222.公党である限り、敵国工作員疑惑を釈明する義務がある。

この役員名簿には、かつて日本乗っ取りを画策し゛史上最悪゛と揶揄された元総理が最高顧問に座っている時点で終わっているが、それだけではない。 代表は、公安監視団体である革マルから献金を受けている議員である。 資金と人事を握る党ナンバー2の幹事長は、特定秘密保護法やテロ3法、安保法制をはじめ直近ではテロ準備法に至るまで、国家の重要法案にはことごとく反対の先頭に立ってきた帰化議員である。 更に政調…

続きを読む

221.希望の党代表・長島昭久待望論。玉木雄一郎ではないだろう。

希望の党・小池百合子代表は、国政を事実上国会議員団に委譲し、民進党・前原誠司代表は辞任した。 「人間とは、思い込みと勘違いと錯覚の動物である。」というのは私の個人的持論であるが、今回の一連の騒動の顛末は、まさにこの人間の性(さが)に翻弄された結果だと見ているが如何であろうか。 一つの成功体験が過信、慢心、驕りを誘発し、やがて勘違いした思い込みが戦況を読み違え、ボタンを掛け違える。 だがその…

続きを読む

220.(こたママ様ご提供)内記正時氏の講演会1_麻賀多神社社務所にて_地震予知と神祀り』

こたママ様より、去る10/22の衆院選投票日に行われた内記正時さまの講演会の模様について、情報提供をいただきました。こたママ様には、前稿219コメントにて文字起こしをしていただきました。ありがとうございました。内記正時様には久しくご投稿いただいておりませんので、大変懐かしく拝聴させていただきました。内記様におかれましては、もしも本稿をご覧いただいておりましたら、わが国も正念場を迎えている時節柄、…

続きを読む

219.この歴史的快挙をなぜ報じない‼ 今国民は、報道犯罪を糾弾して決起する時!

自民大勝に終わった衆院選は、安倍総理の総選挙5連勝…佐藤栄作、池田勇人という昭和の歴史的大宰相を超え、歴代自民党総裁でトップとなる快挙であった。 10議席の定数削減のなかで行われたことを踏まえれば、勝ち過ぎと言われた前回の284議席の堅持は、事実上前回を凌ぐ大勝利であったことを示す結果となった。 公示前は、小池新党立ち上げフィーバ―が日本列島を駆け巡り、一時は政権選択選挙が現実味を帯びた。 …

続きを読む

218.自民圧勝と安倍信任は民意である。老害電波芸者の負け惜しみは見苦しい。

自民圧勝と安倍総理信任は民意である。 10名の定数削減を加味すれば、自民党284議席獲得は、勝ち過ぎといわれた前回に匹敵する大勝である。 各局の開票特番開始と同時に字幕ス―パーに「自民圧勝」と打たれたのだから、メディアお抱えの電波芸者は出鼻を挫かれたであろう。 公示前の小池新党ブ―ムに沸いていたころは御用評論家は自信満々に、「今回の選挙は安倍総理の信任選挙だ」と豪語していてものである。政権…

続きを読む