207.そもそも解散に大義はいるのか。

衆議院選は10/29説もあるが、どうやら10/22の投開票が本筋のようだ。
総理は帰国が金曜夜なので、月曜日の25日に解散を表明し、28日の臨時国会召集同時解散。10日公示…という流れになるようだ。

副総理や幹事長、公明党代表が相次いで総理私邸を訪れて会談しているのだから解散は既定の事実であろう。

しかし安倍総理の口から゛解散゛の二文字は目下一言も発せられてはいないので、政界は所謂゛解散風゛が吹いているという状態である。

ところが゛風゛は勢力を増しながら北上する゛台風゛状態と化して、反日野党や倒閣勢力を襲い大揺れ、大慌て、大騒ぎである。

北の核ミサイルが日本列島上空をを越えて行っても黙認しているが、それよりも解散の方が一大事らしい。

彼らは次々とコメントを発表しているが、一見強気のように見えるものの、内心は突然暗闇から襲われて不意討ちに遭ったように動揺しているというのが実態である。

元々8月あたりまで、解散を受けて立とう!などと豪語していたのは民進党の蓮舫や共産党の小池だったではないか。

解散大歓迎だったはずの彼らに、解散風が吹き始めた瞬間慌て出したのは、よもや安倍総理がこんなに早く解散するだろうことは、予想だにしたいなかったことの証であろう。

安倍倒閣のためにでっち上げたモリカケ騒動が功を奏して、内閣支持率を危険水域近くまで降下させたことを過信していたから、「やれるものならやってみな‼」と強がっていたのだろう。

ところが、9月に入って潮目が変わったのである。
直近の世論調査では、内閣支持率が約4ヶ月ぶりに50%を回復し、自民党支持率もアップ。

対する前原新体制で船出したばかりの野党第一党の民進党は、山尾スキャンダルなどで離党ドミノが止まらない。新代表就任のご祝儀もなく支持率低下。完全に出鼻をくじかれた状態である。

彼ら曰く「大義なき解散」「モリカケ隠し解散」「自己保身解散」…果ては「この時期に政治空白を生むことは許されない」などと批判しているが、解散は総理の専管事項である。
よって解散は´総理が伝家の宝刀を抜く´
…と比喩される所以である。

謂わば憲法に定められた内閣総理大臣に与えられた特権であるから、批判される筋合いなどあるわけがないのだ。

しかし彼らの批判は、突っ込みどころ満載で反論したくなることばかりだ。

そもそも、北の脅威で国家の危機にある現状の中で、終わったはずのモリカケ問題を尚も執拗に取り上げて追求するという民進党の姿勢こそが「政治空白」を生んできた元凶である。
政治空白を生んできた野党に、政治空白云々と言われる筋合いはないということだ。

大義なき解散、と最初に批判したのは小池都知事だ。これも結党の準備が進んでいない中での焦りが言わしめたセリフであろう。

小池に追随して、今や多くの野党もメディアを通じて「解散の大義がない」「大義なき解散は不当だ」などと、またしても世論を煽動している。

だがその前に、総理は現時点で「解散する」とは一言も言っていないのだ。解散すると言わない段階で、解散の大義を語るはずもない。

そしてもうひとつ。
そもそも解散に大義は必要なのか。
自己保身解散というなら、元々与野党を問わず自党と自派の勢力拡大…謂わば自己保身のために闘うのが選挙である。

ましてや解散権を持つ総理大臣が、他党の臨戦体勢が整うのを待って解散するはずはない。政府与党にとって、有利な戦況になるタイミングを見定めて解散するのは当たり前のことである。

そうでない解散…政府与党が敗戦覚悟で解散するのは、内閣が追い込まれた場合か任期満了に伴う解散のみである。過去の例で任期満了解散は、凡そ追い込まれた内閣の場合が多い。特に現政権前の内閣は毎年交代していたのも不安定な政権だったからである。

特に民主党政権時代の菅直人は、あまりの失政に国民が失望し、早期の解散を促したが延々と居座った。国民からそっぽを向かれているのに政権の座に居座るのは実にみっともない。引き際というのは、その人の人格を示すのである。

