179.後から撃つ者に国家を託してはならない。

内閣支持率の低下に反日勢力は大喜びであるが、こういう時にはこれに乗じて動き出す者が必ず現れる。
こうした輩には要注意である。

石破茂・渡辺喜美・小池百合子…彼らもまた内閣支持率の低下にほくそ笑みながら動き出した。

石破茂の安倍批判や、豊田や稲田のオウンゴールに、ここぞとばかりに攻め立てる小池百合子。

敵の敵は味方…同じくここぞとばかりに大はしゃぎのメディアは彼らを持て囃す。
彼らは彼らで、その快感に浸っているように映る。

渡辺喜美は、都民ファースト(トミファ)の国政参加を見越して維新除名も辞さず、触手を出した。

このお三方。互いに似た者同士である。

自民から出た者、出てから復帰した者、渡り歩いて自民に入った末再び自民から出た者と三者三様ではあるが、いづれも政界を渡り歩き、自民党一筋に政治理念を貫けなかった野心家である。

それ故に、ある時は権力の中枢にすり寄り、権力の中枢から外された気配を感じると後から撃つ…それぞれにその前歴があるのも共通している。

失脚した前都知事、舛添要一も同類であった。麻生内閣を後から撃って離党。
除名された末、都知事戦の際には支援した古巣への恩義を忘れて、不遜にも越権である媚韓外交を展開し売国行動に大忙しであった。

やがて図に乗ったつけは高くつき、天罰が下る。その末路は惨憺たるものであったのは、周知の通り。

自民党時代から渡辺喜美と小池百合子は懇意な間柄であったことは知る人ぞ知るところである。渡辺喜美が維新を除名されてトミファに鞍替えしたことを、小池百合子は歓迎した。

渡辺喜美は金銭問題等ででみんなの党を終われ、その後屈辱の落選を喫した。父・渡辺美智雄氏が築いた磐石の地盤を失った。

先の参院選で「一兵卒で」と維新に泣きついて比例当選。副代表の座を手にしたが、参議院であることが不本位であり、衆議院への鞍替えを狙っていた矢先に、小池トミファの結成。渡りに船だったに違いない。

仮に、橋下維新時代のような国会議員団の代表に渡辺を据えるようであれば、小池トミファの将来はたかが知れていると言わざるを得ない。

一方、小池百合子は2012年の総裁選で石破茂を支持したが落選。

細川護煕、小澤一郎、小泉純一郎…と時の権力者を渡り歩き、二度の閣僚と党三役を歴任し、元祖・初の女性宰相の名を欲しいままにしたが、石破支持が仇となり第二次安倍政権では、政権中枢から完全に外され、いつしか泣かず飛ばすの存在に成り下がっていた。

昨夏の都知事選において、自民党から推薦がないことを見越して、党に相談も打診もなく自ら出馬した強引なやり方は、顰蹙も駆ったが、東京都連の体たらくや利権批判の世論が味方して大勝した。
増田や鳥越との比較においては、小池の選択は当時の状況からすれば妥当だったということになる。

