198.皆既日食と天岩戸伝説

コロナが広がる皆既日食の写真
米国を横断した皆既日食は99年ぶりということだ。
過去に海外で皆既日食を見た人たちによれば、その瞬間恐怖感に覆われたとの感想が聞かれる。

日本語は、機微の表現が豊かなので「おそれる」ということばを表した漢字を取り出せば二桁はあるだろう。

皆既日食を見た人たちの「恐怖感」という表現は、単に「恐い」ものを見たという「恐れ」ではなく、大自然や神なる存在…人智を超えた存在に対する畏怖の念を表す「畏れ」という感覚であろうと推測される。

晴れた日には、眩しい太陽の光が地上に降り注いでいるけれども、われわれは日常見慣れている景色であるし、この情景を特別なものだと改めて感じることは滅多にない人が大半なのではないだろうか。

ところがこの当たり前の景色が突然様変わりして、日中だというのに辺りが暗くなり、そして太陽が消えた…という情景に遭遇したとすれば、皆既日食を体験した人たちが感じた「畏れ」という感覚が臨場感をもって理解できるような気がする。

皆既日食のニュースが世界を駆け巡っていたとき、私は咄嗟に紀記に登場する日本神話「天岩戸伝説(岩戸隠れ)」を思い出していた。

私ごとであるが、私は天岩戸伝説と少しばかりご縁がある。
この伝説の舞台は宮崎県の高千穂であるが、私のご縁というのは後に高千穂ともご縁を持つことになるのだが、高千穂とのご縁以前に、天岩戸の所縁の地が出身地である。

天照大神がお隠れになった天岩戸の寸分の隙間から、アメノウズメノミコトの裸の舞でドンチャン騒ぎに興じる外の神々の様子を窺おうとした瞬間、岩を持ち上げて天高く放り投げた天太刀男尊(アメノタジカラオノミコト)によって、取り払われた天岩戸が着地したところで生誕したというご縁である。

当地はその名も信州北部の戸隠というところであるが、伝説によれば天岩戸が着地して戸隠山になったことから、地元には天岩戸開きに貢献した神々が主宰神として祭られている戸隠神社があり、その歴史は長い。
平安時代には修験道の本場として全国に名を轟かせたと伝えられている。

そんなご縁から、当地と高千穂はかねてから姉妹都市であり、天岩戸伝説に因んだ伝統的な儀式も行われている。

太陽神である天照大神が、弟・スサノウノミコトの狼藉に対する怒りから天岩戸にお隠れになったことによって、地上から太陽が消え暗黒の世界になったことを憂いた八百万の神々が、知恵を絞って天岩戸を開き再び地上に太陽が戻ってきた…というのがざっくりとした天岩戸伝説の物語である。

皆既日食によって、天岩戸伝説を連想するのは以上によるものであるが、わが国で観測された直近の日食(金環)は、2012年5月20日であり、次に日本で見られるのは18年後の2035年9月とのことである。健康上問題がなければお目にかかれそうである。

ところで前回日本で日食が観測された2012年5月は、東日本大震災から一年あまり経った時点であり、特亜傀儡民主党政権末期であった。

民主党政権の悪夢の3年は、日本が乗っ取られる一歩手前まで浸食され、国家存亡の危機に瀕していた戦後最悪の時代であった。

今にして思えば、この年の日食を契機に潮目が変わり、ここから7ヶ月後の年末には安倍政権が奇跡の復活を遂げ、土壇場で日本の危機が救われたのである。

99年ぶりの今回の米国横断皆既日食は、岩戸開きの象徴であり、新たな時代への転換を告げる狼煙かもしれない。

この記事へのコメント

  • 古事記は予言の書であるという説もありますが、「岩戸開き」と「国譲り」が特に印象に残っています。

    今回の「役(えき)」は「国譲り」にあたるのではないかと考えていたのですが、内記様の言われるように「岩戸開き」でもあるともすると大変なことですね。

    それほどの激変に耐えられるかどうか。

    しかし現状の日本(と世界)で良いわけがないので何とか耐えて次の世に貢献したいものです。
    2017年08月25日 23:49
  • 内記正時


    (アマテラスは岩戸から出て来ていない)
    主様、皆様、お久しぶりです。一ヶ月振りで投稿させて頂きます。
    今回のテーマ「皆既日食と天岩戸伝説」では、太陽神アマテラスの岩戸隠れと皆既日食が対比的に述べられていますが、私にとって直ちに思い当たるのは日月神示の「岩戸閉め」でした。皆様の中にも「岩戸閉め」や「岩戸開き」という言葉をお使いになられる方がおられるようです。僭越ながらそのような方は、アマテラスが岩戸に隠れたことが「岩戸閉め」であり、神々の計略によって岩戸から出て来たことが「岩戸開き」だと思われているのではないでしょうか?しかしそんな太古(神話)の時代に既に岩戸が開かれているなら、何も今頃になって「岩戸開き」だなどと騒ぐ必要はありませんし、ましてや神が日月神示を降ろして、日本の「岩戸開き」を推進する必然性など全くないはずです。

