200.黙って悟れよ…という精神の欠如。

前199記事を巡って様々な反応をいただきましたが、表現の仕方とそれに対する受け止め方というのは、実に微妙なものであることを改めて痛感している次第です。
今回は、ご本人から非公開を希望されていないコメントについて、一部非公開とさせていただいております。

表現の仕方とそれに対する受け止め方…これも忖度することによって反応も変わってくるのは当然のことではありますが、今回はご自身のことを糾弾されたと判断された方々からのコメントを敢えて非公開とさせていただきました。

前199で指摘させていただいたのは、必ずしも今回自発的にコメントをお寄せいただいた方々のことではなかったことをお伝えさせていただきます。よって非公開とさせていただきました。

問題意識を持っていたのは、コメントを通じて読者諸氏の注目を集め、巧妙に拙ブログが目指す方向とは別の方向に意図をもって誘導しているのではないか、との懸念を以てその真意を見極めようと考えていたいくつかを念頭に指摘させていただいたものでした。

拙ブログの読者諸氏のリテラシ―の高さには定評があり、自他共に認められているところです。

それだけに違和感があれば、それを看破する目…彗眼をお持ちの方々が多数控えられています。

そんな方々が懸念されていた対象が、期せずして私の思うところと同じだったこともあり、この度取り上げさせていただいたということです。

物事は具体的に表現しなければ、誤解や勘違いを誘発してしまう可能性があります。

一方で、何もかも具体的に表現することによっていたずらに刺激を与え、ことと次第によってはトラブルの引き金になることもあります。

私自身は「黙って悟れよ」というのが好きで、何もかも具体的に表現すればいいというものではない、という想いがどこかにあります。

ましてや、昨今の狂った腐った反日メディアのように、ありもしないことを感情論で誘導し、平気で捏造したり不都合なことは隠蔽して印象操作する…
結局なんのことはない、気に入らない者は悪意を以て貶める…というやり方は生理的にも精神的にも汚物に触れた様で、受け入れがたいものがあります。

反日メディアには、言葉や文章で生計を立てることを生業とする記者という職業に就きながら、ろくに日本語の使い方も知らない輩が多すぎて辟易します。

そもそも「忖度」という日本語の語意を歪めたのも、日本人のDNAをもたない日本語を知らない記者や自称ジャ―ナリスト達が元凶であり、日本文化を浸食しています。

そもそも忖度という言葉の真意など、外国人にはわかるはずがありません。
なぜならば日本語には、何でもかんでも具体的に表現すればいいというものではなく、そこには細やかな情緒や機微があるからこそ奥行きの深さや味わいがあるのです。

日本語の機微が理解できないメディアによって、忖度ということばは、恰も悪巧みをすることの代名詞の如く歪めらてしまいましたが、忖度とは私なりには「黙って悟れよ」ということだと思っています。

美しい日本語を汚したり、挨拶や礼儀もなく勝手に他人の家に土足で踏み込むことが当たり前のような風潮は、日本人が持ち合わせているものではありません。

日本に充満しているこの汚らわしさを浄化しないことには日本再生など夢のまた夢だと言えます。

最後になりますが、私の一日は浄化で始まり、浄化で終わることを自分のやり方で心掛けています。

毎朝玄関と家の中に塩を盛り、毎日100回光明真言を唱えます。2200枚あたりからしばらく途絶えていた写経も復活させました。

なぜここにきて浄化を思い立ったかということですが、何事も気の流れが大切だと感じるところがあったからです。

塩盛りの塩は粗塩、写経の墨は必ず硯(すずり)で毎回擦ることが基本中の基本ですが、これまで浄めるという意味を誤って考えていたことに気づきました。

塩も般若心経も置くだけでは浄化されません。それどころか長く置けば置くほど運気が下がっていくことに今更ながら気づいたからです。

なぜならば、塩も般若心経も邪気を払ってくれるものだと思い込んでいましたが、そうではなく邪気を吸収してくれるということなのです。
邪気を吸い込んだ塩は捨てて新しく盛りますが、般若心経は燃やして、流して、埋めることによって浄化されます。(作法がありますが機会があれば改めて)

