202.開戦 3。電磁パルス…神への挑戦。

北の水爆実験の成功(北発表)によって、国際社会の様相は新たな段階に入った。

電磁パルス攻撃(EMP)という新たな脅威を示唆したが、万一北が実行した暁には日本はおろか、対北戦略は無力化し地球の終焉という人類史上最悪の事態に至る可能性がゼロではなくなったと言っても決して過言ではないだろう…という事態である。

咄嗟に脳裏を過(よぎ)った言葉…神への挑戦、神への冒涜…という二つが浮かんだ。

これは最早、反日左翼が狂ったように発する「話し合いによる解決」「平和憲法の護持」などという妄言は迷惑な雑音でしかなく、この重大局面においては構っている暇はない。

お花畑などと揶揄する次元を一気に超えてしまい、何の説得力もないことが示されたと共に、開戦が間近に迫った事を現実として受けとめなければならない事態を迎えたということである。

開戦の時期を巡って様々な情報が飛び交う。早ければこの九日。或いは九月中。遅くて年内…。これは妄想ではなく現実である…という認識を持たなければならない。

北の暴発を食い止めなければ、人類と地球の破滅という事態に発展しかねない緊急局面。
決断は短期間のうちに求められ、武力を以て制裁する以外の選択肢は最早なくなったという事態だ。

いまだに北の挑発は安倍のせいだ、北の立場に配慮せよ、などと喚いている反日左翼の連中の出る幕はなくなった。

的外れな脳内思考で、日本を貶めることを生き甲斐にしていられる時間もあと僅かである。

この記事へのコメント

  • 特命希望

    体調がだいぶ良くなると同時に、また愚論を述べたい衝動に駆られましたので、失礼いたします。
    なお、引用が多いので、長文になってしまうことを予めお詫び申し上げます。

    2ちゃんニュー速+より話題の記事とそれに関する考察を申し上げたいと思います。
    ◎トランプ大統領「最終的には対話」の方針伝える 
    2017/09/07 10:30
     アメリカのトランプ政権は北朝鮮政策について、すべての議員へ説明をし、軍事行動をちらつかせるのは北朝鮮と対話を行うためだと伝えました。
    (以下略)
    まずは、このスレのURLがこちらです。
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1504776854/-100
    そして、こちらが元ソースのURLです。
    http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000109474.html
    元ソースは、TV朝日のニュースサイトです。
    そして、このスレにこのようなコメントがありました。
    >ロイターと全然書いてる事が違うw
     最終的とかロイターは書いてない
     軍事オプションは残ってる
     キンペーが頑張る言ったから待ってるだけ

    因みに、そのロイターの日本語サイトの記事がこちらです。タイトルとURLのみ貼っておきます。
    >トランプ氏、北朝鮮への軍事行動「第1の選択肢ではない」
    http://jp.reuters.com/article/northkorea-missiles-idJPKCN1BI0C4

    つまり、最初にご紹介した2ちゃん記事は、テレ朝の願望込みのフェイクニュースであろうかと思われます。

    そして、ロイターの他の記事で興味深いものがありました。
    >コラム:米国人を北朝鮮渡航禁止にする「本当の意味」
    http://jp.reuters.com/article/abrahamian-nkorea-idJPKCN1BF0BJ

    このコラムの中で、「北朝鮮に拘束されている米国人は、現在3人いる。Kim Hak-song氏、 Kim Sang-duk氏、そしてKim Dong Chul氏だ。Kim Dong Chul氏は、羅先(羅津・先鋒)経済特区内の事業に関わり、諜報容疑で訴追された。Kim Hak-song氏とKim Sang-duk氏は、別々の時期に平壌科学技術大学に勤務していたが、帰国するため平壌の空港に出向いたところで拘束され、「敵対的行為」で訴追された。 」という文章がありました。
    文中の氏名から判断する限り、先日北朝鮮で拘束され、米国に帰国したものの、北朝鮮によると思われる虐待で間もなく死亡したオットー・ワームビア氏のみ生粋のアメリカ人で、今捉われている残りの3名は南朝鮮系であることがわかります。