だが問題は出馬の動機である。
彼女の心中には、安倍政権に見放された焦りと反発ないしは対抗心があったことは容易に想像できた。

それは、出馬の仕方があまりにも不自然だったからである。推されて出馬するのが本来であるが、推したのは小池の地盤狙いと勘ぐられても仕方のない若狭だけであったからだ。

ポスト安倍への野心による目的だったことは、先般自ら離党宣言せざるを得ない破目に陥るまで、進退を党に預けていたところから窺われる。如何にも姑息な手口である。

やがて国政に復帰して、ポスト安倍を狙うためには自民党籍でいることが必須条件だったからである。そのために自ら離党するのは得策ではないという計算が働いたのである。

だが、都議選が近づくにつれその思惑は外れてしまう。ネット界での彼女の評価は、もっぱら策士策に溺れる…である。

数を集める為に、反日政党まで取り込むやり方が批判の的となっている現在、内田ドン一派の追放を以て、どうやら役割は終わったようである。

同時に、ポスト安倍の目も消失したが、過剰な野心は時として身を滅ぼすということであろう。
都議選の動向が注目である。

誰よりも内閣支持率の低下を待ち望んでいたのは、いうまでもなく石破茂である。

本質として、国民は日本のいく末を石破茂に託せるかということである。

彼が安倍批判をすればするほど、保守支持層からは顰蹙を買うばかりである。
その事がわかっているのだろうか。

安倍批判をすればするほど歓迎するのは、反日左翼勢力であり、反日メディアは大々的に取り上げてくれる。

石破は、「ここに来て石破がんばれという声が、以前の3倍くらいに増えた」と言ってご機嫌だという。

だが、それは誰の声なのだろうか。
反日左翼勢力から歓迎されるようでは、それだけで日本の将来を託すわけにはいかない。

こんな時こそ、日本再生を目指す安倍内閣への協力をすればこそ、次期総裁へ禅定の道も開けるというものであろうが、時すでに遅しである。

石破が総理総裁になる道は自民党には9割方ないであろうが、唯一挑戦する道があるとすれば、離党して小池百合子とタッグを組むかどうかである。

しかし、覚醒した日本国民としては、彼らに政権を託すことはあり得ないであろう。

国家百年の大計を目指す安倍内閣を背中から撃つ者は、今の日本から排除しなければならないと考える国民が増えているからだ。

この記事へのコメント

  • たつき

    >神無月様
    以前この話題に触れていた小坪市議のブログが、この問題に対して鋭いのかもしれません。

    【暴露ネタ】豊田真由子の、まだメディアに出ていない新情報【許せなかったらシェア】
    ttps://samurai20.jp/2017/06/toyoda/

    正直豊田衆院議員について詳しく知らない(事情とか評判とか)ので判断しかねるけど、周囲が一丸となって切り捨てざるをえないほどの惨状であったのなら、もっと別の形で悪影響を及ぼした可能性もあるかもしれない。
    ただ卑怯な反日勢力が寄ってたかって「都議選のためのネガキャン」として食いついたのなら、連中も間が抜けている気もします。
    …テロ等準備罪が済んでから膿を切り離されたのだとしたら、そこに気づかない連中も、食いつけない野党も話にならないし。
    あくまで「議員の起こした騒動」を騒ぎ立てても、本人の再起不能に「責任をきっちりと取らせた」という処理を済ませれば、攻撃目的の反日勢力が足掻ける範囲も限られる。
    でも「議員のせいで巻き込まれた被害者達」への対応ともなれば、「引きずり降ろされずに本人が足掻き出す」ような事を自民党内部でされるのと、一通り手順を踏んで済ませておくのと。
    下村大臣を狙ったはずが盛大に自分達の足元を消し飛ばした問題や、母として議員として奮闘する女性を不当に貶めた問題と比較にならなかったかもしれない。
    …酷い偏見かもしれませんし、見当外れかもしれませんm(_ _)m
    2017年07月02日 15:05
  • 特命希望

    度々失礼いたします。
    実は、昨日私のガラケーに次のTEL番号からのショートメールが入ってきました。
    0120-6××-×××(伏字にしてあります)
    内容は以下のようなものです。
    >「有料動画サイトへ登録履歴があり、未納料金が発生してます。本日中にご連絡ない場合は法的手続きに移行します。0120-6××-×××㈱ア◎ゾ◎」

    どうせ詐欺だろうと思い、放置してありますが、念のため上記TEL番号を検索したところ、こちらのサイトがヒットしました。
    http://www.jpnumber.com/
    そのサイトによると、案の定はっきりと「架空請求詐欺」とありました。
    そして、口コミがいくつか投稿されてあり、その中から一件紹介いたします。
    引用開始
    >下で書かれてる通り、ア◎ゾ◎WEBを名乗る所からの架空請求がありました。
    電話で対応した所、ア◎ゾ◎WEBの未納料金があるとのこと。
    自分はア◎ゾ◎WEBのアカウントは作っておらず、電話対応した端末もガラケーだったのでここで業者だと分かったんですが、ア◎ゾ◎ギフトカードを買ってこいだとか、アカウントがないのに、カードを買ってきたらアカウントの凍結を解除するだとか、色々突っ込みどころ満載でした。
    結局はギフトカード系の番号を求めてくる時点でお察しの典型的な詐欺でしたね。
    もう少し頑張りましょう「担当者 ヤ◎モ◎マ◎◎ 君」(名前は、私の判断で一部伏字にしてあります)

    そして、こちらはブログ「大和心を語るねずさんのひとりごと」より抜粋した、日本で行われている大掛かりな犯罪の疑惑について、その危険性を警告している一文です。
    引用開始
    >実はいま、全国で、いわゆる歴史的記念館や資料館が、次々と廃館に至っています。
    不思議なことに、その廃館に際して、記念館に所蔵された遺物遺品の数々が、その後どのようになったのか、ほとんどの場合、不明なのです。
    そして半年から1年の内に、その廃館された記念館の遺品が、ヨーロッパのオークションで、ものすごく高い値段で売買されたりしています。
    ある縄文式土器は、出品時の価格が5千万円、最終的なオークション価格が1億5千万円で落札されたそうです。
    そのお金は、誰の手に渡っているのでしょうか。
    ひとついえることは、閉鎖に追い込まれた記念館や資料館のもともとの関係者の手には、まったく渡っていないという現実です。
    このことは、売得金がもともとのオーナーさんの手に入ればそれで済むという問題ではありません。
    日本の歴史が消されようとしており、そのことに対して、我が国があまりにもいま無頓着すぎることが、結果として日本の裏社会に流れ、日本の破壊工作に使われているという現実があるのです。
    これは明らかな文化テロです。
    そしてそのような文化テロが、なんとなりすました日本人によって行政の名のもとでさえも行われるようになっていきたという、これは恐ろしい現実の一端なのです。
    http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3435.html
    引用ここまで

    上記二点の話に共通していることは、いずれも暴力団若しくはそれに類する組織が関与しており、被害者から巻き上げた金銭、或は盗まれた文化財の密売によって得られた利益が、組織の活動資金源になっていると考えられることです。
    それだけでなく、きっと特亜三国、とりわけ北朝鮮に流れていると考えても間違いではないでしょう。
    テロ等準備罪(いわゆる共謀罪)が施行後は、ある程度は摘発することはできるかもしれませんが、それだけでは防ぎきれないでしょう。
    やはり、我々国民一人一人がお上任せにせず、
    ・日頃から詐欺に遭わないよう注意する。あまりに怪しいと思われる事案は、警察に通報する。
    ・又、自分だけでなく周りのお年寄りなど情報弱者に注意を促す。
    ・地域の文化財所蔵施設に異変がないか目を光らせる。
    など警戒を怠らないことが大切である、と考えます。





    2017年07月01日 19:53
  • 佐久奈

    主様、お世話になります。

     防衛大臣の失言騒動について、あくまで私的に一言。
    稲田朋美防衛大臣ありがとうございます!!