今回は、取り止めのない話に終始しましたが、良からぬことを画策する、汚れ多き我が日本を 先ずは身の回りから浄化しないことには埒があきません。


この記事へのコメント

  • とある文理系人

    何度かコメントをしようかどうか迷っていましたが、コメントをさせていただきます。

    内記様
    内記様のコメントは本当にためになりました。ありがとうございました。
    内記様のコメントが自分の戒めになったことは何度もありました。外のことばかりで、振り回されていた自分が、内記様のコメントにより自分が近視眼的になっていないかどうか自問することができました。
    大和心様のブログにて、内記様がコメントを発信することを一区切りにするということは、もしかしたら、ここでの役割を終えたと直感的に思われたのかもしれません。
    大変不躾なお願い事でございますが、時々コメントをしていただけないでしょうか。
     
    今にも開戦しそうな状況ですが、身魂磨きを深化していきたいところです。まだ私は20代の若者で、人生経験や学びが足らない部分が多々ありますが、たくさん学び、人生経験を積みながら日々精進していきたいと思います。
    大した内容でなくて申し訳ありません。失礼いたします。

    2017年09月05日 16:01
  • CatmouseTail

    既にご存知の方も多いかと思いますが、重要(日本の転換点)と思われるコメントが余命ブログに掲載されましたので、抜粋しておきます。
    ------------------------------------------------------------
    .....もうどうにでもなる状況だから、安倍総理はかなり厳しい手段を考えているようだね。まあ、いわゆるハードランディングということだが、一応の目安は今月中ということで、朝鮮戦争再開、米朝開戦、日韓断交、日中開戦...いろいろなケースがあるだろうが、中国、南北朝鮮、どことぶつかっても日本に負けはないから、国内の大掃除が優先される。日本はきれいに再生されるだろう。

    .....純粋に確率統計での推論では中国はあと二年で分裂する。でもこれは余命妄想理論だからな。あてにはならないな。
    ------------------------------------------------------------
    2017年09月02日 08:13
  • ラブマミー

    内記様、大和心様、皆様。
    季節の温暖が激しく自然を読み取るのに難しく、通常通りでは難しく感じました。

    内記先生の氣に一点の曇り無い大きな愛氣が
    溢れてるメッセージが大和心様や皆様にとって私も大変、心が和み、又は引き締められ
    魅了されるメッセージが多く大御心なんだと
    今回も何か深い氣愛のこもった塩のお話が有り難く実は塩って結界の働きだけではなく、神様と結ぶと言う意味があったのですね。
    やはり、内記様神道って結ぶと言う大御心が最終目標でもあり神の道?径?何ですね?!
    内記様、やはりこの9月ユダヤが動くのですか?そして、地殻も油断ならない状態だと
    最近、覗かせて頂いてるblogに書かれてる方が居られます。
    其々の方が自分の心に向き合い最終目標である自問自答の中で答を見いだす愛、自立へ。。。なのでしょうか?

    あっ‼️では内記先生。
    大和心様と大和心様に集われる読者の方々と
    結びの型をすれば。。。塩を内記先生に。。私はきっと内記先生からそなたの塩は塩味が足らぬ、お出直しじゃと仰るかも知れませんが。。。(笑)
    やはり、大和心様のblogにはご守護されて居られる様に内記様がとっても必要であり
    其所に集われる読者の方々、その中の末席では在りますが私も日月神示の様な高度な意味もレベルの高い悟りを持った方しか解けない
    と言われています。
    内記様、どうか神様の大御心を大和心様や集われる皆様で私を導いて頂けないで
    しょうか?!宜しくお願い致します。

    未だ自分事で愛犬とのお別れに向き合い中で
    大和心様のblogへは1日一回、二回と来させて頂くのですが。。ここ最近、内容を確り読む事も出来ず棒読みの様な状態でコメントをさせて頂くのも皆様に申し訳ございません。




    2017年09月01日 12:19
  • 特命希望

    禊様へ
    御心遣い、ありがとうございます。
    体調管理には十分気を付けたいと思います。

    2017年09月01日 11:50
  • 特命希望様

    体調すぐれずとのことですが、ご自愛なさってください。特命希望様の情報投下は私には随分と役に立っておりました。回復をお待ちしております。

    内記様

    岩戸はこれから開くのではないのですか。内記様が岩戸にお隠れになっては困ります。またご教示いただきたいと思います。

    大和心様

    非才の身ではありますが、まだしばらくはご一緒させていただきたいと思います。よろしくお願い申し上げます。
    2017年08月31日 22:30
  • 特命希望