解散に取ってつけたような大義はいらない。
解散は、現内閣の新任投票である。
この国難にあって、安倍総理以外に国家の存立を託せる総理はいないのである。

衆議院選挙は政権選択選挙であるが、現時点で野党が政権を取る可能性はあり得ないし、国難であるから尚更である。

倒閣勢力が安倍憎しとばかりに、どれだけ安倍総理を貶めようが自民党内を見渡しても、わが国の国難を救える人材は、安倍総理を除いて存在しないのである。

混迷を深める国際社会においても、世界中からその存在を認知されている安倍総理を日本人として誇りに思う。

国難を救える唯一無二の安倍総理を信任し、国家を挙げて選択する。2021年迄日本の舵取りを託す選挙にしなければならない。

今回の選挙は、国家百年の大計を決める選挙である。

この記事へのコメント

  • 芋瀬童子

    学生時代、【弁証法的発展の段階】と言う事象について講義を聴いた。【量の変化が積み重なってある閾値に達すると質の変化が起こる】というものである。これが記憶に有ったので【連合赤軍事件】と【オウム事件】の時すぐに閃いた・・どう閃いたか?と言えば【もうすこし早く、量の増幅の間に処置すべきであった】と。
    今、同じ懸念が脳内を駆け巡っている・・ひとつは北朝鮮、もうひとつが国内反日売国メディア。弁舌巧みな学者先生、コメンテーター、作家、芸能人、テレビ寄生虫、思想家、坊主、牧師、プロ市民等々が如何に佞悪醜穢な根性にまみれ、或は思想に被れ、或は何処からかのカネに繋がれ、乃至は臆病怠惰に流れていたとしてもメディアがなければミーハー国民を騙す事は出来ない。
    故にひと癖ありげな野田聖子氏を総務大臣に任命した時、総理は解っているな!と思った。だが今は??になっている。クーデターを起こした時真っ先に制圧するのが放送局と新聞社だ。今般の解散総選挙は私の考えるところでは実質的にクーデター、使うのは武力でなくて票。
    機先を制す、と言う言葉がある。まだでも『受けて立つ』時を待つのだろうか?総理としてはあくまでも『総理が手を下した』と後世言われない様に、『国民の総意がそうなった』と言う風に、難癖をつける者共が独断専横独裁とケチをつけるスキがないようにしたいのであろうが・・・。
    昨今のメディアは最早報道ではない、明らかに反政府、国家転覆念慮企図の政治的組織、走狗である。上から下までそう言った不逞に寛容で見て見ぬふり、聴いて聞かぬふり、遠慮する国民、勝てば官軍、勝つ方につこう、長いものに巻かれて安穏に暮らそう、と形成を窺う百姓根性(言葉が悪いが深謝!)の日本国民に私はあまり安心できないでいる。これは経験から来ている。現役時代、少しでも業務を改善すべく色々やったが同僚は冷ややかに関与しなかった。何故?日々の業務をこなすだけならそれは【男の仕事】ではない、単なる業務、稼ぎ、に過ぎない、男一匹それで満足なのか?との疑問に彼らは言った、『波風立てずに退職金をしっかり握ればそれでいいじゃないか』と・・・。

    総理の決断や好し、しかしミーハー国民に一抹の懸念。火矢を放ってメディアを先ず一網打尽に出来ないのか?
    2017年09月23日 12:26
  • suede

    今回の大義は、フェイクな気がしますね。
    改正を睨んでることが本命でしょう。
    実際に空爆がはじまれば、国民も嫌でも現実をみることになる。
    戦後初めて、日本がはばたく事になって欲しいです。
    2017年09月22日 19:11
  • 特命希望

    「パチンコ屋の倒産を応援するブログ」内の『消費税増税は今回のテーマとは思えない 』が、今回の解散や大阪自民党府議団の無能ぶり、財務省の思惑、はたまた北朝鮮と周辺国情勢などについてわかりやすく解説しています。
    http://ttensan.exblog.jp/25675787/

    ところで北朝鮮問題については、私も妄想じみた所感はあるのですが、生憎、昨日左再太腿をキイロスズメバチに刺され、ショック症状は出なかったものの、痛みと痒さで体調がすぐれません。
    なので、また後日愚論を述べさせていただくかもしれません。
    ただ、端的に申せば「瀋陽軍区」、「中共瓦解=軍閥割拠」、「深刻な環境汚染」、「白頭山噴火」「イラン」などがキーワードなのかもしれません。
    何だかまとまらない文章で、失礼いたしました。
    2017年09月21日 22:26
  • たつき

    何かが引っかかり、何となくダラダラと考えているうちに、あまりにもひねくれたロジックに気づいて笑ってしまいました。
    解散に大義が無いと言う主張その物がすり替えで、「この解散に大義(日本の国益)しかない」という実態を元に立ち回られたく無いから死に物狂いで喚いている。

    もっと言えば「日本にとっての大義」に対して、寸分も寄与しない反日勢力にとって、自分達の存在意義その物を大衆に向かって扱き下ろされる大々的なキャンペーンをされる前に、必死になって誤魔化しにかかっている。
    連中はこの期に及んで、絶対に太刀打ちできない命題を叩きつけられ、選挙という舞台に引きずり出された上で晒される。