    今まで何かと言えば暴力装置だの、違憲集団だの、散々な蔑称を
    浴びせ続けられるばかりでありましたが、
    此度の大臣の発言には”常に我が党は自衛隊とともにあり”と云う、駆け引きなしに皆さんと寄り添ってと言う決意の霊返しが私には聞こえてまいりました。
    今しか言えぬ、貴重な澄みきりの旬を秘めた言霊ではないかと私は受け取りました。

     挙足取りの売国奴どもに云う。そもそも国籍不明の党首が座す政党が涼しい顔で存続し、横領、癒着議員の蛮行を放置するのが常となっている現状において、この件は騒ぎ立てるほどの事では全くない。 常識の通用する世の中なれば不適切になるやもしれんが、今が常識的世の中であらうか? 否、汝ら昏酔状態の超無礼講であらうがな。この世間の異常を醸成したのは誰か? お生憎様でござるよ。

    後ろから撃って来る卑怯者の勲章を下げた者どもがのさばる中、稲田防衛大臣。
    誠、自衛隊を心に迎えてくれる言葉に出会えて歓喜しております。大臣万歳。
    2017年07月01日 18:18
  • 神無月

    大和心様。

    豊田真由子衆院議員が、元政策秘書の男性に暴言や暴行をしたと報じられ、自民党本部に離党届を提出した件ですが、元政策秘書が工作員の可能性はないでしょうか?

    報道から感じる秘書の姿は、間抜け過ぎます。
    わざとやっているとしか思えない程の、ミスです。

    秘書は、仕える者の秘密を一番知る存在です。
    政治の世界では、事件を闇に葬るために死を選ぶ秘書もいるようですが、政治家を脅す立場にもなります。

    特亜三国マインドの秘書で有れば、尚更、危険な存在です。
    秘書紹介ビジネスも有るようですから、そちらの汚鮮も気をつけるべきだと思います。

    性善説の国が、性悪説の存在に気付くのに、150年かかりました。

    それも、善と悪と戦いなのです。
    2017年07月01日 10:02
  • 芋瀬童子

    ブログ主殿四投目になり、誠に心苦しいですがここに書く方が最も多くの見識思慮ある人々の眼につくのではないかと思い、聖書読みが今現在懸念している事を書いて見ます。

    現在韓国のムンがアメリカに行っています。しかし一方で韓国は【日本を消す】とか言う消しゴムを作ったりアメリカに三体目のイアンフ像を建てたり世界中で日本海呼称をひっくり返そうとしたりしています。アメリカが日本に対してアメリカの安泰の為に日本は韓国に跪けと言うか否か、日本政府が涙を呑んでその命令に従うか否かは今は解りませんが、遠からず韓国は北朝鮮・シナに諂って隷従となるでしょう。
    そうなった時、あの元寇の時と同じ図式、鮮人が支那人を扇動して、シナ・北朝鮮の核を脅しに使って、沖縄、対馬、隠岐、佐渡に同時侵攻、時を同じくして北海道、関東、関西、沖縄で武装蜂起、と言う事が考えられないことはない、と私は懸念しています。
    旧約聖書のエゼキエル書38,9章が脳裡を駆け巡ります。そのような事態が起こるか否か?について私は起る方に秤が傾いています。日本人は聖書と言うと『ああ、あれは耶蘇教の経典』とか『ユダヤ人の神話』だと言う風に捉えて看過しているようですが『待てよ、もしかして!』と【猜疑の目を光らせる】ことは重要ではないかと思うわけです。残念ながら政府要人、政治家、防衛関係者、海上保安、警察関係者の総てがこう言った聖書の記述に無知でしょう。その無知、一応考えておこうか!と言う深謀遠慮の無さ、が私は恐ろしい。【虚を衝かれる】恐れが、そのタネがあるのではないかと憂慮しています。
    周到に準備して網を張って置く事、そのような事態が起こった時に周章狼狽しないで済むように心構えとハードウェアが肝要と考えます。残念ながら今の防衛大臣にはその老獪さも胆力も見識も思慮もないようですね。
    2017年07月01日 09:52
  • 芋瀬童子

    三投になります、平にご容赦を・・。本稿の主題は【後ろから撃つ者】で、関連して【分別が始まっているのではないか?見えにくかった者が正体を現し始めた】、だから【刈り取りは然程遠い将来ではなかろう】と言う意味の投稿をしました。
    しかし内心釈然としない気分が残りました。それは、かねて気になっているネット上の記事ですが、
    1.日本の(特に北海道の)不動産がシナ資本に渡りつつある。
    2.日韓海底トンネルと言うハナシ。
    3.中国が日本に工場を建てるらしい。
    4.激化する韓国の対日悪態とその実行。(在日送還はどうなったのか?)
    これらは日本国側からの反応、対応する動きがない、タブーのような感じがします。
    先ほど或るブログを見ていて、『これが残っていた!』と閃くものがありました。・・つまり・・・『タブー扱いされる物事にはカネが動いているのではなかろうか?』これが下種のかんぐりであれば何よりですが。
    もしそうであればおそらく【人の手】では解明され得ないのではないか?【神の介入】でしか。
    これが世界規模で解明される状況を黙示録が言う【大いなるバビロンの倒壊】であろうかと愚考します。それが白日の下に曝された時を以てハルマゲドンが終了する。黙示録を追って行くと時代は進んで、もうこの後は大いなるバビロンなるものの正体が明らかになる事態しか残っていないと思います。
    2017年06月30日 23:09
  • 琵琶鯉

