63.参院選。審判されるのは果たして安倍総理なのか?

朝日新聞は早朝6時台に発信した、本日の参院選記事において「憲法・アベノミクスに審判」というヘッドラインを打った。
これは民進党の代弁であることがよくわかる。

本日の投票に先立ち、゛審判されるのは安倍総理だ゛、という印象操作を行いたいようだ。
期日前投票は1320万という過去最高を示したが、この大半は支持確定票である。
浮動票や決断を迷う有権者の多くは、当日投票者に混在していると考えれば、朝日は投票に足を運ぶ前に一票でも多くの反・安倍票を取り込みたい意図が覗われる。

記事中では、選挙期間中の岡田民進党代表と志位共産党委員長の訴えを取り上げ、次のように報じている。

「選挙期間中、首相は街頭演説ではまったく憲法改正を語ってこなかった。民進党の岡田克也代表は9日、横浜市の街頭演説で「(首相が)憲法に触れなくても3分の2をとったら、必ずやってくる。憲法と平和主義が変えられてしまう」と訴えた。共産党の志位和夫委員長も9日、さいたま市で「首相は憲法のことをいっさい語らずに選挙戦をやり過ごそうとしている。首相の改憲の本丸は、9条を壊すことだ」と批判した。」

安保法を撤廃に追い込みたい民共は、安倍総理が憲法改正を争点にしなかったことがご不満だったようであり、恨み節にも聞こえる。

通常党首が公言する勝敗ラインというのは、自党の獲得議席を示すものである。
ところが、岡田は大幅退潮を恐れたのか「改憲勢力に2/3議席を与えないこと」という珍しい勝敗ラインで闘い、最後まで自党の勝敗ライン…獲得議席は公言しなかった。

更に地元三重県では、ここで落とした場合は代表を降りる、などと演説したが、民進党が惨敗した場合のことには言及していない。ここまで来ると、子供が駄々をこねている次元である。

多くの方々がこのブログ記事を読まれる本日の夜になれば、大勢は判明しているものと思われるが、本来審判されるべきは安倍総理ではなく、中韓傀儡反日政党の存在意義への審判が本筋であろう。

憲法・アベノミクスに審判 参院選、未明にかけ大勢判明

 第24回参議院選挙が10日投開票される。安倍政権が継続を訴えるアベノミクスの是非や、自民党など憲法改正に前向きな政党が国会発議に必要な3分の2の議席を確保するかどうかが焦点となる。各党党首は選挙戦最終日の9日、各地で最後の訴えをした。10日深夜から11日未明にかけて大勢が判明する。

 今回は定数242議席のうち、半数の121議席(選挙区73、比例区48)が改選される。今回の参院選から国政選挙では初めて18歳以上が投票できる。

 与党は経済政策を最大の争点と位置づけ、アベノミクスをさらに推し進めることで景気はよくなると主張。安倍晋三首相(自民党総裁)は9日、東京都内の街頭演説で「アベノミクスは失敗していないが、道半ば。この道をしっかりと力強く前に進んでいく」と訴えた。連立を組む公明党の山口那津男代表も、兵庫県西宮市で「我々の経済再生の取り組みをいかし、無年金(解消)を実現したい」とアピールした。

 これに対し、野党はアベノミクスで潤うのは大企業や富裕層だけだと批判し、社会保障などをより重視すべきだと反論。さらに民進、共産、社民、生活の党と山本太郎となかまたちの野党4党は、改憲に前向きな政党による3分の2議席阻止を目標に掲げ、全国32の1人区すべてで候補者を一本化して対抗してきた。

 自民、公明両党におおさか維新の会と日本のこころを大切にする党を加えた4党が今回78議席を獲得すれば、非改選の議席を加えて参院定数の3分の2を超える162議席を占める。すでに衆院は自公で3分の2議席があり、憲法改正の発議も可能となる。