    主様へ。
    この場をお借りして、ひらめ様に一言返信させていただくこと、平にご容赦くださいませ。
    ひらめ様へ
    お気遣い誠にかたじけなく、感謝申し上げます。
    ただ、私の場合は、純粋に心身の不調によるものですので、お気になさらずに・・・
    具体的には、以前も申し上げましたが、昔から抱えている鬱病に加え、最近メニエール病と手根管症候群を患っております。
    特にメニエールには、この暑さもあり、めまい・吐き気などに悩まされております。
    投薬で症状は軽くなっているものの、自覚症状がずっと続いております。しかも、仕事は炎天下での作業のみです。
    医者は「無視しないように」と型通りに言いますが、無理しなければ生活できませんので、致し方ありません。
    体調が回復いたしましたら、またこちらへ投稿させていただくかもしれませんが、とにかく今は、ロム専とさせていただきます。
    私などより、主様のおっしゃる通り、内記様のコメントが再開されますことを熱望しております。

    2017年08月31日 19:51
  • ひらめ

    先日は皆様に向かって偉そうに非常に厳しいコメントをしてしまい大変申し訳ありませんでした。
    特命希望様や内記様、他にもご自分のことかと受け取られた幾人かの方々がコメントをもう止めようとされているのかもしれません‥大変有用な情報やコメントをしてくださっていたにも関わらず、もうコメントしませんと仰っておられますこと、私も心を痛めています。

    私は節度と(暗黙の、ブログ主様を尊重するという)ルールの元で発言しましょうと言いたかったに過ぎません。もう出てくるな、などとサイレントな多くの読者も思ってはいないと思います。こちらのブログは主様記事とコメント欄の内容は既に一体化しています。また、大和心様もそうした気持ちで今回敢えて記事にしたのではないでしょうか。

    ただ私の個人的な感じ方なのですが陰謀論に関して私は「ある」と認める立場ではあるのですが、しかしその陰謀論の中にも多大にプロパガンダが侵入しており、それを丸飲みするのは危険である、とも考えています。なのであまりディープ過ぎるとキツイなぁというか大和心様にも迷惑かからないかしら…と少し心配もしていたのです。すみませんまた波紋を呼ぶ発言してますね。。ですので「専門的なこと」はURLを紹介するなどで興味のある方のみそちらに誘導していただけると、より多くの方に受け入れられるブログになるのではないかなと思うんです。。なんでもそうですが極端は受け入れられにくいです。

    私はこのブログが好きですし、こちらに書き込む方も好きです。たくさんの方々に読んで頂きたいと思っています。なのであまりにもマニアックな発言だらけだと、ちょっと受け入れづらいと思ってしまう方もいると思います。

    今回のことできっとここにはより良い風が吹くと思います。どうか発言を控えようとされた皆様ほどよくしましたら、またお話を聞かせてください。これからもよろしくお願いいたします。

    大和心様に掲載の採否はお任せいたします。
    2017年08月31日 13:02
  • 佐久奈

    主様、ご代弁、感謝申し上げます。また、連投の上にも全くの私事となる事お許しください。

    内記先生のご投稿について、何卒最後と仰有られる御意志の保留を願いたく、
    私からもご再考頂けるよう、お願い申し上げます。

    何分メクラの私にも先生が天照大神の太占の如く、適時適切にご解説してくださった内容が当て嵌まり、大いなる驚きとどれほどの指針となった事かは言葉に纏めることすらできません。
    それはおそらく他の読者様も同じであると思います。このおん徳は、こちら大和心への回帰様、読者様の掛け替えなき至宝であると考えております。

    内記先生が想像されている以上に皆様にとっての先生のご存在意義は壮大であると思います。

    私の勝手気ままな投稿が招いた波紋に、先生にも心労をお掛けしてしまったのであれば誠に申し訳ありません。読者皆様にも申し訳ありませんでした。

    先生には今暫く事象の真ん中を取り持って頂きたく、伏してお願い申し上げます。
    主様も仰有られた混乱期には、指針を示せる”徳”をお持ちの方の存在がどうしても必要不可欠であります。
    潮時と感じられたのは一時の錯覚であると思います。はっきり申し上げられるのは、
    今、我々にとって必要不可欠の一言に尽きると思います。

