64.参院選。「改憲勢力2/3」に踊らされてはならない。

11日の新聞メディアは、こぞって「改憲勢力2/3」を報じた。
一方、10日の開票速報を伝えるTVメディアは、安倍総理への中継インタビュ-で冒頭に投げかけた質問はこぞって「改憲、改憲」である。
私は疑問に思う。
「改憲勢力」とは、一体どのような勢力を言うのだろうかと。
どのメディアも「自民+公明+お維+日本の心+無所属の改憲派」を「改憲勢力」と一括りで定義づけているが、問題は゛どの条文をどのように…゛が問題である。
踊らされることは禁物である。
拙ブログではかねてから言ってきたことであるが、公明党は第9条改正には反対である。
外国人参政権推進政党で、かつて民主党の唱えたヘイトスピ-チ法案(現行の可決したヘイト法は骨抜きであるが)に共闘しようとした政党である。
与党の旨みを味わったこの政党は、第9条に触れると「加憲」という訳のわからないことを主張し、決して明言したことはない。誤魔化しながら与党の椅子に恋々としているのが実態である。
お維新はどうか、と言えば9条よりも地方主権である。近畿は改憲派が健闘したと言うことになっているが、何に対する改憲なのか…ということである。
そもそも憲法改正という時には第9条であり、これを抜きにして改正を唱える政党を個人的には「改憲勢力」と認めるわけにはいかない。
尖閣や北ミサイルの危機にさらされている現在、国防・安全保障…第9条こそが最優先、緊急、喫緊のテ-マである。「加憲」だの「地方主権」を掲げる政党を改憲勢力と言えるのか、ということである。
そこは、遠くの親戚より近くの他人…であろう。
都知事選出馬を辞退した9条改憲派で民進党の長島昭久氏は、次のような正論を述べている。

民進・長島昭久氏が「民共共闘」の批判炸裂! 「独立独歩の政権準備政党に」 党代表選での候補擁立にも含み

 民進党の長島昭久元防衛副大臣は11日、次期衆院選での同党と共産党との連携について「共闘を本当にやるべきなのか、おおいに疑問を持つ」と否定的な見解を示した。9月末の岡田克也代表の任期満了に伴う代表選に関しても、野党共闘の継続の可否が「有力な争点の一つになる」との認識を示した。東京都庁で記者団に語った。

長島氏は「これから参院選の総括が行われる。私たちも意見を言いながら、民進党が単なる万年野党ではなく、政権準備政党として独立独歩で立てる政党になるよう、力を尽くしたい」と強調した。

代表選での候補擁立の可能性についても「党がどうやって再生していくかという議論をしっかり深めた中で、おのずと決まってくる」と含みを持たせた。

http://www.sankei.com/politics/news/160711/plt1607110203-n1.html

拙ブログでは都知事候補に長島氏がふさわしい、と述べた。

異論はあるだろう。

だが、批判しかできないような野党はもうウンザリである。

岡田や枝野のように「安倍の時代には改憲反対」などと言っているこの野党第一党はふざけすぎている。

こんな民進党執行部に日本の未来を託せないのは当然だが、野党第一党は主義主張は違えども、国会の議論は゛国益゛について語られるのがあるべき姿であり、そうであるならば質疑の中身は格段に充実するであろう。

だが民進党の実態は、安倍憎し、の感情的な批判、揚げ足取り、審議妨害…等々国益ではなく売国のための議論を持ち込むために、いつまで経っても中身が熟成しない。

長島氏には一刻も早く民進党を離脱せよ、と何回もブログで取り上げてきたが、不毛な党改革に執着してきた。どうやら、自民党と対峙する健全な二大政党の実現に、今日まで果たせぬ夢゛をかけてきた様である。

(参考)

長島昭久の民主党批判。保守二大政党到来の兆しを読み、一刻も早く民主党を離脱せよ!  2015.0617

http://blogs.yahoo.co.jp/nagomi3878/40982014.html

憲法論議がいよいよ議論の俎上に上がりつつあるが、今秋の民進党代表選挙には長島昭久氏の出馬を促したい。
選挙区でダントツの100万票を突破した、名誉職に色気満々の蓮舫は、当然代表の座を狙うであろう。
都知事選不出馬はそのためであったはずである。
そして退潮著しい民進は、保身のために蓮舫の票にあやかって次期代表となるであろうが、売国体質が変わるはずもない。
敗因がわかっていない限り、改革は無理であり期待する術もない。
敗因は言うまでもなく「共産党化」であり、長島氏が都知事選を辞退した理由はそこにある。
蓮舫と長島氏は都知事選に出馬することはなかったが、理由が全く違っていたのである。
代表戦に敗れたら今度こそ党を割ればいい。
国家のために憲法議論を深める為には、メディアの言う「改憲勢力」ではなく、第9条について国防、安全保障を国益のために真摯に取り組む勢力こそが必要である。
売国思想に汚染された「偽・改憲勢力」が、100年に一度の厳粛な憲法議論に加わって歪められるならば、急ぐ必要はない。
日本を思い、国益優先のまともな野党であれば自民党と対峙することも厭(いと)わない。
むしろ、国会の議論が熟成するために歓迎したい。
最後に、参院選についてであるが、多くの読者各位同様、思いは複雑である。
比例という制度がある限り、今回政界から去るべき売国議員が当選することは仕方のないことである。
彼らを必要とする勢力が存在している限り、今後も起こりうることは否定できない。
だが、売国議員は自らがしてきたことが白日の下に晒される日が必ずやってくるだろう。
特亜の追いつめられた現状を考えれば、選挙で生き延びても安住できる場所ではないからだ。
売国政治家は、公安監視対象であり、外患罪予備軍であることを背負いながら生きていかなくてはならない。国民は監視しているのである。
安倍総理の逆襲が始まる。