    今回は日月神示の中から、アマテラスが絡んでいる「岩戸閉め」について説明したいと思います。驚かれる方が多いと思いますが、結論から言えば、(神話の中で)アマテラスが岩戸から出て来たことは真の「岩戸開き」ではありません。出て来たのはニセモノのアマテラスであり、本物はまだ岩戸の中におられると日月神示は述べているのです。次の神示をご覧下さい。

    >次の岩戸閉めは天照大神の時ぞ、大神はまだ岩戸の中にましますのぞ、騙した岩戸からは騙した神がお出ましぞと知らせてあろう。いよいよとなってマコトの天照大神、天照皇大神、日の大神、揃うてお出まし近うなってきたぞ。(五十黙示録第二巻「碧玉之巻」第十帖)

    記紀神話では、アマテラスが弟神スサノオの乱暴狼藉ぶりに腹を立てて天の岩戸の中に隠れてしまい、世界が真っ暗になってしまったとあります。これに困り果てた神々が相談して一計を案じ、やっとアマテラスを岩戸の外に出すことに成功するという流れになっていますが、日本人なら誰もが知っている最も有名な神話の場面ですね。一見子供じみた単純な内容に見えますが、日月神示によると、この中には極めて重要な神理が秘められているのです。そこで今一度、神々が案じた一計とその顛末を確認しておきましょう。

    ○神々が岩戸の前に集い、その前でアメノウズメという女神が樽の上に乗って裸踊りをします。
    ○それがとても面白くおかしいものだったので、神々は大喜びし、大喝采して盛り上がります。
    ○岩戸の外があまりにも賑やかなので、不審に思ったアマテラスが岩戸を少し開けて、アメノウズメにその訳を問います。
    ○アメノウズメは「貴女様よりもっと偉い神様がお出でになったので皆喜んでいるのです」と言って、アマテラスの前にサッと鏡を差し出します。
    ○鏡に写った自分の顔を「偉い神様」だと勘違いしたアマテラスが、もっとよく見ようと身を乗り出した時、岩戸の脇に隠れていた力持ちの男神タヂカラオがアマテラスの腕を掴んで強引に岩戸の外に引き出します。
    ○すかさず別の神が、岩戸の前に注連縄(しめなわ)で結界を張り、アマテラスが戻れないようにしたため、やっと世界は元の明るさを取り戻しました。

    この話は、アマテラスが岩戸から出て来るので、これは「岩戸開き」ではないかと思われる方が多いのですが、上記の通り、日月神示は「岩戸閉め」だと述べ、「大神はまだ岩戸の中にましますのぞ」と断言しています。一体この謎をどう解けばよいのでしょうか?

    その最大のヒントが神示中の「騙した岩戸」なのです。
    アメノウズメは「貴女様よりもっと偉い神様がお出でになった」と嘘をついています。またタヂカラオはアマテラスの腕を掴んで、力任せに岩戸の外に引き出しています。ここに見られるのはアメノウズメの「嘘」とタヂカラオの「暴力」に他なりません。下々の神々が最高神アマテラスに嘘をつき、暴力を振るうなどということは普通なら絶対に有り得ない事です。その有り得ない事が生起したから「(嘘と暴力による)騙した岩戸」だと日月神示は述べているのです。よって「騙した岩戸からは騙した神がお出ましぞ」ということになり、本物のアマテラスはまだ「まだ岩戸の中にましますのぞ」となる道理です。

    ところで「嘘」は「体主霊従(=我れ善し)」であり、「暴力」は「力主体霊(=強い者勝ち)」を意味します。そして、このようなことを平気で行う神々が正神であるはずがありませんから、正神が完全に悪神に成り下がっていると考えなければなりません。お分かりでしょうか、本来の正神が悪神に堕ちてしまうこと―、これが「岩戸閉め」の重大な結果の一つなのです。これにより世界は悪神の支配する世になり、悪神の仕組に掛かった人間が「我れ善し、強い者勝ち」の世界を築いてきたことも当然の結果でありました。神、幽、顕の三千世界と、そこに住む神々はじめ人間たちのほとんどすべてが「岩戸閉め」に堕ちてしまったということです。