    主様、こんばんわ。琵琶鯉です。
    近頃、ネットもメディアも話題は都議選ばかりが目立ちますが、その裏でとても重大な選挙が戦われております。
    それはどこか?日本の防衛の要、沖縄は那覇市の市議会選挙です。
    現在、行橋市議の小坪しんや氏が自民党の候補者の応援に入られています。詳しくは小坪しんや氏のブログをご覧下さい。
    そこで、初めて知ったのですが、今回の自民党からの立候補達は1人を除きすべてが新人ばかりだそうです。
    何故そうなったのか。翁長知事が那覇市長だった時の那覇市議会選挙の時に自民党の議員達が米軍基地反対表明をして、ほとんどの自民党議員が除名となりました。そして彼等は翁長知事誕生へと動いたのです。あの頃から支那の赤い影が蠢いていたのやもしれません。
    今回の那覇市議会選挙は翁長県政を終わらす為の布石であり、少しでも支那の赤い影を排除し、沖縄を日本人の手に取りもどさなければなりません。
    沖縄県民、特に若い世代は自分達の未来が懸かっています。是非、選挙に行って下さる事を切に願います。


    2017年06月30日 19:20
  • 特命希望

    連投失礼いたします。
    週刊文春が口火を切り、マスゴミは、自民党の下村博文議員が加計学園より不正献金を受け取ったという怪情報を流していますが、その情報を文春に持ち込んだのがまたどうしようもない輩なようで、全くの出鱈目だと思われます。
    以下に紹介するのは、ブログ「正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現」からの抜粋です。
    http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6711.html
    引用開始
    >長友佑都のアモーレ「平愛梨」の弟の「平慶翔」は、元タレントであり、平成28年まで自民党の下村博文議員の秘書をしていた。
    しかし、平慶翔は、下村博文事務所で、窃盗、詐欺、横領などにあたる行為をして秘書を解雇された!
    下村博文は、平慶翔に「上申書」を提出させ、平慶翔の犯罪を表沙汰にしなかった。
    ところが、平慶翔は、小池百合子の「都民ファーストの会」に寝返って下村博文議員の地元の板橋区から都議選に立候補し、週刊文春に「下村博文に加計学園から200万円違法献金の疑いあり」との嘘情報を流して選挙妨害!
    >■事務所を解雇
    永田町関係者が継ぐ。
    「平氏は円満に秘書を辞めたことになっていますが、本当はカネ絡みの不祥事で事務所を解雇されたんです。でも、下村サンの武士の情けでね。対外的には平氏は実家の家業を継ぐという話にして、送別会まで開いてあげていましたよ」
    下村氏に恩を仇で返すことは許されない話である。
    古参の地元後援者の話。
    「平クンは、さんざんお世話になった下村会長を悪く言うのがいただけない。例えば、“下村センセイは自分の電話に出てくれない”と嘆き、それが袂を分かった原因だと言うけど、事務所をクビになった上、一度も挨拶に行かない人間の電話なんて出ないでしょう」
    平慶翔は、恩を仇で返す、とんでもない奴だった!
    また、一方、小池百合子の「都民ファーストの会」は、窃盗、詐欺、横領などにあたる行為によって下村博文事務所の秘書を解雇されたばかりの平慶翔を都議選の候補者にしたのだ!
    「都民ファーストの会」は、平成28年12月まで自民党の下村博文事務所の秘書をしていた平慶翔が、どうして自分の所に来たのか碌に確認もしていないのか?!
    それとも、有名芸能人のアモーレこと平愛梨の弟だから、目玉候補として飛びついたのか?!
    実際に、6月4日に行われた平慶翔の選挙事務所開きには、姉の平愛梨が登場し、マスコミなどは報道していた!