この記事へのコメント

  • かかと

    オーナーの指摘はいつものごとく鋭いです。
    全くその通りだと思います。
    改憲派2/3といえど、真の日本国憲法を目指すのは僅かですね。
    「天皇の御発言『譲位』」となれば皇室典範はもとより法の見直しは必須となり、追い風になるのでしょうか

    参議院ですが、無所属の方が自民に入党し自民で単独過半数を得たとニュースで読みました。

    「木が良ければ、その実も良いとし、
    木が悪ければその実も悪いとしなさい。
    木の良し悪しはその結ぶ実でわかる。
    蝮の子らよ、貴方達は悪い人間であるのに
    どうして良いことが言えましょうか。
    人の口からは心に溢れていることが出てくるのである。
    良い人は、良い物を入れた倉から良い物を取り出し、
    悪い人は、悪い物を入れた倉から悪い物を取り出してくる。
    わたしはあなたがたに、こう言いましょう。
    人はその口にするあらゆる”careless word”について
    さばきの日には責任を問われる。
    あなたは自分の言葉によって義とされ
    自分の言葉によって罪あるものとされる マタイ12:33-37」

    ※つまり・・
    実をみればその人がわかる
    蔵の中身を見ればその人がわかる
    言葉を見ればその人がわかる

    ということで増田さんの「実・蔵・言葉」を調べてみました。
    ーーー増田寛也 東京都知事候補ーーー
    ・民団と総連などの合同式典にて
    「本件で就労された数多くの朝鮮半島の方々に耐えがたい苦しみとかなしみをもたらしたことに深い哀悼の意を表します。改めて過去の歴史を直視し正しくこれを後世に伝えながら国際親善、国際交流の一層の推進に努める」

    ・NHK籾井会長の「日本を貶める韓国の捏造慰安婦問題外交」との発言への痛烈批判
    「会長としてか個人としてか知らぬがあのような事を言っては行けない。目をそむけたくなる」
     
    ・政策として発言
    ・「日韓グリッド接続構造を掲げ、日本から韓国まで海底ケーブルを通じて、直流送電する構想を2015年から2020年までに目途をつけたい」
    ・「まず韓国とのコネクッション(接続)を一番急ぐべきだと考えている。地理的には韓国が一番近い」
    ・「日本はやはり、外からの動きで変わって行く面がある。だから韓国との話はできるだけ早く進めたい」

    ・岩手県知事任期中ににファーストクラスを5回利用したが今後は自粛すると発言

    ・増田知事の県外出張と海外出張の合計が105日と多いのに松添さんの湯河原通いへ
     「危機管理の点から問題で知事がすぐに登庁できない確率が高まる」と発言

    ・増田氏は「内輪の隠語」と謳いプロセスの不透明さを批判していた
    ・今回の増田氏擁立プロセスは開示されていない。増田氏自身が以前から嫌っている「内輪の隠語」そのものではないかとの批判がある
    ・「若い世代が政治が右傾化すること肯定的になっている」と指摘し「短絡的に飛びつくようね傾向にあり、危うさを感じる」と警鐘をならした。

    2014年5月28日
    ・「最終的には国全体の単位で、外国人の受け入れを促進するのがいいのではないか」
    ・「若い外国人にとって魅力的な環境を作って、外国人の受け入れで地域の活性化を図る方法が唯一の合理的な生き残り策」
    ・「差別するような制度を”伝統”だとして残すことは、倫理的にも勘違い」
    ・「結婚せずに子育て出来るような制度的な整備と社会的支援を大規模に行うべき」と人口政策を提案

    ・岩手県内企業の輸出は停滞し、県内主要港湾から輸出額がゼロの年があった
    ・3期目の後半に中国大連との交易が活発化させた
    ・競馬組合へ融資した
    ・馬券をソフトバンク(孫正義)に販売させる業務提携した

    ******************************
    増田さんを初めて見た時に朝鮮の方だと感じましたが、
    彼は帰化人でしょうか?

    発言は全て韓国目線
    国際親善、国際交流”とは特亜対象?
    真実を蹴り捏造を擁護
    真の日本人として目覚めようとする若者達を危険児扱い
    他人には厳しく自分には甘い
    場当たり的な”我田引水”
    韓国政府に歓迎されそうな人    

    以上 感想でした
    2016年07月17日 09:51
  • あお

    安倍晋三のように、メディアを牛耳りやらせ記者会見するモラルの低い人間のもとで、改憲しないというのはむしろまっとうな判断です。
    そもそも民進党も国会同意人事でミドルマンを選ばない相手と
    議論にも乗るべきではないですが、改憲論議がメディアの中心的な話題になったときに、露出がなくなるのを恐れてるんでしょうけど。
    2016年07月16日 00:10
  • ぱんだくま