    手前勝手は承知の上、私最初で最後のお願いであります。何卒々ご再考くださいますよう願い奉ります。
    2017年08月31日 12:06
  • 大和心

    内記正時先生

    図らずも昨年4月に勃発した熊本大震災の2日前、偶然にも震源地、世界最古の宮・弊立神宮に触れた直後に起こったことは今でも大きな別な力が働いたとしか思えない出来事でした。
    それにもまして、拙ブログが開設当時から日本盟主論を書きはじめた動機の中に、かねてから国祖・国常立尊の胎動と巨人・出口王仁三郎師の存在に誘発された要素が多分に作用しておりました。
    熊本大震災という人智を越えた巨大な力を直観した矢先、日月神示研究の最先端で活躍されている内記先生の新著発刊という偶然とは思えないご縁に引き寄せられました。
    以降、日本再生に向かいつつある歴史的過度期において、内記先生の日月神示による解説は、私だけでなくたくさんの読者各位に大きなインパクトを与えていただきました。
    先生からは最終投稿とのコメントをいただきましたが、むしろ今からが大峠を迎える段階にあり、人智では到底推し測れない様々な難関が控えております。
    読者諸氏もこれからの日本再生の指針として、内記先生の解説を待ち望んでいることは多くのコメントから窺えます。

    どうかこれを最後と仰らず、何卒今後とも折に触れ、日本再生のために先生のご助言を承りたいと思います。
    多くの読者各位の強い意向であるものと推測しておりますので、各位の代弁としてご理解いただければ幸いに存じます。
    2017年08月30日 22:32
  • 内記正時


    (これまで有難うございました)
    昨年4月に発生した熊本地震が大きなきっかけとなって、大和心様のブログにコメントを投稿させていただき、早や一年四ヶ月が過ぎました。

    私のコメントは、「日月神示」を研究しある程度解読・理解が出来たと思えるものの中から、主様が目指しておられる「大和心への回帰」と重なる部分を中心に投稿して参りました。様々な角度からの投稿も既に70回を越え、幾ばくは皆様方の霊的な学びの参考に供し得たモノがあったのではないかと、勝手に考えております。

    とは申せ、私の日月神示解釈はあくまで「私論」の域を出るものではなく、神様が「その解釈と理解でよい」とハッキリお墨付きを与えてくださった客観的な証拠を示すことは出来ません。今にして思えば、私論に過ぎないものを長々と主様のブログに発表させて頂いたことは、やはり行き過ぎではなかったのかと自問しつつ反省もしております。主様には、一年四ヶ月に及ぶ拙コメントを取り上げて頂き、心から感謝し御礼を申し上げます。拙コメントをお読みくださった読者の皆様にも同様であります。
    また拙コメントが、主様と皆様に多少なりともご不快な思いをもたらした点がありましたら、誠に申し訳なくお詫び申し上げます。

    さて、昨今の急激な内外情勢の変化と共に、主様と皆様の御文章からは、私なりに明らかな「キ(氣)」の変化を感じております。時節が大きく動き出す閾値が差し迫っている予感を覚えます。ここに至ってどうやら、主様ブログへの私のコメント投稿は一区切りをつける段階が来たようであります。これは勿論内的な直感によるものでしかありませんが、これまでもそうだったように、今回もその直感に従おうと考えております。

    故に今回のコメント投稿をもって、当面の一区切りとさせて頂くことを、茲にお知らせ申し上げます。

    離合集散
    共通の目的に向かっている者同士が、常に同じ船に乗っているとは限りません。時に集い、時には離れなて、それぞれのお役を果たして行くのだと心得ております。

    分進合撃(ぶんしんごうげき)
    本来は軍事用語で「分散した部隊が数方向から機動し敵を集中的に攻撃する方式」を意味します。日本を取り戻す戦いも、それぞれのお役を担っている「愛国部隊」による分進合撃によって、最大の成果を挙げるものと信じております。


