発ゼロを含めた12のゼロは民主党時代のマニフェスト同様に耳障りは良いが実現可能か、方策はどうするのか、まさに「希望」ではないか。
    自民党との違いはしがらみが無い事と言いながら、民進党議員の希望の党への参加要件では改憲と安全保障を呑めない者を選別するとしたが世論や民進党議員からの反発で、原案では「限定的な集団的自衛権の行使を含め安全保障法制を基本的に容認する」との記述があったが、最終案は「集団的自衛権」「容認」などの言葉を削除した。しがらみが無いならば、何故当初の案を後退させたのか。まさに「忖度」ではなかろうか。
    安倍首相に対して大儀なき解散だと言いながら希望の党の首班指名については今現在何も決まっていないという事は、都知事選から小池旋風が吹き荒れ、アンチ安倍首相のテレビ・新聞・週刊誌等のマスコミ総出による希望の党押しで念願の首相の芽が出たと思い曖昧にしてきたツケが出たと思います。
    世論調査で都知事に専念すべきとの厳しい結果が出る前に、本当に都知事に専念し野望が無いのであればマスコミの質問に対してぼかした愛想笑いでなく終始に渡ってキッパリと鮮明にしておくべきだったでしょう。
    小池都知事の風を読む力も、使い方を間違えると政界風見鶏と言われ目的のためなら主張も躊躇なく変え、仲間をも平気で裏切った中曽根元首相と同じになってしまうでしょう。ただ、中曽根氏は念願の首相となり名を成しましたが。
    日本の戦後がようやく終わり平成維新として新たな日本を作るのは安倍首相であり、明治維新において原動力となった多くの無名の人々は現代ではネットを通じて覚醒した多くの無名の日本人でしょう。
    前回の都議選で一部の左翼を都民の民意として捏造報道したマスコミ総出の成功体験が忘れられず、公示前の安倍首相の街頭演説に今また少数の左翼が「お前が国難」とのプラカードを掲げて妨害していますが何故かTBSテレビが密着取材。それを見ていたオバチャンが「うるさいわよ。警察の人、ほら止めさせなさい」ってネット上で話題になっています。無名の市民一人一人の覚醒が日本を変え、取り戻す力となります。小池都知事が裏で安倍首相と繋がっているとの話もありますが、あくまでも神仕組みによる主役は安倍首相であり、無名の市民であると思います。小池都知事は脇役に徹する事により次の芽が出る可能性はあると思いますが、今はその時ではないと思います。ただ、全ては天命によるものであり、私も今しばらくは成り行きを見守りたいと思います。
    2017年10月08日 18:43
  • 芋瀬童子

    源頼朝は日本の古代を終わらせ中世の幕を開けた。彼が蛭が小島の流人であった時、京の都の誰がそれを予測できたであろうか?しかし、律令制に始まる古代の朝廷・公家政治の歯車は回らなくなって地方の開墾土着勢力、武士団が源氏の貴種を担いだ。
    織田信長は日本の中世を終わらせ近世の幕を開けた。今川義元は尾張の小豪族など眼中に無かったが田楽狭間での油断に奇襲を受けて首を取られ、今川家が象徴していた中世の名残、守護大名の衰退の端緒となった。実際に田を耕し、額に汗して己の領分を守備したり奪ったりする者共の実力に負けたのだ。
    半百姓の郷士、足軽等、武士階級が歯牙にもかけなかった階級のハネッ返り若造共が日本の近代を終わらせ現代の幕を開けた。それまで『下に、下に、・・』と威張っていた殿様たちはどこへ行ったか分からなくなった。華族なるひな壇に祀り上げられたのだ。

    いずれの時も、【それまで歯牙にもかけられなかった無名の、或は慮外の】人物が時代をひっくりかえした。

    私は今、日本の現代が終わりつつあると思って居る。終わって【未来の幕が開く】。その幕開けをする人物は旧世代の範疇に属する人ではない。小池百合子と希望の党の面々、今現在ほとんどの日本人から【ひよっ子】と軽んじられていよう。そうとばかり言えないのではないか?
    小池百合子なる人を垣間見ていて感じることが三つある。
    1.何となくオーラが茫洋として大きい、【この人はこんな人だ】と固まっていない。例えば正論論客O氏、S氏、N氏、反論のしようがない正論だがそこに小さく固まって変幻自在と言う感じがしない(無論主観だが・・)
    2.他人の評価など一切眼中に無く【コレと思う道筋を強引に進む】。アラブ世界が台風の目になると見てエジプトに留学したり、ピラミッドの頂上で茶を立てたりリビアのカダフィをインタビューしたり、保身、売名等に関心が薄い、ただやろうと思った事は躊躇なく実行して来た、ように見える。
    3.褒められるより貶される事の方が多いように見える。