    小池さんを応援したら除名するとの事ですが都連に権限があるのか疑問です
    改憲勢力で2/3確保し、これから議論が始まる大切な時に都連の都合だけで除名したら逆に内田や伸晃が更迭されるような気が…

    早速、自民党の区議が小池さんの応援に駆けつけたそうです
    もし昭恵さんが応援に来たら安倍総理が除名ですねw
    2016年07月14日 21:26
  • 大祐

    神無月様
    ご意見に同感です。理念と人材は素晴らしいが組織力のない日本のこころを大切にする党議員は、その志と能力を発揮するには平沼氏同様、自民党に入党するのが最善であり、その結果として日本のこころが十分に活かされると思います。因みに私は青山繁晴氏に投票しました。
    今回の参議院議員選挙では東北1人区が惨敗でしたが、原因は60代の野党への投票のためとの事。思うに60代70代は戦争体験知らずの、戦後GHQの日本人骨抜き洗脳教育の直接の落とし子であり、テレビ・新聞への全面信頼、3S政策どっぷり漬かりの世代ですから一番質が悪いかもしれません。(私もその末端に属します。)片や10代20代の若者はインターネットとその紙ベースの書籍により真実の情報を得て正しく判断している者が多いと思われます。2年半前から余命3年時事日記で徐々に覚醒して来た者としては、若者にその情熱と行動力を含め大いに期待しているところです。日本が非常事態になったとき我々は間に合いませんから。最早彼らの邪魔にならないようにするだけです、意見はしますが。
    2016年07月14日 16:46
  • 神無月

    大和心様。

    特命希望様
    日本のこころを大切にする党が増田寛也氏を推薦することを決めた事に違和感をお持ちになられたと思います。私、実は比例は中山成彬氏でした。実績、国家感はまさしく正保守。国会で慰安婦の強制連行が捏造であることを資料を提示し説明され、NHKの放映問題になった事はご記憶と思います。残念ながら落選となり悔しい思いです。

    日本のこころを大切にする党は、理念と人材は素晴らしいのですが小政党の厳しさで当選が難しい状況です。平沼氏が自民党に復党していることで、将来、自民党に入る可能性も有り得ます。そうなれば、参議院の議席も単独過半数になります。
    政治の世界は一寸先は闇と言われていますから、何があってもです。
    .
    2016年07月14日 02:02
  • 東京都民

    天皇陛下の報道は宮内庁次長により否定されました。
    日本の今後を左右するような報道を出したNHKは誤報というよりも何か恣意的なものを感じます。仮に天皇陛下の御意志であったとしてもNHKのリークで国民に知らされるべき内容ではありません。波羅様のコメントを見て、追い詰められた中国と小和田家が仕掛けたのか?と思いました。今はいろいろな悪事が表に出ることになっているんでしょうか。
    皆さまに不安視されている都知事選も自民都連が作った脅迫のような文書が表に出てきました。今、一番怒っているのは東京の安倍政権支持者だと思います。日本再生を目指す安倍総理を応援するために自民党を支持しているのに、その陰で自分たちの利益のための都政を行おうとする都連を許せないという思いです。また、ルール違反だったとはいえ、権力で既得権益を守る議員がいることを表に出し、都民のための都政を目標にする小池氏を支持する動きもあります。猪瀬氏の告発記事により自民都連と都議会の内情やドンと呼ばれる議員に苛め抜かれた都議の方の遺書と思われる内容が公開され、深い闇が白日の下にさらされました。その闇を知ると小池氏の行いは名誉欲、権力欲だけでできることではないと感じます。深い闇の既得権益者と戦う、まさに生きるか死ぬかの戦いかもしれません。その戦いが自分のためではなく都民のため国のためであると考えると参院選の青山さんの姿とダブります。青山さんは既得権益を嫌い、党の協力なしに国を思う国民の力だけで48万票を獲得しました。今の小池氏の状況はとても似ています。もし小池氏が同じような志で選挙戦を戦い、都民の心をつかむことができれば東京は変わっていくかもしれません。
    そして、それがなぜか神意のような感じがしてしまいます。裏に隠れていた悪事を表に出し、国民のために働く人がこれからの日本を担っていくことになっている、すでに決まっていることのような感じです。青山さんの時のように都民は気づけるのか気づけないのか、まさに分岐点に立っているのだと思います。ですが、私は1票しか持っていないので東京の今後を神社でお祈りしています。都民の選択を不安視されている方がいらっしゃったら「都民、どうか目覚めてくれ」と念じていただけないでしょうか。アホでダメで赤い都民も気づけるかもしれません。
    2016年07月14日 00:04
  • 波羅

    天皇陛下御譲位の件ですが、創価宮内庁は寝耳に水だったようです(笑)。
    これは都庁も宮内庁も大掃除が始まったと見ていいんでしょうか?