    そしてこちらが、怪情報の発端となった下村氏の元秘書が事務所を辞める際に提出した、とされる上申書です。
    元記事のブログには、写真入りで掲載されています。
    >上申書
    平成28年8月10日
    下村博文事務所御中
    住所 ××
    氏名 平慶翔(直筆署名)
    1.私は、貴事務所を退職するにあたり、自らの担当業務について、後任に対する引継を完了させることを誓約いたします。退職後でも貴事務所からの業務に関する問い合わせに対しては誠実に対応します。
    2.私は、貴事務所を退職する日までに、貴事務所より貸与された物品をすべて返還済みであることを確約します。
    3.私は、貴事務所を退職するにあたり、貴事務所の活動に関して職務上知り得た事実を第三者に対して開示・漏えいしないことを誓約いたします。
    4.私は、貴事務所及びその関係者の名誉を棄損する言動や貴事務所を侮辱する言動をしないことを誓約いたします。
    5.私は、平成28年12月21日ころ、貴事務所のノートパソコンを隠したことにより貴事務所の業務を妨害したことを認め謝罪いたします。
    6.私は、平成28年7月ころ、貴事務所から、××購入代金を立て替えたと偽り××円を詐取したことを認め謝罪いたします。
    7.私は、平成28年7月ころ、貴事務所から、××購入代金を立て替えたと偽り××円を詐取したことを認め謝罪いたします。
    8.私は、平成28年7月ころ、貴事務所から、××購入代金を立て替えたと偽り××円を詐取したことを認め謝罪いたします。
    9.私は、平成28年7月ころ、貴事務所から、××購入代金を立て替えたと偽り××円を詐取したことを認め謝罪いたします。
    10 上記第5項及次第9項以外に窃盗、詐欺、横領などにあたる行為をしたことがないことを誓約します。
    11退職後、私が退職の際の事情聴取で説明した内容に事実と違うことが判明した場合や、すでに認めた事実以外に犯罪に該当するとの疑いがもたれる事実が発覚した場合など退職後に私の勤務に関する疑義が発覚した場合には、貴事務所の要請に応じた調査に応じる義務があることを認め、真摯に調査に協力することを誓約します。
    12万が一、私が本上申書に記載されている誓約のいずれか1つでも破棄した場合には、貴事務所が、第5項乃至第9項の事実又はその他の事実に関し刑事告訴等の手続を行うこと、また、事務所及びその関係者の名誉等を守るために第三者に対し同事実を説明することについて一切異議を述べません。
    以上
    引用ここまで。

    もはやマスゴミによる報道テロといった感さえありますが、下村議員が不正献金を受け取った、と鵜呑みにしてしまう人間も多くいることでしょう。
    全く以て、ひどい腐臭しかしませんね、小池党には。
    いや、このようなゴミ屑まで吸着してくれたというべきかww

    なお、今回紹介させていただいたブログには、真っ当なコメントに交じって工作員のコメントもつけられております。
    頭の中でそれに突っ込みを入れるのもご一興かと。。。
    2017年06月30日 14:14
  • 神無月

    大和心様。

    今度は、都議選の最中に下村議員が叩かれましたね。
    反日勢力が、雨後の竹の子の様に、ニョキニョキと頭を出します。(笑)

    これ「報道犯罪」です。
    記者の質問は、悪魔の証明ばかりで嫌がらせです。

    日本の為になる法律を通すには、それを潰しにかかる勢力の浄化が先に必要です。

    反日勢力を十分に泳がせましたから、多くが炙り出されてリストアップされました。
    間もなく、それは始まるのでしょう。

    小池新党に、野党からどれだけ保守の国会議員が集まるか楽しみです。
    維新の橋下氏は、政治のプロではありませんでしたので、国政でミスをしました。
    小池女史は、プロ中のプロですから、維新の様な過ちは無いと思います。

    稲田防衛大臣の無意識な失言も、天意なればその意味があるのでしょう。

    ハッキリ言えることは、神界は「日本人が目覚める」事を、求めています。

    世の流れに、その香りを感じませんか?
    .
    2017年06月30日 12:10
  • 愛国鬼

    国民は冷静に見ています。石破氏は顔を見ればその卑しさが分かります。あの顔を是とする人は魂が腐っています。安倍総理を裏切り足を引っ張ると言う行為は日本人の感性から大きく外れています。

    トランプ大統領が彼をこき下ろした女性キャスターに逆襲しました。お互いに大人気ないやり取りでうんざりします。しかし民進党の党首である蓮舫さんの口の汚さはこれに輪をかけてひどいものです。心が腐っているからできることです。国民の負託を受け国政のトップにいる総理大臣に対して吐く言葉ではありません。テレビやネットの世界でも左巻きの多くが同じように口汚く総理や現政権を罵っています。彼らの集会も似たようなものです。

    口の汚さは、口から毒を吐くのと同じです。これこそが悪魔の仕業です。一方、美辞麗句と言うオブラートに包んで世論を誘導するマスコミも同罪です。

    荘厳な教会や寺院、うっとりするような賛美歌、頭を痺れさせる読経の音声の中にも悪魔が潜んでいます。天と契りを結ぶのには豪華な建物やお金は不要です。スピリチュアルな世界に浸るのは特に危険です。常に目覚めた状態でいましょう。
    2017年06月30日 09:50
  • 特命希望

    小池知事と安倍総理の関係について以前、波羅様がご指摘されていたような気がいたしますが、確か安倍総理は大掃除を外注に出し完了したら、外注業者(小池知事)をゴミもろともポイという肚積りなのかもしれませんし、そうではないのかもしれませんし・・・
    ただもし、小池ファーストが第一党となったら本当にまともな都政運営ができるのかどうか、他人事ながら心配です。
    何しろ、候補の議員は共産や民心を離党したとはいっても実際は別動隊なのかもしれませんし、そうでないにしても泥船から逃げ出してきただけの連中です。また、市民ネットワークととか称する候補も極左過激派のメンバーであることは、知る人ぞ知る事実です。