 選挙期間中、首相は街頭演説ではまったく憲法改正を語ってこなかった。民進党の岡田克也代表は9日、横浜市の街頭演説で「(首相が)憲法に触れなくても3分の2をとったら、必ずやってくる。憲法と平和主義が変えられてしまう」と訴えた。共産党の志位和夫委員長も9日、さいたま市で「首相は憲法のことをいっさい語らずに選挙戦をやり過ごそうとしている。首相の改憲の本丸は、9条を壊すことだ」と批判した。

http://news.goo.ne.jp/article/asahi/politics/elex/ASJ7956RTJ79ULFA005.html


一方安倍総理は、改憲を争点にしないばかりか、改憲勢力2/3など一言も口にしていない。

選挙演説で強調したのは、「民進党の共産党化」である。


゛あなたはこの国を、日本人の手で日本を取り戻したいのか、それとも日本乗っ取りを画策する中韓傀儡反日政党政権に戻したいのか ゛と有権者に問いかけているのである。


民共連合は、安倍総理が争点を改憲におけば「戦争」というキ—ワ—ドで国民の不安を煽り、シナリオ通りの選挙戦に持ち込めると意気込んでいたのであろうが、「人殺し予算」で世論を敵に回す結果となってしまった。


日本再生勢力と中韓傀儡反日勢力の識別選挙結果は、数時間後に大勢が判明する。

後者が退潮すれば、改憲(自主憲法創設)は安倍総理のフリ-ハンドになるだけでなく、沖縄問題などを含む反日勢力一括処理も、いよいよ視界に入ってくることになるだろう。

戦後の選挙史に刻まれる参院選の結果は、間もなく判明する。



芋瀬童子様からお寄せいただいたコメントをご紹介します。

価値観の転換が進みつつある現下国際社会の現状にあって、読者の皆様に転換後の展望についてご意見を伺いたいとのご意見を承っております。


この件については、稿を改めて拙ブログでも言及したいと考えておりますが、読者の皆様の忌憚ない見解をお寄せいただきたいと思います。


尚、過分な評価を頂き大変恐縮しております。


芋瀬童子

『あれから一年』、高揚感があって保守系と思しきブログを読み漁りコメントも書いてみた。
時経つ内に疑問符が立つようになった。
正論と思しき中に微量のマムシ毒、ハブ毒、トリカブト等が混入している!と思われるもの、己の知験、調査力、洞察力を披歴するが如きもの、方向は日本再生を向いているようだが誰彼と俎上に上げて揚げ足を取る、貶す、もの・・。こうして渉猟範囲は狭まり今は本ブログと余命ブログ、他2,3目を通すだけになってしまった。正論であっても余りに微に入り細に亘り冗長な文章は途中で投げたくもなる。
 この辺りが難しいところだろう、簡潔に読者の心臓を捕まえ要点は網羅する文章力も必要だろう。戦前の政治家には演説の上手い人が居た。

 私は本ブログは素晴らしいと思う。忌憚なく言える、守るべき一線は守られている。登るべき山の頂上を見据え、足元の踏み分け道に気を取られたり同行者の歩みを云々するの愚は避けなければなるまい。而して遠からず新世界新時代の展望についてもブログ主殿のみならず読者のお考えも聞いてみたい。選挙、議会制民主主義、もしかしたら貨幣経済も終わるかもしれないのだ。財布の中味は働きに対する評価の政府保証書のようなものである。そこに今やカードが参入しつつある。自分の働きを何とでも交換できる便利さはあるがこの世界から利権等の負の成果も出て来た。

 もし日本神界がその代表部を通じて我々の働きの成果を貨幣やカードの手続きなしに欲する形で引き出す事を保証するとしたら世の中は回らなくなるだろうか?『公』の観念を持つ日本人の社会では廻るのではないか?と思うのだ。生業、義務としての仕事や勤務、本来の自分を死んで生きなければならない世はでなく、自己実現としての労働を神界に捧げる事によって『あなたは園のどの樹から取って食べてもよい』と言われた世界が立ちあらわれるような気もしている。噴飯愚見戯言深謝ご容赦!