    国と国民の命を全身全霊をかけて守ること
    日本を脅かす存在に対し毅然と立ち向かい、日本のために戦う事
    安倍政権が築き上げて、トランプ大統領という要素の下に仕上がってきた今の国際情勢の中で、それに対立する中朝を咎め続け国際的な協調を主導する安倍トランプ外交を支持しなければいけない

    …どれか一つでも致命的なのに、全てをクリアする事すら流れ次第で参加条件にも満たないかもしれない(政治家としてどれも当たり前なはずなのに
    この選挙を矮小化させたい勢力は自民党や役人にも多数居るのだろうけど、今のゴミみたいな反日野党が、「日本の国益を旗印」にして主張する勢力に駆逐されてはどうしようもなくなる。
    …だいぶ緩い見方ですが、この状況の中で「モリガーカケガー」なんてほざく連中は、この先延々と国防・国益・今後の世界の平穏(笑)と目下の障害についてつつき倒せば、選挙期間ですらまともに立ち回れない。

    あとは国民の、特にマスゴミに対して嫌疑の目をもつ側への共通認識として、マスゴミの偏向を看破し波及されるのか?
    必死になって偏向報道を仕掛けてる連中を一蹴し、この選挙の本命として国民側が日本の国益について向き合い、議論の輪を拡大させていく。
    あんな欺瞞に付き合う時間も無いけれど、「ここまであからさまな意図」を盛大にぶち壊して大衆の目に晒して呼び水に仕立てる。
    …この局面において致命的な失態を、連中は気づかずに演じているような(^_^;)?
    2017年09月21日 14:09
  • 愛国鬼

    日本人が拉致されても、日本がミサイルで狙われても、領土が侵されても、今は日本は手も足も出せません。日本には平和憲法があるから拉致被害者の救出も、国民の命を守ることも、領土を取り戻すこともできません。憲法の縛りで国民を守れない、国家の主権を守れないと言う国が世界中のどこにあるのでしょうか。

    今回の解散に大義を求めるとするならば、この日本の異常な状況に終止符を打つための解散だと言うことでしょう。そして安倍総理は右往左往せずに正面から憲法改正を国民に問うべきでしょう。そして国民がこれにノーを突きつけるならば、その結果は、国民が負うべきです。

    憲法改正にノーを突きつけた国民はミサイルが飛んでこようが、拉致被害者がどうなろうが、領土を取られようが、泣き言を言うべきではありません。外国の軍隊が侵攻してきて、国民の生命や財産が侵されても国民は政府に対して文句を言うべきではありません。全ては憲法改正を拒否した国民の責任に帰することだからです。

    しかし日本国民もバカではありません。安倍総理が国民の生命と財産を守るのだと言うブレない姿勢を示せば、必ずや国民の魂に響き、国民の共感を得ることができるはずです。護憲派の野党やマスコミも憲法を守れと主張するなら、国民の生命と財産をどのようにして守るのかと言う対案を示して欲しいものです。今回の選挙は憲法議論をする良い機会です。
    2017年09月21日 10:01
  • 特命希望

    「そもそも解散に大義はいるのか」という主様の記事。
    言われてみれば、確かにその通りですよねえ。
    無いよりは有ったほうがいいのでしょうが、昨今の緊迫した国内外の情勢に鑑みれば、悠長なことを言っている場合ではないと思います。
    それこそ、吉田茂首相の「バカヤロー解散」という例も過去にはあったのですから・・・
    麻生太郎ちゃんがあの笑顔で、「俺のじいさんは『バカヤロー解散』をやったがねえ」と言ってくれると面白いなあ、と期待してしまいますw
    なお、「バカヤロー解散」はこちらのサイトで詳しく解説されております。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%82%AB%E3%83%A4%E3%83%AD%E3%83%BC%E8%A7%A3%E6%95%A3

    閑話休題。
    皆様ご承知の通り、国連総会にてトランプ大統領が、拉致問題に関して北朝鮮を非難しました。
    >【国連】トランプ大統領、国連総会演説で北朝鮮の日本人拉致を非難 「13歳の少女を拉致した」★9
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1505901516/-100
    これは、拉致問題が日本と北朝鮮間の二か国問題ではなく、世界が向き合うべき課題となったことを意味するのではないでしょうか。
    日本人のみならず、他の国々でも拉致被害者はおりますし。
    対する北朝鮮の反応は、こうです。
    >【国連演説】トランプ大統領の「北朝鮮完全破壊」発言に議場どよめく。北朝鮮大使は演説途中で退席★6
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1505897099/-100