    最後に蛇足ながら、「塩(しお)」によるお清めについてひと言申し述べることをお許しください。

    神道にも塩はつきもので、神前に供える代表的な御神饌の一つです。塩は一般に、邪気祓い(或いは吸収)とか、お清めの用途として使われますが、日月神示的に見た場合、塩の本質は「調和(結び)」ということが出来ます。調和している(結んでいる)からこそ、御神饌としても相応しい訳です。

    昔習った化学式に次のものがあります。

    NaOH(水酸化ナトリウム) + HCl(塩酸) → NaCl(塩) + H2O(水)

    水酸化ナトリウム(強アルカリ性)と塩酸(強酸性)が反応すれば、中性の「塩」と「水」に変化するというものです。強アルカリ性と強酸性は相反する性質を有し、単品では人体にとって極めて有害ですが、不思議なことに、この二つが反応する(=結ばれる)と「中性」になるということが最も重要なポイントです。中性になった塩と水は無害であることは勿論ですが、それ以上に、人体にとってなくてはならない要素であることは言うまでもありません。故に塩の本質は調和(結び)であり、神が最もお喜びになる道理です。

    ここから見えて来るのは、有害な物が反応して身体に有用なものへと質的変化を遂げたということですが、これを霊的に見れば、相反する霊性同士が反応すれば(=結ばれれば)、塩と水と同じように、調和した全く新しい霊性が生まれてくるということが出来ます。

    日月神示がくどいほど強調している「身魂磨き」とは、「霊的な化学反応を起こせ!結べ!調和せよ!」という意味でもあります。

    私たちの祖先は、きっと「塩」の本質を直感的に知っていたのではないでしょうか?

    以上をもって、拙コメントの最後とさせて頂きます。
    主様、皆様、本当にありがとうございました。日本再生のため、益々のご活躍を祈念申し上げます。
    「塩」のように結ばれ調和した「新世界」でお会い出来ますことを。
    2017年08月30日 18:32
  • 大和心

    温泉玉子様
    皆様

    温泉玉子様はじめ有益かつ前向きなコメントにつきましては、ご本人が非公開を希望されておりますが判断の上公開させていただきます。
    退廃的な考えや猜疑心を煽るコメントは多くの読者の方々が望んでいるとは思えませんが、前向きで有益なご意見や情報の公開は意義のあることだと考えます。
    2017年08月30日 04:03
  • 温泉玉子

    大和心さま
    日本人は、今こそ情報の取捨選択能力を持つべき時だと思います。
    欧米の知識人にとっては当たり前のことを、日本人は長らく出来ていませんでした。しかも、指摘を受けるまで、疑うことさえなかった一般人も多かったと思います。
     少なくとも、私はそうでした。
     情報を受け取るにも訓練が要るのだと知って以来、頑張ってはいるのですが、まだまだ核心情報を読み取れているかどうかは、わからぬ状態です。
     ただ、今回の大和心さまのご意見『塩は浄化するのではなく、不浄を吸い取るもの』という部分に、共感する出来事がありましたので報告させていただきます。
     母は一日十五日に、家の周囲に塩を撒き、また家中の隅に盛り塩を備えて続けて来ました。
     ほぼ二週間ごとに、取り替えられる盛り塩に関しては、母はずっと家の周りに撒いていたそうです。ところが、そのことを聞いた、気に詳しい方は仰ったそうです。
    「塩は邪気を吸い込んでいるのだから、それを撒くのは邪気を戻すことだ」
    と。
    「盛り塩は、役目を終えたものとして扱い、破棄しなさい」
    と。
     以来、母は、役目を終えた盛り塩は、ゴミの日に出すようになりました。
     大和心さまの感覚と選択は正しいものだと思います。
     瘴気を吸い込んだ塩は、浄化されるべきだな、と。
     毎日盛り塩を取り替えなければならない状況であるのなら、私の提案はあまり意味がないのかもしれませんが。
     私は毎朝、線香状のお香を焚きます。
     自室、トイレ、鬼門の場所で。
     仏壇には、母が朝夕お参りしてくれているので。
     煙が浄化してくれているのか、それとも香りが主役なのか、判別できませんが、明らかに場が浄化されます。
     塩でしか浄化できない厳しい状況かもしれませんが、香による浄化も、出来れば一度試していただければ、と思います。
     沈香、白檀、伽羅。
     ふわりと、香りが漂ってきます。その香りを吸い込んだ瞬間に、体内が綺麗に洗われた感じになります。
     まあ、個人の勝手な認識ですが。
     個人的すぎる、いわば「お勧め情報」なので、このコメントは非公開をお願いします。
     それでは。
    温泉玉子

