67.お知らせ

いろいろな意味で、国内外とも緊張が高まっています。

様々な情報が飛び交っていますが、冷静な判断が必要だと考えます。

今、多くを語ることは控えますが、都知事選もその一環とみて、首都を守らなければなりません。

ここにきての譲位報道、南沙、尖閣、THAAD配備…。
安倍総理の総裁党規約改正問題の浮上も、反政府勢力の視点から見る必要がありそうです。

全ての流れが連動しているように思えてなりません。

「余命1043」について。
個人的には昨年から予兆があり、2、3月から動きがありました。
その後余命では、4月から着々と準備に入り「すみれの会」「日本再生大和会」、そして今月…という流れだと推測していますが、この間思うところあり、沈黙を保ってきました。
現時点では、ここまでに留めておきたいと思います。

当面、記事は端的にポイントだけを出稿することになると思いますのでご了承ください。



この記事へのコメント

  • かかと

    >琵琶鯉さま
    読んでいただけて嬉しいです。
    あまりに長いので迷惑かと案じましたが、
    どうしても皆様に読んで欲しくて掲載致しました。
    東京は都民のもの、首都は日本のものであるとの上に立ち
    都知事選や都議選が日本全国の問題であると思っています。
    今、東京が危機的な状況にあります。
    日本全国から首都東京に向かって声を挙げて貰いたい
    みんなの声と想いは必ず、誰かに届きます。
    日本再生は皆が力を合わせることで実現するものと思っています。
    又、関西は大和国の発祥地、日本にとって原点でありここもまた守るべき重要な地だと思っています
    日本全国どこもまた大切な大切な地です
    ありがとうございました。
    2016年07月21日 06:53
  • suede

    ベクトルが中国を指してる様に感じます。日中首脳会談がポイントになるのでしょうか。。。
    2016年07月21日 02:39
  • 琵琶鯉

    こんばんわ、主様、更新ゆったり、まったりで結構です。皆様の投稿記事楽しく拝見しています。
     かかと様、琵琶鯉と申します。関西方面に住んでおりますと、都知事選挙はどうしてもTVとネットに頼らざるをえません。桜井さんの動画、小池百合子さんのTV報道、2チャンニュースがソースになりがちですが、改めてかかと様が小池百合子の演説を全文文字に起こして頂くと彼女の聡明さがよく解りますね。ありがとうございます。投票権のない私がいうのも何ですが、今回は小池百合子さんに是非とも当選して頂きたいですね。桜井さんについては、都議選に出て新しい政治団体をたちあげて、小池百合子さん共に帝都東京の再生に取り組んでいただきたいです。
    2016年07月20日 22:41
  • 特命希望

    主様の言われるとおり、国内外で非常に緊張が高まってきましたよね。信濃太郎様の「神州再生を願うブログ」にて、日本に対する危険な動き(特亜三国等)が紹介されておりますが、徒に不安・緊張を煽りたくはないので、ここに転載するのは控えさせていただきます。
    とにかく、産経新聞はじめ信頼できるメディアのニュースを注視する必要がありそうです。
    都民の皆様におかれましては、都政が最優先である事は当然でしょうが、東京が日本の中枢であるという意識を以て投票願えましたら幸いです。
    主様におかれましても、無理なさらずご自愛くださいませ。
    2016年07月20日 21:58
  • かかと

    マイペースで書いてくださいね
    産経記事からです

    【東京都知事選小池百合子氏演説詳報(19日)】<東京・表参道 午後2時半ごろ>
    「誰が何を決めているのかわからない、ドンが勝手なことをするような都議会ではだめだ」

    「表参道の皆さまこんにちは。たくさんお出ましいただき、暑いところお待ちをいただき本当にありがとうございます。東京都知事に立候補いたしております、小池百合子でございます。よろしくお願いを申し上げます。ありがとうございます。
    いつもカナリアのようにきれいな声なのですけれども、街頭演説を重ねるうちにしゃがれた声になってしまいました。なんだか桂銀淑みたいですけれども…

    さあ皆さん、東京都知事選、これから中盤へとさしかかる、いえいえ、まだ序盤戦でございます。でも、この東京都知事選、私が組織もなく政党もなく、ひとりでがけを飛び降りたつもりがどういうことでしょうか。東京中からお仲間がどんどん、どんどんご参加いただきその輪が広がっている。除名を覚悟した上で、自民党衆議院議員の若狭勝さん、最初から大きな役割を果たしていただいている。法律顧問もお願いしているところでございます。
    そして、地元の区議会議員、こちらも除名覚悟で私の選挙戦を支えていただいております。また、音喜多(駿)都議会議員など、無所属の今の都議会の現職議員も流れに参加していただき、非常にありがたく思うところでございます。ありがとうございます。
    何よりも、組織や政党に動員をお願いするまでもなく、たったひとつのSNS、フェイスブック、ツイッター、インスタグラムで時間と場所を知り、かつ、それぞれ緑のものを身につけて、ポイントグリーンでここに詰めかけてきていただいている。私のメッセージが皆さまにしっかり届いている。その証拠だ、証左だとそのように思います。それだけに感謝を申し上げます。ありがとうございます。