    譲位が皇室典範に無いということは、連中も想定外だったということです。
    普通に考えれば譲位される相手には条件がつけられます。
    これ、雅子妃と小和田家はアウトなんじゃ無いですかね?ついでに宮内庁職員の規約も追加されてアウトが一杯とか(笑)。
    創価宮内庁や創価外務省や売国奴福田康夫からすれば、雅子を皇太子に入内さえさせればそのまま皇后になれたはずが、譲位という新たな壁が生まれたのですから、「話が違う」ですよね。

    さて、野党4党が鳥越俊太郎を擁立し、宇都宮が立候補を取り下げ、連合が自主投票の呼びかけをしました。
    これで野党4党の本音は、増田だと判明しました。
    自民党都連+野党4党で増田を推してしまうと、都議会全部が反日だってバレるので、表向きの無能な捨て駒が必要だったのです。
    それがピエロ鳥越。
    見事に捨て駒を演じていますね(笑)。
    2016年07月13日 23:55
  • 神無月

    大和心様。

    本日は休みの為、コメントが多くなる事お許しください。
    天皇陛下が生前退位の意向を示されました。皇室典範には、天皇の退位に関する規定が無く、今後、法律の改正も含めた議論に繋がる可能性があるようです。
    憲法改正の本丸?、皇室典範の見直しに合わせた動きとも見えます。
    改正には数年かかるようで、改憲のスケジュールと同期します。
    .
    2016年07月13日 21:56
  • たつき

    選挙前後から上手く言い表せ無い感情で悶々としてたけど、皆さんの鋭いコメントを見ていてなんとなく掴めた気がします。
    今回の選挙は時代の転換期において、文字通り日本にとっての決定的な答えに繋げる事も可能ではあった。
    でもその期を逃してしまったのは、今回の選挙において問われるべき「国益」と「安全保障」という政治家にとっての真髄とも言える懸案をマスゴミが全力で誤魔化しにきて、ほとんどの国民が安易に流されてしまっていたから…。

    本来ならばこの数年間で世界中で異常なまでに深刻化している問題、様々な差別と対立・宗教問題・移民難民、そして日本にとっての対中であったり欧州の問題、米国の選択やら数多くの不確定事項への対策。
    これから歯止めの利かない事態に陥ることなんて容易に想像できるのだから、日本にとっての選択を真剣に考えなければならなかった・考えることができるはずの機会をむざむざと手放してしまった。
    簡単に「面倒臭い事を無かった事にしたい」という日本人らしいやり方で放り出しただけとも言えるけど、今後の時代における最重要課題について「多くの国民に向き合ってもらわれては都合が悪い」側に良い様に操られただけであったのなら。
    もしも今年中に世界で何か決定的な事件が起きて、世界の考え方自体を揺るがすような事態になっても、多くの国々が国民のため国益のために対策を立て必死に解決しようと努力していたとしても、おそらく今の日本では同じように動く事すらままならなくなる、何故なら日本の国益を阻害する為だけの勢力が厚かましくものさばっているから。
    数を握り絶対的な優勢に持ち込めていても、結局のところ有ること無いこと囃し立てては妨害工作をひたすら繰り返し、隙あらば自己の利益と保身のために出しゃばり始める。

    …やっぱり今回の選挙では国益や安全保障、予測されうる社会問題に対して争点を当てて、反日野党とマスゴミに対して厳しく問い立てて、日本における問題点を一回きちんと洗い出して見つめ直すべきだった。
    そうすれば日本の国益に見合わない勢力を際立たせ、本当に日本にとって必要になる選択を国民のそれぞれが思い知り向き合うきっかけにだってできる。
    仮にそこまで行ければ日本中に巣食ってきた反日勢力は根絶やしにされ、過去から振り返って何もかもを暴きだされて、日本の再生と共に連中は地獄を味わう事になってもおかしくは無い。
    だからこそのマスゴミの悪足掻きであり、反日勢力が手も足も出ずに完勝すら見込めるはずの選挙での失策・不振に思えるような結果でもある。

    だらだらと考えているうちに、「もし仮に日本にとって致命的な事態に陥る事になったとしたら、次に国民全体が問題に向き合える機会っていつだ?」…と考えるとぞっとしました。
    ある意味先を見据えた選挙の取り組み方が出来ない限り、いつまでたっても日本の政治はお粗末なままだし、諸々の状況を見越して衆参同時選挙を狙わないという選択をしていた安倍政権も流石なんだなあ…と実感しました。
    2016年07月13日 21:52
  • 波羅

    中国がハーグ裁判の対フィリピン判決に対して何故か日本大使を呼びつけて猛抗議してる。
    間違いなくハーグの小和田恒やその娘や外務省に中国の手が回ってる。

    陛下はこのタイミングで御譲位の意向を発表し、先手を打たれた。
    御身を以て日本を護ろうとしておられる。
    この中で全都民は全国民から首都の民としての資格と価値を迫られてる。

    安倍総理だけで無く天皇陛下の御心まで患わせる東京都民(都議会も含む)は、事の重大さが全く分かってないようだが、周り中を見下す京都市民と同じ病だから無理も無いか。
    この状況で、糞みたいな都知事を選べば全国民の怒りを買い、首都剥奪と遷都も避けられない。
    2016年07月13日 20:17
  • 特命希望