    さて、実は政府も自民党も都議選などにかまけている場合ではないのでは?というニュースがありますので紹介させていただきます。
    いずれも2ちゃんニュー速+からの引用です。
    引用開始
    >【製造】ファーウェイ、年内にも日本国内に大型工場を新設―中国企業では初
    1 :ノチラ ★
    2017/06/29(木) 12:30:21.49 ID:CAP_USER
    中国の大手通信機器メーカー華為技術(ファーウェイ)は、中国企業としては初、日本に本格的な工場を新設し、通信設備や関連機器の生産に乗り出します。生産設備を導入し、早ければ年内にも工場稼働予定とのことです。新工場はDMG森精機の跡地に新設
    ファーウェイの日本初の大型工場は、千葉県船橋市にあるDMG森
    精機の工場跡地と建屋を転用します。生産設備導入後は年内にも稼働予定で、当面の投資額は50億円、今後の追加投資も検討されています。
    ファーウェイは、スマートフォン販売においてSamsungやAppleに次ぐ世界第3位の企業で、2016年の売上高は8兆円を超えました。なお、主力製品はルーターなどのネットワーク機器で、高速通信網の整備を急がれるソフトバンクなどの大手通信会社向けの販売が伸びています。
    近年目立つ中国企業の日本への進出
    これまでは日本の製造業が低コストを理由に中国へ進出していましたが、00年代後半からは、業績の悪化した日本企業の買収などを目的に、中国企業が日本へ進出するのが目立っていました。
    最近では、中国自動車大手の長城汽車や通信機器メーカーの中興通訊(ZTE)が日本国内に研究開発拠点を設置していましたが、既に日本に研究拠点を持つファーウェイは生産まで乗り出します。
    以前は日本の人件費の高さを理由として進出に踏み切れていませんでしたが、中国の2016年製造業部門の平均賃金は、2005年当時の約3倍の水準にまで達し日本の人件費との差が縮小したため、現在は日本の割高感が薄れています。
    新工場では日本の技術と人材を取り込み、中国流の低コスト大量生産と組み合わせることで、品質と価格競争を両立させていくのが狙いです。

    >【経済】「なぜわけのわからない中国の会社に1750億円の安さで売るのか」 タカタ総会で株主から批判[6/28]
    1 :ねこ名無し ★2017/06/28(水) 20:30:28.88 ID:CAP_USER
     欠陥エアバッグ問題で経営破綻したタカタは27日、東京都内で定時株主総会を開いた。民事再生法の適用を申請した翌日の開催は異例。
    (中略)
     質疑応答では、株主から「世界2位のサプライヤー(部品供給業者)なのに、なぜわけのわからない中国の会社に1750億円の安さで売るのか」との質問があった。
    (以下略)
    引用ここまで。

    かねてから中韓による日本国内の土地買収が問題視されてきました。確かに安全保障上、重大な脅威になるかもしれません。
    しかし、それが土地やわずかな建物だけならまだ、有事に接収してしまえば済むことでありましょうが、今回のファーウェイのように工場まで建てるとなると、より一層深刻な事態になるのではと危惧いたします。
    まず、中共がアフリカ諸国などでやっているように、現地労働者を雇わず中国人労働者ばかりを雇用となった場合、日本にとっては何らメリットはありません。逆にいざ有事に備えて武器弾薬(そこまでいかずとも多量のナイフ等)を隠し軍事拠点化する恐れがあります。
    また、もし日本人も雇用される場合(この可能性の方が高そうですが)、それはそれでやはり有事の際、日本人従業員が大量に人質に取られる危険性があります。

    それでなくとも、現在日本の製造業はじめサーヴィス業等でも中華資本(=中国共産党)の傘下に入っている企業は多数あります。
    かといって、中国企業の日本への投資を全面的に禁止することは、国交断絶でもしない限り現行法では無理でしょう。
    日本企業も中国に進出しており、人質にされる可能性大です。
    中国進出は自己責任ともいえる部分はありますが。

    タカタが経営破綻し、中華資本に買収される背景には、アメリカ国内での事故多発による多額のリコール負担がありますが、その事故自体、最初から中国人の仕掛けだったと考えられますが、如何?

    ともかく、このように中韓による日本企業や土地買収が好き放題に行われているという現状への対策をきちんと政治家が議論しなければ、日本の國體自体が白蟻にやられるがごとく、蝕まれてしまうのではないでしょうか。

    以上、私の杞憂でしたら良いのですが・・・
    2017年06月30日 08:10
  • 神無月

    大和心様。

    連投失礼いたします。
    特命希望様のコメントに有る、長島議員が小池派に合流されることで、パズルが解けた気がします。

    小池女史と安倍総理は繋がっていると思っています。
    都知事選でも都知事になった後も、安倍総理は小池女史に期待している雰囲気を感じました。

    自民党都議会を旧態から改革したくても、ボスの権力が強すぎて誰も手が出せません。
    そこで、小池女史が乗り込み、あっと言う間にボスを降ろしました。

    東京改革を進める為には、抵抗勢力の自民党議員が邪魔です。
    都民ファーストを立ち上げ、過半数を確保して、改革を加速させます。
    民進党が消えることと公明党が節操なく動いた事もプラス要素です。

    国政では、傀儡野党は沈没し、維新、公明、共産に小池新党が入ります。
    維新の支持率は低く、内部のゴタゴタが足を引くかも知れません。
    共産党はテロ指定されていますから、動きにくくなります。
    公明党は大作さんが、あちらの世ならば、法人として問題が起こりそうです。
    そうなると、小池新党の存在が増します。
    小池新党の支持を得るためには、都政を有権者に高く評価して頂かなければなりませんから、都政はスピード感をもって推し進めるでしょう。