     都政も都知事も、政党の一部が決めるのではありません。組織のどこかが決めるのではございません。皆さま都民がお決めになるのであります。だからこそ、こうやって組織や政党関係なくご自分の意志で、ここは小池百合子だと、緑の何かを持って集まってくださっていること、私には感動以外の何ものでもありません。本当にありがとうございます。ありがとうございます。
    既に期日前投票にいきましたよ、という声をあちこちから聞いております。ありがとうございます。投票していただいてナンボの話でございます。お忘れなきよう、お願いいたします。
    先ほども、ようやく3人そろってテレビで議論をして参ったところでございます。私が申し上げたのは、やはり都政を見える化して、誰が何を、いつどこで決めているのかさっぱりわからない、そんな都議会のドン、ボスが勝手なことをするような都議会ではだめだ。知事として、しっかりと都政を透明化することをお約束し、東京大改革をうたっているところでございます。
    そのうえで、私、やはり皆さまの声をうかがって、女性が働きたいし子育てもしなければならない。働くのか子育てなのか、二者択一ではなくて、どっちもできるような東京をつくっていきたい。したがって、待機児童を解消していくということを今日も真っ先にテレビで申し上げたところでございますが、皆さんいかがでございましょうか。方策はいろいろあります。小池式の待機児童対策について若干お話をさせていただきたいと思います。

     まず、どれくらい待機児童っているのか。ざっくりと8000人と発表してきましたけれども、だいたいこれは増えているんですね。そして、8400人、8500人、こうやって議論をしている間にも増えているという現実であります。
    あれは杉並区だったでしょうか、公園をつぶして保育園を建てようとして猛反対にあったということで、いろいろな議論が巻き起こりました。つまり場所がないということなわけです。
    違うんです。場所はいっぱいあるんです。例えば新宿の市ケ谷で、廃校になった学校を、市ケ谷の高校でございますけれども、韓国人の学校にしようじゃないかと舛添さんが勝手に決めちゃっていたことがありましたよね。あそこだって、保育園と高齢者向け施設を両方合体する形で、施設を確保できると私はそのように思います。
    あっちで子供の声が聞こえてね、こっちでおじいちゃま、おばあちゃまがいろいろとご苦労重ねて来られた方々が、子供の泣き声が聞こえるのは、私はうるさいのではなくて、それが幸福なことだと思うんです。それによっておじいちゃまおばあちゃまが元気になるような、さまざまな調査もあるようでございます。
    国でやるとなると、幼稚園、保育所それぞれ局が違います。例えば、保育園の場合は児童福祉法に根ざしておりますので、こちらは児童福祉施設として厚生労働省が所管する。さらに幼稚園というのは学校教育法が根拠になりまして、そして所管するのが幼児施設、幼児教育ということで文部科学省が所管をする。
    これまでの流れでもって、子供が増える時期からお年寄りが増える時期へ、人口が右肩上がりの時代から、今の右肩下がりの時代では当然配分が違います。変わってきてしかるべきですが、役所っていうのはね、東京都も同じですけれども、いったん確保した権益というのは手放さないんですよ。時代の変遷で変わってきても、自分たちの縄張りは確保したがるんですよ。

     ですから、幼稚園も保育園もなかなか一緒になりにくいということで、民主党は「こども園」というのを作りましたけれども、しかしながら、よけい複雑にしてしまったというのが現状ではないかと思います。加えて、厚生労働省の老健局というまた別の部局が、このお年寄りの施設と一体とするのであれば、ここがですね、また別の権益をつれてこなければいけないというのでもうぐちゃぐちゃになるわけです。
    ところが東京都は、私がもし皆さまのお力で勝たせていただきましたならば、総理大臣の場合と知事の場合とで権限が違ってまいります。日本の首相の権限というのは閣議を主宰するということでございますが、私は行政のトップに明確になるわけであります。もっとも、議会の承認という大きなハードルが残ることはその通りでございます。

    いずれにしても私は意志を持って、お年寄りの施設とお子さんの施設と重なるような事務的なものはそれによって軽減をし、かつ、お年寄りの場合は例えば感染症の問題は、小さなお子さんに飛び火しますとそれは問題ですよね。
    そういったことをちゃんと目配りをしながら、都が所有している遊休地をもっと活用していくのがまず一案。そのためにすぐにでも都知事に当選いたしました暁には、補正予算などをうって具体的な策にさっそく取り組んで参りたいと考えております。