2016年07月10日 09:58





この記事へのコメント

  • かかと

    民共軍団は、明けても暮れても「憲法9条が~」と日本全国津々浦々に宣伝しまくっていたのですから知らない日本人はいないでしょう。

    国民と安倍自民は暗黙の了解です
    総理は憲法問題よりも何よりも、日本人の安全に深く関わる大切な情報を優先して訴えていたと思います。
    それが今、一番大事な事だと思います。
    敵は本能寺、焼き討ちされないように今が大事なとき

    ー怒涛の参院選が終わってー

    北陸三県が熱かった
    みなおしました北陸
    新幹線に乗って北陸へ行きたくなりました

    とりあえず書きかけの選管トラブルを完成しようかな

    「投票用紙誤配布」
    大分県 佐伯市・・・8人 

    大 阪 和泉市・・・92人
    大 阪 箕面市・・・5人
    兵庫県 西宮市・・・*人
    兵庫県 潮来市・・・2人
    兵庫県 宍粟両市・・*人
    奈良県 桜井市・・・12人
    愛媛県 上 島・・・20人

    群馬県 太田市・・・3人
    神奈川 横浜市・・・15人
    埼玉県 松伏町・・・11人
    埼玉県 飯能市・・・28人

    岐阜県 羽島市・・・31人
    長野県 須坂市・・・15人(7?)

    山形県 河北町・・・1人
    青森県 〇〇〇・・・24人
    青森県 野辺地町・・5人
    青森県 五所川原市・7人
    北海道

    ※ 大阪 泉大津市・・・投票用紙を8万3760枚廃棄処分
    ※ 全国19市町で236人 全国市町193人誤配布で無効となる
    ※ 天草市、福島県・・・投票者数より票が多い
    ※ 磐田市・・9票多い
    ※ 静岡市葵区・・選挙区の投票箱に投票用紙ではない白い紙2枚が混入
    ※ 兵庫県の西宮市選挙管理委員会11日午後になっても説明は二転三転し、ミスの連鎖に「何度ミスを繰り返すのか」同市選管では、過去10年間で少なくとも9回のミスが発生。
    ※ 岡山市主計ミス相次ぐ。票が多い。。原因不明のまま選管は、立会人の了解を得て得票数などを変更せずに確定とした。
     
    書ききれないのでこの辺で締めます

    全国的に票が少ないミスはなくて、投票人より票の方が多いミスばかりなのが、怪しいです
    票が無効となるのですからこれらのミスは重大であり決してあってはならないと思います
    前回の選挙から”ミス乱発”が多すぎます。
    2重3重にチェック体制を整えるべきです
    これを許していたら民主主義、議会政治は終わってしまう

    ー提案ですー
    ・作業を職員一人に任せない
    ・全ての作業に関連のない二人が行う
    ・選管に民間の監視役を入れる
    ・PC入力も2人が行い、二人のデータを照合する
    ・票カウントも二人による二重カウントする

    無効にされた有権者の悔しい気持ちを第一に考えるべきです
    2016年07月12日 13:31
  • 神無月

    大和心様。

    選挙の議席結果は、予想通りで良かったと思います。
    改憲2/3議席の確保で、安倍総理もホッと一安心。
    これでアメリカからの改憲要求にも応えられます。自民の単独過半数ではありませんから、アメリカに都合の良い憲法にならないよう、他党には内容の摺り合わせに喧嘩協力して頂ければと思います。

    波羅様曰くの、都民の半数以上がB層の結果に、これからの都知事選が思いやられます。自民党の分裂選挙も予想通りに進みそうで、売国勢力が驚くほど簡単に顔を出しましたね。党利党略で候補が決められてゆく様子を見て、異様さを感じず面白がっているようでは救いようがありません。参議院選挙、都知事選挙で外患勢力の選挙違反がどの程度表に出されるか楽しみです。
    2016年07月11日 23:52
  • 芋瀬童子