    2017年08月30日 01:26
  • 佐久奈

    勘違いと思い込みの最たる私が今回のお題内容に言及するは失礼とは存じますが、何卒お許しくださいませ。
    先ずは、主さまに今までの失礼を 謹んでお詫び申し上げます。

    今回と前回において主様に言いにくいことを言わせてしまったことは、お邪魔している立場としては全くの不徳にございました。誠に申し訳ありません。
    もっと早くに推して図るべきでございました。
    言いにくいことを言わねばならない苦しさを重々感じております。

     私にはこちらにコメントされておられる方々一様に 他の読者様を貶める悪意は感じられませんでした。

    願わくば、此度の事を糧となし 皆さまと気を付けあって大和合のもと歩んで行ければと思います。
    2017年08月29日 12:47
  • 緊急

    北海道青森岩手宮城秋田山形福島茨城栃木群馬新潟長野

    北朝鮮がミサイル発射
    頑丈な建物地下に避難されたし
    6:02
    2017年08月29日 06:06
  • シミズ

    私はたまにゴミ拾いをします。一つ拾うごと日本人の心の中が清められていくと思いながら、ゴミと一緒に汚れた者たちが取り払われていくと思いながら。
    実際心の中がクリアになっていくのを感じます。
    朝鮮中国の狼藉に腹をたててばかりいて自分の心を朝鮮人中国人でいっぱいに満たすのは、スピリチュアル的にも、日本民族的にも汚れを自ら呼び寄せてるような気がしています。
    最近は、日本列島を覆う汚れた薄皮が剥がれ皮の下から金の光が無数に立ち上がり、清らかになった日本をまばゆいばかりに包みこむというイメージングをします。
    引き寄せの法則でも、「もうそうなった」積もりで振る舞うと叶うとありますから笑
    2017年08月28日 21:53
  • 特命希望

    こちらに寄せられるコメントの中には、悪意を持って荒らそうというものがあるのでしょうね。
    それでも全ての投稿に目を通されている主様の気苦労は、私のような凡人には測りがたいものがあるかと拝察いたします。
    そして、それらの穢れを払い運気を正すために、「毎朝玄関と家の中に塩を盛り、毎日100回光明真言を唱えます。2200枚あたりからしばらく途絶えていた写経も復活させました。」というご努力。
    私には真似のできないことですが、頭が下がる思いであります。

    さて、私事で恐縮ですが、これも魂の穢れりに因るものなのか、暫く前からいくつかの持病が悪化し、心身共に不調に陥り、生活のために仕事は辛うじて勤めておりますが、その他のことに費やすエネルギーが枯れつつあります。
    よって、今後は拝読させていただき学びを得ることに専念させていただきたく存じます。
    末筆になりましたが、主様、そして読者の皆様のご活躍を心よりご祈念申し上げます。
    これまで大変お世話になり、本当にありがとうございました。

    2017年08月28日 18:52
  • らん

    大和心様

    様々なご指摘有り難う御座いました。
    私自身振り返り反省する所存であります。
    これを機会に新たに清らかな心で進みたいと考えます。
    改めて宜しくお願いいたします。