    もう一つの案がございます。介護士にしても保育士にしてもなかなか報酬が得られないということから、せっかくその資格を持っていても他のところにいってしまう方が多いことは皆さんご承知の通りですね。では、どれくらい報酬を上げたらいいのか。5万円なのか7万円なのかという議論が平べったく行われていますけれども、ここはもっと次元をかえて考えようではありませんか。
    私は豊島区の選出の国会議員でございました。豊島区の事情はとくによく分かっております。空き家問題っていうのはこの豊島区において起こっているもので、27万人の人口の中で、2万件を超える空き家、空き室があるんです。住宅の1割が空き家なんです。アパートにすれば6分の1の減免、税の減免があるんです。ここを、アパートではなくて保育施設にします。
    小規模保育施設という、十数人の子供さんを、十数人の保育士さんがシフトでお世話をするという話になるわけでございますけれども、保育士さんにせよ介護士さんにせよ、単に報酬のバックアップをするだけでなくて、お金で面倒をみるのではなくて、空き家という住居費の部分をお世話することによって、保育、介護の方々の待遇改善につなげようと思うのですが、皆さんどうでしょうか。いかがでございましょうか。
    クールビズのときもそうでした。役所に任せていたら平べったい、それぞれの権限を侵さないようなちまちまとした政策ができて、そして予算をつけるときもぶんどり合戦をして、その結果として予算は使ったけれども効果はあらわれなかった。残念ながら、そういう例は山ほどあるわけでございます。
    そして、私を都知事に選んでいただきますと、この待機児童問題を別の問題と合体させて、ハイブリッドで解決していく。空き家問題もひとつ片付く方法になりますし、介護士さん、保育士さんの生活も実際、現実的に待遇が改善されると考えるのですが、皆さまいかがお考えでしょうか。役人任せではだめなんですよ。

     時代の流れを読み、将来を見据え、特に2020年の東京五輪・パラリンピックをうまくやりましょう、予算をいくら削りましょうというだけでなくて、その後の東京を考えるのが今回の都知事選の大きなポイントではないかと、このように思っております。
    2020年を越えて、この東京が持続可能で、男性も女性も子供もお年寄りも障害を持った人たちも、一人ひとりが生き生きと暮らせて、自分のやりたいことができる。そして、それをサポートする人がいる。こんな東京を、これからも続けていきたいと思う人、手を挙げてください。ありがとうございます。
    ぜひ、小池百合子にお任せください。役人にはない発想力にご期待をください。あのクールビスが社会を変えたように、私、小池百合子が皆さんのために、皆さんとともに変えていきます。素晴らしい東京にして参ります。どうぞ、最後までご支援、そして皆さんの一票をよろしくお願い申し上げます。」

    ※一方 鳥越氏は公約も政策も提示せず、議論もうやむやにする、演説は僅か40秒で回数も僅か、芸能人を引き出し知名度作戦、このような人にも関わらず、小池氏とは競り合っているとの報道が目立ちます。
    鳥越氏は非常に狡猾・粘着強い、偽を正とする方
    彼は政策や公約について何かとすり抜けています。
    彼は意図的に政策を語らないのです。
    当選した時に、日本人の嫌う事を次々と行う為です
    神奈川と同じように議会も無視する魂胆でしょう

    「外国人参政権貸与・東京版ヘイト法成立・特亜の移民促進・韓国学校増設・オリンピック共同且つ韓国援助 等々
    彼の目的は東京を外国人の為の都市に作り変えること。
    国政を関わらせない独自の都市運営を目指ざす。」

    内が透けて見えます。非常に危険です。
    2016年07月20日 17:31
  • 芋瀬童子

     屋内を模様替えする時は家具を引きずり出して箒で掃除する。ゴキブリやゲジゲジ、ダンゴムシ、昔無くした箸の片割れ、紙屑、埃、あらゆるゴミが出て来る。畳の下に赤蛇が居た事もあった。昔、イエスさんが言った『隠されているもので明らかにならないものはない』。
     【誰か】がやって来て【日本間】の掃除を始めたのかもしれない。昔はDDTとクレゾールで殺虫と消毒をやった。それに相当するモノがまさに今、あるじゃありませんか。
    2016年07月20日 16:13
  • 大祐

    「無理をせず持続しながらひた押しが」国民活動参謀本部・余命三年時事日記並びに我ら国民の姿勢です。勇敢な実行部隊の桜井誠氏が現在都知事選挙で命懸けで奮闘されておられます。願わくば桜井氏の選挙後の安全が確保され、日本再生のために更なる活躍をされますことを強く祈念いたします。
    2016年07月20日 13:44
  • 神無月

    大和心様。

    状況お察し致します。
    実害を受けた主様ですから、余命様を中心に法的に反撃されるかわかりませんが、落ち着くまでご注意ください。

    端的ポイントだけでも更新いただければ充分です。
    日本再生に向け、微力ながら応援致します。

    削除可
    2016年07月20日 09:42

この記事へのトラックバック
モッピー!お金がたまるポイントサイト