    日本を想う野党が誕生するのならば、安倍総理も望むところではないかと思います。公明党に変わり、小池新党と連立が叶えば、改憲もやりやすくなります。


    都民にとって、豊洲も五輪も生活には、どうでもいい問題です。
    問題を大きくしたのは、マスコミです。(利用したのは小池さん)
    都民は、暮らしやすくなれば支持します。

    小池女史が仕掛ける、議員への踏み絵は厳しいかも知れません・・・
    2017年06月30日 00:26
  • はま

    生の読みは幾多、死の読みはひとつ

    ミロクの世とは其々みなが仕合せを享受できる世なのかと存じます。

    海の幸は海に 山の幸は山に

    はい、自分はしあわせです。
    みなさまいつも有難うございます。
    今後ともよろしくお願いいたします。
    2017年06月30日 00:16
  • 特命希望

    私は現実論しか語れないので、今回も卑近な例になってしまいますが・・・
    先日、私の住む県で知事選挙が行われました。
    以前にもコメントさせていただきましたが、自民党県連が普段は、民進党(ミンス)の現職知事を批判しておきながら、いざ選挙となったら内輪揉めなのか、県連幹事長を候補に擁立する話が流れてしまい、バルセロナ五輪のメダリストで元教育長という人物を現職の対抗馬として担ぎ出しました。
    しかし、候補が外患罪で告発されている民進党(ミンス)知事と行政能力など全く期待できない人間の2人だけでは、外れしかないくじを引け、と言われているようなものでした。
    自分はよほど棄権してやろうかと思ったのですが、なんだかそれも悔しい気がし、かつ「投票は権利ではなく義務」だと日頃から考えているので、現職知事への反対票という意味で、新人に入れました。
    結果は、もちろん現職が新人に20万票以上の大差をつけて当選しました。
    確かに現職知事は、小池都知事のように市場移転案件を己の権勢拡大のために利用したり、翁長や黒岩のように派手な売国行為を働くなどしていませんが、やはり中韓に宥和的な人間です。
    それでも当選してしまうのは、自民党のだらしなさに助けられてという事もありますが、一応知事としての職務はこなしているからでしょう。
    因みに、前回の県知事選では、自民党は独自候補を出したのですが現職に敗れました。
    このように、自民党の地方組織の足腰が弱いという問題は、程度の差こそあれ各都道府県でもあるのではないでしょうか。

    自分は都民ではないので都議選に関して何もできませんが、感想を申し上げるならば、小池は保守層からは批判されていますが、逆に言えば、「都民ファーストの会」にまあよくも有象無象の半日勢力を集めてくれたものだと思います。自民と連立を組んでいるはずの公明党まで。。。
    まるで、強力な磁石や掃除機のようです。もしかして、「悪の御用」というものですかね。
    都議選の結果がどうなるかわかりませんが、テロ等準備罪の施行も近いことですし、内閣改造も睨みながら安倍総理がどのような手を打ってくるか目が離せません。

    因みに、あの長島昭久衆院議員も都民ファーストに入会しました。
    ソースはこちらの記事です。
    https://news.nifty.com/article/domestic/government/12136-399008/

    2017年06月29日 19:37
  • ブログ主さま、脇から失礼いたします。
    芋瀬童子さま
    コメントされた「右と左に分ける」、神無月さまのコメント中にある精神学協会の「光文書」にそのまま書かれてます。
    「ミロクの世」も言及されてます。
    ご存知でしたらすみません。
    2017年06月29日 17:41
  • 神無月

    大和心様。

    光文書では「妬み」について書かれています。
    妬みの心が闇への入口になるのでしょう。

    妬みは欲から始まる気もします。
    欲そのものが悪いのではなく、欲に付きまとう勝ち負けが、負けた時に妬みに変わります。

    妬みが進めば恨みになり呪い怨念になります。
    闇の世界です。

    「身魂磨き」は、妬みを光で包み込む修行なのかなと思っています。

    妬みと羨ましいは違います。
    ネガティブとポジティブです。

    但し、羨望は嫉妬に取り込まれますから気をつけましょう。

    ミロクの世が幸せならば、この世は地獄なのです。

    皆様は、本当に幸せですか?
    .
    2017年06月29日 15:30
  • 芋瀬童子

    連投をご容赦下さい。今まで明確に言わなかった事を書いてみたいと思います。明確に言わなかった理由は、現代の常識から乖離しているのでブログや読者各位を惑わせ迷惑になるかもしれないと危惧している事、『そんなバカな事があるか』『超お花畑だ』『無責任である』『危険な思想だ』との謗りを免れ難いと思って躊躇していたからであります。でも勇を鼓して・・。但し採否はブログ主殿のお考え通りにお願いします。