    余談ですが、私はニュースを読む際に、主として2ちゃんニュー速+を利用しております。まとめサイトは確かに手軽ではありますが、スレタイに詐欺まがいのものがあったり、ゴシップ風の個人の話があるなどして、ついそちらに興味が行ってしまい、時間を無駄にしてしまうことが多いのであまり読みません。
    ニュー速+では工作員のコピペが多くありますが、中にはまとめサイトに出てこないようなためになるコメントもある、と考えております。
    また、スレのソースも表示されているので、その配信元からある程度、ニュースの性格や2ちゃんに上がってきた理由などを推測でき、私にはボケ防止になります。
    もちろん、これは完全に個人の感想にすぎませんが・・・


    2017年09月07日 20:51
  • 芋瀬童子

    連投をお赦しください。
    たったいま別のブログに投稿した。書きながら閃いた・・『なるほどなあ、ここに来るべくして来たのだ!』

    投稿の対象となった記事は【ハンデを背負ったが故に成し遂げられた瞠目の成果】についてであった。それに対して私は辻井伸行氏のまさに神がかりの演奏に言及しつつ福音書の一節を引用した。曰く・・
    ある盲目の人を見てイエス・キリストに罠の問いかけをした者があった。『先生、この人は如何なる因縁または罪によってこうなっているのですか?』。イエス・キリストは応えた、『如何なる因縁でも罪科でもない、【神の栄光が顕わし示される】為である』

    さて、現在北朝鮮がどうやら核を手にした。【キチガイに刃物】と言う状況が現実になった。悪人には悪人の世界の掟、常識があってそこで巧妙に立ち回る大親分志那共産党にさえ火傷を負わせそうな配下のチンピラというわけだ。アメリカ、志那、北朝鮮、ロシアもかな?.・・三すくみの状態で戦況膠着。

    最早神の出番では??・・・【神の栄光が顕わし示される為に】かくなった!! 黙示録は繰り返し繰り返し言う・・・【それでも人々は神を無視した】仮に現状が何らかの人為的な行為で解決したならば人類は何時までも【人智万能】と自惚れ続けるであろう。そしてその結果は【地球そのものを破壊】することとなろう。
    人類はこの辺りで手を上げるべきではなかろうか?八方塞がった!上を向け!!
    2017年09月07日 07:26
  • 芋瀬童子

    【電磁パルス攻撃】と言う言葉がNEWS USでも出て来た。【まるぞう備忘録】には専門家としての【それに遭遇した場合に起こるであろう状況】を説明してある。『かりあげ狂犬なら国内向けに強がり遠吠えをやって見せていた言動が引っ込みがつかなくなってやってしまう』ことも有り得る、と危機感を持つ人々が多いであろう。
    過剰に心配なさるとしてもその気持ちはよく解るので参考までに私が考えていることを書いて見る。下記はネット上にある聖書の文語訳。
    http://jcl.ibibles.net/index.htm#000

    1.その【エゼキエル書】38,39章に【マゴグのゴグ】なるものが出て来る。
    1)38,39,40・・と読んで行けばこの記述は人間世界の大きな区切り、大立替の前に起こる事と考えられる。
    2)記事が書かれたのはまだイスラエル人が現在の中東地中海沿岸に居た頃の常識、民族の勢力、などを前提に説明しているので現在の世界にこれをそのまま当て嵌めると分からなくなる。
    3)従って【要するに何を言っているか?】と考えると【邪悪な意図を持ったある存在が在る種の者共に憑依して平和に暮らす神の民を亡ぼおうとする(38章)】次いで39章はどうやらその状況の世界規模の拡大を述べているように見える。
    4)【イスラエルの山々】とは【神の土地】、小さくは日本列島、大きくは世界。

    2.『もしこれが現代世界について言及している予告であれば一体地上の何処が当てはまる可能性が大か?』と私は考えた。
    1)そしておそらく【特亜三国が日本をターゲットにする】が第一段階、次いで【彼等は世界をも蚕食攻撃の対象とする】と解釈した。
    2)この解釈について数日前ネットでもう故人となったがイスラエルの高名な学者にして預言者が第三次大戦の危機をもたらす者はイスラム原理主義ではない、朝鮮であると予告されていたとの記事を読んだ。まあ、世界に二人は同じ解釈をした者が居たわけだ。
    3)その【たくらみ】がどういう結末を迎えるかについては同38~39章では【兄弟その兄弟を撃つ】詰まり同士討ちと書いてある。聖書を読んでいると疫病と同士討ちが神が人を撃つ見える方法のようだ。
    4)従って私思うに、やがて彼らの世界が内部崩壊を始めるのではないかな?と。