    都知事選に関しては、各党派の思惑が交錯しまくり、混沌とした魑魅魍魎が跋扈する世界に見えてきました。
    このようなニュースを目にすると、もはや訳が分かりません。
    恐らく日本の心の党は、自民党に迎合したいのかとも思いますが・・・
    引用開始
    >日本のこころを大切にする党は13日の議員総会で、14日告示の東京都知事選に立候補する元総務相の増田寛也氏を推薦することを決めた。
    引用ここまで。
    まあ、ソースが共同通信というのはアレですが、とりあえず事実でしょう。
    自分は都民ではないので好きにやってれば、というのが私の本音です。
    ただ、神無月様と宮崎の愛国爺さまのコメントは大変勉強になりました。
    2016年07月13日 19:07
  • 神無月

    大和心様。

    連投、失礼いたします。
    小池女史が何故、不利な先出しジャンケンをしたのか?に気づきました。
    小池女史の戦いは、既得権益を破壊することです。故に、公約は都連と都議会の闇(ブラックボックス)を公にし、付随する五輪の莫大な利権、都職員の姑息な利権等を追求することになります。

    先出しジャンケンが必要だったのは、共産党などに既得権益の追求を先に出されてしまうと、二番煎じの印象となりインパクトが無くなってしまうからだと思います。

    昼の番組で、候補4名が公約や質問に答えていましたが、何故か他の3候補も小池女史と近い考えで都議会の問題を追及するとか、第三者委員会を造るとか言っていました。
    まさに、小池女史の術中に嵌まった状況です。
    都議会側の候補が都議会の問題を追及する? そうです。
    しかし、二番煎じは見え見えで受け答えもぎこちない印象でした。

    トップバッターが発した「都議会を冒頭解散します!」の言葉は、強烈なイメージを有権者に植え付けました。統一にこだわりすぎた野党の答えは、悲壮です。

    個人的に桜井誠氏は好きな方です。選挙では在日特権問題をぶち上げてくれると期待していますが、当選はさすがに無理でしょう。

    可能ならば選挙戦終了間際に「僕の票は、小池百合子さんへ投票してください!」と言っていてだければと思います。
    その一言で、桜井誠の知名度は全国区になり、潔さに好感度は上がると思います。桜井氏の票が上乗せされれば分裂選挙も充分戦えます。

    最後は、妄想でした m(_ _)m
    2016年07月13日 16:10
  • 神無月

    大和心様。

    今回の参議院選挙は選挙システムの問題が表に出た感じです。
    内記正時様の「多数決が悪多数決になるわけが何故にわからんのぢゃ。投票で代表を出すとほとんどが悪人か狂人であるぞ。世界が狂い、悪となり、人民も同様となっているから、その人民の多くが選べば選ぶほど、ますます混乱してくるのであるぞ」(日月神示「月光の巻」第七帖)」の悪い部分が選挙システムの問題になります。

    主様の言われた、比例や小選挙区のやり方が、国民の意思表示ではなく、党や政治家の延命システムになっていることは、以前から指摘されていましたが、覚醒者が増えてきた現在は違和感を覚える方も増えてきたと思います。18歳からの投票で若者が感じたことは、良いと思う人が落選し、悪い人が当選する現実ではないでしょうか。ましてや、外国人参政権など論外です。

    小池百合子氏を応援したら「親族含め党除名対象」!!自民都連が文書で警告 石原伸晃会長らが所属議員を引き締めとのことで、皆様も見て、あきれたと思います。

    小池女史に塩を送ってどうするの? 心配なら、小池女史を除名すれば良いのに何故?

    都議連の狼狽ぶりが透けて見えます。小池女史の最新の公約も今朝は見られましたが、今は消されています。確か4,5つ有りましたが記憶に有るのは、「都連と都議会の闇を暴く。五輪利権を徹底的に追求する。知事報酬を下げる」の様な内容だったと思います。

    NHKでは「東京オリンピック・パラリンピックの予算を適正な規模に抑えるとともに、都知事の報酬を削減し、都政の透明化に取り組むなどとしています。」との内容です。

    舛添問題から都政に疑惑を抱く都民にとって、小池女史の公約は魅力の有る物に映ります。これで戦われたら、他の候補は・・・
    安倍政権全部反対の鳥越では話になりません。

    石原伸晃氏を愚と見るか、策士と見るか?
    あまりにも、愚かすぎて芝居がかって見えます。いくら何でもそこまでするか? と思ってしまいます。

    策士側なら、愚かと見せかけて裏で小池女史、官邸の意向に従い、極悪を表に出し退治する為の手助けをしているようにも見えます。

    猪瀬氏も、森に潰されたようですから、そのあたりがターゲットでしょうか?
    2016年07月13日 12:43
  • 宮崎の愛国爺

    参院選の結果は、予想通りでした。
    圧勝とは言えないが、確かな勝利でした。
    参院選は盛り上がらず、争点ぼかしの戦略は結局自民党としては、これでよしの結果に落ち着いたかと…
    マスゴミは選挙後、盛んに改憲派2/3の論点ばかりに目を向けていましたが、当初より安倍総理はそんなこと争点にしていませんでした。
    前面に打ち出しても、選挙前にマスゴミに無茶苦茶にされることを理解していたからですね。
    もともと公明との連立、改憲なんて大々的に言える筈ありません。
    公明が首を差し出した後でない限り、選挙前に改憲だ〜なんて言う筈ありません。
    でも選挙後、世間には、公明党の存在関係なしに、改憲勢力2/3という嘘を真実かのように宣伝してくれました。
    安倍さんにとっては、笑いが止まらないでしょう。
    これで、憲法審査会で議論することに歯止めはなくなりましたからね。