    こたびの総選挙では、自民党は「拉致被害者救出」を高々と掲げるべきです。もちろん、成功という結果が出せなければ、自民党そのものが倒れてしまうかもしれませんが、党の各議員は安倍総理に任せっきりにせず、自分も共に戦うという気概を持ってほしいと思います。
    この旨、自民党と安倍総理にメールしておきました。
    恐らく、安倍総理は、拉致被害者に関して一般人には窺い知ることのできない情報を相当量集めていることでしょう。
    北朝鮮と国交のあるイギリスにも情報収集方依頼しているやもしれません。
    先日のメイ首相との会談でも話し合ったかもしれません(あくまでも私の想像にすぎませんが)
    それはともかく、トランプ大統領の国連演説を見るにつけ、改めて
    安倍外交の凄さを思い知らされます。

    そして、恐らくこのニュースも安倍総理がメイ首相に何らかの働きかけをした結果ではないかと推測いたします。
    【ライダイハン】「韓国政府に謝罪要求」 英国人が団体設立 韓国人によるベトナム女性への虐殺、強姦、慰安婦・・・元英外相ら参加[9/19]★6
    http://lavender.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1505823755/-100
    2017年09月20日 20:17
  • Miriam

    緊迫する国際情勢を鑑みれば来年末の衆議院任期まで待つわけにいかないでしょうから、解散の判断自体は適切かと思います。
    しかし肝心の自民党が消費増税なんてふざけた公約を掲げようとしている以上、議席を減らしてしまう可能性が高いと思います。野党がボロボロだからっていくらなんでも舐めすぎです。
    残念ながら憲法改正に必要な3分の2を確保するのは難しくなるのではないでしょうか……

    本当に厄介なのは民進共産ではなく、自民党内部の増税派や憲法改正反対派だと思います。
    安倍総理も決して万能ではなく、消費増税を許してしまった汚点を残していますからね。
    2017年09月20日 19:20
  • たつき

    こんにちは。
    安倍総理き英断もさることながら、ここまで見事に釣り上げられた野党・マスゴミの姿に、仕掛けた側は笑いが止まらないのでは…なんて思います。
    「選挙中にもし危機的状況になったら…」なんて喚いている連中がいるけど、危機的状況に陥った際に「強いリーダーシップを発揮できる指導者」が国の陣頭に立って指揮を執るのだから、反日勢力の崩壊と日本再生の幕開けとして言わずもがなか

    日本国内で大きくぶち上げたけど、これ一本で反日勢力は上から下まではめ込まれた局面になるのなら、本命である国際情勢との歩調なり連携なりにも専念できる。
    おまけに事ここに至って、国益・国防・安全保障を全面に打ち出されてはかなわない…なんてお粗末な連中は淘汰されてしまう。
    解散を出汁に逃げ道を潰し、中朝の思惑すら逆手にとって、久しく役割を果たさなかった国連に「北朝鮮の主張を拒絶させる」という大技をかけて主導権を取る。
    様々な手段を尽くして外堀の埋まった今、日本がいよいよ内憂を駆逐し国防等を建て直せば、世界全体の情勢すら傾いて行く。
    途方もない計略にコロッと踊らされている反日勢力もあれだけど、ここに来て攻勢に出る安倍政権はどこまで狙うのか…選挙の展開も含めて凄く気になります(^_^;)(笑)
    2017年09月20日 14:52
  • kieros

    無いよりはあった方がわかりやすいという程度ではないでしょうか?
    大義がどうたら言う人たちは政治空白を作っていいのか?と息巻いていますが、今が政治空白な直です。モリカケ問題など政治空白そのものでした。北朝鮮情勢が緊迫している現在、国会は国防の議論をしなくてはなりません。そのためには現状国会の体たらくを整理整頓し、国防リテラシーのある正常の国会にしなくては安保法の出番で大きく躓くことになります。
    まさに総選挙の大義はそこにあります。
    2017年09月20日 08:49
  • 無いよりは、あった方がいいという程度ではないですか?

    2017年09月20日 08:44
  • とある文理系人

    主様、皆様おはようございます。
    民進党がこの選挙でさらなる後退が予想されるから、この機会に乗じて日本維新の会が最大の野党になってくれればいいなと思ってます。しかし、油断ならないのが共産党です。
    きちんと国会で審議してくれる議員さんが、今回の選挙で当選していくことを願います。森友学園、加計学園問題でありました国会の空転が二度とないように。
    選挙はまだ始まっていませんが。

    記事206にて、特命希望様から財務省の話題があったので、それに関連して私からご紹介したいものがあります。
    それは「大手新聞・テレビが報道できない「官僚」の真実」という本です。著者は元大蔵官僚の高橋洋一氏です。
    この本の内容は、森友学園や加計学園問題や官僚のことについてが書かれております。その中には、財務省についても書かれております。
    私のような一般人には官僚の世界のことはわかりません。その官僚の世界を知り、理解するために、この本を一読することをお勧め致します。
    最後は短いご紹介をしたということで恐縮ですが、情報として共有しておいたほうがいいと思い、ご紹介に至りました。

    2017年09月20日 08:28