    4.では我々は如何に対処すべきか?について私見を述べさせていただく。これについては私の意見に賛同を求めるわけではないと断っておきます。
    1)聖書の黙示録を読んでいるとある文言が滓のように頭に残る。色々な災厄が人類に降りかかることが述べてあるが【それでも人々は神を無視し続けた】つまり宇宙創成、地球創成、人類世界創成の神、卑近な言葉で言えばこの我々の住む地球なる世界の大地主の存在を無視し続けている、と書いてある。
    2)大変荒っぽいが聖書全体を簡単な言葉でまとめれば【全ての創造の元なる存在に対する見えない被造物見える被造物の反逆、自己主張とその結末】のシナリオである。
    2-1)今度は洪水を起こしても簡単には滅ぼされないぞ!との反抗心がバベルの塔を建設し、それがうまく行かなかったら宗教なるものを編み出してバベルの塔の名残、尖塔、ミナレット、五重ノ塔などをこれ見よがしに建設した。
    2-2)また初期の宗教はモロクと言う【魚の化身を神】と崇め、それがバビロンのバアルに繋がった。ある記事によればローマ法王が被っているあの変な形の帽子は魚の頭の象徴らしい・・。【魚は水の中でも死なない!】

    5.脇道に逸れた・・つまり我々日本人は祖先のように【のっぴきならない事態に遭遇した時、我々の神を想い出しその神に祈らなければならない】。
    1)福岡の筥崎宮に行ってみれば分かる、元寇の時、当時の人々が神に祈った事が大きく書いてある(文言を忘れたが)
    2)平安時代の物語などを読めば加持祈祷ということをやっている。先祖伝来の事をやっていたのだ。

    6.では神に祈るとはどういうことか?と言えば【その存在、臨在、と現実的な力を認める】と言う事であろう。これこそ多くの【意の有る人々】でさえ忘れてしまっていることである。黙示録を読んで居れば【嫌でも人類が神と対決させられる時】・・『汝らは我が存在と力を認めるか?』と言う事態に直面させられる時が来ると言う風に考えられる。
    ※※・・そしてこの電磁パルス攻撃なる文言の【浮上】こそまさにそれではないか?此の期に及んでなお、安倍政治を許さないなどと寝ぼけた、戯言を言っている者共は・・【我、イスラエルの山々に剣を呼び来りて・・】の刃に倒れるのであろう。その結末は40章に書いてある。
    2017年09月06日 10:01
  • 特命希望

    ご無沙汰しておりました。
    先週に比べて少しく涼しさが感じられるようになったためか、メニエールの症状が消えつつあるので、簡単なコメントをさせていただきます。
    ただし、以前骨折した左鎖骨が結局治癒しないまま未だ真っ二つになったままで、医者にもさじを投げられており、時々痛みが増しますので、あまり思考能力が働きません(怪我のせいではないかもですが・・・苦笑)

    我が国の内外情勢は、俄かに緊迫の度合いを増してきましたが、その考察は主様の記事、並びに他の皆様が寄せてくださる的確なコメントがありますので、私が拙論を述べるまでもありません。
    今回は、緊迫した情勢に対する気分転換になるかもしれない、いわば「心に効くサプリ」を紹介させていただきますこと、ご容赦願えましたら幸いでございます。
    音楽動画をいくつか・・・
    なお、好みは人それぞれですので、皆様のお気に召すかはわかりませんが。
    https://youtu.be/XHnBt5ys6Ws「白い花束」
    https://youtu.be/_wZF98-xiTo「そっと後から」
    https://youtu.be/6XOZn2VufWE「Touch you,tonight」
    https://youtu.be/J0ZDMpoCXYw「NATURALLY」
    https://youtu.be/jI1Adwuj3pg「 Junko Yagami Live 八神純子 コンサートツアー 2012 concert 」