    考える理由1.人間世界では何事にも終わりがある。永遠なるものはない。無論、民主主義、政党政治にも終わりがある。
    考える理由2.式年遷宮の様子を見て居て、『政治の関与』がないようだ、でも『全てが上手く運んでいる』・・こんなこと世界の何処にもない、と思った。
    考える理由3.渡辺京三氏の『逝きし世の面影』や小泉八雲の『日本の面影』を読んで、江戸幕府の治世下での方が日本人は満足して生きていたのでゃなかろうか、と思う。
    考える理由4.最近どこかのネット上記事で2016年に【みろくの世】に入ったと読んだ事を想い出す。
    考える理由5.それが聖書のマタイ伝にある(25:31)『 人の子その榮光をもて、もろもろの御使を率ゐきたる時、その榮光の座位に坐せん。』 に不思議と同調するな、と思った。
    考える理由5.昔、まだコミュニズムが猖獗を極めて居た当時世界は思想の対決【東西問題】と言われた。それがやがて貧富の対決【南北問題】と言われるようになったが現在は聖書が【地】と表現する一般民衆と【預言者】と言う所謂知的階級言論界政治的経済的支配層との対立のように見え始めている。・・その区別が徐々に明確になりつつあるように私には思える、つまり下記・・・
    >25:32 かくてその前にもろもろの國人あつめられん、之を別つこと牧羊者が羊と山羊とを別つ如くして、
    25:33 羊をその右に、山羊をその左におかん。
    今、真っ先に日本でこれが行われているのではないか?と思うのである。(まあ個人的な感想かもしれないが)

    さて、その後の政(まつりごと)は?・・・伊勢神宮の式年遷宮にその予型があるようにも思える、或は皇室の権威+江戸幕府の実際がひな型かもしれないとも思う。いずれにしろ世界を今のような混迷混沌混乱野獣化に導いたキリスト教世界発祥の人智力学の政党政治は真っ先に日本から無くなるのではないか、そしてその時はかなり近いのではないか?と思っている。

    2017年06月29日 12:39
  • 神無月

    大和心様。

    日本の長寿番組に人気ドラマの「水戸黄門」があります。
    水戸藩主・徳川光圀の創作物語り、『水戸黄門漫遊記』をドラマ化した番組を知らない人はいません。
    (10月スタートしますね)

    身分を隠し、悪事を把握したところで権威で納める展開は、日本人の心情に合うらしく、高視聴率を維持していました。

    ところが、その気質が現実社会では「御上がなんとかしてくれる」と、他人任せになります。シラスの国であればそれで良いのですが、現代のウシハクが支配する世では、安寧を乗っ取られてしまいます。

    水戸黄門世代(団塊世代)は、それに気付かずに、のほほんとしています。

    芋瀬童子様のコメントも頷けますし、以前、回転する大きな鎌で頭をもたげた者の頭が飛ぶ霊媒師のお話も思い出します。

    小池女史の本心は解りませんが、傀儡野党が消滅した後、代わりの野党が必要になります。維新は「羊の皮を被ったオオカミ」の懸念がありますから、次世代の野党再編には繋がるのかと思っています。

    人知で造られたものは、99%無駄なものばかりです。
    神界にも、与党野党が有るのでしょうか?

    2017年06月29日 09:50
  • 芋瀬童子

    本稿を拝読して閃いた事がある。詳しくは皆さんも面倒であろうから要点のみ、・・・題して『もうそろそろ閾値ではなかろうか?』
    1.マタイ伝13章に麦と毒麦の喩えがある。天国、つまりやがて地上に登場する世界の構成員を集める行為について【正常な麦と毒麦が明確に分別出来るようになるまで待つ】趣旨の事が書かれている。
    2.黙示録6章には逆に上記構成員を【余すところなく分別し終わるまで待て】と言う趣旨の事が書かれている。
    つまりギリギリの処まで、渇いたタオルを絞り終えるまで、神は処置を待つ。瑕疵のない人類を余すところなく救い上げるまで待つ。
    3.黙示録12章には日本と日本人を【喰らい害おう】とするモノの事が書かれている。
    4.『安倍死ね』『叩っ切ってやる』と言う言い方には驚いた、【本音を言ったな!】と思った。
    5.最近『皇室と同じ空気を吸いたくない』『日本国と言う境界を取り払いたい』と言った者がある。この文言を包んでいる最後のオブラートを剥がせば【皇室は不倶戴天であるからこれを破壊したい】【日本の国体を破壊して普通の人民共和国にしたい】となろう。
    6.この5、は上記黙示録12章に出て来る【天、つまり形而上世界を追い落とされて地、つまり我々が生きているこの空間に見えない姿で這いまわっている赤いヘビのまさに本音】である。神が世界創世成功の切り札として選び隠した民族と皇統を無効にしてしまわない限りこのモノは漆黒の闇に拘束される刑罰を免れ得ない。
    7.どうだろうか?【本音の一歩手前】まで喋っているではないか?次に言い出すのは直接的にオブラートなしに【日本の皇統国体を破壊せよ】だろう。
    8.一方で石破なる御仁がついに馬脚を現した、つまり毒麦がそれと解るまでに成長、本質を隠さなくなった。他の毒麦・・野党の殆ど・・は国民も知って居る、自民党の毒麦も大凡知られている。この人物は自民党総裁選の時、或は安倍総理を凌いで当選したかもしれない。支持者がかなり居たと言う事はまだその毒麦の正体が分りにくかった。
    9.上記7,8を勘案すれば【毒麦の刈り取り】の時が然程遠くないと思わないか?【皇室と国体がウットオシイ】と言い出してさらに5年も10年も似たようなことを言い続けるだろうか?然程長くないうちに【皇室と国体を破壊せよ、する】と声高に言い出して行動に出るのではないか?
    10.石破なる御仁はクリスチャンではなかったかな?【神道の結界】の外に居る人、日本神界の護りがない。
    2017年06月29日 07:30

この記事へのトラックバック