    さて、都知事選ですが、いよいよ自民都連の阿保さが際立ってきましたね。
    脅迫文まで作りましたか…
    ここまで晒け出されたら、選挙結果に拘らず、責任追及されるでしょう。
    国民の声は官邸に届いています。

    最初から、都連に喧嘩を仕掛けていた小池氏ですが、義憤の為に単独で動いたとはやはりどうしても考えられません。
    おそらく、小池氏の自分自身の現状打破欲を利用した影の勢力が背中を思い切り押したとするのが妥当でしょう。
    その勢力は、都連の恥部、闇を知り尽くしていたわけで、
    小池氏が真っ当な手続きを踏まなかった理由は、最初から都連を敵視していた証左でしょう。
    形だけの推薦願の提出、回収は、当初からのシナリオだと思います。
    単に都知事の椅子を狙いに行ったのなら、あんなシナリオを描く筈ありません。
    水間氏が小池氏のバック、もしくは強力な応援者として存在していることだけは確認できますが、彼が担ぎ出した勢力側の一員なのか、そして担ぎ出した勢力は、果たして義憤故なのか、或いは利権強奪狙いなのか、それも今のところわかりません。
    ただ小池氏は孤独な義憤女子である筈はないと言えるだけです。
    都連が民進党も擁立を考えていた増田氏をねじ込んできたところに、利権の深さ重さが推測できます。
    舛添氏があれほど媚韓を進めるに憚らなかったことを考えると、利権勢力と歩調を合わせていたに違いありません。

    結局、民進党は支那傀儡の老害を立ててきましたが、自民都連と同じく都民の為の政治には全く関心がないということが、よくわかります。
    こちらは、自民党の混乱に乗じて、違う利権(支那擁護)を企んだ結果なのか、もしくは、老害の勘違い国政主張で自民VS野党連合の構図を都知事選に持ち込んで勝ちたいと言う浅はかな企みでしょう。
    真っ当な政治など鼻から考えていない連中が右往左往しているだけの政治システムに、都民はいつ目覚めてくれるのでしょうか?

    小池氏のこれまでの政治活動をうんぬんと申される方がたくさんいらっしゃいますが、今となっては、彼女の腹の中とは関係なく、背後の勢力がどのような着地点を考えているかは別として、蠢く利権の構造をぶち壊しに掛かっていることは事実だと思います。
    真っ当主張で行けば、桜井氏一択なのでしょうが、現実路線としては足を引っ張る存在にしかなれない気がします。
    組織的保守側の票がばらけてしまう状況の中で、意識が高いとは言えない都民のノンポリ層を味方につける戦略を小池氏は徹底的に考え抜いて欲しいと思います。
    舛添氏と都連の横暴を知り得る限り開示し、ぶち壊します、不正追及しますという主張戦術しかないでしょう。
    桜井氏の主張は真っ当でも、残念ながら重みが違ってきます。
    本来ならば、諸手を挙げて桜井氏を推したい気持ちですが、時期尚早の感は否めません。
    ここは、日本の首都東京を売国勢力から取り戻すことを優先的に考えて、小池氏選択止む無しと考えるべきではないかと…
    都民ではない私があれこれ考えても仕方ないのですが…
    2016年07月13日 11:01
  • 芋瀬童子

     いつも外した意見ばかりで恐縮です。
    今回の参議院選、近日の都知事選挙に関してネットで見た諸情報を考えるに、今の日本人は”神聖な物事、存在”に対する恐れを忘れたのか?支那・朝鮮のレベルに堕ちて世界には”冒すべからざる何かがあるかもしれない!”との恐怖を忘れたのか?と思う。政治の政は神祀りである。
     ”人智では量り難い冒すべからざる存在乃至は力”に対して己の分を弁えることを忘れた者共が安倍死ねとか安倍政治を許さないとかの言辞を弄んで【保身に汲々】としながら実際は日本の産土の神に唾している。
     旧約聖書に”私は妬む神である”との言葉がある。この意味は”法則を破るものは法則に報復される”ということである。例えば重力の法則を無視すれば転落して死ぬ、即ち法則の報復”妬み”に遭う。不適の者が分を忘れて増上慢に手を上げればやがてマスゾエのように墓穴に墜ちる。慢心者がまた都知事に名乗り出た、不愉快であると同時に天はこのようにして自滅させるのか、とも思った。
     最近元寇について読んでみた。”偶然”と、よく調べもせずに思い込んでいるようだが、元と朝鮮の兵は防風林から中には一歩も入れぬままに二度とも【何かわけのわからぬもの】に散々に痛め付けられて逃亡した。織豊時代も幕末もキリスト教世界は日本を食邑化出来なかった。世界で日本だけに失敗して逆に日本のせいで既得権益を失って今、EUは喘いでいる。
     このような事柄を吟味すれば【何か冒しがたい存在】が日本の背後に居る!と普通は思う。居ないと言い張る事は聖書の言い方を借りれば【神霊に言い逆らうモノ】に人格全体を乗っ取られているのだ。居るのではないか?と感じるだけでいい、その程度でも人の生き方は違う次元に昇るのだ。
     憲法論議をどのようになさるか総理の心中察し難し。しかし、この論議が【日本人を分別する罠】であると私は考えている。同論議の過程で性急に或は切羽詰まって奔り出て自滅する者、枯死する者等居ると思う。天網恢恢疎にして漏らさず、神慮侮りがたし・・聖書を読んで少なくともそのような恐れは持つようになった。妄言無駄話恐縮深謝。
    2016年07月12日 22:01
  • 武士道 大和 天原