     ここに書いても余り役に立たないと思いますが選挙があったのでかねて思うことをまとめてみます。
    【疑念】:冷静に思料すれば道理に適わない、自分にも不利と言う主義主張立場言動を取る人が何故居るのか?連合赤軍、オウム、反日言動、等々。一例・・通常は模範的な市民で教養ある立派な紳士が政治の話になると【キチガイのように】なる。
    私見:【カネで身を売った】はここでは省略。
     人には成長過程で反抗期なるものがある。第一反抗期の3歳前後を聞き分けのいい子で過して思春期に到った子は危うい、17歳前後の第二反抗期に難しい状況になるかもしれない、例えば不登校。第一反抗期から第二反抗期の間を無事過ごしても第二反抗期で荒れる事がある、例えば暴走族。
     昔は屋外で駆け回って遊び社会性を身に着けながら反抗期なる心的危機を解消できたが現代はそうではない。大抵は無難に普通の社会人になる。が、心に解消され得なかった鬱屈、怒りを宿している場合がある、例えば父親に対する説明不能の嫌悪、怒り。
     子供にとって父親は【社会】であり、そのような人が社会人になった時、父親に対して解消できなかった反感が社会に向かう、或はその人の心に巣食う反抗心に上手く憑依して操るモノが居る。これはもう衝動だから聞き分けはない。
     左翼、売国の名でひとくくりにされる人々で、金で買われた者共以外は総てこれだ、と私は思う。心理的親殺しを出来なかった(厳しく管理された)その代償行為として国家を権力が、権力が、と言って罵る。
     もう一種類ある。劣等感が攻撃性に変わる。隣にある3つの国がそうであり日本国内でも劣等感に打ちひしがれた地域は反権力反国家反全体の指向が強い。
     妄言雑言深謝!
    2016年07月11日 23:28
  • 年金生活者

    世耕官房副長官の奥方(源氏名:林久美子)が、滋賀選挙区で、共産党と共闘の結果、落選しました。世耕官房副長官は、自分の嫁はんが共産党と共闘したことに、どう思ってるのでしょうか?
    林久美子は、中山恭子先生を見習うべきだったのではないでしょうか?(中山恭子先生は、旦那さんの政治活動を支えるために自民党を出られた)。もっとも、くっついた理由が、愛情ではなく、別のところにあれば、民進に留まるのもむべなるかな。

    2016年07月11日 23:01
  • 特命希望

    度々済みません。
    たまたま家内が点けていたTVで、各党の幹部が討論しあうというNHKの特番。与野党の議論がかみ合わないのはいつもの事ですが、それでも自民の茂木氏が、民進枝野氏から「今度の臨時国会で、憲法制度理事会を開き憲法改正の議論をする」という趣旨の言質?を引き出したように見えました。ただ、公明党井上氏は、自民案をかなり修正したいと述べておりました。
    それを見て色々考えたのですが、もし国会で憲法改正が可決(発議)されても、国民投票で可決されるのは、相当困難なのではないでしょうか。
    それこそ、波羅様が仰るように未だ覚醒していない、利益誘導に弱い国民が多い現状では、確かに安倍総理も頭を抱えたくなるかもしれません。
    そこまで考えた時、自分の中でふと思い至ったのです。
    つまり、安倍総理は国民全員に檄を飛ばし、覚悟を促しているのではないかと・・・
    もちろん、何の根拠もない愚見ですが。

    それと、今回の結果を見ても、比例代表制はもはや不要、というより害悪なのではないでしょうか。有田や白などが当選し今後6年間も税金の無駄遣いが続くのですから。
    参院の任期も、解散が無いという特権を維持し続けるのなら、もっと短縮すべきです。せめて4年程度に。
    以上、駄文にて失礼いたしました。



    2016年07月11日 20:41
  • 波羅

    (長い無駄話です…)
    参院選の選挙結果で自民党と民進党の勢力分布図を見て、思わず吹き出してしまいました。
    これは幕末維新vs奥州列藩同盟ですか?