    見つめれば見つめるほど時代は見えなくなるように考える。見つめるのではなく、この人の出現は一体何を意味するのか?偶然か必然か?単に野心家が絶好の機会を見つけただけかそれとも出てくるべくして出て来た、つまり源頼朝、織田信長、脱藩若輩者共のように日本人全体の集合無意識の噴出として出て来たのか、視点を遠くに置いて見る必要があるのではないか?
    メディア、ネット、いずれもこの【視点】をはぐらかそうとしているように思える。
    2017年10月08日 11:10
  • 小池氏の民主党を崩壊させた功績は現実として認めざるを得ないと思います。しかし狙ってやったか偶然そうなったかは現時点では不明です。

    時の権力者を上手く利用してここまで登ってきたわけですが、今度は自分が権力の中心として組織も金も作り人の面倒もみる必要がある。これはやはり容易ではないと思います。誰がやっても大変なことです。

    この立場の違いに耐えられるかどうか。これが今後の小池氏の評価を決めます。

    都知事の仕事は中進国の大統領レベルの重責ですから、まずこれをしっかりやること。本人の望みからすれば不満かもしれませんが、こういう所が大事だと思います。安倍首相も第一次からここまで10年です。挫折もありじっと耐える時期もあったわけで、こういうところで腐らず信念を貫くというところをみたいですね。小池氏の評価はその後でしょう。
    2017年10月08日 01:53
  • シミズ

    なああああんにもしないんですもん。
    ひとっっっっっつも成果だしてない。
    もういいですわ。
    2017年10月07日 19:13
  • 芋瀬童子

    この意見はおそらくブログ主殿、本ブログを見られる方全てに受け入れられないだろう。
    まず本日の”まるぞう備忘録”を見てそこに貼られた高麗神社に強引に持ち込まれた穢らわしく気持ち悪いものを見られたい。
    まるで今迄の日本を、日本を冒して来た病原菌を象徴しているようだ。沖縄にはシナから龍柱なるものを誰かが持って来たらしい。この写真のものは朝鮮人が【日本の由来は我々にある】と主張したいがために持ち込んで【バカみたいにお人よしの日本人】がハイハイありがとうございます、と受け入れたものだ。皆さんはこのような穢らわしく気味悪いものが自分の屋敷内に持ち込まれるのを許せるか??・・今の日本はまさにこのような状況なのである。
    人体に例えれば重篤な病に冒された状態と言える。病気には薬が必要であるが、深刻な病気程、その薬も強いし扱いが難しい、即ち副作用、相互作用等々、使い方を誤れば命を奪われることもある。私は小学生の時、リウマチ熱による心内膜炎と言う厄介な病に冒され3か月療養してもはかばかしくなく、ついに両親は数か月分の給料に相当する額を借金してアメリカから抗生物質を取り寄せた。大分後になってその同じ薬の副作用での死亡事故の事を聞いた。
    何を言いたいか薄々お分かりと思う。もう日本は【とどめを刺す劇薬】が必要な時ではないのか?副作用云々を言っている時ではないのではないか?合わせて聖書の記述が脳裏を駆け巡っている・・曰く『此の世は邪悪なものの支配下にある』。そのものはあらゆる手段や経路を駆使して投入された劇薬を排除しようとする、小池百合子と言う劇薬を・・・、と言う見方もしてみる必要があるのではないか?・・日を追うごとに増して来る希望の党、小池氏の【副作用はかくもまがまがしい】との意見に肥後モッコス天邪鬼の本性がつい出る。さらに、小池氏、野田聖子氏等、【女性であるが故に風当りが強い】ように感じるのは私の思い過ごしか。
    2017年10月07日 13:53
  • CatmouseTail

    策士策に溺れたのか、それとも既に党を見捨てたのか。
    公認候補者とその血縁者などの不祥事やら犯罪疑惑やらを眺めていると、どうも小池さんが意図的に全員落選させようとしているように見えてきたりもしますね。一方で、公認候補者の身体検査をする時間が無かったなんてことは有権者を馬鹿にしている、あるいは舐めているともいえるのでしょうが。
    まあ、希望の党が大敗すれば「飽きたから、もうや~めた」なんて小池さんの姿も見え隠れしたりするんですけどねw

    真意は解りませんが、神意は既に確定しており、そのように物事は進むのでしょう。

    このツイート前後に公認候補者とその血縁者などの不祥事やら犯罪疑惑の詳細が書かれていますよ。ご参考までに。
    https://twitter.com/mynamekamikaze/status/916318639107710977
    2017年10月07日 09:09
モッピー!お金がたまるポイントサイト