    最近一つ一つが歴史の教科書の太字になるような出来事が起こりに起こっています。
    マイナンバー一部運用開始、安保関連法施行、G7、イギリスEU離脱、参議院選挙、そして本日の中国の世界敵国認定。報道されない反日在日の地獄も多々ありますね。

    すべてに共通するは
    「既存の戦後国内外秩序の崩壊と根本的再編」
    「反日在日からの日本の奪還と皇國再生」

    このまま進めば日本は世界に誇れる最強国になるでしょう。




    すなわち
    「戦後レジームからの脱却」
    「美しい国へ」
    「日本を取り戻す」
    「新しい国へ(某A氏の書籍名)」
    「この道を。力強く、前に。」

    あれどこかで聞いたことがあるぞ?
    2016年07月12日 20:25
  • にゅう

    7月10日(日)付 産経新聞大阪版(泉州)より

    投票用紙8万枚を誤廃棄
    大阪府泉大津市と市選挙管理委員会は9日、10日投開票される参院選の投票用紙8万3760枚を誤って廃棄処分したと発表した。4万1880人分の大阪選挙区と比例代表の投票用紙で、市職員が誤って保存期間が過ぎた書類とともに廃棄していた。府選管などから予備の投票用紙約8万枚を調達したため、投票に支障はないという。
    市選管は6月9日に府選管から投票用紙の交付を受け、市役所で投票所別にする仕分け作業を実施。10日、段ボール箱に入れて、市民課の金庫に保存していた。ところが、市民課職員が今月1日、金庫内にあった保存期間が過ぎたほかの書類とともに取り出し、大阪府和泉市内のゴミ処理場で焼却処分した。
    市選管職員が9日朝、金庫を開け、投票用紙がないことに気付いた。市選管は市民課に投票用紙に注意するように求めていたという。
    2016年07月12日 19:51
  • 竹遠

    選挙後の憲法改正論がかしましいですが、先だっての日本再生大和の会の立ち上げ宣言などを見ても、有事有りきの備えとしか思えません。
    とすれば、現憲法破棄の新憲法制定の道筋が見えてきます。
    以前、余命ブログに採用された持論を以下に引用します。

    与党側が三分の二議席をとり条件が整
    ったとしても、ハードルの低い条文の
    改正だけでどれだけの議論と時間がか
    かることでしょう。ましてや九条まで辿り着くのに何年かかることか。

    だからと言って憲法はどうでもよいと
    思っているわけではありません。憲法
    とは人間で言うところの思想信条であり哲学であり生き方とも言えます。アイデンティティーでもあるでしょう。国家にとっては背骨であると認識しています。背骨のない軟体動物のような国が今の日本。悲しいかなわが国の憲法はアメリカに占領された民へかせられた占領民服務規定のようなものです。
    本来ならばサンフランシスコ講和条約成立時に破棄しておかねばならなかったもの。占領民洗脳プログラム(WGIP)がよく効いたのか、今に至ってそのままです。
    これは例えるなら囚人が刑を終えて刑務所から出ても、囚人服務規定を守って生きているようなものです。全く間抜けな話だ。

    であるならば、国内も国際情勢もいつ有事があっておかしくないこの時節有事を待ち望むわけではないが、どんな形でも有事にさえなれば反日日本人、在日掃除のあと国防に目覚めた国民が右に大振れするでしょう。
    そのときこそ現憲法破棄の大チャンスがやってきます。自主憲法を持てる瞬間的なたった一度の大チャンスです。
    安倍総理に見逃しはないはず。

    引用終り

    オランダ、ハーグにて南シナ海問題の判決が出ましたね。中国の主張は否定された模様。中国が公式にこの判決を認めないと言ったら、オバマは決断するかもしれません。米中開戦はこの週末にかけて非常に可能性が高いと見ています。
    2016年07月12日 18:35
  • パイプの煙