    今まで散々大河ドラマなどで東北寄りの作品を作って、明治維新批判本が本屋に溢れてる現状でも、結局は目先の利益に流される東北人の本性と頭の悪さが出てしまいました。
    もう日本全国民が東北に同情などしなくなります。
    それは北海道や沖縄への旅行を避け始めたのと一緒です。

    小沢一郎が日本を破壊し、鳩山由紀夫が原発40年を延長し、菅直人が福島原発をぶち壊したのに、民進党支持とか、今まで東北が他の地域から馬鹿にされてきた理由が良く分かります。
    福島民進党の増子は、福一の放射性廃棄物を山口県で最終処理しろとか主張してる基地外です。これを当選させる福島県に誰が同情するんですか?
    松本サリン事件で河野さんを犯人呼ばわりし社会的に抹殺したTBSの杉尾を当選させる長野県民も頭がおかしい。まあ長野五輪聖火リレーでテロを起こした中国人集団を放置し、被害者を逮捕した長野県ですから、さもありなんですが。
    そういえば、増田某は○年連続自殺率全国一の実績を築いた岩手県知事だった人ですね。
    どこも小沢臭満載です。

    今回の選挙は、5割近い無投票者も含めて、どの地方が馬鹿でどの地方が賢いか誰でも分かります。
    東京人が馬鹿で、関西人(京都は除く)が真剣に戦ってることも。
    東京はかつての都に驕った京都と同じ過ちを犯しています。
    投票するとは、自分の地方が他からどう見られるかも含めた戦いなのです。
    有権者一人一人も神の審判を受けています。当然ですが、無投票者はノアの方舟には乗れません。

    安倍総理の硬い表情を見る限り全く勝ったとは思っていません。国民とくに都民が想像を絶する馬鹿の集団ですから。
    蓮舫の得票数を見れば、都知事選の候補選びが都民を馬鹿にしてるのは当然でしょう。
    水間先生が小池百合子のブレーンだそうですが、都民の何割がその価値を知り肯定的に捉えられるのか甚だ疑問です。

    もちろん首都圏には日本で一番賢い頭脳が集まってることは否定しません。
    しかしそのうち何人が都民なのでしょうか?実は隣の県民なのでは?
    そして賢い都民は一体都民全体の何%を占めるのでしょうか?

    しかし今回が大きな一歩の前進なのは間違いありません。
    何より今回の選挙特番は、視聴者が厳しい目でテレビを見ているため、各テレビ局や出演者の本性が露になったようです。
    フジテレビの共産党突撃、池上彰のヤケクソ、岸井のお通夜、毎日放送武田の目糞鼻糞など、過去の情報誘導報道とは一変してたようです。
    まあお察しの通り、どの局も全く見てませんのでそうだったようです(笑)。

    最後に、沖縄のSPEED今井絵里子について。
    ネットでは、当選確定時に池上彰が沖縄基地問題を追及したところ、無回答だったことがやり玉に挙げられてますが、あれは反日池上の罠ですから答えないのが正しい。
    自民党が、障害者の子供を持つ彼女を抑えたのには別の思惑があります。
    障害者雇用には、大企業の労組や共産党の生協などが深く関わっており、投票にも大きな影響力があり、ましてや沖縄は翁長の同志の巣窟です。
    つまりあれは一種の分断作戦なんです。
    だから、まだ何も戦う体制が整ってない状態で、敵の陽動に引っ掛かるのは禁物です。
    彼女は選挙戦の駒としては、有能な戦力だったので全く卑屈になる必要はありません。
    これからのことまでは知りませんが、本人次第でしょう。
    2016年07月11日 18:11
  • 特命希望