    蛇足ながら、最近youtubeの著作権に対する規制が弛んできたのか、歌手本人からの著作権侵害の申し立てが減ってきたのか、上記の動画群も、以前はアップされてもすぐ削除されていたのですが、最近復活したものばかりです。単なる趣味の音楽動画ですが、この分野でも何か流れが変わってきたのかもしれません。
    なお、掲載は主様のご判断にお任せいたします。




    2017年09月05日 22:28
  • CatmouseTail

    9月8日、9日・・・といった日付でふと思い出したのが日月神示の青葉の巻でした。以下のような文言です。
    【第20帖】 
    己(おのれ)の心見よ
    戦(いくさ)まだまだであろが
    違う心があるから違うものが生まれて
    違う事になる道理分からんのかなぁ
    世界の愈々のメグリが出て来るのは
    これからであるぞ
    九月八日の仕組み近づいたぞ
    人民は早合点
    我よしで神示読むから
    皆心が出て了って誠知らせたこと
    毒とならん様気つけおくぞ
    薬飲んで毒死せん様に気付けよ
    今は世間では何事も分からんから
    疑うのも無理ないなれど
    神の仕組は何事も
    キチリキチリと間違い無いのだぞ
    宗教聯合会(れんごうかい)も
    世界聯合も破れて了うと申してあろうがな
    作った神や神の許し無きものは
    皆メチャクチャじゃ
    三千世界に手握る時と知らずに
    T(た)の世界、も十(もと)の世界を知らんから
    そうなるのじゃ
    火火の世界、火火の人
    水水の世界、水水の人
    と交通出来るのじゃ
    人と云っても人間ではないぞ
    ヒトカミだぞ
    手握って三千世界に天晴れじゃ
    この道神の道じゃ
    光の道じゃ、教えじゃ
    悪と悪と、善と善と
    悪と善と、善と悪と握る手、持ちて御座れよ
    心持ちて御座れよ
    びっくり嬉し箱あくぞ

    日月神事の日付は勿論、旧暦表記ですので新暦2017年10月27日(金)=旧暦2017年9月8日(仏滅)となるようです。
    どう解釈するのかは解りませんが、表記上の日付は何かを暗示しているように感じます。また「宗教聯合会」とか「世界聯合」とかの名称は「キリスト教やイスラム教、仏教」といった我善し宗教組織や国連組織を暗示しているようにも読めます。
    何かが進み始めたような気がしてなりません。
    2017年09月05日 08:16
  • パイプの煙

    大和心様、北朝鮮は水爆実験に続き、新たな弾道弾ミサイル(ICBM級)発射の動きとか…。昨日の夕刊フジに「正恩氏は8月に、朝鮮人民軍に対し、『核実験をやれ、ミサイルもどんどん撃て、SLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)も撃て。米国が我慢できないぐらい圧迫して、交渉の場に引き出せ』という指令を出したといわれている」との記事がありました。
    今の正恩氏を見ていると、ミサイルや核兵器というブロックを積み上げて現代版のバベルの塔を作り上げ、自らを神の頂に引き上げようとしているようにも見えます。
    また、正恩氏の無謀な神への挑戦は、蝋(ろう)で固めた作り物の翼で無謀にも太陽に近づきすぎ、蝋(ろう)が溶けて翼が壊れて墜落死したイカロスのようでもあります。
    国内に目を向けると、いまだに北朝鮮との対話が唯一、北の暴発を抑える手段だ。対話を無視して北朝鮮に無謀な圧力を加え軍事力強化を図る安倍が悪いとの論調はあるものの、みのもんた氏の「北ミサイル発射を待つのではなく、撃ちそうな所を先に見つけて基地を破壊できないの?」発言に青山繁晴氏も「日本は前進した」とビックリさせたり、フジテレビ上席解説委員の平井氏が「ミサイルが恐いから対話というのは相手の思う壺。軍事的、経済的圧力を加え、北が嫌々出てくる状況にしないと、喜んで出てくる状況では負け」との正論がチラホラ散見されます。いよいよ開戦不可避と察知し沈みゆく泥船から逃げ出そうと急遽アリバイ工作をして足掻いているようですが、覚醒した日本国民には通用しません。彼らには国民の審判が待っているだけです。どの様な結果になっても全ては自己責任でしょうね。
    2017年09月05日 06:52