    大和心さん、主様が仰るとおり今回の参院選の結果は多くの覚醒した日本人がモヤモヤとした気持ちで受け止めたと思います。私も別のブログで「柔道で言えば、一本勝ちでなく、技ありでもなく、辛うじて優勢勝ちって感じです。まぁ勝ちは勝ちなんですが、消化不良って気がします。」とコメントさせて頂きました。
    何より不快なのは、従来であれば正面切って安倍批判をぶち上げるマスゴミが、今回に限って何故か総出で与党・改憲派が 2/3 を占める事が確実になったと一昔前の褒め殺し作戦。これで有権者に与党が絶対的に優勢なら私ぐらい行かなくても大丈夫と思わせて投票率下げを画策したのではと思われる点です。
    それと開票速報で終盤までは20議席辺りで足踏みしていた民進党が気がつけば怒涛の追い上げで32議席確保…。改選前に比べれば大幅減ですが、自民単独で 2/3 を取る最大のチャンスが潰れたのは何とも残念でした。
    共産党の6議席は過去の選挙での大幅議席増を今回もと夢見てたが、東日本や熊本大震災での自衛隊の活躍に対する民意を無視し、防衛省への予算は自衛隊の人殺し予算などと妄言を吐きフルブレーキ状態で予想通りでしたが、民進党の終盤での異常な議席獲得に愕然とすると同時に大阪府泉大津市での8万枚を超える投票用紙紛失が接戦の選挙区に密かに運び込まれて悪用されたのではとの疑念を拭えません。
    また参院選の最中にも係わらず、桜井パパが都知事選に出馬か、小池氏の先出しジャンケンの乱と売国増田氏を自民都連が擁立で自民分裂選挙か、蓮舫出馬か、挙げ句の果てに石田純一参戦か等々、有権者に必要ない情報の垂れ流しに必死でした。有権者の目眩ましの裏側で、ありとあらゆる手を使って投票率下げや、今までにない新たな不正な手口でのあらゆる選挙妨害が行われたのではと思われます。
    ただ、今回の参院選と今月の都知事選挙では今までになく焦った在日・反日勢力の炙り出しが進み、本日の南シナ海での国際仲裁裁判所の判決如何では中国の暴発も視野に入り、状況次第では国内における除鮮が進み年内に大きな動きが起きるのではと期待しています。日月神示が示す悪の多数決が敗れ、神意による正しい多数決により美しい大和心に満ちた日本を取り戻せる日が一日も早く訪れる事を心待ちにしています。
    2016年07月12日 16:56
  • 神無月

    大和心様。

    主様の言われるとおり、改憲派の思惑はそれぞれで護国とは別の思想もあります。
    池上彰の質問に総理は「前文から全てを含めて変えたい」と言われました。この意味は、9条も改憲の一部であることを物語っています。

    安保法が改正されたことで、取り敢えず防衛の問題はクリアされましたから、急いで9条を変える必要は無くなった様です。総理は時間をかけて議論し、国民の憲法への意識を高める何かを起こすと思います。それは、国民に1条ごとに考えさせることで意識参加させると同時に、外患勢力の表面化を促します。

    日本を取り戻す為の大きな課題は「皇室のあり方」だと思っています。9条以上に天皇のお立場を取り戻すことが日本が世界の日本になる必然かと思います。

    改憲に向け動き出す条件は整いました。主様の言われる、各党内分裂も有りでしょうから、政党政治の終焉にもつながるきっかけとも感じます。
    2016年07月12日 08:39
  • 波羅

    保守東北惨敗の理由は、60代だそうです。
    いわゆる戦後生まれゴネ得世代です。
    原発補助金しかり、農業補助金しかり。
    戦後教育ど真ん中で新聞やテレビに洗脳されやすく、様々な利権の旨味が忘れられず人口も多い為、自民党を支持する若い世代の意志が選挙結果に反映しなかったようです。
    こういう年寄りの特徴は、保守ブログで良く話題になるいわゆる反日左翼的な確信犯と違い、自分たちこそ保守(既得権益を保守する意味において)だと思ってる点なので、外患対象ですら無い厄介な存在です。

    私の地元でも、地方議員の平均年齢が60〜70なのが大問題になってました。
    彼らも、都議会問題が全国の地方議会に飛び火し自分たちにも及ぶとは夢にも思ってないでしょうが。

    しかしこの一ヶ月で、安倍総理が地方議会大掃除にまで手を突っ込むとはさすがに予想外でした。
    「念ずれば叶う」とは申しますが、多くの意思の集合体が様々な事象を起こす原動力になっています。
    おそらく政界渡り鳥の小池百合子にはそれが見えるのでしょう。でなければ水間政憲氏をブレーンにするなどあり得ません。
    2016年07月12日 06:21
  • 特命希望

    おはようございます。
    前回の拙投稿でも書かせていただきましたが、主様の言われるとおり、いくら3分の2を確保しても、公明・大阪維新・無所属の改憲派が本当に国益にかなう改正を目指すのか。
    公明は、創価学会の跡目争いに官邸が乗じて弱体化を図っているような話も紹介させていただきましたが、特に9条関係に関しては、信が置けないでしょうね。
    大阪維新に至っては、大阪市のヘイトスピーチ規制条例を成立させた連中です。
    これらの輩と共に改憲を目指しても、同床異夢に終わってしまうことは目に見えています。
    なので、急いでおかしな代物ができるくらいならまだ時間をかけてもいいと思われます。
    安倍総理は、国民の大多数が覚醒することを待っているのではないでしょうか。
    都知事選に関しては、また後日愚見を述べさせていただきたいと思います。
    未だ猛暑が続く日々です。主様も読者の皆様も、ご自愛くださいませ。
    2016年07月12日 06:12

この記事へのトラックバック
モッピー!お金がたまるポイントサイト