    今回の選挙結果・・・正直、自民党の負けではないが、全面的に勝利したと言えるのかどうか。自民単独で過半数超えというのが安倍総理の狙いだったやに記憶しておりますが、僅かに及ばず。
    逆に有田や蓮舫、小西、白など反日勢力はしっかり残った。
    民進はもっと減ってもいいとは思いましたが、私の住んでいる県のように定員2名で、立候補者が自民、民進、共産、幸福の科学という選挙区では、そりゃ民進が当選してしまうよねという状態です。
    そして、北海道や東北で弱かったのが課題でしょうか。
    とにかく、私はほろ苦い現実を見せられている感じがいたします。
    なお、結果の考察などは、「パチンコ屋の倒産を応援するブログ」の「参院選お疲れさまでした。 」という記事が参考になるかと。。。

    結果についてはこれくらいにして、私が一番驚いたのは、安倍総理が選挙直後に、池上彰のインタビューに答える形でいきなり『憲法改正』をぶち上げたことです。
    勿論、いずれはそれを打ち出してくるとは思いましたが、こんなに早いタイミングでというのは、どのような狙いがあるのか。
    それも「前文から全て変えていく」とまで言い切った。
    いっそ自主憲法制定(創憲)までやってくれないかなと考えます。
    しかしながら現実問題、改憲発議に必要な3分の2議席を確保したとはいえ、公明・維新がどの程度あてになるのか疑問です。
    もしかすると、公明(創価)に以前手を突っ込んで以来、操縦できるようになったのかもしれませんが。
    とにもかくにも、安倍戦略は、私のような無学な人間には解釈が難しいです(苦笑)
    2016年07月11日 17:24
  • when

    こんにちは。

    青山繁晴氏の当選、本当に良かった。ホッとしましたよ。
    でもその得票数には驚きました。はるかに知名度のあるはずの片山さつき氏をぶっちぎって46万票! 
     入りすぎの感はありますが、これで参院内での発言力は強い物となるでしょうね。
    もしかすると保守系の影の組織が動いて大得票数となったのかな?と推測してます・・・。
    2016年07月11日 10:08
  • ひらめ

    選挙結果を見ながらの投稿です^^
    はーー。とりあえず一安心。これからは流れに乗って・・一月先にはどんな光景が見えているのでしょうね。わくわくと少しの不安。でも大きな希望も見えるハズです。

    芋瀬童子さまの本稿のコメント・・やはりこういう内容がすっと出てくるのはこのブログの「場」がそういう次元なのだろうなと感じます。なので私も便乗して。。

    熊本地震のときに大和心さまが感じられた日本神界からのメッセージ、あれから私もずっと考えていました。地震は現象としては災害であるのですが、私もそのような、見えない存在からのメッセージであると思うのです。東日本大震災もそうでした。あの大地震をきっかけに目覚め始めたと言う方がたくさん居られると良く聞きますが、熊本も然りだと思うのです。
    日本の中央構造線上(レイライン)に多くの神社が建てられているのは、地震を抑える役割があったのではないかと推測します。そしてその結界が破られた熊本大地震が伝えるのは。。いよいよ日本が、日本人が目覚めるときが来たのだということだと思うのです。つまり神社を建てて神が日本を守っていた時代は終わり、日本人ひとりひとりが目覚め、自身が社となり、日本を(世界も)守る時代が来たということです。私は地震は私たちの無意識世界と繋がっていて形而上世界からのひとつの現象化であると思うのです。いつも地震をきっかけに私たちは1段づつ目覚めています。
    これからは、私たちひとりひとりが「神」になる時代なのだと思うのです。
    日本神道では世界で唯一、ヒトは神の性質を持った存在なのだという考えですが、やはり神と人には大きな隔たりがあり、分けられ、人間は神に守られる存在でした。キリスト教では完全に分離されています。絶対に人は神にはなれません。
    それが次元上昇した新世界では人が神の性質をすべて持っていることに気づき、「創造者」として新しい世界を造って行くことになるのと思うのです。。
    私は「神に頼る時代は終わった、さあ自分の足で立ち上がり自分たちで世界を作れ」と言われているように感じます。

