263.日本の誇り。

国連総会で一般討論演説を行い、北朝鮮の核、ミサイル、そして何よりも重要な拉致問題の早期解決、さらには自由で公正な貿易の重要性を、国際社会に訴えました。 演説が終わった後、出口には、たくさんの国々の方々が私を待っていてくださり、一人ひとりご挨拶をさせていただきました。 pic.twitter.com/Uwoyc8w1rZ — 安倍晋三 (@AbeShinzo) 2018年9月2…

続きを読む

262.「石破善戦」と「進次郎・石破支持」を喧伝する異常。

一騎討ちでダブルスコアの勝利となれば「圧勝」であることは歴然としている。 反日メディアは「石破善戦」と「小泉進次郎・石破支持」をやたら取り上げ「安倍圧勝」を認めたくないようだ。 自民党総裁選の長い歴史のなかで、反日メディアや反日野党から、総理を嘱望された総裁候補というのは聞いたことがない。 小泉進次郎が投票直前に「石破支持」を表明したことを、恰も大ニュースの如く取り上げていたのは異…

続きを読む

261.試練の時。日本が盟主となる日。

「…この激しい風雨の中、停電した家の中で、私の頭の中にくり返し現れた文字が警告というものでした。日本列島は、敗戦後ほぼ七十年間続いてきた静かな時代から、天変地異の続く、変動期へと移行したのであり、それは明治維新の前にあったものより、敗戦前後にあったものより、はるかに大きなものになるということのようなのです。日本の歴史が大きく動く時は、人間世界に先立って、日本列島が大きく動くということは、精神学を…

続きを読む

260.風の吹きまわし。

「…生コン業界の“ドン”が逮捕され、永田町に激震が走っている。…」 産経と関西TVを除く大手メディアが不報道特権を行使して、関西生コン連帯労組の武建一委員長逮捕の隠蔽がネット上で糾弾の嵐となるなか、どのような風の吹きまわしか。冒頭の文章は、反安倍の先鋒朝日系列の週刊朝日最新号の書き出しである。 辻元清美議員に“ブーメラン”? 生コン業界の“ドン”逮捕で永田町に衝撃〈週刊朝日〉https://…

続きを読む

こたママ様

お久しぶりです。内記先生の情報をありがとうございました。お願いがあります。こたママ様のコメントを拝読させていただいた後、誤って削除をクリックしてしまいました。申し訳ありません。 読者の皆様も内記様の講演会を楽しみにされているとおもいますので、お手数でも再投稿していただけますか。よろしくお願いいたします。

続きを読む