    大いなる神仕組による日本の「岩戸閉め」は太古の昔から何千年も続きましたが、今から72年前の原爆投下と大東亜戦争の敗戦によって、日本の「岩戸開きのはじめの幕が開いた」と日月神示は告げています。皆様にお伝えしたいのは、「岩戸開き」とは観念論ではなく具体的顕現であるということ、そしてそれは「日本」にも「世界」にも「てんし様(スメラミコト)」にも、一人一人の「人間」にもあるということです。日本の岩戸が開けば、日本人一人一人の岩戸も自動的に開かれるなどという都合のよいものではないのです。

    今現在は正に、個人個人が自分自身の「岩戸」を開かなければならない時節であります。

    個人の岩戸が開くか否かは、その人自身の「身魂磨き」の成否にかかっていることを、どうか忘れないで下さい。身魂磨きの深化進展によって、あなた自身の「マコトのアマテラス」が顕現するのです。

    最後に一点補足しますと、日月神示が述べる「岩戸閉め」は五度起こったとされており、ここで述べた「騙した岩戸のアマテラス」は二度目の岩戸閉めに当たります。それぞれの岩戸閉めには壮大な神仕組が秘められていますが、本筋から外れますので割愛させて頂きます。
    2017年08月24日 23:01
  • シミズ

    戸隠と言えば高天原より古いと言われる、龍神、九頭竜大神の本拠地でもありますね。
    雨や風を司り、もって地を清めるという龍、今年は豪雨が頻発しましたが、
    日本人の怒りとますます醜さを増す反日国賊でさぞや列島のお清めは大変だろうと思います。
    天や地の大自然も時代、人の心と双方向でリンクしてるように思います。
    早く嬉し嬉しの世が現出しますように。
    2017年08月23日 16:43
  • 神無月

    大和心様。

    米国の皆既日食ニュースの中で、米国のコメントが印象に残ります。
    「久しぶりに、国民が一つになった」

    米国の役目は終わっており、生き残る道は「過去を悔い改めることが出来るかどうか」だと、積様は言われていました。

    移民大国の強みと弱み。どう転ぶかは天のみが知ることなのでしょう。

    天の岩戸閉めのイメージです。

    天照大御神が、日本列島。
    八百万の神々は、我れ善しの世界。
    岩戸閉めは、日本の鎖国。
    我れ善しに怒った日本(天照大御神)は鎖国する。
    我れ善しに気づき、困り果てた世界は日本を開けようと試みる。
    世界が改心したことを見届けて、岩戸を開ける。
    世界は喜び、日本が世を治める。

    以上のイメージです。

    楽しみと、怖れはこれからです。
    .
    2017年08月23日 12:17
  • 芋瀬童子

    昭和34年は高校3年生だった。多分季節は春、天文クラブで皆既日食を観測したことを憶えている。チベット動乱のあった歳だ。下記をご参照!
    http://amami21.hub-japan.net/amami-tenki/ingakankei.html

    人工衛星が上がったのもこの時期と前後している。

    それより以前、昭和24年、小学校2年の時も皆既に近い日食があったと記憶する。辺りが急に暗くなり、小鳥が一斉に慌てて鳴いた。

    さて、今回のアメリカ、日本で今起こっていること、つまりマゴグのゴグの手先民族走狗排斥と同じことが規模拡大で起きるのではないか?と密かに考えている。トランプ政権を初めから邪魔しているのは主に朝鮮系住民の謝罪と賠償独善主張の思い上がりイイガカリ言論活動ではないのか?WASPがばかばかしいピューリタン教条主義をかなぐり捨てて白人至上主義が復活、アジア系排斥朝鮮切り捨てが起きる、それがカナダにまで波及、シナ人排斥にまで及ぶのではないか?
    今日、西欧キリスト教社会の理想主義その内実は教条主義による八方美人対外政策、結果ヨーロッパ文明の弱体化に業を煮やしている白人社会を侮ってはならない、思い上がりのシナ、朝鮮亜人の全世界での排斥運動がアメリカから燃え上がるのではないか?
    2017年08月23日 09:16