    貨幣経済は私も終わると信じています。与え合い分かち合う公の心を大切にす日本の心が伝われば実現できるのではないでしょうか。生活の為にどれくらいの人が自分の夢を諦めたでしょうか?この世にはもっともっと芸術家が生まれているはずなのに。この地球の支配層は実は私たちには力があると気づかれるのが自分たちの時代の終わりだと知っているのです。気づかれないように、様々画策しては来たけれど、それが結局は目覚めの警笛になってしまうとは、正に「悪の御用」と言えるのかもしれません。

    ひとつ面白い映画をご紹介します。
    「美しき緑の星」というフランスの映画です。
    ヨーロッパではメディア経営者の手によってなぜか発禁状態にされている映画。
    ネットではUPと削除のイタチごっこを繰り返している作品です。
    観てみても、どこが発禁?というくらい明るいタッチのほのぼのコメディ映画なのです。その内容とは・・・ある、美しき緑の星は大昔に貨幣制度を廃止し、その星の人々は自分の得意なことを表現し、必要な人にはそれを分け与えながら平和に暮らしていました。年に一度ある会議で決めること。そのひとつに、他の星に住民を派遣してその星を助けたり交流する人材を決めることでした。そろそろ長年派遣していない地球に人を出さなければならないのですが、地球は野蛮で原始的なため、誰も行きたがりません。なかなか決まらない中、好奇心旺盛な一人の女性が手を上げて地球に行くことになりました。しかし来てみたはいいものの。。というファンタジーです。しかし最後のシーンで出演者が話すセリフが意味深です。これが、支配層の最後の結末をずばり言い当ててしまっているのと、やはり貨幣経済がいらないものとして描かれているのが発禁の理由のようです。是非検索して見てほしい作品です。知っている方も多いかな?

    『あなたは園のどの樹から取って食べてもよい』の星にするために。
    希望をもっていきましょう!お目汚し失礼いたしました。
    2016年07月11日 01:52
  • にゅう

    芋瀬童子様。
    芋瀬童子様がコメント欄でお書きになった「『公』の観念を持つ日本人」というお言葉で、私は禅語の「吾唯知足(われただたるをしる)」と言葉を思い出しました。(釈迦に説法のような事を書きましてごめんなさい。)
    私の父は芋瀬童子様と同世代で、趣味は囲碁です(笑)
    駄文で失礼いたしました。
    いつもありがとうございます。
    2016年07月10日 21:30
  • 芋瀬童子

     今度の選挙で審判されるのは【野党と言われる集団とそのシンパ】であり、選挙運動を通じて彼らの本性は国民の前に曝されて来た。1)ヴィジョンを語れない 2)ワラ(チンピラ)にも縋る 3)落ちぶれた(揚げ足取り、暴力沙汰、落書き等)。国民がどう判別したかは明日には判る。1945年夏の更地になった国土と現在を比較すれば日本国民が決して愚民ではないと私は考えるのだが・・。イワシの頭は腐っているが頭以外は健全、日本はその頭以外が実質支えて来たのだ。そしてその汗して働く国民を後ろから支えたのはやはり日本神界だと思う、思いたい。
     近所に立てかけてある共産党の看板はいつになくしおらしい、無害善人ぶってすり寄って来ている。一方で組し易しと思う人々にうるさく付きまとう、不愉快だった。
     もうひと種類審判される集団がある。【有権者総て】である。今回の選挙は今までの選挙とはどうやら異質、と言う事に考え及んでいない人々が大部分だろうと思うが、棄権、或は安倍総理にお灸をすえる為に共産党に投票などと言う従来の訳知り顔は、どこかにしっかり記録されたのではないか?と思う。無論確信犯は言わずもがなだ。但しこれは黙示録を読んでいて(神が実際の権威を持って到来した時、人を分別する、との暗示がある)の感想であって荒唐無稽とのご意見に対して自説に拘る気持ちはない。
    2016年07月10日 15:25

この記事へのトラックバック
モッピー!お金がたまるポイントサイト