    数日前に戻り大変申し訳ないのですが、「皆既日食と天岩戸伝説」をお題にされた翌日偶然に高千穂へ。
    数週間前に計画し、近所の方から故郷をご案内して頂きました。高千穂峰、高千穂峡、高千穂神社、天岩戸神社へ参拝して参りました。移動中は雨や霧もありましたが、目的地は全て晴天でした。傘を持たず行きましたが何気「心配ない」と根拠のない確信、案の定傘は全く必要ありませんでした。
    大変素晴らしく見事な場所でした。
    峰付近地上から1500㎞の所で牛が放牧されていてその高さから見る地上は見事でありました。もう少し上に行くとニニギノミコトが降臨した天孫降臨の地山頂です。活火山ですから繁る樹木がないので直前が広大な山々、地上が全て拝見できます。
    そして改めて気が付いたことは大和心様が仰る「気」です。自然と人が調和した場所は空気も水も大変美しい。その本来の姿へ戻す為に災害をもたらすのか…と怒りではなく悲しみを感じました。
    この頃の人間の世界(心)へもう一度戻ってほしい。涙を感じました。あれだけの大きな地震があり被害はなかった場所です。
    峡や岩戸も岩1つ崩れていない。
    自然と共に身を委ねてほしいとお声を頂いたように感じました。岩戸も水や緑が大変美しく、歩きながら穢れが落ちる感じであり心が癒される所でもありました。岩戸は静観するような緊張があり癒しと緊張が交代に感じる不思議な所でした。
    次回は自身が行きゆっくりと自由に散策したいと思いました。
    翌日筋肉痛の中氏神様へお礼参りをしました。
    大和心様と出逢うことがなかったら恐らく高千穂と聞いてもピンと来ることなく無知のままであったかも知れません。素晴らしいご縁を頂きましたこと心から感謝申し上げます。
    有り難う御座います。

    長文となりました。
    またお題から外れております。
    構わず非公開にされてください。
    2017年08月28日 14:22
  • ATD-X

    主様

    大昔自分のブログの掲示板を炎上延焼させた自分が言うのもなんですが、主様は基本のブログのマナーを心得ておられる方だから気にされることは何もないと思っております。
    ブログ運営にもともと正解なんてないと私は思っております。(嘘吐きや捏造工作その他犯罪的なものは当然は除く)

    余命様等に異常に粘着した斜め上目線のあるブログも散見いたしますが、中身については虚ろにむしろ感じます。
    自分だったらこうするという視点で書かないとなにも提案にはならず、世間を欺く為と看做されても致し方ないと思いました。
    以上、余計な妄言です。
    2017年08月28日 11:45
  • 芋瀬童子

     『穢らわしい!』と言う言葉は霊的な汚なさ、精神的な汚さ、そして身体の汚染全てについて徹底した嫌悪と忌避、排除の感情を表現する。イスラム教徒がハラールに拘るのは【穢れたものと旧約聖書が言う食し得るモノ】を忌避するからである。
    旧約聖書の創世記、出エジプト記の次にレビ記と言う日常生活の決まり事が列記されているが、そこに穢れを避けるべき詳細にして繊細、神経質な記事があり、その理由として次のように書かれている。『我は汝等の神とならんとて汝等をエジプトの國より導きいだせしヱホバなり【我聖ければ汝等聖潔なるべし】(11章45節)』
     神道が穢れを嫌い、霊、想いと心、身体と衣服の清浄さについて神経質なことは天津祝詞を想い出せばすぐ分る。地鎮祭の時の祝詞、大祓祝詞はまさに【穢れを祓い浄める】祝詞である。

     先回と今回のブログを読んで閃く事があった、・・・『新しいステージに入った!』これまでは言うなれば【根回し】であったが光文書と同調するかのように核心が噴出し始めたのではないか?と思う。

     昔、祖父が言った・・・師範学校を出て朝鮮に派遣されることになった、朝鮮の子供達に文字を教える為にオンモンと言うものを勉強した、と。日本人はあの時から我々の神が触れてはならないと警告していたものに触れ始め象徴的に『飲み込んでしまった』。
    今、私が感じているのは【日本人は穢れている】である。一時期韓流時代劇を見た事があったが『こんな汚らしい穢らわしいものを見て居ると自分まで穢れる』と嫌悪感が募って見なくなったが【自分たちは穢れている】と言う思いは未だ多くの【名もなき庶民日本人】は持って居ると思う。最近一日8000歩を目標に近隣を歩き回っているが人々が自宅の周辺の清潔と美に神経質な事に気が付く。おそらく【穢れの自覚】がどこかにあるのだ。一方で町に溢れるハングル文字の標識にはジンマシンが出てしまいそうだ。『君たちは自分の国の精神に汚穢をまき散らした糞尿亜人にそこまで諂ってでもカネが欲しいのか?』

     ブログ主殿、私が切に願う事は【日本の、日本人の美学の復活、霊的な美、想いと心の美、振る舞いと言葉の美、国土の美、そして民族の品位】・・・我々は唯一、神によって選ばれた民族の直系子孫なのだ。
    2017年08月28日 10:45